pure's movie review

鑑賞した映画の感想です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スウィート・ノベンバー

2012-05-21 13:31:34 | アメリカ映画(さ行)



2001年 アメリカ作品 120分 ワーナー・ブラザース配給
原題:SWEET NOVEMBER
STAFF
監督:パット・オコナー
脚本:カート・ヴォルカー
CAST
キアヌ・リーヴス シャーリーズ・セロン ジェイソン・アイザックス グレッグ・ジャーマン リーアム・エイケン



初めて観たのは5年以上前。ストーリーはすっかり忘れてしまっていたけど、その時はバリバリ仕事をしている仕事人間だったので、サラ(シャーリーズ・セロン)の自由奔放さに、ネルソン(キアヌ・リーヴス)同様癒された覚えがあります。
今は優雅な(?)専業主婦の身なので、サラのような周りに癒しを与えられる存在になりたいなぁなんて思わされましたが、なかなか難しいですね(^^;)
自由な時間とお金があっても、サラのような健全な精神を持ち続けるのはムズカシイ。

ところでこのお話、やっぱり「映画だから」キレイにまとまる話だろ~とはどうしても思っちゃいますよね。
実際にだったら、サラは自由奔放どころかただの自己中心な人になってしまう。前回観た時も確かそう思った。
でも、今回ちょっと見方変わったかも。
自由でいいじゃないかと。周りなんか気にしなくても。
それはもう末期だからとか、そういうんじゃない。
したいことをする。一日一日を楽しむ。携帯や時計など、縛りがあるものはみんな外す。
それは一番シンプルな生き方なんじゃないかなぁと思った。
だって、人間みんな自分勝手だもん。みんな助け合いながらも傷つけあいながら生きているんだもん。
だからサラの自己中心的なあり方を、誰も否定出来ないんじゃない?そんな風に思った。

ただ、、、チープな洋服に身をつつみ、掃除機でヘアースタイルを整えてもステキなのは、、、
セロンだからこそっすね…・゜・(ノД`;)・゜・苦笑


ランキングに参加しています。
少しでも共感していただけましたら、ポチっとお願いします♪


コメント   この記事についてブログを書く
« SEX and the CITY2【2回目】 | トップ | ダーク・シャドウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アメリカ映画(さ行)」カテゴリの最新記事