goo

アンティークミルをご紹介します sp1-050

商品番号:sp1-050


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをレストアをして販売しています。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの製造会社はドイツで10社ほどありました。本日はイギリスのSPONG社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き組み上げましたので外装を写真にてご案内いたします。



横からご覧ください


本体の裏側をご覧ください


上からご覧ください、ここに豆を入れます


豆が入るホッパーです


ハンドルを固定しているネジです、コインで回すことが出来ます


本体下の隙間部分です、ここから粉が出てきます。貴重なオリジナルのラベルが残っています


本体をテーブルに備えるための土台です


テーブルに固定するためのクランプです


下からご覧ください、粉が出る隙間からは内歯が見えます


クランプを含めて下からご覧ください



組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


ネジ部品です


内歯になります


内歯の磨耗は少しだけです


内歯の裏側です、磨耗はありません


外歯になります


外歯の拡大ですが磨耗は、ほとんどありません


本体の内側です


中心にあるプレートは珍しい形をしています、磨耗は少ないです


本体の裏側です


土台とクランプの付け根の裏部分です、亀裂はありません


豆を入れるホッパーの裏側です


ホッパーの下の爪も折れていません


ハンドルをご覧ください、白木で出来ていますが円筒型と珍しいものです


ハンドルを上からご覧ください、曲がりはありません


傷のない円筒型の白木です



商品番号:sp1-050 ¥28.900-


スポングミル No.1


1.9kg


スポングミルの製造時期を見分けるには部品の構成を参考にしています。今回のミルはいくつか特殊な部品が見受けられます。外装では刻印が片側にしかありません。内部のプレートが特殊な形で楕円形となっています。そして、ハンドルのグリップは赤いベークライトと同じ形ですが白木で出来ています。このような要素から判断しますと初期から中期の極限られた時期で同じ部品構成を今まで見たことが少ないので製造期間は大変短い物と考えます。程度からすると塗装も良く、内部の歯の状態も磨耗が少ないので良い状態になります。珍しい部品構成のスポングミルになりますから、コレクションとしてそばに置きたいというご興味をお持ちの方はいかがでしょうか。


ご注文、お問い合わせはホームページからお願いします



アンティークミルの写真集を作りました、ご興味がありましたご覧頂ければ幸いです。












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します sp1-042

商品番号:sp1-042


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありましたが、本日はSPONG社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

分解掃除をして磨き組み上げましたので、外装を写真にてご案内いたします。



正面からご覧下さい


横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


上からご覧下さい


豆を入れるホッパーになります。ここにはロゴラベルが貼られているのですが、剥がした後がスジとして傷になっています


ハンドルを固定するねじには傷や痛みはありません


天板に固定するための土台はきれいなほうで、クランプとの接合部位に亀裂はありません


こちらが天板に固定するためのクランプです。曲がりはありません。


土台とクランプの接合部分の裏側です


下からご覧下さい、隙間から見えるのは内歯です。ここから粉が出てきます


クランプを含めて下からご覧下さい


組み上げる前の部品や内部の状態をご覧下さい



分解した部品の構成です


ねじ部品です


内歯になります


一部に磨耗が見受けられます


内歯の裏側です。中心のところの磨耗はありません


外歯になります、磨耗はそれほどありません。


外歯の表側です


ホッパーの裏側です


本体の内側です


四角いプレートには磨耗があります。内歯の裏側の中心部分が接します。


本体の裏側です


ハンドルを横からご覧下さい


上からもご覧下さい。曲がりはありません。


グリップは赤いベークライトになります


数箇所に傷があります


商品番号:sp1-043 ¥22.900-


スポングミル No.1


本体つや有、汚れも有


重量:1.9kg


世の中に存在しているスポングミルの中では状態が良いほうにはなりますが、全体的に見て汚れは目立ちます。出来る限り磨きを入れましたが、塗装に影響が出ない程度にしておりますので細かな部分は汚れが残っています。この状態も50年ほどの時間が持たされた風合いとしてみて頂ければと思います。歯の磨耗が内歯の外周の一部分に見受けられていますが普通にお使いになる状況では問題はございません。外装の程度具合と内歯の磨耗やグリップの傷を基にして低めの価格に設定しております。お手頃なスポングミルにご興味がある方におすすめ致します。


ご注文、お問い合わせはホームページから商品番号を明記してお願いします


アンティークミルの写真サイトを作りました。ご覧頂ければ幸です。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します sp4-003

商品番号:sp4-003

イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日は「SPONG」社のミルで、木材で手作りした受け皿付きのカスタムNo4をご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面からご覧下さい


横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


上からご覧下さい


豆を入れるホッパーにはロゴラベルの剥がれた後が残ります


ハンドルを固定するボルトで、コインで回せます


下からご覧下さい。ご覧のようにクランプは削ってあります


クランプがない分、土台にはボルト固定用の穴が加工してあります(左右あります)



今回のスポングミルはカスタムしてありますので部品の様子をご覧下さい



分解した部品の構成ですが作業用のテーブルに一杯の大きさです


ねじ部品です


内歯になります、磨耗がなくとても良い状態です


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の表側です


外歯に組み付ける豆を入れるホッパーの裏側です


本体の内側です


本体の裏側です、2時10時の方向のネジプレートはありません


ネジプレートはこのようにきれいに処理してあります


天板に固定するクランプもこのようにきれいに処理されています


ハンドルは黒いベークライトですがno.2の物を流用しています


上からご覧下さい、曲がりはありません


ベークライト製のハンドルグリップです


しっかりとした本体の土台です


木材の受け皿です


横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


裏からご覧下さい、下部分に凹みがあります


へこみの加工は、本体にセットしたときにぴったりと組み合わせられます


商品番号:sp4-003 ¥55.900-


スポングミル No.4


寸:195X280mm,高さ:270mm


重量:4.5kg



このスポングミルNo.4は特別な加工が施されています。使われる方の方向性としては、ある意味で完成されています。まずはじめに大切なこととしては、ミルは自立できています。そう、天板に固定するためのクランプを削ってありますので本体土台はフラットになっています。そしてハンドルはNo.2の少し短い物を組みつけていますので、自立したときにはハンドルは一番下までに納まります。本来スポングミルはクランプで天板に固定するか、本体に三箇所に設けられたプレートで壁面固定することができます。そのどちらも捨て去り収納性も含めてカスタムしてあります。基本構造的にはこのような変化があるミルです。歯の状態は大変よくて、磨耗はありません。この点も特別な状態であると感心しています。そして、オリジナル状態からは変化しているのですが、コーヒーを受ける器が木材で作られています。オリジナルの皿がなければどんな物で設け皿にはなります。木で作っても良いですよ、とは良く話ではしておりますが、このような良く出来たものを見ると模範になりますね。今回の特別なスポングミルですがご興味がある方はいらっしゃいませんか。

ご注文、お問い合わせはホームページからお願いします


http://cordobacoffee.com




アンティークミルの写真サイトを作りました、ご覧頂ければ幸いです。













コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します spq-031

商品番号:spq-031


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありましたが、本日はSPONG社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き組み上げましたので外装を写真にてご案内いたします。



正面というか横からご覧下さい


上からご覧下さい


胴体が二分割します


胴体のくぼんだ下は粉を受ける皿になります


組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


ネジ部品です


内歯になります


良く見ないと分かりませんが少し磨耗があります


内歯の裏側です


胴体の内側に外歯が作られています


内歯と外歯を組み付ける前にボールベアリングにシリコングリスを付けます


内歯の裏側の穴にボールベアリングを入れます


ベアリングの押さえを兼ねる、粉の挽き具合調整の部品を組み付けます


外歯の表側がホッパーとなり、ここから豆を入れます


ハンドルを上からご覧下さい


横からもご覧下さい


ハンドルのつまみは木材で作られていますので、蜜蝋で磨きました


ハンドルを回すと胴体の縁と接触する場合もありますが、縁の塗装も良いほうです


二分割する下の部品は粉を受ける皿になります


皿を横からご覧下さい


裏からご覧下さい、テーブルに傷が付かないようにフェルトが貼って有ります



商品番号:spq-031 ¥25.800-


スポングミル モデル80


重量:1.6kg



スポングミルのテーブルタイプはモデル80として区別されています。この形のモデルには大きさの違いによるバリエーションは存在していません。歯の大きさはNo.1と比べて少し小さくなっていますが、一般的なボックスミルと比べたら大きな歯の面積になるので、速く挽くことができます。何よりも重いので、左手の固定が楽になります。今回のミルは塗装のつやが有り、胴体上部の縁を含め塗装は少々のはがれが有ります。内歯の磨耗がほんの少し見受けられますが使用上はまったく支障はありません。ご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページ注文フォームからお願いします



アンティークミルの写真サイトを作りました










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します spq-030

商品番号:spq-030


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はイギリスの「SPONG」社のテーブルタイプのミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面、横からご覧下さい


上からご覧下さい


ハンドルを本体に固定するネジはコインでまわすことが出来ます。本体上部の縁は塗装のはがれが多々あります。


本体は二分割します


本体のくぼみから下は粉を受ける皿になります


組み上げる前の部品や内部をご覧頂きます



分解した部品構成です


ネジ部品です


内歯になります


内歯の外周は少しの磨耗があります


内歯の裏側です


本体の内側が外歯になっています


本体の表側が豆を入れるホッパーになります。中は少し汚れがあります。


内歯の裏側にボールベアリングと共にシリコングリスを付けます。


ボールベアリングを押さえるボルトの先端にもグリスを付けます


粉の挽き具合を調節する部品を組み付けます。このあたりの部品は初期型です。


本体と二分割する部品を上からご覧下さい


横からご覧下さい


皿の裏側になります


ハンドルを上からご覧下さい。刻印はSPONG England


横からご覧下さい、曲がりはありません


ハンドルの持ち手は木材です


商品番号:spq-030 ¥25.800-


スポングミル モデル80 つや有


重量:1.6kg



スポングミルのテーブルタイプはモデル80として区別されています。この形のモデルには大きさの違いによるバリエーションは存在していません。歯の大きさはNo.1と比べて少し小さくなっていますが、一般的なボックスミルと比べたら大きな歯の面積を持っていますので、速く挽くことができます。今回のミルは塗装のつやが有り、部品の構成からして初期の後期に作られた物になるでしょう。スポングミルの中では初期になりますので、塗装は多々はげが有りますが深みのある落ち着いた印象が感じられます。内歯の磨耗が少し見受けられますが使用上はまったく支障はありません。ご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページ注文フォームからお願いします



アンティークミルの写真サイトを作りました










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 sp3-001

商品番号:sp3-001


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありました。本日はSPONG社のミルから"No3"をご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

今回は特別価格となります。では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。


正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


上からご覧ください、塗装のはげが結構あります


豆を入れるホッパーです


ハンドルを固定するボルトはオリジナルではありません


本体の株の隙間からは粉が出てきます


天板に固定するときの台座になります、しっかりとしています


下からご覧ください、内歯が見えます


組み上げる前の分解した部品を見ていただきます



分解した部品構成です


ネジ部品になります


豆を入れるホッパーの裏側です


内歯になりますが磨耗が多くあります


内歯の裏側です


外歯になります、こちらの磨耗はそれほどではありません


外歯の表側になります


外歯と組み合わせられる本体の内側です


内歯を押し込むためのプレートは変形が少し強くなっています


本体の裏側です


本体裏側にある粉の挽き具合を調節するねじはオリジナルではありません


ボルトで内歯を調節するのですが、ワッシャーの枚数で位置を加減しています


天板に固定するクランプが折れてありません


修復不可能です


天板に固定するために台座に穴を開けてあります


左右に穴を開けているので固定が可能です


折れたクランプ部分から下をご覧ください


ハンドルには曲がりはありません


上からもご覧ください


ハンドルグリップは赤いベークライトになっています


商品番号:sp3-001 ¥27.900- 特別価格


寸法:170(280)-160(260),H-240(320)


重量:3.1Kg


なかなか見つからないスポングミルのNo.3です、今回は特別価格となります。どうして特別価格であるのかをご説明します。一つ目は、外見からすぐに分かりますが天板に固定するためのクランプが折れてないこと。この対策としては、土台に穴を開けてありますのでボルトで天板に固定できます。背面の柱などに固定するのでしたらクランプの問題はありません。二つ目は内歯の磨耗が多くあること。実際に粉にして状態を見ましたが、細挽きは無理です。無理というのはできないと言うことではなくて時間がかかると言うことになります。スポングのNo1よりも時間がかかりますので、No3である利点が失われてしまいます。裏のボルトでの調節で少し粗挽きに設定すれば問題はありません。No3ならではのスピードで速く粉に出来ます。要約して言いますと、細挽きは無理(時間がかかる)中挽きでは、少しスピードが落ちるのでおすすめできない、粗挽きならばぜんぜん問題にすることがありませんので、ちょっと粗挽き専用としてお使いになる向きになります。コーヒーの抽出から言いますと、粗挽きにした豆をネルドリップで淹れますと香り高く後味の良いコーヒーが出来ます。ものが物だけに使い方を限定されてしまいますが、ご理解して頂ける方をお待ちしております。幻のスポングミルのNo.3を手元におきたい方、いかがでしょうか。※このミルに限り送料は¥1.500-になります。

ご注文とお問い合わせはホームページからお願いします



http://cordobacoffee.com






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 ken2-001

商品番号 ken2-001


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツで10社ほどありましたが、本日はイギリスのA,Kenrick&Sons社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。初めてご紹介するミルなので写真点数をとても多くしてあります。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。


正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


上からご覧ください


ハンドルが細くて曲線を描いていて、グリップは木製です


豆を入れるホッパーです、軸受けに欠損があります


軸が外れることはありませんので使用に影響は出ません


イギリスの国章を現すライオンと王冠のプレートです


引き出しのつまみは真鍮になっています


引き出し固定の板スプリングは一箇所です


引き出し正面からご覧ください


上からご覧ください


裏側をご覧ください

組み上げる前の部品をご覧ください


この分解した部品構成は、まだ磨く前です


こちらが磨き終わった部品構成です


このミルの分解のために準備した特殊工具です


内歯です


外歯です


軸受けが一部欠損しています


裏側です


本体上部の表面です


裏側です


本体を上からご覧ください


横からご覧ください


横左右には耳がありテーブルや台座に固定できます


本体の下からご覧ください、真ん中の穴は粉の挽き具合を調節するねじを廻すためにあります


本体を逆さにしていますが裏の穴とネジの関係です


逆さですが組み合わせた歯の部分です


歯を組み上げる時にワッシャーを加えました


ネジだけでしたがしっかり固定させるためにワッシャーを入れます


内径をあわせるために鑢で調整します


外歯の固定にもワッシャーを入れました


しかし、組み上げる時にわずかなでっぱりが出ていて組み上げられないのでワッシャーを削りました


こんな感じで干渉しないようにしました


商品番号 ken2-001 ¥41.900-


130(210)mmの正方形、H-120(180)mm


2.25kg


イギリスのアーチボルドケンリック&サンズ社のNo.2というサイズのものです。こちらの会社は1791年の創業で1991年に終了となっています。重さが2.250gありますのでどっしりとしています。粉を受ける引き出しだけの重量が550gあります。初めて手にしたときの興奮はいまだに忘れられません。このミルの製造年式はおよそ1850年前後であると思います。普段使うには少しばかり気を使ってしまうかもしれませんが、置いておくだけでも楽しめるものであると思いますし、とても貴重であり希少なものでありますので大切にしていただきたいと思います。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページからお願いします







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

商品番号:wbgeska-001

昨日ご案内を致しましたミルは、ご依頼されていた方からのキャンセルと言うご返事を頂きました。よって一般販売開始と致します。



上の娘が数日前に一度熱が出て一晩で下がって安心をしていました。でも、昨夜からまた熱が出ているので今日は保育園を休みにしています。先ほどかみさんが娘を連れて病院に出かけました。その間、息子のお守りをしています。今のところはとても静か・・・・・机の横に椅子を置いて僕の隣に寝かせています。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します wbgeska-001

商品番号:wbgeska-001


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありました。本日はドイツのウッドボックスミルでGESKA社の携帯にも重宝し、便利な小ぶりのミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。



正面からご覧ください、ロゴラベルがしっかりと残っています


横からご覧ください


後ろ側をご覧ください


上からご覧ください


ハンドルをご覧ください、GESKAの刻印があります


ハンドルのつまみは木材で出来ています


金属のフードの爪です


フードを回転させます


ここから豆を入れます


下からご覧ください


組み上げる前の部品をご覧頂きます



分解した部品構成です


ネジ部品です


こちらが内歯ですが品質の良さはやはりドイツ物


内歯の裏側です


裏側のへこんだ穴にシリコングリスを付けたボールベアリングを組み込みます


粉の大きさ調整用の部品を組み合わせます


こちらが外歯になります


外歯の裏側です


金属製のフードの中に外歯を忍ばせます


内歯を組み込みフードに固定します。中心のボルトで粉の挽き具合を調節できます


樹脂製の本体だけではなくて木製の箱が備えられている貴重な一品



商品番号:wbgeska-001  ¥19.800-


GESKA社


寸法:125(170)x65mm


高さ:130(190)mm


重量:590g




ドイツのウッドボックスミルは、歯の材質が良く耐久性があります。また外装の木材の質感も大変良く使い続けていく楽しみがあります。このミルは歯の状態が良く、通常での使用の問題はまったくございません。とても小ぶりなモデルになりますが、普通は外装の木材で作られた箱ものが完備されたものは大変少ないものです。本体が樹脂だけのモデルが多い中、大変貴重なモデルになります。その貴重な木材の箱ですが乾燥によってひび割れた箇所が二箇所ありましたが、その部分も無事補修を致しております。僕のコレクションの中でも一つしかないモデルです。ご興味がありましたらご検討をしていただければ幸です。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページからお願いします


アンティークミルの写真サイトを作りました










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

補修中

名古屋の方がご興味をもたれたミルの整備中です。外装の木材で作られた箱なのですが乾燥による反りが発生して二箇所にひびが出ています。木工用のボンドで接着し、木材に少し水分を含ませてクランプで圧着しています。クランプを外したら元に戻ったら・・・その時にはまた考えることにして無事補修できることを願っています。

昨日梅雨に入ったと言うニュースが出ましたが急に天気がよくなってきました。今年の露は雨量が少なくなるのでしょうか。アジサイが満開になっている現在で考えたら、雨が少ないかなっと思います。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します sp2-008

商品番号:sp2-008


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありましたが、本日はイギリスのSPONG社の日本では販売数が少なかった、または販売されていなかったNo.2という大きなタイプのミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。



正面からご覧下さい


横からご覧下さい


後ろからご覧下さい


上からご覧下さい、豆を入れるホッパーの内側は黒色です


ロゴラベルが少し残っています


ハンドルの固定ネジはコインで回せます


天板に固定するための本体土台とクランプの元をご覧下さい


クランプの傷みはありません


クランプの締め付けるところの塗装は、はがれています


本体土台とクランプの接合部分を裏からご覧下さい


下からご覧下さい、隙間から粉が出てきます。見えるのは内歯です


クランプを含めて下からご覧下さい


組み上げる前の部品をご覧頂きます



分解した部品構成です


ネジ部品です


内歯になります


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の表側になります


本体の内側になります


ホッパーの裏側になります


外歯とホッパーを組み合わせると分かりますが少し欠けがあります


表からでは隙間が分かります


商品番号:sp2-008 ¥37.900-


スポングミル No.2(サルター社時代の前期モデル)


白木グリップ、つや消し


寸:130(210)-110(225)mm,H:235mm


重量:2.4kg



スポング社の代表的なスタイルのミルはNo.0からNo.5まで存在していますが、日本に流通したモデルはNo.1となっておりますので、その一つ上の大きさのモデルになります。歯の状態は大変良いのですが、残念なことにホッパーと本体との接合部分には小さな爪がありますが、そこのところが少し欠けていました。固定には問題がなくがたつきも生じませんが、接合部分には少し隙間が見えます。本来の部品の状態を知らなければ気がつかないところです。豆を粉にする機能的には問題はまったくありません。豆を入れるホッパーの内側が黒色となっていますので、スポング社の後の時代のサルター社の物である事がわかります。そして部品の構成からして前期のモデルと思われます。歯の状態が良いにも関わらずに、小さな欠けがあることが残念なところですが、その分少しお安く設定しております。数の少ないサルター社時代の前期モデルはいかがでしょう。


ご注文は当店ホームページからお願いします


商品のお問い合わせもホームページの注文フォームからお願いします


アンティークミルの写真サイトを作りました









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティクミルをご紹介します spq-029

商品番号:spq-029


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はイギリスの「SPONG」社のテーブルタイプのミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面と言うか横からご覧下さい


上からご覧下さい


ハンドル固定のボルトは一回り小さく黒色です


本体上部の縁の塗装ははげが多くあります


二分割になります



組み上げる前の部品や内部をご覧頂きます



分解した部品構成です


ネジ部品です


内歯になります、少し磨耗があります


内歯の裏側です


本体内部が外歯になります


本体表側は豆を入れるホッパーになります


内歯の裏側にシリコングリスを付けボールベアリングを入れます


ボールベアリングを押さえるボルトの先端にもグリスを付けます


粉を調整する部品を組み付けた状態です


ハンドルを上からご覧下さい、刻印はSPONG Englandです


横からご覧下さい、曲がりはありません


ハンドルのつまみは木材で出来ています


二分割した下の部品は粉を受ける皿になります


横からご覧下さい、ロゴラベルが残っています


皿の裏側をご覧下さい



商品番号:spq-029 ¥24.800-


スポングミル モデル80


重量:1.6kg



スポングミルのテーブルタイプはモデル80として区別されています。この形のモデルには大きさの違いによるバリエーションは存在しません。歯の大きさはNo.1と比べて少し小さくなっています。今回のミルは塗装はつやが有、部品の構成からして中期に作られた物になります。スポングミルの中ではコストダウンが図られた後期の前の時期に作られている部品です。塗装はオリジナルのままで、使い込まれたはげが見受けられます。内歯の磨耗が少し見受けられますが使用上はまったく支障はありません。中期モデルは数が少ないです。ご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、お問い合わせは当店ホームページからお願いします



アンティークミルの写真サイトを作りました














コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します wbat-004

商品番号:wbat-004


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。ボックスミルの品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はドイツの「ARMIN TROSSER」社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面からご覧ください


横からご覧ください


上からご覧ください


豆を入れるフォードには回転式の蓋がついています


フードのつまみを回してここから豆を入れます


ハンドルのつまみは木材で出来ています


粉を受ける引き出しを抜いた状態です


引き出しを受ける本体内側には板ばねが付いています


組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


金物部品です


古い歯の良さは材質です、削り出しの内歯です


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の裏側です


内歯と外歯を固定する金具です


ハンドルを上からご覧ください


横からご覧ください


裏側もご覧ください


この金具は内歯と外側の隙間を調節する役目を持っています


木枠の胴体の上に乗るふた部分です


胴体木枠を上からご覧ください


ロゴラベルが付いている正面側です


胴体横からご覧ください、亀裂がありますがしっかりとしています


胴体横の反対側です、こちらにも亀裂があります


胴体背側です


引き出しのつまみです


横からご覧ください


上からご覧ください


引き出しの裏側です



商品番号:wbat-004 ¥13.800-


ARMIN TROSSER社


寸法:110X110mm(ハンドル含め135mm)


高さ:120mm(ハンドル含め210mm)


重量:800g



外装の木材には亀裂が発生しているのですがまだしっかりとしている状態でお使いいただくには問題も心配もありません。アンティークらしさが十分に感じるミルです。肝心の歯の状態はとても良くまったく問題はありません。本体木枠の上部の板材と豆を入れるフードは小さなネジが使われていてフードと板材との分解は出来ませんでした。歯を固定する厚い台座が不安定で内歯の軸がずれてきしむ状態だったので、固定場所を変更しボンドで固定しました。また粉を受ける引き出しもボンドで補強しています。手頃な大きさとお値段のアンティークミルにご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、ご質問はホームページのフォームからお願いします



http://cordobacoffee.com












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 wbky-003

商品番号 wbky-003

イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありましたが、本日は’KYM社’のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。



正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


下からご覧ください


上からご覧ください


ハンドルのノブは木製です、良いすれ具合です


豆を入れるフードにつまみはなくそのままフードを回転させます


KYM社のロゴマークのシールが残っています


引き出しのつまみはハンドルのノブと同じ色で統一されています


引き出し固定の板ばねは両側にしっかりとしています


粉の挽き具合を調節するレバーは十文字になっているのは珍しいです


側面左下の塗装がすれています


引き出しを上からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


下からご覧ください


組み上げる前の分解した部品を見ていただきます



部品構成です


内歯です


下はこまのように軸が長くなっています


外歯です


ボールベアリングが使われています


つまみの無いフード


歯を固定する板は上板の二倍以上あります


歯の固定するネジにはワッシャーを加えておきました


歯を固定する前の板部分です


上部を固定するネジは側面左右からなので上からネジを受けるつくりはありません


商品番号 wbky-003 ¥16.600-


寸法:110(180)-110(185)、H-120(205)mm


重量:830g


ポップな色合いのKYM社のミルのご紹介です。この外装が純正であるのか、わかりません。引き出しなどは自作してあるので、多分ですが・・・・一度レストアまたは好みの色に塗られていると思います。しかし、その色合いが実にナチュラルで、はげも良い感じとなり味わいがあります。引き出しの自作ですが、底板はベニヤで側面はブリキとなっています。良く出来上がっていると思います。

ご注文、商品のお問い合わせはホームページからお願いします



アンティークミルの写真サイトを作りました。ご覧頂ければ幸です。












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルのご紹介 wbha-002

商品番号 wbha-002

イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの企業はドイツでは10社ほどありましたが、本日はHAHA社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き込み、組み上げましたので写真にてご案内いたします。



正面からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


下からご覧ください


上からご覧ください


ハンドルにはHAHA社の刻印があります


フードのつまみをスライドして豆を入れます


上面板は割れていたために亀裂があります


ロゴシールも残っています


引き出し固定の板ばねは左右にありますが片方はやや弱くてずれてしまいます。しかし、固定はしっかりとしているので心配はありません


奥には粉の挽き具合を調節するレバーがあります、特殊な形です


前板の左に亀裂がありますががたつきはありません


引き出しを上からご覧ください


横からご覧ください


後ろからご覧ください


底からご覧ください


磨く前の写真も見てください



組み上げる前の分解した部品を見ていただきます


部品の構成です


歯の部品です


まったく磨耗していない内歯です


外歯になります


特殊な形をしている部品構成です


上面板は割れていましたのでボンドで補修をしています


本体の中はきれいです


内歯の軸とハンドルの固定部分のネジは楕円になっています


商品番号 wbha-002 ¥16.600-


寸法:120(190)-120(190),H-125(210)


重量:920g


シンプルな形をしたモデルですが、重量920gからわかるようにしっかりとした木の材質が伺えます。上面板は分解をすると割れていましたのでボンドで補修をいたしました。引き出しの一部も補修を施しています。前板の亀裂は環境の変化による膨張や収縮などで入った亀裂になりますので、例えば落下して割れててしまったと言う状況ではありません。亀裂はありますが本来の木の丈夫さからゆがみやがたつきはありません。写真を撮り忘れてしまいましたが、歯の固定する内側の金具にはワッシャーを加えておきましたので、ハンドルを廻し続けていく上での緩みは少なくなります。ボックスミルとして他のものとの違いが有るところは、ハンドル固定のねじの軸が楕円であることや粉の挽き具合を調節するレバーが特殊な金具になっているところです。時間を経て生まれる味わいある木の色合いと質感を手にとってお試しください。

ご注文はホームページからお願いします



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ