goo

Original PONTA BOX 2014/10/04(Sat)目黒Blues Alley #Rumba

Original PONTA BOX 2014/10/04(Sat)目黒Blues Alley #Rumba


男気溢れるポンタ秀一さんが好きです。ポンタさんのドラムセットには絵が描かれてありますが、いつだったかポンタさんが浜松に来られた時があるというお話を聞きました。それは、ポンタさんからの依頼でドラムセットに絵を描く・・・とある方に依頼に来られた時がありました。

こんな話ですが、嘘のような本当の話。ポンタさんからドラムセットが届けられて今制作をしているところなんです!
と・・・絵を書いていらっしゃるその本人さんがお店に来られました。
今夜は音楽を聴いていて、ブルースからジャズへ流れていく中で思い出しました。
そう昨年ですね。もう演奏を聴くことができなくなってしまいました。

今夜はもう帳簿が進みません。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

The MASTER of Blues Slide Guitar - Derek Trucks

The MASTER of Blues Slide Guitar - Derek Trucks


昨年の2月の交通事故の再手術が2週間前に終わりました。退院後の診察は来週で二回目になります。これで事故の治療は終わる予定です。長かったですね一年間。

ただ、これですべてが終わるわけではないのです。
事故をした相手の保険会社の方との示談交渉があります。僕一人では全く相手側のペースで進むしかないので、今夜は弁護士と面談をしてきました。今後は事故の示談交渉の弁護士のプロに話を進めていただくようになりました。
まだ傷に痛みはありますが、ちょっと、肩の荷が落ろせた気分です。

弁護士との面談後は帳簿をしていますが、頭がぼんやりとして疲れてしまったので音楽を聴いています。
デリックトラックスというギタリストはまだ数年前に知ったばかりですが気持ちの良い音を出していると思います。
好きなオールマンブラザーズとの共演も数々あり楽しめます。
デリックトラックスはピーターバラカンさんのラジオ番組で紹介されていた曲で好きになりました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

既定の時間に開店できました

今日は退院後の初めての診察でしたので営業開店時間が遅れるだろうとご案内をしていましたが、すんなり終わったので10時の営業開始時間に間に合いました。途中スーパーマーケットで買い物もできたほど早く終わりました。
術後の経過観察は順調で、来月に入れば湯につかってもよいとのお話です。

できることならば自分の定休日に通院ができたらと思いますが、主治医の外来受診日が金曜日しかないのです。週末は天気が思わしくないし今日は通院で朝の仕込みができないので、昨日は定休日ではありましたが朝の仕込みと焙煎機の分解掃除を午前中はしていました。

子供たちが通っているこども園の行事がコロナの影響で延期に延期を繰り返して最終的に卒園式の二日前となる昨日になりました。ちょうど自分の定休日となっており、午後は子供の生活発表会を見に行くことができました。

今年は気候の変動が激しいです。寒いと思う日があっても、もう4月になろうという時期ですから春を感じる自然の木々はありがたいものです。裏庭は陽当たりが良いのでモミジの新芽が新緑となり始めました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

春の訪れ

真っ先に春の訪れを感じるのは、花粉症の症状です。
少し前からは早咲きの桜がきれいに咲きました。その前には梅の花が咲きました。
どの花も春を思う気持ちにさせてくれますが、やはり木々の新芽が心を動かしてくれます。

今年で3年目になるのか、植樹をしたモミジに新芽が出てきました。
基本自分は花を咲かせない樹のほうが好きなのかもしれない。

昨日仕込んだスモークチーズですが、販売するものとは別に自宅用にカマンベールをスモークしました。
中国菓子の月餅のような姿になりました。香りは穏やかで、これもたまには良いかなぁ。
油分の含有率が違うのでしょうから色の乗り方が全く違っています。

出来上がってすぐは出来立ての大福もちのようにふわふわですぐにも食べてみたかったですが、昨日は忙しくて休憩する時間も取れなかった。食べるときはオーブントースターでちょっと温めればよいかもね。






コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日はスモークチーズの仕込み

先週に切れてしまったスモークチーズの仕込みをしています。今日の夕方でしたら、出来立てのものをお渡しができます。
春になったので、チップにはサクラを加えていきます。



通常は、



ヒッコリーを使います。チーズにはヒッコリーが一番合うと思うからですし自分が好きな香りです。

ついでに、



カマンベールを二つ仕込みます。
チーズは大好きなので冷蔵庫には常備数種類のチーズがあります。自家製のスモークチーズ、カマンベール、パルミジャーノ、スキクイーンは定番チーズで、プラス一品はいろいろ購入時に代わります。
僕は酒を飲まなくなって2年ぐらいたちました。以前赤ワインを毎日飲んでいた時にはブルーチーズは欠かさず置いていましたが、酒を飲まなくなってからは口にしなくなりました。少し寂しいものですがその時の状況で食生活は変わるものですね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソコンの調子がよくなりました

退院した日の午後にパソコンのパーツを購入してちょっとだけ修正をしました。入院前になりますが、パソコンの修復をしていただきました。少し前には放熱ファンの交換をしていますが、さらに今後のことを考えてハードディスクをSSD(ノートパソコンによく使われているそうです)に変更し、OSをウインドウズ7から10にしました。インターネットに接続するには、やはり10にしておいたほうが良いということからです。しかしながら、自分が管理をしている自前のホームページを構築しているホームページソフトは32ビットのパソコンでないといけないということが前提にあります。そういうことで前回ウインドウズ7搭載のパソコンを購入しています。でも今となっては、7はもうセキュリティーの問題で使いたくないのです。ホームページソフトが32ビット前提になっているので、64ビットであるウインドウズ10で動かすことができるのか?ここが一番の問題でした。

この際のメンテナンスとして、自分で管理しているホームページのホームページソフト、メールソフト、OSなどのインストールで設定に少し時間を費やすことになっていましたが、入院前には一件落着できていました。
結果論ではありますが、64ビットのパソコンでもホームページソフトが使えたので良かったです。

ハード面ではハードディスクをSSDというノートパソコンなどに使われているものに変更をしました。値段は通常のハードディスクよりは高いのですが、小さくなり速く動作をするという説明でした。ここまでの一連の作業はパソコンに詳しい方にやっていただきましたので、自分はわきで見ているだけでしたが操作を見守る時点で早い作業についていけれなかったです。

大きなハードディスクから薄っぺらなSSDに変更をしたので固定をしないといけないことから、パソコンのパーツショップに行きパーツを購入してきて自分で組付けをしました。


僕はパソコンを触るのが苦手ですが、必要に迫られていろいろやらなければならないことが出てきます。今回は初めて一人でパソコンのカバーを開けて、パーツの組付けをしてみました。目に見えないプログラムなどのソフトよりは目に見えるハーツの交換のようなハード面のほうが好きだなぁって感じました。

パソコンの修理や調整はどうしてもしなければならないことなのですがいつまでたってもわからないことだらけです。無事仕事に差し支えないようになりましたので一安心となりました。

今までマイクロソフトのアウトルック、エクセルとワードしか使ったことがなく不安ではありましたが、グーグルの無料サービスでワード、エクセルとの互換性が確認できました。ソフト購入の出費もなく、今までのファイルも使えるようになりました。また、メールソフトも無料のもので使いだしています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

3連休ご迷惑をお掛けしました

本日から復帰します


3/15~17日の三日間を連休とさせていただきました。昨年の交通事故による鎖骨骨折からの治療のための手術入院でした。骨折した鎖骨の固定のためにプレートを使い固定をしていました。事故から一年後の抜釘術です。



取り除いたプレートをもらってきましたのでご覧ください。こんな形をしているチタンプレートですがとても精密な感触です。普段触っているアンティークミル、自転車、オートバイなどの部品とはずいぶんと違います・・・精密感があります。スクリュウに関してもこれだったらねじをなめることはなさそうだなぁって印象です。前もって主治医から、「ねじが途中で折れたり取り外せないこともありますので、その時にはそのまま入れておきます。」と聞いていましたので、上手にやってほしいなぁと思っていました。自分はよくねじの頭をなめてしまうので少し気になる事でした。問題なく取り外していただけたので良かったです。

まだ少し痛むので痛み止めを服用しながら仕込みを始めています。主治医の外来日は金曜日にしかないので、来週の25日は診察のため開店時間が遅れて昼あたりになります。今後数回ぐらいで済むと思いますが経過観察のために通院をします。

入院は15日の午後でしたので、ホームページ、ブログでのお知らせを見てお電話をしていただいたたお客様には、午前中に豆の販売をさせていただいたり、休み明けの発送とさせていただくようにしました。

お見舞いのお言葉をありがとうございました





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日から三連休

お知らせ 

明日から三日連休となります。そう店頭でお話をしますと、「どちらかにお出かけでしょうか?」と聞かれます。
昨年の交通事故から一年が経ちました。骨の固定のためにプレートを使いましたので、明日はそのプレートを除去する手術をしてきます。最短で考えると17日には退院できる予定!!ですから18日には仕込みを始めるつもりです。術後の経過観察により、退院が伸びることも可能性としてないわけではございません。

21時10分追記:コーヒー豆がなくなってしまったという方はお電話をください。入院は午後なので午前中でしたら対応いたします。

053-473-1830


最近は5回ほどで待ちきれない方もいらっしゃいますが、


呼び出し回数は10回までは待っててください。


ご迷惑をお掛け致します。


何卒ご理解のほどよろしくお願いします。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アンティークミルをご紹介します sp1-060

商品番号:sp1-060


イギリスのスポングミルとドイツのウッドボックスミルの黄金期と言える1950年前後のミルをご紹介しております。品質としては世界でも一番と言われるザッセンハウス社との競い合いをしていたミルの会社ですがドイツでは10社ほどありました。本日はイギリスのスポング社のミルをご紹介します。アンティークミルの販売についての詳細は、当店ホームページをご覧ください。

では、分解掃除をして磨き組み上げましたので写真にてご案内いたします。



横からご覧ください


後ろからご覧ください、No.1のサイズとなります。


上からご覧ください、ここから豆を入れます。


豆を入れるホッパーですが、ロゴシールはありません。


天板に固定するための土台となります


天板に固定するためのクランプとの接合部ですが亀裂はありません


クランプとの接合部の土台の裏側です。


こちらがクランプになります。”101”と刻印があります。


手で回すことができるクランプの持ち手をご覧ください。


下からご覧ください。隙間から粉が出てきますが見えるのは内歯です


クランプを含めて下からご覧ください。


組み上げる前の部品や内部の状態などをご案内致します



分解をした部品の構成です。


ねじ部品です。


内歯をご覧ください



内歯を拡大して見てください。ピントも甘くてわかりにくいのですが外周の一部には摩耗があります。


内歯の裏側をご覧ください。摩耗はありません。


内歯の裏側の外周には摩耗はありません。


こちらが外歯となります。


外歯の拡大写真をご覧ください。摩耗はありません。


外歯の表側になります。ご覧のように豆を入れるホッパーと外歯とを分解をすることができませんでした。


外歯表側のSPONGの刻印


同じくENGLANDの刻印があります。


豆を入れるホッパーの内側をご覧ください。塗装がはがれています。


胴体の内側をご覧ください。


中心部の四角いプレートをご覧ください。内歯の裏側の突起部が当たる場所ですが摩耗というよりは擦れ後は少しあるだけです。


ハンドルをご覧ください。


上からもご覧ください、曲がりはありません。


持ち手はベークライトとなっています。



商品番号:SP1-060 ¥24.900-


スポングミル No.1


1.9kg



外装の汚れが多くありますが磨くことで艶が出てきました。しかし、中の歯の状態は結構良いもので今後も問題なく使い続けられます。まったくデメリットにはならないことですが、豆を入れるホッパーと本体とを分解をさせることができませんでした。外歯のクリーニングに影響が出ることにはなっていませんのでご安心ください。当店のレストアをするときの方針ですが、外装を再塗装することはしていません。保管されていた環境においては汚れが強いものも当然なことであります。ただひたすら磨くだけですが、汚れも時間の経過としてなせる貫禄と考えていただければ幸いです。販売価格を低めにさせていただいております。お使いいただける方がいらっしゃいましたらご検討をお願いします。


ご注文、お問い合わせはホームページから商品番号を明記してお願いします





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ザンビアのコーヒー

商品番号:C-250


今週入荷したザンビアのコーヒーをテスト焙煎しましたので感想をお知らせします。生豆は厚みもありしっかりとしています。
まずは浅炒りの豆をご覧ください。



精製方法はナチュラルなのでやわらかな印象の豆となります。ただ、少し均一性に欠けるのか色の出方にばらつきが出ています。
火の入り方が早く炒り止めに注意をしなければいけません。
”花の香り、口当たり優しく滑らかなコクと透明感があります。”後味はまろやかでシャープな酸味があります。



強中炒り
挽いた粉の香りがよく口に含むとしっかりとしたつやのある味わい。後味はすっきりとした上品さを感じ、冷めてくるとチョコレート、ココアのような味になります。

ザンビアの豆は来月の産地豆として皆様にご紹介をいたします。受注焙煎のご注文はいつでもお受けいたします。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

パソコンにかかわるエネルギー

仕事は当然のことながらパソコンの必要性は大きなものです。これがうまくいかないと、どうしようもなくなります。今週は電話回線の変更をし無事インターネットが使えるようになりましたが、昨年あたりからデスクトップパソコンの調子が悪かった。今まで電源を入れると回っていたファンが回らない。時々うなり音を発して回ったり止まったり。これはいつ壊れてもおかしくないと思うようになってからは気が気ではなくなる。

そう思い昨年は中古のノートパソコンを購入し、デスクトップパソコンの負担をかけないように使っています。
先週あたりからパソコンに詳しいお客さんに診てもらっています。今週は回らないファンの修理ということで、以前使っていてハードディスクが壊れたパソコンからファンを抜き取り移植・・・無事回ることができました。ただ、OSがウインドウズ7なので、これを何とかしなくてはいけない。そうなると自分で構築をしているホームページとの組み合わせが問題となってきます。

いろいろなことを試行錯誤してきましたが、昨夜にはメールの受信とホームページの更新などをノートパソコンでできるようになりました。

デスクトップの修理は今週末予定しています。また、お客さんにお世話になるのですがハードディスクを交換しOSをウインドウズ10にすることになります。
今はデスクトップパソコンでのインターネット接続をできるだけ避けています。
僕は携帯電話を持っていなくて不自由はありませんがパソコンが使えなくなることは大問題なのです。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ザンビア入荷

商品番号:C-250「ザンビア・カサマ」


今回アフリカはザンビアのコーヒー豆を仕入れました。最近はアジアやアフリカなどで産出されたコーヒーを積極的に仕入れ開拓をしています。開拓というと大げさかもしれませんが、自分自身の固定観念や思い込みをなくして新しい豆に興味を持つようにしています。

”コーヒーは産地の種類だけ旨さがある”という持論です




今回の豆はナチュラル製法となっています。以前仕入れましたウガンダのナチュラルも大変個性的だったので少し期待を持っています。



豆の品質はスペシャリティーグレードの取り扱いで穀物用ビニールの内袋となっており、開封をしたら新しい豆の香りがしています。
また、テスト焙煎をしますので後日ご案内をします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

電話回線の変更をしました

フリーダイヤル


0120-15-5018


昨日で終了となりました


電話の回線を変更しまして、今まで使っていましたNTTのフリーダイヤルが昨日で終了となりました。今までは電話回線をNTTで、インターネット回線はヤフーのADSLで使っていました。そのADSL回線が今月で終了となる為に同じくソフトバンクのAirと言うものに変更をし、その際に一般回線を契約していたNTTを止めて固定電話もソフトバンクに変更をしました。毎月固定電話の使用詳細を見てきましたが、フリーダイヤルのお客様の利用がどんどん減ってきていました。やはり携帯電話が普及し一般回線の電話からの接続が少なくなりました。今までフリーダイヤルを活用していただきましたお客様には大変申し訳ございませんが今後は固定の電話番号に掛けて下さい。

PS:豆に張るシールに印刷してあるホームページアドレスはもう過去のアドレスで使えませんし、フリーダイヤルも使わなくなりましたので新しく作り直す予定です。(直ぐではありません)

何卒よろしくお願いします

コルドバ店主




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オリジナルブレンドのご紹介

新作「モーニングブレンド」


”朝飲みたい珈琲”


”マグカップでたっぷり飲みたい珈琲”


”毎日飲んでも飽きない珈琲”


”体を目覚めさせる珈琲”


僕は朝起きてからすぐにコーヒーを飲むことがなくなりました。店を始める30数年前は、自分で焙煎しブレンドをしたコーヒーを朝一番に飲むことが楽しみでした。でも今は販売するためのコーヒーを仕込んでいるので、自分が飲みたい珈琲を仕込むという欲求を保つためにも自分はコーヒーを飲むことはしていません・・・仕込みがない朝は別です。

仕込みが終わってからパソコンを立ち上げてメールのチェックをしてから、ブログの更新をしています。この作業の時には決まって浅炒りのコーヒーをドリップで淹れます。

前々から構想を練っていましたがなかなかまとまらない状態でしたがようやく納得ができるブレンドとなりました。
本日から販売を始めます。

”香ばしくやわらかな口当たり”


”後味にも残る柔らかさ”


”穏やかな酸味と渋みが後味をまとめます”


浅炒り 「モーニングブレンド」


¥680/100g


よろしくお願いします




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

持ち込みスポングミルのメンテナンスの仕上がり

前回上げました記事は持ち込みになられたスポングミルの分解状況でした。本来であれば店頭にて分解した状況のご説明をさせていただきたいところですが、この時期滞在時間を長くするべきではないと考えてブログでご説明をさせていただきたいと考えました。今回のメンテナンスは内部だけと言う限定的なメンテナンスとなっています。

分解し汚れを取りましたので状況をご覧下さい。

















組み上げた状態をご覧下さい。外装のメンテナンスはしていません。
















お客様からのお話で50年お使いになってこられたということで、内部の状態がとても気になりましたし大変参考になりました。はっきりと購入時期が分かっていますので、造られていた時期の状態が把握できます。僕がコレクションしているスポングミルの中では後期となることが分かります。微妙に本体の形の違いを確認できました。僕のコレクションは1960年以前のものが中心となります。

スポングミルの消耗する部位としては歯になりますが、それでも今回の内部の状態を見ましても随分と丈夫であると感じます。やはり、保管されていた状態が外装の程度を左右します。普通に家庭で使っているのであれば錆はほとんど発生しませんね。そう考えると、僕の持っている中の1割から2割のスポングミルは置かれていた環境を連想されます。

今回は内部のメンテナンスをさせていただきました。今後また50年は十分お使いになれるわけです。子の代、孫の代に手渡しすることが出来るもの、そのようなものの復活、継承のお手伝いが出来ることに喜びを感じます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ