はり師きゅう師が思う健康へのワンポイント/しおざわ治療院 治鍼堂

川崎市麻生区の鍼灸治療院です。
出張(往診)を主体に自宅でも施術できます。お気軽にお問い合わせください。

何故か指が動きにくくなりました!

2020-10-31 10:53:05 | 腱鞘炎
皆さんこんにちは。しおざわ治療院 治鍼堂の塩澤です。


先日用事があり、横浜まで車で移動しました。

現地に付いたら右手に違和感が!

握ることはできるのですが、指を広げると2~4指の付け根に痛みが走るのです!

感覚的には突き指をした感じでした。

痛みを我慢しながら指を引っ張ったり、後ろに反らしたりしましたがなかなか落ち着きません。

握ることはできるので、その場は諦め、帰宅してから対処することにしました。

対処の方法は、自分で鍼をするという事です。

こんな時は鍼灸師で良かったと感じる瞬間ですね。

鍼を打つ場所は、前腕の外側になります。



実際には2か所に鍼をしました。

腱鞘炎というと、手首や指に施術すると思われるかもしれませんが、実際に悪さをしているのは前腕部分がほとんどなんです。


指の大きな筋肉は、肘から指先まで繋がっています。

その筋肉が伸縮する場所が前腕なんです。

その伸縮する場所が固まることにより、指が肘の方へ引っ張られ、突き指みたいな症状が出てしまっていました。

ですので前腕を緩めれば指がリリースされて良くなるのです。

鍼だけでは緩むのに時間がかかるので、夜寝るときに前腕部に湿布を貼って寝ました。

次の日の朝には湿布を剥がしましたが、痛みが治まったのは夜になってからでした。

2日経った現在でも、まだ指の関節に違和感は残っていますが、痛みは無いです。

また今夜にでも鍼をすれば、明日には落ち着いているかな?と思っています。


では、何故こんなことが起きるのか?

私の場合、写真にあるように右手にスマートウォッチを付けているのですが、どうやらそれが原因のようです。

脈拍を測定する部分が出っ張っていてそれが当たっているせいか?脈拍を測定する緑色の光が原因なのか?

どちらが原因かはわかりませんが、これが原因だと思われます。

理由は、以前は左手に付けていて、左手に付けている時は左に痛みが出ていたからです。

皆さんも同じような経験はありませんか?

腱鞘炎や突き指でお困りの方は、一度鍼を受けにお越しください。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 運動し過ぎてないですか? | トップ | 痛みが出る前にケアすること... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

腱鞘炎」カテゴリの最新記事