goo

ヴィンテージストーブトップエスペレッソコーヒーメーカーをご紹介します stesp-V901N

商品番号:stesp-V901N


海外でコーヒーといえばエスプレッソコーヒーが主流となります。抽出方法で一番普及している方法が蒸気圧で短時間に抽出するエスプレッソなのです。これには高い圧力が求められますが、一般的には業務用のマシーンは9気圧が達成されるように設計してあります。マシーンで抽出するには9気圧が必要である、この圧力が一番良い状態であるとなっております。このような圧力を発生させるには電気を動力としてポンプを作動させています(今のマシーンが開発される過程では、ハンドポンプと言うシステムもありました)。でも一般家庭ではそのような高い圧力を発生させられるようなマシーンは準備できません。そこでイタリアでは家庭に一台はあると言われる直火式の小さな湯沸かし器であるマキネッタという物が使われています。このマキネッタで抽出されたコーヒーは、エスプレッソマシーンで造られたコーヒーとはまったく違う風味を作り出します。コルドバで仕込むコーヒー豆は、熱源に炭を活用し焙煎機は直火式を使っておりますが、抽出する器具としてネルドリップ以外では直火式のマキネッタが良いと考えております。ストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーは、作っていたメーカーもなくなってしまったり、作らなくなってしまったモデルなどがあります。電動のエスプレッソマシーンが普及する前の時代に作られた、すばらしい器具をご紹介いたします。ヴィンテージ物を中心にご紹介いたしますが一部現行商品や現行モデルのUSEDもございます。ヴィンテージ ストーブトップ エスプレッソ コーヒーメーカーの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

本日ご紹介するマキネッタはヴィンテージですが希少な新品になります。



大まかな分解の図


サーバーを外した横の状態です


コーヒーを入れるホルダーを外した横の状態です


本体を上からご覧下さい


黒いキャップを外しました、ここから水を入れます


キャップ横のネジは中のパイプを掃除するときに緩めます


外したキャップを横からご覧下さい、中には圧力安全弁があります


キャップを上からご覧下さい


裏側もご覧下さい


外したホルダーを見てみましょう


上からご覧下さい


横からご覧下さい


裏からご覧下さい


ホルダーのハンドルです


ホルダーを付ける本体側です


ホルダー受ける本体の内側です


出来上がるコーヒーを受けるサーバーです、上からご覧下さい


蓋を開けたところです


サーバーを横からご覧下さい


サーバーを下からご覧下さい


抽出するときには蓋を開けてセットします


本体を下からご覧下さい


まっさらの新品です


パンフレットです


取扱書です


商品番号:stesp-V901N  ¥36.000-


ベスヴィアーナ 9カップ


本体寸法:高さ210mm、横210(270)x120mm、加熱底部分120mm、

サーバー寸法:高さ90mm、上部110mm、底部95mm


重量:1.350g


当店ヴィンテージストーブトップエスプレッソコーヒーメーカーの一押し商品です。9カップは出来上がり300ccになります。このマキネッタは独創的なデザインで1930~1960年ごろに作られていました。今回の物はまったく使われていない新品の状態です。新品であるから貴重である、それだけではありません。僕がこのマキネッタですばらしいと感じるのは、そのデザインのすばらしさ、そして何よりも大事なことである出来上がりのコーヒーの味が良いのです。どんな風に良いのかと申しますとまろやかな味わいになります。仕組みを見ていただければお分かりのように、本体上部のキャップを外し水を入れます。加熱された蒸気圧は上へ回り、粉をセットしたホルダーの上から圧を加え蓋を開けたサーバーへ落とされていきます。本体が加熱されていますからサーバーも穏やかに暖められているので冷めません。通常のマキネッタでは蒸気圧はコーヒーバケットの下から圧力をかけて本体上部のサーバーへ送られています。本体上部のサーバーは大変熱くなっています。まったくその逆の方向になります。現代のエスプッレソマシーンの仕組みと同じなんです。エスプレッソマシーンは抽出されたコーヒーをカップで受けています。ベスビアーナはこの筋道と同じで、抽出されたコーヒーをサーバーで受けていますが、そのままカップで受けることと違いはありません。しなやかなデザインの良さと、まろやかな味を作り出すことが出来るマキネッタとしてベスヴィアーナはいかがでしょうか。

ご注文はホームページからお願いします



http://cordobacoffee.com








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティクミルをご紹介します spq-029

商品番号:spq-029


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はイギリスの「SPONG」社のテーブルタイプのミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面と言うか横からご覧下さい


上からご覧下さい


ハンドル固定のボルトは一回り小さく黒色です


本体上部の縁の塗装ははげが多くあります


二分割になります



組み上げる前の部品や内部をご覧頂きます



分解した部品構成です


ネジ部品です


内歯になります、少し磨耗があります


内歯の裏側です


本体内部が外歯になります


本体表側は豆を入れるホッパーになります


内歯の裏側にシリコングリスを付けボールベアリングを入れます


ボールベアリングを押さえるボルトの先端にもグリスを付けます


粉を調整する部品を組み付けた状態です


ハンドルを上からご覧下さい、刻印はSPONG Englandです


横からご覧下さい、曲がりはありません


ハンドルのつまみは木材で出来ています


二分割した下の部品は粉を受ける皿になります


横からご覧下さい、ロゴラベルが残っています


皿の裏側をご覧下さい



商品番号:spq-029 ¥24.800-


スポングミル モデル80


重量:1.6kg



スポングミルのテーブルタイプはモデル80として区別されています。この形のモデルには大きさの違いによるバリエーションは存在しません。歯の大きさはNo.1と比べて少し小さくなっています。今回のミルは塗装はつやが有、部品の構成からして中期に作られた物になります。スポングミルの中ではコストダウンが図られた後期の前の時期に作られている部品です。塗装はオリジナルのままで、使い込まれたはげが見受けられます。内歯の磨耗が少し見受けられますが使用上はまったく支障はありません。中期モデルは数が少ないです。ご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページからお願いします



アンティークミルの写真サイトを作りました














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 sp3-001

商品番号:sp3-001


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありました。本日はSPONG社のミルから"No3"をご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

今回は特別価格となります。では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。


正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


上からご覧ください、塗装のはげが結構あります


豆を入れるホッパーです


ハンドルを固定するボルトはオリジナルではありません


本体の株の隙間からは粉が出てきます


天板に固定するときの台座になります、しっかりとしています


下からご覧ください、内歯が見えます


組み上げる前の分解した部品を見ていただきます



分解した部品構成です


ネジ部品になります


豆を入れるホッパーの裏側です


内歯になりますが磨耗が多くあります


内歯の裏側です


外歯になります、こちらの磨耗はそれほどではありません


外歯の表側になります


外歯と組み合わせられる本体の内側です


内歯を押し込むためのプレートは変形が少し強くなっています


本体の裏側です


本体裏側にある粉の挽き具合を調節するねじはオリジナルではありません


ボルトで内歯を調節するのですが、ワッシャーの枚数で位置を加減しています


天板に固定するクランプが折れてありません


修復不可能です


天板に固定するために台座に穴を開けてあります


左右に穴を開けているので固定が可能です


折れたクランプ部分から下をご覧ください


ハンドルには曲がりはありません


上からもご覧ください


ハンドルグリップは赤いベークライトになっています


商品番号:sp3-001 ¥27.900- 特別価格


寸法:170(280)-160(260),H-240(320)


重量:3.1Kg


なかなか見つからないスポングミルのNo.3です、今回は特別価格となります。どうして特別価格であるのかをご説明します。一つ目は、外見からすぐに分かりますが天板に固定するためのクランプが折れてないこと。この対策としては、土台に穴を開けてありますのでボルトで天板に固定できます。背面の柱などに固定するのでしたらクランプの問題はありません。二つ目は内歯の磨耗が多くあること。実際に粉にして状態を見ましたが、細挽きは無理です。無理というのはできないと言うことではなくて時間がかかると言うことになります。スポングのNo1よりも時間がかかりますので、No3である利点が失われてしまいます。裏のボルトでの調節で少し粗挽きに設定すれば問題はありません。No3ならではのスピードで速く粉に出来ます。要約して言いますと、細挽きは無理(時間がかかる)中挽きでは、少しスピードが落ちるのでおすすめできない、粗挽きならばぜんぜん問題にすることがありませんので、ちょっと粗挽き専用としてお使いになる向きになります。コーヒーの抽出から言いますと、粗挽きにした豆をネルドリップで淹れますと香り高く後味の良いコーヒーが出来ます。ものが物だけに使い方を限定されてしまいますが、ご理解して頂ける方をお待ちしております。幻のスポングミルのNo.3を手元におきたい方、いかがでしょうか。※このミルに限り送料は¥1.500-になります。

ご注文とお問い合わせはホームページからお願いします



http://cordobacoffee.com






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 ken2-001

商品番号 ken2-001


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツで10社ほどありましたが、本日はイギリスのA,Kenrick&Sons社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。初めてご紹介するミルなので写真点数をとても多くしてあります。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。


正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


上からご覧ください


ハンドルが細くて曲線を描いていて、グリップは木製です


豆を入れるホッパーです、軸受けに欠損があります


軸が外れることはありませんので使用に影響は出ません


イギリスの国章を現すライオンと王冠のプレートです


引き出しのつまみは真鍮になっています


引き出し固定の板スプリングは一箇所です


引き出し正面からご覧ください


上からご覧ください


裏側をご覧ください

組み上げる前の部品をご覧ください


この分解した部品構成は、まだ磨く前です


こちらが磨き終わった部品構成です


このミルの分解のために準備した特殊工具です


内歯です


外歯です


軸受けが一部欠損しています


裏側です


本体上部の表面です


裏側です


本体を上からご覧ください


横からご覧ください


横左右には耳がありテーブルや台座に固定できます


本体の下からご覧ください、真ん中の穴は粉の挽き具合を調節するねじを廻すためにあります


本体を逆さにしていますが裏の穴とネジの関係です


逆さですが組み合わせた歯の部分です


歯を組み上げる時にワッシャーを加えました


ネジだけでしたがしっかり固定させるためにワッシャーを入れます


内径をあわせるために鑢で調整します


外歯の固定にもワッシャーを入れました


しかし、組み上げる時にわずかなでっぱりが出ていて組み上げられないのでワッシャーを削りました


こんな感じで干渉しないようにしました


商品番号 ken2-001 ¥41.900-


130(210)mmの正方形、H-120(180)mm


2.25kg


イギリスのアーチボルドケンリック&サンズ社のNo.2というサイズのものです。こちらの会社は1791年の創業で1991年に終了となっています。重さが2.250gありますのでどっしりとしています。粉を受ける引き出しだけの重量が550gあります。初めて手にしたときの興奮はいまだに忘れられません。このミルの製造年式はおよそ1850年前後であると思います。普段使うには少しばかり気を使ってしまうかもしれませんが、置いておくだけでも楽しめるものであると思いますし、とても貴重であり希少なものでありますので大切にしていただきたいと思います。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページからお願いします







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

少し慣れてきたようです

子供園に通うようになって昨日で17日目になりました。今まで朝別れる時には決まって泣いていましたが昨日と今日は泣きませんでした。少し慣れてきたようですね。

でも夕方に他の子供たちの親が迎えに姿を見せるようになり帰っていく姿を見ると、泣いてしまうそうです。そして僕が迎えに行き顔を見せるといつも泣いてしまいます・・・これはうれし泣きか?

出掛ける時にチャイルドトレーラーに座らせる時も泣かなくなりましたし、道中何か声を出すようになりトレーラーは気に入ってくれているようです。

自転車でトレーラーを引っ張っているときは、基本車道を走ることになりますが横断歩道や歩道を行くときは僕は自転車から降りて歩いています。歩道をトレーラーを引っ張って歩いているとバス停の標識や電柱がとても邪魔に感じます。車椅子の方は当然のことに走行しにくいと感じているでしょう。

ハイブリットの開発に専念するより自転車の活用にもっと積極的にしたらと思います。僕は車に乗る回数を減らして自転車を活用することなら出来ます。自転車走行がもっと安全になるように願っています。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ファーストフラッシュ

紅茶の春摘みであるファーストフラッシュの販売準備が整いました。今年はサングマ農園の茶葉です。香りと甘み、柔らかな味わいがある茶葉を選びましたのでどうぞお試しになってください。

僕の朝食は、仕込がある日はご飯ですがない日はパンとなります。パンと一緒に作る飲み物ですが基本は紅茶、たまにエスプレッソです。朝食にコーヒーを飲む頻度が少ないのは、仕込みの後には味見をするのでコーヒーは控えています。
ここ数日のパンの時にはサンプルで取り寄せたダージリンのファーストフラッシュを淹れていましたが、実に豊かな気分になります。コーヒーとはまた違った気分ですね。


話は珈琲に変わりますが、7月の産地豆紹介は新入荷したてのエチオピアハラー・オーガニックです。6月の紹介豆であるコスタリカの在庫が少なく・・・・と書いている最中ですが店頭にてコスタリカの在庫がなくなりそうになってきました。ホームページ上では今月のお勧めの豆は6月のコスタリカですが、在庫がなくなれば7月の豆「エチオピアハラー・オーガニック」に代わりますのでご注意してください。














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

紅茶のファーストフラッシュ

紅茶の春摘みはファーストフラッシュと言います。ちなみにコーヒーでは春の摘み取りと言うことではありませんがその年の新しい収穫された豆をニュークロップと言います。今朝はコーヒーの仕込みの後に紅茶のサンプルにてテストをしました。

5月の連休を過ぎて新緑まぶしい季節に、紅茶のファーストフラッシュのサンプルテストをしていますが、僕はこれが楽しみであります。

コーヒーは生豆に火を入れて仕上げるのは自分自身なので、出来上がりの味には責任が着いて回ります。しかし、紅茶葉の場合は純粋にその茶葉の味を見ることができる立場になります。

今年のファーストフラッシュの仕入れる茶園が決まりました。早速発注をしますのでもう少しお待ちになってください。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

モカのテスト焙煎

商品番号:C-151


在庫でモカハラーG1がありまして、こちらは主にブレンドに活用しています。今回の豆の入荷でハラーは二品目となります。輸入される形態としては穀物ビニールの袋が内側に設えてあるスペシャリティーグレードになりますので、開けたときの生豆の香りは強くて期待感が盛り上がります。



浅炒りの豆です。豆を挽いた時から良い香りが在ります。甘みを伴ったベルベットのような舌触りが良い印象で、味わいある余韻を楽しめます。酸味は弱いです。



強中炒りの豆です。きめの細かなコクで甘みも増してきます。

モカの火入れの具合は好き好きで、浅炒りが好き、普通の中炒り、酸味を弱めるような仕上げで強中炒りにした豆が好きというものです。好みは個人個人違うものですから当店での受注焙煎をしていることとしては、新鮮な豆をお渡しすることと共に好みの豆の火入れをするということが最初からの理念です。

ですが、季節柄来月の産地豆として今回入荷したモカ・ハラーの火入れ具合は中炒りでも少し軽めに仕上げる予定です。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夕刻の一時外出

僕が下の息子です


今月から子供園に通い出した息子です。まだ子供園に慣れなくて同じ部屋の子供たちが帰ってしまうと悲しくなって、一人になってしまった後は機嫌が悪い毎日です。

もうしばらくは早めに迎えに行きますので、夕方の一時期は外出をします。

時間にして30分ほどの外出になります。


ご迷惑をおかけしてすみません



何卒、よろしくお願いします











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

エチオピアモカ入荷

エチオピアモカ・ハラー オーガニックが新入荷いたしましたが商品番号はC-151となります。C-151は今まではシダモでしたが在庫がありませんので今回のモカ・ハラー オーガニックと入れ替わります。



ご覧のように穀物ビニールの内袋に入っているスペシャリティーコーヒーで有機栽培のオーガニックコーヒーとなります。

また後日にテスト焙煎をいたしましてブログにてお知らせいたします。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ブラジルの新入荷豆

商品番号:C-015


近年スペシャリティーコーヒーの生産地として注文されている「カルモ・デ・ミナス」地区から単一農園の豆が入荷しました。カルモコーヒー社スタッフが現地にてカップし、品質基準を満たすロットのみを厳選しています。「カルモコーヒー社」の品質証明が付けられている農園指定豆で完熟した赤実のみを丁寧にハンドピックされています。



浅炒りでは香り高く、全体的にとても上品で透明感のある柔らかさがあり、酸味は弱いです。



癖のない落ち着いた苦味があり、火入れに伴って浅炒りとは違う印象の甘みが出てきます。

この豆はオリジナルブレンドのために仕入れましたので、次回仕込みの浅炒りブレンドから深炒りブレンドまで広く活用していきます。無論ストレートでお楽しみ頂けますので受注焙煎にてご注文を承ります。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日からが本番

下の息子の子供園通園が先週から始まりました。先週は慣らしで時短預かりでしたが今週から一日預かりが始まりました。



買い出し用に付けたバックですが通園リュックを入れます。



トレーラーの後ろのスペースには二人分の布団と息子の通園リュックでいっぱいになりました。月曜日は布団があるので大荷物です。

自転車ですからタイヤの空気圧を点検し、子供園の受け入れ時間の30分前には荷造りを済ませ、支度が出来た二人の子供をトレーラーに乗せて出発です。

案の定、下の息子が大泣きでしたが眠くなってきたのです。息子は僕と同じで早起きなので5時前後には起きてしまいますので出かける頃には眠くなってきます。

通園中はお姉ちゃんに歌を歌ってもらい何とか子供園に到着しました。息子のお迎えは6時ごろまでに行けば良いのですが、まだ慣れないので少し早めに迎えに行きます。夕方の30分ぐらいですが一時外出をしますので申し訳ございません。

今朝は仕込が無かったので時間的な余裕はありましたが仕込がある日は今まで以上に早起きをしなくてはいけません。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パンク修理

マディーフォックスの通園改造号のパンク修理は幾度となくチューブやバルブの点検をしていましたが、一晩経つと空気が抜けてしまうスローパンク症状から抜け出せていませんでした。今回はリムテープの交換とチューブの交換をして無事直ったようです。いまだ空気が抜けないので一安心です。

リムテープはヤフオクで安く出ていた不用品というもので新品未使用を調達できました。初めて使うメーカーでシュワル・・というよく聞くメーカー品で、なんとなく強そうなイメージです。ヤフオクで調達できたのは20mmという幅が広いものですがそれほどなくても良いのですが使えるものであれば良いだろうという考えで装着しました。チューブは今まで使っていたものと同じものをアマ・・で購入しました。

今までのリムテープはもう限界を超えている状態でした。


昨年チューブ交換したときに補修したあとです



薄いゴムなので変形しているし、



バルブ穴のところは切れていました。こんな状態だったのでスポークの裏側との接触面であるチューブに傷がついてしまいますね。これは昨年チューブ交換したときにリムテープも交換しておくべきだった・・・という反省です。

ネットにてリムテープの交換時期を調べると一年ということも書いてありました。今回の新しいリムテープはゴムではなくて樹脂なのでもう少しは長く使えそうです。

交換したチューブは¥711-、リムテープは格安で¥150-(定形外料金別途¥82-)となりましたので、合計出費は¥943-です。

手先が器用なほうではないですがいろいろ分解したり組み立てて直すことが好きなので今回のような出費で抑えられますが、つい先日のお客様のお子様の通学自転車のパンク修理の話を聞いてびっくりしました。

全国チェーン店の店での話しですが、パンク修理はチューブ交換で¥9.000-ほど。それも半年後にまたパンクして、チューブ交換しましたので同じ料金で¥8.000か¥9.000-だったというお話でした。当事者ではないのでパンクの状況や金額には不確実なこともあるのでわかりませんがこのような話でした。

自転車のパンク修理ではバケツに水を張ってチューブのどこに穴が開いているのか点検をしますが、そういう点検作業はせずに新品のチューブを購入し交換で済ませてしまうということらしいです。

必ずしもすべてにおいてこのようなことではないのかもしれませんが、オートバイや車のメンテナンスでも同じことがあるので自転車でも同じようなことなのでしょう。














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

自転車で買出し

昨日は暑いぐらいでしたが良い天気でした。今も雨が降っていますが、今週からは梅雨に入ったといわれてもよいぐらいに天気は不安定になってきます。車はくるまで好きですが膝のリハビリのためにも天気が良いときにはゆっくりと自転車に乗りたいと思っています。

昨日の買出しには、チャイルドトレーラーを引っ張るようにしている青空号を買出し用にと古いバックを引っ張り出して付けました。



二軒の店を回っての買出しは、木曜特売で豆乳を1Lx6、ツナ缶を3x2、息子が好きなみかん入り寒天用にみかんの缶詰を一個。別の店では業務用のクリームチーズ、つまみ用にとローストビーフに夕食用のニョッキを調達しました。

短い距離ですが休みに出来る模擬サイクリング気分です。帰宅してからワインの買出しを忘れていることに気がつき、娘も買い物に行きたいというので夕方のラッシュ時でのチャイルドトレーラー牽引走行は周りに迷惑であろうし危険走行になるかもしれないのでしょうがなく車で行きました。



しばらくほかったままにしてある通園一号車は部品待ちです。どうもスローパンクというものらしく、一晩経つと空気が抜けてしまう症状です。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今週から通園始めました

今月で一歳になった息子は上の娘が通っている子供園に通い始めました。今週は慣らしで少しずつ預けている時間を長くしています。今日は11時に迎えに行きますので30分ほど外出となってしまいます。

僕が送っていきますが別れる時には泣いてしまいます。しょうがないですね。早く同じぐらいの子供たちと遊べるようになってくれたらと思っています。

変わって上の娘ですが今までぐずぐずして手がかかるようになっていましたが今週からはガラッと代わりとてもお姉さんになりました。園の先生とのご挨拶もしっかり出来るようになりびっくりしています。













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ