菊池のぶひろの議会だより

日本共産党 桜川市議会議員 菊池のぶひろの活動報告です

12月議会傍聴案内2日目

2021年12月04日 17時22分07秒 | 議員活動
 今日は、朝9時に出発。午前中は農村部ということで、青柳から、上城、西友部、さらには、松田、そして、曽根へ。
 曽根では、退職した課長が、空き屋になった実家にもどり、空き屋の手入れや庭の整備をしていたので、しばし、休憩して、歓談。
 もう再任用もしていないので、今の市政や議会の様子を報告。
 そこでは、合併特例債が、190億円に使えるのが、残額が5000万円になってしまった。新しく市長になる人は、貧乏くじをひくことになるねという話で、おたがい、これからは大変だというこで一致。
 次に、空き屋をどうするかも大変だねという話になりました。とにかく、家がたっていたほうが、家を壊して更地にして雑種地になったより、固定資産税が低いのだから、多くの人は空き屋のままにしている。この法律を変えなくては、空き家対策は前進しないねという話でも一致しました。
 続いて、猿田をまわり、木植に。ここでは、鬼怒商の教え子さんお母さんが野良仕事をしているのに出会い、しばらく歓談。大和駅前北地区開発事業やヤマザクラGOのバスの運営状況等、桜川市の将来を心配している質問が出ました。市長選が終わったばかりで、みなさん、気になっているようです。

 昼食は、久しぶりに、長谷川食堂で。給食センターの試食が続いたので、久しぶりのご無沙汰を説明しました。
 家で、テレビを見ているうちに、寝入ってしまい、午後3時に。慌てて、御領、元岩瀬、明日香、富士見台と、軽自動車の特徴を生かして、今まではいっていない細い道も巡ったので、午後5時までかかってしまいました。
 運転に慣れたためか、昨日ほどの疲れはありませんでした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の学校給食は「麦ご飯」でした

2021年12月03日 17時57分01秒 | 桜川市
 今日は、学校給食の試食会の4日目です。私は、昨日は、朝食が、朝10時になってしまったので、「うどん」の給食を食べることが出来ませんでした。
 今日は、なんとか腹を減らしていったのですが・・。
 3日とも、ご飯は半分しか食べられず、残してしまいました。おかずは、ハヤシシチューです。
 味は、3食ともおいしく、いただけました。
 
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい宣伝カーで、12月議会の傍聴案内

2021年12月03日 17時32分15秒 | 地方政治


 6年間使った宣伝カーjは、櫓が木製であったため、野外に駐車していたため、ボロボロに、粉々に、壊れてしまいました。補修の仕様がありませんでした。
 来年9月に、市議選を迎える身にとっては、宣伝カーなしでは、選挙はたたかい抜けません。いろいろ迷ったのですが、借りながら使うのは、気も使うし、めんどくさいのです。選挙への投資として、中古の軽自動車で、つくってしまいました。
 市長選、総選挙と、宣伝カーが行き交った2ヶ月でしたので、しばらく静かにしていたのですが、12月議会がはじまるので、今日からスタートしました。
 櫓の文字は、つくば市の映画館看板師・井桁豊さんにお願いしました。86歳にもなるので、こまかな部分は、私の知人に、器用な方がいましたので、仕上げてくださいました。
 軽自動車ですので、細い道に入れて、運転はしやすいです。
 
 案内文は、下記の文章を、奥さんの声で吹き込んでもらいました。

みなさんこんにちは。日本共産党の市会議員菊池のぶひろです。12月7日から12月議会が始まります。菊池のぶひろは、一番はじめに一般質問に立ちます。大和駅北口開発の進捗状況、友部地区の山林伐採工事現場の今後の対策、学校給食の無料化など、6項目の質問をいたします。多くのみなさんの傍聴、よろしくお願いします。

 奥さんの声は、特徴があり、多くの方が聞き慣れているので、「節っちゃん、乗っているの?」と、声をかけて来る方がいるのは、うれしいことです。
 なにせ、奥さんは、10回立候補して、7回当選しているのですから、3回しか当選していない私は、後期高齢者の「ひよっこ」ですから・・・・。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新人議員の公開質問書と15議員の言い分

2021年12月02日 20時28分59秒 | 地方政治
新人議員の公開質問書と15議員の言い分

 11月4日に、新人議員の一人が、菊池議員を除く15議員に、「公開質問書」を郵送しました。11月22日の臨時議会を前にした、議会全員協議会で、小高議長(15議員の代表)の口頭での回答を、新人議員は、「回答は文書以外はいらない」と拒否し、議場を出て行きました。
 これは、引分けでしょか。小高議長は、「公職選挙法違反」とまで言われては、「私らの言い分」も、「キクチさんのブログに出してもらわないと、納得でない。県の選管にも聞いてきたものがあるから、ブログに書いてほしい」との要望がありました。
 私も、これでは片手落ちと考え、新人議員の「公開質問書(一部)」と小高議長が準備した「回答の要旨」を紹介する次第です。
 
新人議員の公開質問書(一部)

 1つは、公職選挙法に違反し、その体裁が「さくらがわ市議会だより」と紛らわしいこと。
 2つは、「桜川市議会議員有志一同(15名)は政治団体であり、その届を出していない。その収支報告書を出していない。
 3つは、「市政報告や議員だより」としているものの、市長選挙に立候補している榎戸和也氏に対する落選運動のビラと理解する。
 4つは、「市長とは対等な立場にある議員が、15名連名でビラを出す」ことは、地方自治制度の根幹をなす二元代表制からみて、「有権者、住民を失望させる」ことになる。議員の地位を恥ずかしめることにはならないか。
 5,記事の内容にも多くの誤認がある。
 
そして、最後に「新米議員がこのような公開質問状を書かざるを得ない切ない心情をお察しください。同時に、多くの市議会議員の方々は、大変苦しい思いをして、苦渋の選択として名を連ねたものと信じています」と結んでいます。


小高議員らが準備した口頭による回答の要旨
 この回答は、15人の中の関係者が、県選管に出向き、聞き取りをしてきたものをまとめたと言うことです。

その1,市議会議員が連名で「議員だより」を発行した場合、政治団体とみ
なされるのか。
    議員のグループが目的をもって組織的、継続的に行われており、事
務所、役員、規約、会計などの要素があれば「政治団体となる」。
    結論 政治団体とはみなされない

その2、告示前に発送した「議員だより」が告示後に配達された場合の違法
性について
   「議員だより」が団体としての発行ではなく、個人の政治活動として
の発行であり、選挙に関しないものであれば選挙期間中でも自由であ
る。したがって、今回の件で告示後に配達されたものでも発行が個人
であれば問題ない。
    結論 違法性は低い

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12月議会の議事日程決まる

2021年12月02日 18時00分20秒 | 桜川市議会
 今日は、午後1時半から、12月議会へ向けての議会全員協議会が開かれました。次の通り議事日程が決まりました

12月7日(火)10時開会
 開会行事
 人事案件の提案・採決

 一般質問(4名)
●菊池伸浩議員
 ①桜川筑西IC周辺開発の進捗状況
 ②友部地区の山林伐採工事
 ③林道端上線について
 ④加齢性難聴者の補聴器購入に補助制度を
 ⑤有人ヘリの農薬散布中止を
 ⑥市長の公約について
  イ)学校給食の無料化
  ロ)人口減少対策

●飯島洋省議員
 ①子育てしやすい桜川市をつくるために
 ②加波山市場の状況
 ③ワクチン接種について
 ④災害対応環境保全について
 ⑤ため池の状況と今後の整備について

●武井久司議員
 ①新入学児童のランドセルについて
 ②学習端末のトラブルについて
 ③県道の整備授業について

●市村香議員
 ①市の子宮頸がんワクチン接種状況について
 ②分館の解体工事について(谷貝・紫尾)

12月8日(水)10時開会
一般質問
●軽部徹議員
 ①猟師の育成について
 ②定住促進について

●萩原剛志議員
 ①新型コロナワクチン接種について
 ②市内のキャンプ場について
 ③人口減少に伴う移住対策について

●中田拓也議員
 ①農業用水ため池の揚水機修繕予算について
 ②新図書館運営に関する構想について

●林悦子議員
 ①大規模土地利用に対する行政のあり方について

12月9日(水)3日目
 休会(議案調査のため休会)

12月10日(木)午後3時休会
 一般議案の提案・質疑・討論・採決

注)今議会は一般質問者は8名です。事務局の話では、締め切りの24日正午に「メール」で一般質問を送った議員がいました。きちんと、「一般質問通告の形式につくりあげ、事務局の聞き取りに答え、押印した文書」になっていないため、今回は、「締め切り遅れ」として、一般質問はできなくなったとのことでした。
 新人議員の中田拓也議員は、24日の午前11時には事務局にきて、「一般質問通告に成形したもの」を正午まえに出したとのことです。私は、「一般質問の形式に成形し、押印して」、はじめて提出したことになると、議会事務局に、再確認の質問をしました。
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

デービット・アッテンボロー「ライフ・オン・アース」の想い出

2021年12月02日 12時03分55秒 | 日々の雑感
 今朝、10時過ぎに帰ってきて、朝食を食べながら、テレビにスイッチを入れると、デービット・アッテンボローの「生き様」を描いた、番組が映った。
 デービット・アッテンボローといえば、「生き物」の映像家といえばいいのか、私には忘れられない人物である。イギリスBBCのテレビ番組を教育テレビが15回シリーズでは意味放映していた。日本名は思い出せないが、英語名は、「ライフ・オン・アース」といった。
 そのころ、私は、鬼怒商業高校や笠間高校で、理科の教員をしていた。本業は化学であるが、理科の専門家がいない職業高校では、生物も担当しなければならない時があった。私の弱点は、園芸学部をでながら、植物名をほとんど知らないというか、覚えられない人間です。これを直そうと思い、大学時代は、大学の庭園を、植物をみながら歩いたものであったが、よく覚えられなかった。

 そこで、教育テレビで放映していた「ライフ・オン・アース」を録画して、教室で放映した。ただ、漫然と見せたのでは意味がない。プリントに、(    )をつくり、映像をみながら、プリントを埋めていくという方法をとった。
 とにかく、この番組は、世界的にも有名であり、多くの人々を引きつけた。私が担当した生徒さんも関心をもってくれた。だから、私はこのテレビは、何十回と見たことになる。しかし、何回見てもあきない番組であった。最後は、テープがすり切れるほどで、画像の写りが悪くなるほでであった。
 あらためて、デービット・アッテンボロー「ライフ・オン・アース」の偉大さを知った。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日大理事長逮捕は「シカゴのギャング、アル・カポネと同じ『脱税容疑』」ー青学大名誉教授・三木義一氏のコラム

2021年12月02日 10時41分16秒 | 日々の雑感
 日大理事長が「脱税容疑」で逮捕された。いつも、日大の不祥事には、辛辣な批判をしてきた、青学大名誉教授の三木義一氏が、金曜日のコラムには「どのように書くか」、楽しみに待っていた。「ついに脱税で捕まったわけだ。 まるでアル・カポネのようだな」との書き出しには、びっくりした。
 そういえば、シカゴのギャングとして有名だったアル・カポネも、そうだったと思い出しました。私の青年時代は、FBIの隊長・エリオットネスをリーダに、ギャングとたたかうテレビ番組「アンタッチャブル」を、関心をもって見ていました。アメリカの禁酒法時代、ギャングの親分アル・カポネが逮捕されたのも、意外や意外、脱税という容疑に、拍子抜けしたものだった。
 今日の東京新聞・本音のコラム欄を紹介したい。

 理事長逮捕
 三木義一
 

「ご隠居、ついに日大の理事長が逮捕されちゃましたぜ」
「脱税の方で捕まったようだな。自宅にはそれを裏付ける現金があったようじゃ。いろいろ問題があり、前から噂が絶えなかったお方だが、ついに脱税で捕まったわけだ。 まるでアル・カポネのようだな」
「しかし、このままでは日大の学生や卒業生、それに教職員がかわいそうですぜ。彼らのプライドはズタズタに裂かれてしまった」
「それ以上に気になるのが、こうなるまでに、現在の理事の中から誰も批判の声が正式になかった、ということだ」
「批判すると左遷されちゃうからでは?」
「そういう人もいるだろうが、大学学長たちは理事長の一存ですぐに左遷できない。だから日大のタメには体を張って批判することも可能だったはずだが」
「そうは見えねえ」
「ならば今の理事は総辞職すべきじゃ。そのうえで、臨時的に一期だけ、日大関係者ではない、学長経験者を中心とし、諸制度を全部見直せ! 日本一の大学にふさわしいものにすべきじゃ!」
「でも、日大関係者がどう思いますかね?」
「理事長支持者からは安倍政権を批判した時と同じような批判を受けるかもしれんの~」
「へ~どんなの」
「反日!」
(青学大名誉教授)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

我が家に冬の風物詩が始まりました

2021年12月01日 13時21分30秒 | 日々の雑感
 学校給食の試食会から、帰ってみると、大根が干してありました。以前は、奥さんが元気いっぱいのころは100本は干していたのですが、後期高齢者となった今は、本数が減りました。今年は50本だとのことです。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今日の学校給食メニューは「パン食」でした

2021年12月01日 13時11分22秒 | 日々の雑感
 今日は、学校給食の試食の2日目です。
 今日は、パン食でした。
 メネニューは、バターロールパン、牛乳、ポークビーズン、ハムと野菜のマリネ。

 

 今日は、午後から、総務常任委員会と建設経済常任委員会が開かれることもあってか、議員の参加者は10人となり、賑やかな食事会となりました。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「伊藤詩織さんの判決文」にアクセスがあったと思ったら・・・・

2021年12月01日 08時15分40秒 | 日々の雑感
 昨日の寝しなに、ブログのアクセス分析をみたら、「伊藤詩織さんのレイプ事件判決文」の何人かのアクセスがあった。このブログは、一昨年の12月に書いたもので、「なんで、いまごろ読んでくださる方がいるのか」と、今朝の新聞を見たら、しんぶん赤旗は「漫画家らに賠償命令」の大きな見出しがでていた。東京新聞も書いているが、しんぶん赤旗の記事が、詳しく書いているので、紹介したい。

 漫画家らに賠償命令
 東京地裁 伊藤詩織さんの名誉毀損


 ツイッターに投稿されたイラストなどで名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの伊藤詩織さんが「はすみとしこ」のペンネームで活動する漫画家の蓮見都志子さんら3人に計770万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁でありました。小田正二裁判長は名誉毀損を認定し、3人に計110万円の支払を命じました。

 判決によると、蓮見さんは伊藤さんとみられるイラストと「枕営業を仕掛ける」「試しに大物記者と寝てみた」などの言葉をツイッターに投稿。男性医師と男性クリエーターはこれらの投稿をリツイートしました。
 伊藤さんは性被害を受けたとして元TBS記者を告訴し、東京地検は準強姦容疑について不起訴処分としていました。蓮見さんはこうした事実を挙げ、伊藤さんの訴えが虚偽と信じる相当の理由があると主張しましたが、小田裁判長は「(不起訴の)理由が明確でないことを踏まえると、性被害を不存在のを認めるに足りる事実とは言えない」と指摘。名誉毀損の成立を認めました。

 またリツイートは、医師やクリエーターの発言や意見と見なし、「それぞれに責任を負う」と判断。蓮見さんに88万円、他の2人に11万円ずつの賠償を命じました。
 判決後に記者会見した伊藤さんは「蓮見氏のイラストにはまだ苦しく感じる部分がある。判決は大きな一歩だと思っている」と述べました。

注)キクチのコメント
 「小田裁判長は『(不起訴の)理由が明確でないことを踏まえると、性被害を不存在のを認めるに足りる事実とは言えない』」と指摘した」と判決文の一部を取り出して、記者は書いています。この短い文を読んでいて、「本当にわかりにくい」文言だと、思います。
 多くの方が、裁判に関心をもつようになるには、この判決文を「わかりやすい」ものにすることが大事だと、思っています。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

半藤一利著「日本のいちばん長い日 運命の8月15日」を読み出す

2021年11月30日 14時09分42秒 | 日々の雑感
 「いちばん長い日」とえば、私のアタマに浮かぶのは、中学生のとき、新宿の映画館でみた「史上最大の作戦」である。この英語名は、「ザ・ロンゲストデー」で、アメリカ軍を中心とするフランスのノルマンディー上陸作戦である。
 私とって、一番長い日は、議員になってから、黙って1日中聞いているだけの3月の「予算案提案の日」と9月の「決算案提案の日」である。

 歴史探偵を名乗る半藤一利氏の一番長い日は「1945年の8月15日、敗戦の日、終戦の日」である。私は、この本を知った日から、笠間図書館で探していたが、なかなか見つからなかった。有名な本だから、手垢がつきすぎて、廃本になったのかと諦めていました。ところが、11月28日に笠間図書館にいったところ、見つかったのです。しかも、かなり新しい、手垢がついていないものでした。
 もう一つびっくりしたのは、巻頭の挨拶文は、昭和40年で、書いた人は大宅壮一だったのです。私が読んだ本は、1995年の改訂版で、半藤一利氏が、次のように書いている。「当時はいろいろな事情で、大宅壮一編と当代一のジャーナリストの名を冠して発行された」

 とにかく、1945年8月14日正午から翌日の15日の正午までを、時間を追いながら書いている。
 全部を紹介するのはできないが、今日読んだ部分で、自分が誤解していたことを一つ紹介したい。

 敗戦を、ポツダム宣言を受け入れた戦前最後の首相は、鈴木貫太郞であった。その鈴木内閣には、阿南陸軍大臣がいた。阿南はポツダム宣言の受け入れには反対していた。しかし、陸軍大臣をやめなかった。15日の朝、自刃した。
 私は、これは知っていたが、これは、「鈴木貫太郞への反乱」であると考えていました。しかし、半藤氏はそうは見ない。
 「もし、鈴木内閣で、陸軍大臣を辞職していたら、内閣不一致で、内閣そのものが瓦解して、終戦にもって行けなかった」というのである。
 だから、15日の内閣の閣議が開かれたときの哀悼の辞はこう述べたと書いている。
 「阿南陸将は忠実に政府の策に従われた。陸軍大臣が辞表を出されたならば、わが内閣は即材に瓦解したであろう。阿南大臣が辞職されなかったので、われわれはその主目標、つまり戦争終結の目標を達成できなかった。私はそのことを陸将に深く感謝しなければならない」

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テレビで「トキワ荘の青春(市川崑監督)」をみて

2021年11月30日 07時47分25秒 | 日々の雑感
 昨晩、夜9時からはじまった「トキワ荘の青春(市川崑監督)」という映画を見てしまった。これは、豊島区にあった手塚治虫、寺田ヒロオ、藤子不二雄、石森章太郎、赤塚不二夫など多くの漫画家を生んだ、トキワ荘というアパートでの漫画家の苦闘時代を描いた、ドキュメンタリーに近い、映画であった。

 私は、子どもの頃、その中でも、寺田ヒロオの漫画、「背番号0」が好きであった。「少年マガジン」や「少年サンデー」という子供用週刊漫画誌ができる以前に、「漫画少年」という雑誌に載ったものである。
 
 その中で覚えているストーリーが一つだけある。背番号0を付けた主人公チームは、かなり強い少年野球チームであった。そこで、となり町の少年野球チームとの試合があった。ところが、相手チームが連れてきた審判が、相手チームに贔屓の審判だった。きわどいボールは、ストライクにしない、きわどいプレーは、セーフにされてしまう。
 しかし、背番号0のチームは、これにめげずに、頑張る。滑り込んで、セーフのプレイでは、アウトの宣告。しかし、相手側のボールは、クラブをこぼれていて、そのボールを指摘され、審判はアウトを取り消して、セーフになり、背番号0のチームが勝利するという物語を、なぜか、未だに覚えているのです。
 寺田ヒロオの作品は、本当に、真面目一本槍の漫画だったのです。

 映画でも、寺田ヒロオは、手塚治虫氏が、トキワ荘を去ったあと、トキワ荘にいる漫画家の卵たちの、世話役となっていたのでした。
 65年以上前の子ども時代を思い出した映画でした。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

文教厚生常任委員会開くー市立学校の統合に方針で論議

2021年11月29日 18時10分07秒 | 桜川市議会
 今日は、午後1時半から、文教厚生常任委員会が行われました。12月議会に提案される議案の事前説明があったあと、教育課長より、「市立学校の統合に向けた今後の方針(案)」の説明がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【統合の方針】
●小学校区
 将来的に、複式学級になると想定される小学校の統合を優先する
●中学校区(以下、3つに再編・統合する)
①岩瀬東中学校区+岩瀬西中学校区
②真壁地区・・桃山学園区+桜川中学校区
③大和地区・・大和中学校区+桜川西IC周辺地区
 (桜川筑西IC周辺地区の児童生徒数が増加し、一定規模の維持が見込まれる場合)

統合方針・スケジュール
 当面、真壁地区を先行して統合を推進する。
 将来的に、谷貝小と樺穂小は、複式学級になると予想されている。

 桃山学園+桜川中学校区(桜川中+谷貝小+樺穂小)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この説明に、菊池議員は次のような意見を述べました。

 市民の方に、統合案を提案するとき、「わかりやすい案」を提案する必要がある。桜川市の人口減は著しいものがある。人数だけで、いうなら、桜川市内で、「小中一貫校1つ」でもやっていける。それほど、児童生徒数が減っている。
 一番、対処が難しいのが、「大和中、雨引小、大国小」の問題だ。これを、こんなわかりにくい表現で書くのは問題がある。中学校は、将来、岩瀬と桃山(真壁)の2つになるとして、「雨引小と大国小」をどうするのか決めないで、「桜川筑西IC周辺の児童生徒数増加」などという、市長に忖度した方針をだすのは、わかりにくくするものである。

 この意見には、委員全員が同意しました。

 これ以上は、議会全員協議会で、再度説明し、方向性を確認するとなりました。

 大和中新校舎と桃山学園新校舎は、「合併特例債」という「打ちでの小槌」が使えました。その合併特例債190億円も、新庁舎建設や図書館建設で、すでに189億5千万を使ってしまい(また、しまいつつあります)、あと、新規事業で使えるのは5千万円しか残っていません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学校給食の試食に参加

2021年11月29日 17時01分49秒 | 桜川市議会
 今日は、昼食は、大和庁舎の給食センターで、食べました。
以前、文教厚生常任委員会で、「生徒の食べ残しが多い」ことが話題となりました。それなら、食べてみなければ、分からないではないかということになり、今日の試食会になりました。
 給食センターに、萩原委員長、市村議員、菊池議員、谷田部議員、川股議員の5人があつまり、試食いたしました。

 
 
 私ら(川股、市村議員の70歳を超えた議員)と萩原、谷田部議員は、年代が離れすぎているので、自分の食べた給食の思出が違いすぎるのです。
 ちなみに、今日の献立は、「ごはん、牛乳、ししゃもフライ、野菜炒め、実だくさんのみそ汁」の5品でした。私は美味しくいただきました。ご飯は多すぎて残してしまいましたが、若い人には、足りなかったかもしれません。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

保坂正康著「続・昭和の怪物七つの謎」を読む

2021年11月29日 08時30分40秒 | 日々の雑感
 このところテレビがつまらない。そこで、本を読むことになる。昨日は、笠間図書館に行って、本の借り換えてきました。私は2週間毎に笠間図書館にいき、気に入った本を借り変えてきます。それは、笠間図書館の貸し出し期間2週間となっているからです。
 私は、このところ、BS・TBSで毎週放映している「もう一度近現代史」という番組を見ています。関口宏氏の司会もいいのですが、対話相手の保坂正康氏の語り口がいいのと、多くの方に取材したことを元に話すので、信頼できることです。

 昨日は、保坂正康著「続・昭和の怪物七つの謎」を借りてきて、読んで見ました。第一章は、「三島由紀夫は『自裁死』で何を訴えたのか」です。
 私が三島由紀夫の死の報道を知ったのは、教員なりたての2年目(1970年の秋)であったと記憶しています。当時、真壁高校美術室で、仲の良かった佐藤忠克先生と、「何でだろう?」と話したことを思い出します。

 保坂氏は、三島の死を「自裁死」と呼んでいます。自分を裁いて死を選んだというのです。
 近代になって、「自裁死」で社会的に影響を与えた人は、藤村操(明治36年に、『人生は不可解』の言葉を残して、日光華厳の滝で投身自殺)、芥川龍之介(今では芥川賞で有名な芥川龍之介は昭和2年、『唯、ぼんやりとした不安』の遺書をのこして、服毒自殺)、山崎晃嗣(戦後すぐ『光クラブ事件』というヤミ金融事件をおこし、『契約こそ人生の名分の』を残している。青酸カリ自殺=三島由紀夫と友人ではなかったかと、保坂は推測している)、西部邁(「もはや有意義なことはなし得ないものを自分の将来において展望し得ないというとき、人間は自死を追行しなければならないからだ」という言葉を残し、平成30年に自裁死)をあげています。
 
 この5人「自裁死」の共通点として、2点あげています。
(1)彼らは自裁死することによって、自らの死を社会化してみせた。それは日本社会の中に、一定の影響をを与えた。
(2)彼らは一語に収斂できるような思想コアを持っていた。「人生不可解」「ぼんやるした不安」「契約がすべて」「鼻をつまんで生きる」「死は私が決める」といった語が表す思想や哲学を持っている。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする