五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

やっぱりJALは不人気になっているのか

2010年01月14日 09時17分25秒 | Weblog
急遽、来月早々に高知県へ行くこととなったので、飛行機の空席状況を調べた見たら、ANAよりもJALの方が空席が多いようだ。

ドタバタとしているJALなので、やっぱり利用しようと考えている人も敬遠しがちなのだろうか。

今のドタバタは今までの経営者の責任で、今の職員ではないと見ているので、
自分としては、安全に高知県との往復をしてくれれば良いので、ANAでもJALでもよい。

空いているというのなら、JALにしようかな
コメント

各産地で眠っている品種ほど、今は必要なんだ

2010年01月14日 05時05分51秒 | Weblog
産地と情報交換していると必ず出てくるのが、産地としては期待したい品種があるのだがも生産者が栽培してくれないし、どうやって販売したらよいのかが判らないので、そのまま保留となっている品種があるという現実。

原因は、コシヒカリだけに頼ってしまったこと、産地にある1品種に頼ってしまったこと、価格だけを優先してしまったこと、産地のお米の将来を考えずに、今だけの流通をを優先してしまったこと等など、産地ごとに原因は様々。

だから、仕方がないといえばそれまでなのだが、1つの品種が生まれるのには、約10年近くかかる。
今眠ってしまっている品種が、このまま世の中に出られないまま終わってしまうと、また10年という歳月が必要となってしまう。
現実問題として、そんな余裕は、全ての産地に残っていないだろう。

今ある品種を、いかにブランド米として育て上げられるのか。
それか大切だ。
コメント