goo

アンティークミルをご紹介します wbat-004

商品番号:wbat-004


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。ボックスミルの品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社はドイツでは10社ほどありました。本日はドイツの「ARMIN TROSSER」社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き、組み上げましたので写真にて外装をご案内いたします。



正面からご覧ください


横からご覧ください


上からご覧ください


豆を入れるフォードには回転式の蓋がついています


フードのつまみを回してここから豆を入れます


ハンドルのつまみは木材で出来ています


粉を受ける引き出しを抜いた状態です


引き出しを受ける本体内側には板ばねが付いています


組み上げる前の部品や内部の状態をご案内致します



分解した部品の構成です


金物部品です


古い歯の良さは材質です、削り出しの内歯です


内歯の裏側です


外歯になります


外歯の裏側です


内歯と外歯を固定する金具です


ハンドルを上からご覧ください


横からご覧ください


裏側もご覧ください


この金具は内歯と外側の隙間を調節する役目を持っています


木枠の胴体の上に乗るふた部分です


胴体木枠を上からご覧ください


ロゴラベルが付いている正面側です


胴体横からご覧ください、亀裂がありますがしっかりとしています


胴体横の反対側です、こちらにも亀裂があります


胴体背側です


引き出しのつまみです


横からご覧ください


上からご覧ください


引き出しの裏側です



商品番号:wbat-004 ¥13.800-


ARMIN TROSSER社


寸法:110X110mm(ハンドル含め135mm)


高さ:120mm(ハンドル含め210mm)


重量:800g



外装の木材には亀裂が発生しているのですがまだしっかりとしている状態でお使いいただくには問題も心配もありません。アンティークらしさが十分に感じるミルです。肝心の歯の状態はとても良くまったく問題はありません。本体木枠の上部の板材と豆を入れるフードは小さなネジが使われていてフードと板材との分解は出来ませんでした。歯を固定する厚い台座が不安定で内歯の軸がずれてきしむ状態だったので、固定場所を変更しボンドで固定しました。また粉を受ける引き出しもボンドで補強しています。手頃な大きさとお値段のアンティークミルにご興味がある方はいかがでしょう。


ご注文、ご質問はホームページのフォームからお願いします



http://cordobacoffee.com












コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

遮光フィルムを貼る

西陽対策


焙煎室の排気窓からは柿の木の新緑が心地よいです。すりガラス越しに風に揺られる緑がよくて気分転換になります。ただ、日の出が早くなりだすと焙煎時の豆の色味を観察することに支障が出てきます。

今朝も早起きし朝食前の一仕事で遮光フィルムを張りました。うまく貼れるか心配でしたが出来上がりは上々です。

外からの日差しがない部屋にはいられない性分で、毎日の事務仕事をする小さな事務室にいる時もよく窓越しに外を眺めています。

窓からの明るさは貴重なものですが、焙煎時の豆の様子を見るときはないほうが良いです。また、焙煎室の棚に収めている生豆に陽が当たることも避けたい。

よく車のガラスにフィルムをDIYでやりますがなかなか上手には出来ないという想いがありましたが、いざやってみたら案外うまく出来ました。しばらくして剥がれてこないことを願っています。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

スポルティーフの復活

深谷産業 DAVOS


このスポルティーフを購入したのは8年ぐらい前だと思います。購入したのは僕ではなくてかみさんでした。自動車には乗りたくないという気持ちから自転車通勤をしたいというかみさんに貸してあげていた、僕の新谷のマディーフォックのフレームの色が気に入らないということで中古車を探していたのです。市内の何軒かの自転車を回っていて、かみさんの好みの自転車だとどうしても中古は出ていなくて新車の注文となり高額な出費となってしまいます。

どうしても中古を探してもなければ新車の購入となるわけですが、それはもったいないという気持ちでした。

そこでとある自転車屋を見に行った際に見つけた程度の良いスポルティーフ。それも105にグレードアップされているからなお良い。本来は僕の身長に合うフレームサイズであったため、僕自身が乗ることを想定して、この自転車はお買い得だから購入したほうが良いという話をしていたら隣のかみさんが・・・私が買う!となりました。

上の娘が生まれる前4年間ぐらいと出産後はおんぶをして乗っていましたが、さすがにドロップハンドルで子供をおんぶは危険であり体への負担も多くなってきたので止めました。

新たに使うようになった自転車は市販のアシスト付自転車で、今も使っています。

ついにかみさんの仕事復帰が6月から始まりますが、今まで乗っていたスポルティーフで通勤をしたいということで、3年ほどほったらかしておいたので少し整備をしました。


もうよれよれのブルックスのサドル


サドルとブレーキシューは新しいものに交換して後は注油とワイヤーの調節をしました。まだタイヤとチューブは使えそうです。



ハンドルのテープはかみさんが買い置きをしておいたそうなので、自分の好きなように捲いてもらえばよいです。


このところ自転車を整備していたので、自分の43年前に購入した自転車の整備も始めました。その経緯はいずれまたにします。今は部品の注文をしているところです。
















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

コスタリカのテスト焙煎



浅炒りの豆に関しては粗挽きネルドリップにて味を見ています。よって一般的なペーパードリップと比べると酸味は若干弱くなります。

浅炒りでの感想は穏やかな果実の香り、まろやかな味わいで後味はさわやかな酸味が残ります。


それ程強くない中炒り


中炒りや強中炒りの豆のテストでは、やや細かめに挽いてネルドリップとさらに細かくしてマキネッタで淹れて味を見ました。

中炒りでの感想は、まとまったバランスのコクと甘み、酸味が楽しめます。


総じて中米の豆になりますので馴染みやすく飲みやすい豆だと感じました。

新入荷豆ではパプアニューギニアがありますので、週末または来週の中旬ごろにはテスト焙煎をする予定です。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

新入荷豆のお知らせ

商品番号:C-191


先週新しく取り扱う豆が二品目到着しました。コスタリカとパプアニューギニアとなりますが、写真はそのうちの一つ「コスタリカ・タラス・コララリロ」です。

来月の産地豆ご紹介として販売を予定していますが数量は限定となります。
今週はテスト焙煎をして味を見ておりますので明日以降テスト焙煎での感想をお知らせいたします。

中米の豆をブレンドに使うことはほとんどなく、例外として唯一使うのはグァテマラしかありません。今回のコスタリカもブレンドには使ったことがありません。といって通年常時置いておく豆とは考えていない。

特定の地域の豆だけを販売することなく、広くいろいろな生産国の豆を紹介したいと考えています。在庫とされる豆の量も負担になりますので、ブレンドに使わない豆などは今回のように数量を限定とし売り切りとする方針であります。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

板塀が完成しました

昨日の定休日は午前中に用事があり時間が取れませんでしたが午後から作業をすることが出来ました。

そしてようやくです、昨年の12月に基礎の工事が終わってから5ヶ月かかりましたが完成いたしました。


課題であった一番はしの部分もすっっきり



看板の裏の部分です




完成してから仕上がりを見たのですが、細かなところはいろいろずれてしまいましたが最初の基礎の工事は専門の職人さんにしてもらいましたのできちっと出来上がり、その出来上がりが良いので全体的に見た様子は大変きれいになりました。

一週間に一度の休みなので、家族の用事を含めて板塀作業にどっぷりと集中してきた5ヶ月でした。最終の仕上げでGW中は連日の早朝の作業で疲れ果てましたが、これでようやく休みは自分の趣味に時間を作れます。

家の外壁の色が炭色で塀も黒塀にしたのですが、当初は板の塗装は柿渋でやりたかったのですが、野外での耐久性に不十分だと聞き諦めました。

どうかご来店時には目をやってください。以外にですが、常連様に聞いてもまったく気がつかないという状況・・・やはり肝心がないことには気がつかないようです。








コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

板塀の進み具合のその後

昨日と今朝の早朝作業でかなり進みました。見出しの写真での全体風景はこんな感じですが看板の後ろ板塀の端の加工が済んでいません。

テーブルの横の窓から見える部分も張りました。

隣の駐車場の柿の樹の新緑がきれいです。出来れば敷地内に樹木を植えたいと思っていますが、構想を含めていまだ未定ではあります。

駐車場部分も張り終えました。


ただ、看板の後ろの端っこの取り付けがまだですが、どうも僕の骨組み角材の取り付けが間違っているようで、準備した角材では寸法が足らなくなってしまいました。僕の自己流で足りなくなった部分を角材でつなぎ足そうという計画を立てました。昨夜泉町のピアゴにて高台地区の町内合同練の開催を見学に行った際、板塀施工の相談役、現場監督のIさんのはっぴ姿を見かけて声をかけました。僕なりの構想をお話したのですがそれではだめということで、後日見てもらうことにしました。よって本日の完成は延期となりました。

今朝の作業中にお隣のお茶屋さんの奥さんが声をかけてくれ、”きれいにできたね、がんばったね”と、僕も梅雨前には何とか作り上げたいという思いで、この連休中は連日朝6時から作業をしていたのでうれしかったです。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

板塀の進み具合

中田島砂丘を見に行った日の夕方から作業を少し出来ました。板塀工作の難所であった狭いところ(隙間18cm)の造作はブロックに乗って体を押し込むことで奥へ行くことができ無事完了できました。


店のカウンター席から見える坪庭と考えている場所にも板を取り付けました。まだ殺風景ですが今後はもう少し変化をつけたいと思っています。


この日にできたのはここまで、まだテーブル席に座って見えるところまでは進められていません。



後は駐車場の部分で15mほどが残っています。

梅雨前に何とか仕上げたいという思いで、今朝は夜中の3時に起きて仕込みの焙煎を済ませて時間を作り、6時前から10時前まで板塀の造作をしました。3時間ほどみっちり作業をしたのですが柱三本ほどしか進められずという結果となりました。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中田島砂丘と海

ゴールデンウイーク前半はかみさんの友達が遊びに来てくれました。浜松に来たらどこに行きたい?という一般的な質問から中田島砂丘が見たいということで僕の休みの日の木曜日にみんなで行ってきました。

僕は以前毎日ここの砂浜をランニングしていた時期がありました。お店を始める前の年、無店舗で豆の販売を始めていた年の一年間、ほぼ毎日でした。磯の香り、波の音でリラックスしながら足腰の鍛錬をしていました。

かみさんと娘、友達は砂丘を歩きたいということで目の前の坂を上っていきました。僕は砂地の坂道は辛いことがわかっているので自然道で回り道。



波打ち際に来たのは実に数十年ぶりになるのですが、僕が知っている海岸の姿はなく石ころがごろごろ・・・侵食が進んでいることがわかります。











コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フェンスの工作思案中

先週末は早朝の空いた時間に南側のフェンスの造作をしましたが、一部分はまだ手をつけられないままです。というのはフェンスの縦板を固定するための骨組みとなく角材を施工してから空いている寸法が18cmだけ・・・どうにもこうにも自分の体が入れられないのです。まだ最終的な挑戦は試みていないのですが、どうにかできないものかと思案中です。




















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )