五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです
(旧ブログ名:喜怒哀楽ハチャメチャ日記)

ニャンコ用炬燵

2015年11月29日 20時06分58秒 | Weblog




エアコンをずっとつけていると電気代が高い。
なので、電気毛布をかってあげたのだ、あんまり使ってくれない。
よって、ニャンコ用の炬燵を買った。
(大学時代から使っていた炬燵は、去年ついに壊れたし)

なのだが狭い部屋で、いくら1人用の炬燵と言っても、置く場所がない。
よって、テーブルの下に炬燵を置くことになった。

最初はリリ姉が入っていたのに、今はフク君。


コメント

変な感じだった

2015年11月27日 08時36分14秒 | Weblog
昨日の講演が終わった後で、財団の現役役員とOBによる懇親会があった。

OBとしては、自分が一番若い。
なので、色々な準備のお手伝いをするべきなのだが、昨日は、講師という立場。
なのだが、自分が座っていて、先輩方が準備を進めてくれた。

なんとも不思議な感じ。
「なんか違うんじゃないかな?」って何度も思ったけど、そのままお願いしてしまった。

引退しているとは思えないパワフルな先輩方。
こんなパワフルな人たちは、自分たちの米業界にはいない。
もし1人でもいれば、米業界は、もっとスピーディーに動いていたことだろう。

財団の人たちに会うと、何時も思う。
「数年だったけど、財団に入っていて良かった」と。
この数年間で学んだ全てが、今の自分を支えてくれているし。
コメント

定刻だな

2015年11月27日 08時23分16秒 | Weblog


千歳空港に7時半に着いて、オニギリを食べて、お土産を買って、ブラブラして。
それでも時間をもて余しているから、さっさと搭乗口に来てしまった。

天候が気になっていたけど、今のところは穏やか。
このままであれば、定刻通りに飛ぶだろう。
コメント

強烈パンチ

2015年11月27日 05時55分14秒 | Weblog
昨日の講演内容を、聞きにきた人たちには、どのように感じただろうか?

聞きに来てくれていた、JA新すながわ、JAたきかわ、カエル倶楽部、中空知エコ米生産共和国の人たちからすると、柔らかい内容だったそうだ。
しかし、「俺の米」と言っている人たちににとっては、かなり厳しい内容だったはずである。

それはそうだろう。
個人としての甘えと自己中心的な考え方を、これでもか!と否定していたのだから。

消費地の状況が生産者の耳に届くのには3年のタイムラグがある。

北海道の中では、今まさに「ゆめびりか」は大ブームのようだが、消費地では、ブランド価値が日に日に衰えている。
つまり、北海道の生産者に「ブランド力に陰が出始めたようだ」と伝わった時には、消費地での北海道米のブランドは消え失せているということになる。

そうさせないために。
3年の溝をなくすために。
仕掛けているのが、ブランド化計画なのだ。

「今売れればイイ」ではない。
そんなレベルの低い話では済まされない。

さらにブランド化計画には、地域の活性化も組み込まれている。
地域の活性化は、1人では出来ない。

聞いていた人は、どの様に感じただろうか?
コメント

スーバーカムイ2号

2015年11月27日 05時38分14秒 | Weblog
みどりの窓口で指定席を購入しようとしたら、「始発だから、ガラガラですよ」と教えてくれたので、札幌駅までは自由席にした。

本当だ。
自分が乗った車両は、6人しかいない。

でも、札幌から千歳空港までは、指定席は、ほぼ埋まっていた。
コメント

深川市から千歳空港

2015年11月27日 05時25分58秒 | Weblog


深川市5時37分発で千歳空港に向かう。

本当なら、次の特急でよいのだが、天候が気がかりなので、取り合えず空港にまで行っておこうと思ったのだ。

深川市は昨日ほどは寒くない。
というか、昨日が寒すぎた。

さて、改札入るかな!
コメント

いい天気

2015年11月26日 08時23分40秒 | Weblog


寒いけど、晴れてる。
晴れ男効果があったかな?
コメント

千歳空港に着いた

2015年11月26日 07時55分40秒 | Weblog
定刻よりも5分早く出発して、15分早く千歳空港に着いた。

気温はマイナス10度だって。
寒い。
眠気もぶっ飛ぶ!

まず、千歳空港からエアポート81号で札幌まで。
札幌でスーバーカムイ7号に乗り換えて岩見沢まで。

岩見沢ではホクレンと打ち合わせ。
北海道米についての考えを聞きたい事と、自分が入手している、各産地の計画を説明をする予定。

それから深川市のプラザホテル板倉に移動。
ホクレンが車で送ってくれるとの事。
ラッキー♪
コメント

今日は北海道

2015年11月26日 05時49分46秒 | Weblog
昨晩、秋田県大曲から家に着いたのは、24時ジャスト。
それから、今日の北海道に行くための準備等をして、ベットに入ったのは2時。

そして、起きたのは4時。
あまりにも眠いから、シャワーを浴びて、5時に家を出た。

今はもう、搭乗口に着いている。
まだお店は開いていないから、ジュースで空腹を誤魔化している。

北海道の雪が心配ではあったが、なんの問題もなく飛びそう。
機内に入ったら、すぐに寝たい。
コメント

東京で戦わなければ

2015年11月25日 22時23分00秒 | Weblog
今日の「JA秋田おばこ」の人たちを見ていて思った。
「どんなに実力があったとしても駄目だ。やはり東京で戦わなければ」と。

今、自分の意見を求めて、または協力を求めて、色々な産地が訪れている。
中には、「この産地なら売れるだろうに」と判る産地もある。

でも、どれもこれも、今のままでは消えていくだけだと思う。
理由は、「井の中の蛙、大海を知らず」ということ。

「自分の米は旨い」
そう思うのは本当だろう。
手塩にかけて育てているのだから。

しかし、思いと現実はイコールではない。
この考え方では、魔物が住む東京では戦えない。
大海の中で、微生物は見えない!

消費地には消費地のルールがある。
さらに、それをコントロールしている自分たちもいる。
それを無視しては、動くはずの物も動かない。
いきなり東京で売ろうとしても、撃沈してしまうのは、当たり前のことなのだ。

自分たちを飛び越えて、消費地に打って出たいというのであれば、莫大な予算を使ってCMを打つことだろう。
それであれば、ルールを変えることも出来るかも知れない。

だが結局、今は、自分たちが売っていることで、効果が出ているだけのこと。
産地の手柄ではない。
所詮は、自分たちの手の中だけでのことなのだ。

なら、自分たちを利用する事が、一番成功する可能性が高いと判るだろ。

今回「JA秋田おばこ」では、遠回しであるが、それを伝えた。

東京が欲しがっている物を、シッカリと作る。
そして、大道で仕掛ける。

そこに、未来の道が見えて来ると思う。
コメント

大曲駅

2015年11月25日 19時34分46秒 | Weblog
19時44分
この「こまち38号」に乗らないと、東京にたどり着けない。

完全な時間切れ。
秋田おばこの人たちに伝えたい事が多すぎた。
1割も伝えきれなかった。

だけど、「JA秋田おばこ」の復活は出来る。
それは確実だ!

なぜなら、誰もあきらめた眼をしていない。
誰もがギラギラした眼を、まだ持っている。

懐かしい眼だ。

この眼。
自分を奮い立たせるのは、この眼なのだ。
この眼が見たかったのだ。

なぜ、口うるさい自分を、わざわざ「JA秋田おばこ」の組合長が呼んだか判った。

そして、もう1つ判ったことがある。

それは、自分は「寝た子を、起こした」かも知れない。
と言うこと!
コメント

間もなく始まる

2015年11月25日 14時51分16秒 | Weblog


間もなく「秋田おばこ米2015」が開催される。

既に会場内は熱気で凄い!
コメント

夢中だった

2015年11月25日 14時20分23秒 | Weblog
田沢湖駅から向かって角館駅に着く前に、秋田おばこの神代カントリーエレベーターが田んぼの真ん中にたち、それから大きな黄色い「神代じゃんご米」の看板がある。

この2つを見ると、夢中になって「神代米をブランドに」と動いていた頃を思い出す。
コメント

盛岡駅を出発

2015年11月25日 13時37分16秒 | Weblog


青森新幹線と別れて、秋田新幹線として、盛岡駅を出発。

あと1時間弱。
新幹線が延びて、秋田県も近くなったんだけど、やっぱり3時間は長いな。

盛岡駅から見えた山は雪が積もっていたけど、大曲はどうだろうか?
コメント

しんかんせ~んー2

2015年11月25日 11時12分00秒 | Weblog






コメント