菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

中核病院議案審議できず、3分で終了

2012年02月29日 20時16分31秒 | 議会

今日は、3時より中核病院立ち上げ予算議案審議のための、臨時議会が開かれました。ところが、予想しないことがおこってしまいました。

 冒頭、議会運営委員長(大塚秀喜議員)が「議会運営委員会は予算案を審議しないことに賛成5、反対2の多数で決しました」と報告があり、直後に、議会の閉会を宣言してしまったのです。議会事務局の話では、3時2分開会、5分閉会で、正味3分とのことでした。

 これに先立つ全員協議会でも、議会運営委員会が「提案をしない」ことを決めることができるのか(提案するのは市長だから)、との疑義が出ましたが、議長は強引に、議会を開会し、3分後に閉会をしてしまったのです。

 この問題は、議案の審議が本務である議会の仕事を放棄したことになり、今後に尾をひくことになるではないか。心配です。


筑北環境衛生組合議会開く

2012年02月28日 20時34分02秒 | 議会

今日は、筑北環境衛生組合議会が開かれ、平成24年度一般会計予算が審議され、可決されました。

 私は、一般質問で、汚泥のセシウム汚染の問題とダイオキシンの問題について、質問いたしました。組合で処理するセシウム汚染は、1700ベクレル~1900ベクレルとのことで、基準以下で心配はないとのことでした。

 ダイオキシンは、1990年代に、大きな社会問題にまでなったのですが、今では、ほとんどマスコミも取り上げることがなくなりました。どうも、これは、当時、大型焼却炉を作るにあたって、国も煽ったような背景があったような気がしてならないのです。なぜなら、当時、重厚長大産業が曲がり角にきていました。造船会社や溶鉱炉会社が、大型焼却炉メーカーに進出しはじめ、全国いたるところに大型焼却炉建設が進んだからです。

 また、ダイオキシンの研究もすすみ、状況もかわってきているので、その点を質問しました。

 せっかく組合議員に選ばれ、お金をいただいているのですから、発言しないのでは申し訳ありませんからね。


中核病院問題で、筑波大学病院長らと1時間懇談

2012年02月27日 16時18分02秒 | 議員活動

Img_0183_3

 今日は、筑西市の共産党議員3人と一緒に、筑波大学病院を訪問し、病院長さんらと1時間にわたって懇談してきました。

 筑波大学医学部生の動向、県内中核病院の様子など、私の予想以上に、ざっくばらんに意見を聞くことができました。

 私の率直な質問(中核病院なしで県西病院の単独再建は可能か)にも、ずばりとした返答をいただきました。

 県西病院を立て直すには、基幹病院(中核病院のこと)をきちんとするしかない。基幹病院の確立なくして、県西病院の立て直しをすることはできない。

 なぜなら、筑波大生が研修にいくとき、県中央病院(笠間市)と県西病院のどちらを選びますかと聞けば、今の施設の状況を見れば、ほとんどの学生が県中央病院に行くことになります。

 こうはっきり言われては、中核病院をつくるしかないのではないでしょうか。

 私を桜川市の議員と知って、「がんばってください」と励ましの言葉をくださいました。

 


3月議会一般質問(7)青柳歩道橋の撤去について

2012年02月26日 10時00分10秒 | 議員活動

岩瀬庁舎前の青柳歩道橋は、岩瀬小児童や岩瀬高校生徒も、全くといっていいほど使用していない。さびも多く、このまま放置しておくのは問題ではないか。使用しないなら撤去をするべきではないか。市の見解をうかがいます。
Img_0177

Img_0178


中核病院議案3度目の議会に 2月29日に臨時議会

2012年02月25日 20時19分28秒 | 議会

 今、桜川市の一番の関心項目となっている「中核病院立ち上げ議案」の3回目の審議がおこなわれることになりました。2月29日(水)午後3時開会です。多くのみなさん傍聴お願いします。

 2月10日に全員協議会が開かれ、中核病院について、執行部と3時間にわたって意見交換が行われました。しかし、その結果は、平行線におわりました。ですから、29日の臨時議会も、緊迫した情勢にはかわりありません。だれが議長を務めるかで、賛否が変動することも考えられます。