菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

一茶の俳句を詠む

2011年01月31日 17時02分11秒 | 日々の雑感

今日は、一段と寒い。枡箕ヶ池も全面結氷していた。また、風もつよくなってきた。そこで、今日は、街頭演説は休んで、読書にきめた。

 短文にうまくなるには、俳句が一番と思い、このところ、俳句の本を読んである。今日は、作家・半藤一利氏の「一茶俳句と遊ぶ(PHP新書)」を詠んだ。

その中に、「痩せ蛙 負けるな 一茶是にあり」の説明があった。

 今まで学校で習った「弱い者への同情、一茶の心やさしさの句」などという解釈が成り立たないことを知った。

 52歳で新婚となった一茶が、54歳のときに読んだ句であり、あいついで、3人の子どもをつくったときの句であるとのことである。一晩に「4交」の記録をのこした日記もあるそうで、「精力絶倫」を誇った一茶が、「俺はこんなにがんばっているぞ、痩蛙、お前もがんばれ」と言っているとの説明を、半藤氏はしている。

 学校は、多くを「きれいごと」として、道徳的にしてしまう。半藤氏の説明は、「人間くさい一茶の人間像」が浮かんでくる。

 


白井のバイク練習場を見学する

2011年01月30日 19時12分17秒 | 議員活動

 今日は一段と寒い。真壁のひな祭りがはじまると、真壁では街頭演説しにくいので、残ったところを終わってしまいたくて、寒くても、無理をして出かけた。

 白井の上の方が残っていたので、中腹で演説していたら、やけに自動車が登っていく。宇都宮ナンバーや所沢ナンバーが目立つ。しかも、8ナンバーがおおい。

 白井の上に、バイクの練習場があることは知っていたが、こんなに多くの車に出会うのははじめてであった。

 人家のある最上部で演説をしたあと、歩いていってみた。モトクロスというものらしく、ナンバーのついてないバイクが走り回っていた。私が、40年前、家庭訪問で訪ねた家は、下に降りたということで、もうなかった。

こんなところに、バイクの練習場ができるなんて、40年の歳月の隔たりを感じた。

P1020152


街頭演説で古い友人に出会う

2011年01月29日 23時33分09秒 | 日々の雑感

 今日は、真壁町羽鳥地区を演説して歩いた。

 羽鳥は、真壁高校勤務時代、筑波山登山でお世話になった地域である。42年前、真壁高校勤務のころは、学校から筑波山への登山をやっていた。学校から、田、伊佐々、羽鳥を通って、裏筑波を登った。いつのころからか、生徒も、若い先生方もいやがって、廃止になった。今思えば、もったいないことであった。しかし、それが時代というものであるかもしれない。

今日は、街頭演説で、真壁高校時代の友人、知人に何人か出会った。これも、街頭演説をしている余得であるかもしれない。

 


今日も寒い日が続く

2011年01月28日 22時59分46秒 | 議員活動

あと少しで、桜川市内の街頭演説が1周できる。あと残っているのは、真壁の農村部がおもなものである。寒いのは我慢できるのだが、風が強いのが気になり、なかなか進まない。木陰や風の当たらないところ、それでいて、人家も固まっていてほしい。さらには、道幅がある程度ないと、すれちがう自動車に迷惑をかける。

そんなこんなで、場所をさがしさがしやるのは、時間がかかる。

それでも、上谷貝、下谷貝を終えることができた。


街頭演説中、頭のてっぺんから人の声が・・・・・・・

2011年01月27日 16時30分10秒 | 議員活動

Photo

携帯で写した写真ですから、ちょっとピンボケですが、木のてっぺんにクレーンがのびて、そこに人がいて、枝を切っているのです。これだけ高いところの枝を切るとなると、値段も相当高くなりそうですね。

 久しぶりに(3日間休んだ)街頭演説にでた。寒い日が続くので、朝も遅くし、10時半出発。終りも午後2時にはおわるようにしています。

私が演説するのはもっと早くてもいいのですが、聞いてくださる人が、でてきてくれないのです。

大和地区の高森にいきましたら、頭のてっぺんから声がしたのです。見上げたら、こんな情景に出っくわしました。