五ツ星お米マイスター西島豊造の「豊かに造ろう」

様々な現実を見つめらがらも、日々を前向きに考えて進んでゆくためのブログです

そんなものは無い

2017年10月31日 16時05分27秒 | Weblog


某テレビ番組の収録をしている最中に、違うテレビ局から「新米の美味しい研ぎ方を教えてほしい」という電話があった。
またまた出てきました、テレビ局の、無い引き出しを、無理やりにでも引き出そうとする悪い癖。

何をどう言われようが、新米でも古米でも「お米の保存」と「お米の研ぎ方」は一緒。
昭和の時代であれば、お米の品質も良くなかったし、精米技術も悪かったし、保存も適当であったので、新米と古米での違いは確かにあった。
今の時代、それはありえない。

ただし、新米の方が柔らかく感じるという消費者もいるので、そう感じるのであれば、炊飯器の炊き分けモードを変更するか、水加減を減らす事を試してみれば良いだけのこと。
「新米は水加減を減らして炊く」というのは、自然乾燥米の頃の話で合って、今の時代では完全に間違い。

「新米の美味しい研ぎ方」を提案するよりも、「基本的な研ぎ方で研げないほどの、古いお米を持たないようにする」という情報を、追加するべきだね。
コメント

やり直す

2017年10月31日 15時00分50秒 | Weblog


今日は前半後半に分かれているが、お米についての収録を、ほぼ丸1日している。

お米の保存や研ぎ方を、今日収録している番組で放送することは、以前から決まっていたことであった。
しかし、先日放送された某番組の「新米・玄米」特集によって、使えもしない情報が、また発信されてしまったことから、「お米の保存」と「お米の研ぎ方」「ほぐし方」について、「正しい方法」として放送してもらうことにした。

五ツ星お米マイスターでも三ツ星お米マイスターでも、「お米の保存」と「お米の研ぎ方」について、自分の研ぎ方を全て伝えてくれている人から、「ふざけるな」と言いたいほど勝手で、酷い方法を教える人までいる。
「よく試験を通ったな」と疑問に思ってしまうレベルも多い。

こんなことだから、消費者は本当に美味しいお米を食べることが出来ない。
お米なんて、どれも同じと言われてしまう。
当然、お米をもっと食べようという消費者も増えない。

お米を食べる消費者を増やそうと思うのなら。
お米の良さをもっと消費者に知ってもらおうと思うのなら。
まず業界として、「お米の保存」と「お米の研ぎ方」「ほぐし方」を統一するのは当然である。

この「お米の保存」と「お米の研ぎ方」「ほぐし方」という基本が出来ることで、次のステップに進めて、初めて「お米の美味しさ」について語れるようになる。

お米業界は、完全に限界点を超えてしまっている。
活性化するだけの体力は、もう残っていない。
何処まで延命出来るかを考えているだけ。

その中で、限りなくゼロに近い可能性に頼って、新しいお米の時代に進んで行かなければならない。
身勝手な考え方や行動が、どれだけ悪となっているのかは、誰でも判ることだろう。

プロと言う看板をあげているのなら、間違えた情報を伝えるのは自分の首を絞めるだけ。
コメント

あきたこまちにひとめぼれバージョン

2017年10月31日 10時26分50秒 | Weblog


パフォーマンスも上がり続けている、29年産米食味チャートですが、今回「あきたこまちにひとめぼれ」のキャラクターを入れた、ほのぼのバージョンを作ってもらえましたのでお知らせいたします。

マスメディア・講演・イベント等、色々な場所で使っていただけるようになりました「食味チャート」です。
なので、仕様場所によって、この「あきたこまちにひとめぼれ」パーションも、使用していただければ幸いです。
コメント

隠されたヒント

2017年10月30日 17時05分44秒 | Weblog


2017年10月27日に更新した「29年産米食味チャート」。
昨年の食味チャートでは解らなかった、全く見えなかった、新しい時代のためのお米の方向性が出ています。

探してみてください。
コメント

テレビのクレーム

2017年10月30日 16時41分31秒 | Weblog


某番組が「新米・玄米」の特集をして、生産者の白米の研ぎ方、お店の玄米の研ぎ方、玄米の浸水時間なとを紹介した。
偶然自分はその番組を見ていて、その内容をについて、かなりのショックを受けた。
それとともに、この内容でお米を炊いた人からは、絶対にクレームが入るだろうと思っていた。

そしてそれが今日、現実のものとなった。

スズノブさんとは違う研ぎ方で、新米を美味しくする研ぎ方だと言っていたので、興味を持ってその通りにやってみたら、ぺちゃべちゃで柔らかく米粒も割れてしまって、酷い炊きあがりになってしまった。
1回では変わらないので、放送後何度か試したのだが、まともに炊けたことは1回もない。
何度かスズノブさんも出ていた番組だったから信用していたのだが、とにかく酷い。
スズノブさんも番組に関わっているのですか。
それであればガッカリ。
テレビ局にクレームをいれようと思っている。

というメールが入った。

やっぱりな。
自分は関わっていないので、変なことは言えない。
なので、メールをくれた消費者には、「自分は今回の放送内容について一切かかわっていませんので、お残念ながら、お答えする立場にありませんので、直接テレビ局に問い合わせをしてください」と伝えた。

自分の情報ではないのに、テレビ等に出ている回数が多いことから、どうしても「お米=スズノブ」の情報となってしまう。
それは、マスメディアと付き合っているからには、覚悟している。
でも、自分が関係ないことで、自分が怒られるというのは、嬉しくないし、気持ちよくもない。

なので、番組名は控えますが、「某番組の2時間スペシャル番組で放送された「新米・玄米」についての情報について、自分は一切関わっていないので、ご了承ください」とお伝えしておきす。
合わせて、「この番組の内容などについて、ご質問などをされても、自分はお応えできません」ということもお伝えしておきます。
コメント

到着

2017年10月29日 09時20分52秒 | Weblog


の~んびり走ってきて、やっと到着。
もっと早く着くイメージだったけど、案外時間がかかった❗️
コメント

コンテスト

2017年10月29日 07時02分25秒 | Weblog


今日(29日)は、千葉県佐原中央公民館で、平成29年度香取市米食味コンテストが開催される。

台風の影響で、天気は雨。
今は事故などしたくないから、1時間以上余裕をもっていたい。
だから、そろそろ出発。

東芝ホームテクノ株式会社の守道信昭さんに会うのは久しぶり。
無理なお願いも引き受けて貰えて、感謝です。
コメント

富富富

2017年10月28日 16時01分09秒 | Weblog


富山県農林水産部農林水産企画課から、30年デビューの富山県の新品種「富富富」が届きました。

これは、マスメディアでの試食用に使用していきます。
コメント

結びの神入荷

2017年10月28日 15時49分48秒 | Weblog


品種:結びの神(三重23号)
産地:三重県
地域:四日市市

三重県農業研究所が平成12年から12年の歳月をかけて開発した、「三重23号」は、夏場の高温化により近年多発している「高温障害」(白く濁った粒の発生)に強い耐性があり、粒が大きく、美しい外観と良食味を兼ね備えた新品種です。

なかでも、「みえの安心食材認証」を取得した登録農家生産者のみが生産する、タンパク質6.8%以下(水分15%換算)、農産物検査1等のみ、取得という厳しいクリアした「三重23号」のみが、「結びの神」ブランド(商標登録済)として認められます。

米粒が大きくしっかりしているため、ふっくら美しい炊き上がり。
もちもち感がありながらべたつきが少なく、噛みしめるほどに味わいがひろがります。
冷めてもおいしく、おむすびやお寿司、丼物、カレーライスなど、家庭・外食問わず人気のメニューに最適なお米です。
コシヒカリに代わる新しい三重ブランド米として、年々生産が拡大しています。

http://mie-kome.jp/god/
コメント

土佐天空の郷にこまる入荷

2017年10月28日 15時39分49秒 | Weblog


品種:にこまる
産地:高知県
地域:本山町

節減対象農薬:当地比6割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減

「にこまる」は、九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として、おいしさ、品質、収量の3拍子揃った米を目標に開発された品種です。
母親は近畿・中国地域の6府県で奨励品種になり、急速に普及が進んでいるおいしい早生(わせ)のお米「きぬむすめ」、父親には倒れにくく品質の良い「北陸174号」(熊本県で普及している「いただき」の兄弟)の交配組み合わせから育成されました。

玄米品質は特に粒張りが良く、高温の年でも品質は安定しており「ヒノヒカリ」よりも優れます。
ご飯の食味は、光沢が良く粘りが強く、「ヒノヒカリ」と同等かそれ以上です。
コメント

土佐天空の郷ひのひかり入荷

2017年10月28日 15時32分22秒 | Weblog


品種:ヒノヒカリ
産地:高知県
地域:本山町

節減対象農薬:当地比6割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減

「ヒノヒカリ:南海102号」は、「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配によって、宮崎県総合農業試験場(農林水産省指定試験地)で育成された品種で、1989年に水稲農林299号「ヒノヒカリ」として命名登録され、翌1990年に種苗法による品種登録されました。

名前の由来は、西日本(九州)を現す「日」(太陽)と、その飯米が光り輝くさまからです。

誕生後、多くの府県で奨励品種に指定され、九州を中心に中国・四国地方や近畿地方など西日本で広く栽培されていて、関東でも栽培されていますが、現在は温暖化に弱い品種であることから、栽培面積は減り続けています。
コメント

曽爾村コシヒカリ入荷

2017年10月28日 15時05分34秒 | Weblog


品種:コシヒカリ
産地:奈良県
地域:曽爾村

節減対象農薬:当地比5割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減

曽爾村は奈良県の中央部より、やや北よりの東北端に位し、北は三重県名張市、東は、三重県津市、南は御杖村、西は宇陀市に接しています。
村のほぼ中央を東北に県道が通じており、村における唯一の交通動脈になっていますが、その西側約1km~2kmにわたり屏風岩、兜岳、鎧岳など、一連の大岩壁によって西北部は隔絶されています。

明治17年に曽爾谷の今井村他7ヶ村からなっていましたが、明治22年の市町村制実施によりこの8ヶ村が合併して曽爾村となりました。
その後、昭和29年に隣接室生村の一大字山粕を編入して、現在は9大字からなっています。

国道369号線を利用して桜井市まで37km、また三重県名張市へは県道名張曽爾線で17kmで結ばれており、路線バス三重交通、奈良交通が運行されています。
鉄道は近畿日本鉄道榛原駅(23km)と名張駅(17km)が最寄の駅として利用されています。

http://www.vill.soni.nara.jp/forms/top/top.aspx
コメント

きたくりん入荷です

2017年10月28日 13時14分46秒 | Weblog


品種:きたくりん
産地:北海道
地域:JA新すながわ
栽培:高度クリーン栽培
節減対象農薬:当地比8.2割減
化学肥料(窒素成分):当地比5割減

「きたくりん」は、日本穀物検定協会によるお米の食味ランキングで5年連続最高位の特A評価を獲得した「ななつぼし」と比較しても、粘りや柔らかさなど食感に優れ、食味も同程度かやや優るとされており、今後の北海道米の基幹品種としても期待されています。
コメント

アップしました

2017年10月28日 10時37分00秒 | Weblog


29年産米食味チャートを、スズノブHPにアップいたしましたので、お知らせいたします。

http://www.suzunobu.com/gazou/29nen-chart.JPG
コメント

食味チャートを修正

2017年10月28日 10時20分33秒 | Weblog


28年産米食味チャートを「29年産米食味チャート」に修正いたしました。

修正した品種は以下の通り。
・山形県 雪若丸
・岩手県 金色の風
・岩手県 銀河のしずく
・富山県 富富富
・宮城県 だて正夢

いずれも新品種で、昨年の試験栽培から本格栽培に変わったことで、特徴に違いが出てしまいました。
よって、今迄のデータと合わせて、平均化した結果で配置し直しました。
コメント