日伊文化交流会

サークル「日伊文化交流会」は板橋区で生まれ、東都生協登録サークルとしてイタリア好きの人たちが集まり楽しく活動しています

エドアルド・レオ特集上映「イタリア娯楽映画の進行形」のお知らせ(2020年10月16日〜25日)@アップリンク吉祥寺

2020年09月25日 | イタリア映画・映画
エドアルド・レオ特集上映「イタリア娯楽映画の進行形」のお知らせ(2020年10月16日〜25日)@アップリンク吉祥寺



イタリア娯楽映画の雄、エドアルド・レオを知っていますか……?

\トークショー決定/
10月17日(土)『わしら中年犯罪団』上映後 登壇者:野村雅夫
※登壇者は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。


【上映スケジュール】

10月16日(金)『黄金の一味』
10月17日(土)『わしら中年犯罪団』★野村雅夫トークショー
10月18日(日)『ブォンジョルノ、パパ。』
10月19日(月)『俺たちとジュリア』
10月20日(火)『黄金の一味』
10月21日(水)『わしら中年犯罪団』
10月22日(木)『ブォンジョルノ、パパ。』
10月23日(金)『俺たちとジュリア』
10月24日(土)『黄金の一味』
10月25日(日)『わしら中年犯罪団』

主催/京都ドーナッツクラブ

※10月30日(金)~11月7日(土)UPLINK Cloudにてオンライン上映

アップリンク吉祥寺は こちら

映画は こちら

* 映画館ではイタリアに向けての募金もするそうです


イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その3( 石積み芸術の知識と技術・ケレスティアンの贖いの祭り・アルピニズム・移牧)2020年9月現在 

2020年09月21日 | イタリア旅行・世界遺産
イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その3( 石積み芸術の知識と技術・ケレスティアンの贖いの祭り・アルピニズム・移牧)2020年9月現在  


その2に続き その3です:


9. 2018 L'Arte dei muretti a secco, elemento transnazionale (comprendente, oltre all'Italia, Croazia, Cipro, Francia, Slovenia, Spagna e Svizzera) 石積み芸術の知識と技術




 L"'Arte dei muretti a secco" riguarda il saper fare costruzioni in pietra accatastando le pietre una sopra l'altra senza usare altri materiali se non, a volte, la terra secca.
石積み芸術」は、他の材料を使わずに、でなければ時折乾燥土を使って、上へ上へと積み重ねながら石で組み立てる知識に関わるものです。

I muretti a secco, utilizzati per l'allevamento, l'agricoltura o come abitazioni e diffusi in molte aree rurali, soprattuto nei terreni scoscesi, hanno modellato molti paesaggi testimoniando metodi e pratiche usati sin dalla preistoria per organizzare gli spazi dove vivere e lavorare ottimizzando le risorse locali naturali.

石積みは、飼育や農業あるいは住居として使われますが、とりわけ険しい土地の田舎の多くの地域で普及しており、先史時代からずっと使われてきた方法と実践を示しながら多くの風景を創り出しています。地方の自然の資源を改良しながら、住んで働く場所を創り出すためにです。

I muretti a secco, la cui stabilità è assicurata dall'attenta selezione delle pietre e dal loro preciso posiizionamento, rivestono un ruolo primario nella prevenzione di frane, alluvioni e valanghe e nella lotta contro l'erosione e la desertificazione, allo stesso tempo rafforzano la biodiversità e creano adeguate microcondizioni climatiche per l'agricotura. Essi riflettono un rapporto equilibrato con l'ambiente e la relazione armoniosa tra l'uomo e la natura.

石積みは、その堅牢さは石を注意深く選ぶことそして正確に配置することでもって保証されますが、山崩れや洪水や雪崩の予防、そして浸食や砂漠化との闘いにおいて主要な役割を帯びています。そして同時に生物多様性を高めて、農業に適した微気候を創り出すのです。それらは環境とのバランスの取れた関係を、人間と自然の間の調和のとれた関係表しているのです。

L'"Arte dei muretti a secco" è iscritta nella Lista del Patrimonio Immateriale come elemento transnazionale di 8 paesi: Croazia, Cipro, Francia, Grecia, Italia, Slovenia, Spagna e Svizzera.

石積み芸術の知識と技術は8ヶ国の国境を超えた構成物件として無形文化遺産リストに登録されました: クロアチア、キプロス、フランス、ギリシャ、イタリア、スロベニア、スペインそしてスイス

詳しくは こちら


10. 2019 Perdonanza Celestiniana   ケレスティアンの贖いの祭り


Iscritta alla Lista del Patrimonio Immateriale dal 2019, la celebrazione della Perdonanza Celestiniana è viva testimonianza di una tradizione che giunge a noi direttamente dal medioevo.

無形文化遺産リストに2019年に登録された、ケレスティアンの贖いの祭りは中世から直接私たちに伝わる伝統の生きた証言です。

Comprende riti e celebrazioni che si tramandano ininterrottamente dal 1294 e che forniscono un senso di continuità e di identità culturale all’intera comunità della città e della provincia dell’Aquila.

1294年からたゆまなく受け継がれてきた、そして(ケレスティアンの)街とラクィラ地方のすべてのコミュニティの、文化のアイデンティティの継続性の意味を授ける儀式と祭りを含んでいます。

La tradizione fu ispirata da Papa Celestino V, che nel 1294 emanò una storica Bolla pontificia con la quale concesse l'indulgenza plenaria a chiunque, confessato e pentito, si fosse recato nella Basilica di Santa Maria di Collemaggio tra i vespri del 28 agosto e i vespri del 29 agosto di ogni anno attraversando la porta santa appositamente aperta.

伝統はPapa Celestino5世によって生まれました、彼は1294年にBollaの教皇の物語を発布しましたが、それは毎年8月28日の夕暮れ時から8月29日の夕暮れ時の間にコレマッジォ(Collemaggio)の聖マリア大聖堂に赴いて、そのために開けてある聖門をくぐりながら懺悔し改心(後悔)した者には、誰にでも全贖宥(免罪符)が授けられるというものでした。

La celebrazione della Perdonanza è scandita da momenti ben precisi che si svolgono nell’arco di due settimane e iniziano il 16 agosto con il “Cammino del perdono”, che attraversa ventitré villaggi lungo un itinerario di 80 km e termina il 23 agosto all’Aquila, dove inizia una serie di eventi culturali e rievocazioni fino al 28 agosto, giorno in cui si svolge il “Corteo della Bolla”, dal centro storico alla Basilica di Collemaggio.

贖いの祭りは、この2週間にかけて行われるそれぞれの時に区切られています、それは8月16日に「赦しの道」に始まり、80キロの工程にわたる23の村を横切り、そして8月23日にラクィラで終わります。そこでは文化的そして追憶のイベントが始まり、8月28日まで続きます。その日には「Bollaの行列」が行われ、旧市街からコレマッジォ(Collemaggio)の大聖堂まで続きます。

La parata storica coinvolge tutta la comunità ed ha come protagonisti principali la Dama della Bolla, il Giovin Signore e la Dama della Croce, i personaggi che simboleggiano i tre valori tradizionali che ispirano la cerimonia: l'ospitalità, la solidarietà e la pace.

歴史的パレードはすべてのコミュニティを巻きこみ、主な主人公としてボッラ(Bolla)の貴婦人、若き紳士そしてクローチェ(Croce)の貴婦人たちです。彼らはホスピタリティ、連帯そして平和という、このセレモニーを暗示させる3つの伝統的価値を象徴する人物たちなのです。

詳しくは こちら ← 祭りの音が出ます



11. - 2019 Alpinismo , elemento transnazionale (comprendente Italia, Francia e Svizzera)
アルピニズム


Definito come l'arte della scalata alle vette di alta montagna, in ogni stagione, su terreni rocciosi o ghiacciati, l'alpinismo è fatto di abilità fisiche, tecniche e intellettuali, ma anche di equipaggiamenti e strumenti altamente specializzati, frutto di un sapere sviluppato nel tempo.

どの季節においても、岩の多いあるいは氷結した高い山の山頂への登攀(とうはん)の技法・芸術として定義された、アルピニズムは身体能力、テクニックそして知性の、そしてまた装備そしてとても専門化された道具の、時代の中で発展した知識の成果によってなされたのです。

Pratica tradizionale, l'alpinismo si caratterizza per una cultura condivisa e sviluppata intorno alla conoscenza dell'ambiente dell'alta montagna, della sua storia e dei valori a essa associati.

伝統的な実践、アルピニズムは高い山の環境の知識について発展し共有した文化のために特徴づけられる。

Tra questi, l'estetica gioca un ruolo rilevante: l'alpinista è alla costante ricerca di un'eleganza nell'arrampicata, della contemplazione del paesaggio e dell'armonia con l'ambiente naturale.

それらの中で、美学は著しい役割を演じる: アルピニスト(登山家)はクライミングでの優美さを常に追求しており、景色と自然環境との調和にじっと眺め入る。

Anche i principi etici sono alla base della disciplina: l'alpinismo si fonda sull'impegno di ciascuna persona a non lasciare dietro di sé alcuna traccia del proprio passaggio, facendosi inoltre carico di garantire mutua assistenza a chiunque frequenti la montagna.

訓練に基づいた倫理法則も: アルピニズムは、自らの道のいかなる痕跡も自らの後ろには残さないというめいめいの熱意に基づいている。他にも山に登る者は誰でも互いに助け合うことを保証する責任を負いながらの。

I club alpini, diffusi e attivi in tutto il mondo, rappresentano una parte rilevante della pratica e uno strumento fondamentale per veicolare con forza la cultura della montagna attraverso incontri internazionali e spedizioni che sono un patrimonio consolidato della collaborazione tra Italia, Svizzera e Francia, i paesi per i quali l'Alpinismo è stato riconosciuto come Patrimonio Immateriale nel 2019.

世界中に普及し活動している山岳会は、 国際的な会合と遠征を通して、山の文化を力強く伝搬するための基本的な手段と、実践の著しい役割を演じており、それらはイタリア、スイスそしてフランスの、それらの国によってアルピニズムが2019年に無形文化遺産として認められた国々の間のコラボレーションの堅固な財産なのです。

* 狩猟や信仰目的ではない、山に登ることそのものを目的とする遊びやスポーツとしての登山を言う。19世紀後半に生まれた語。単なる「登山 climbing, ascension」というよりは、語源がそうであるように、アルプスのような高い技術を必要とする、高く、困難をともなう山の登山をいう。(Wikipedia)

詳しくは こちら (音が出ます)



12. - 2019 Transumanza elemento transnazionale (comprendente Italia, Austria e Grecia)
移牧:地中海とアルプス山脈の間の移動ルート上における季節性の家畜移動


La transumanza è un’antica pratica della pastorizia che consiste nella migrazione stagionale del bestiame nel Mediterraneo e nelle Alpi. Si tratta di una tradizione che affonda le sue radici nella preistoria e che si sviluppa in Italia anche tramite le vie erbose dei “tratturi” che testimoniano, oggi come ieri, un rapporto equilibrato tra uomo e natura e un uso sostenibile delle risorse naturali.

Transumanza(家畜の季節移動)は、牧畜の古い慣例であり、地中海とアルプスにおける家畜の季節ごとの移住から成り立っています。その根っ子は先史時代にまで根をおろし、イタリアでは山道(tratturi)の草の生い茂った道を通して発達した伝統のことです。その山道はかつてと同様今でも、人間と自然との調和のとれた関係と、自然の資源の持続可能な使用を証明しているのです。

La transumanza è stata inserita nel 2019 dall'UNESCO nella Lista del Patrimonio Culturale Immateriale, che ha riconosciuto il valore della pratica sulla base di una candidatura transnazionale presentata da Italia, Austria e Grecia. L'UNESCO ha riconosciuto due tipi di transumanza - quella orizzontale, nelle regioni pianeggianti, e quella verticale, tipica delle aree di montagna - evidenziando l'importanza culturale di una tradizione che ha modellato le relazioni tra comunità, animali ed ecosistemi, dando origine a riti, feste e pratiche sociali che costellano l'estate a l'autunno, segno ricorrente di una pratica che si ripete da secoli con la ciclicità delle stagioni in tutte le parti del mondo.

Transumanza(家畜の季節移動)は2019年にユネスコによって無形文化遺産のリストに登録されました。イタリア、オーストリアそしてギリシャにおける国境を超えた候補に基づく関係書類一式(pratica)の価値を認めたのです。
ユネスコはTransumanza(家畜の季節移動)の2つのタイプを認めました – 平野の地方での水平の、そして山のエリアで典型的な垂直の移動です - コミュニティと動物たちとエコシステムの間の関係を形に表す伝統の文化的重要性を明らかにしつつ、夏から秋にかけて、世界のあらゆる場所で季節のめぐりとともに何世紀にもわたって繰り返されてきた実践(pratica)の、繰り返される印をまき散らす儀式や祭りや社会慣習を生みながら。

季節ごとに決まった放牧地間を移動する放牧の一形態

詳しくは こちら (音が出ます)


イタリアの無形文化遺産のユネスコのサイトは こちら (イタリア語)

* 個人的には5.の肩で担われる祭礼が好きですね💛 日本でもお神輿の祭りがありますし...


* 写真は 10.のPerdonanza Celestinianaです


イタリア語ランキング


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント

イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その2(肩で担われる巨大な構造物の祭礼・ヴィーテ・アド・アルベレッロ・鷹狩・ナポリピッツァの職人技)2020年9月現在

2020年09月17日 | イタリア旅行・世界遺産
イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その2(肩で担われる巨大な構造物の祭礼・ヴィーテ・アド・アルベレッロ・鷹狩・ナポリピッツァの職人技)2020年9月現在  

その1に引き続き その2です:



5. 2013 Feste delle Grandi Macchine a Spalla (La Festa dei Gigli di Nola, la Varia di Palmi, la Faradda dei Candelieri di Sassari, il trasporto della Macchina di Santa Rosa a Viterbo);
肩で担われる巨大な構造物の祭礼 (聖人の山車祭り)


Celebrazione delle grandi strutture processionali a spalla: un'associazione, nata nel 2006, che include quattro feste religiose cattoliche italiane (la Macchina* di Santa Rosa di Viterbo, la Festa dei Gigli di Nola, la Varia di Palmi e la Faradda** di li candareri di Sassari).

肩で担われる巨大な構造物の祭礼: 2006年に生まれた組織で 4つのイタリアのカトリックの宗教的な祭りを含む (ヴィテルボのサンタ・ローザのマキナ*、ノーラのジーリの祭り、パルミのヴァリア、サッサリのキャンドルのファラッダ**)

  * 凱旋の天蓋(baldacchino trionfale) ** 燭台の降臨 (聖母の被昇天の8/15の前日に行われる サッサリの宗教的な祭り)

Le processioni cattoliche che prevedono strutture da portare a spalla si svolgono in tutta Italia ma sono particolarmente articolate in quattro centri storici: Nola, con una processione di otto obelischi di legno e cartapesta che commemorano il ritorno di San Paolino; Palmi, dove i portatori trasportano una complessa struttura in onore di Nostra Signora della Sacra Lettera; la Faradda dei Candelieri di legno di Sassari; la Macchina di Santa Rosa a Viterbo.

肩で担われる構造物をあらかじめ備えるカトリックの行進はイタリア全土で行われていますが、とりわけ4か所の歴史的地区ではっきりと表れています。 ノーラでは、8本の木のオベリスクと、聖パオリーノの帰還を記念する行列が、パルミでは、担ぎ手たちが聖文書の我らが女王人(聖母マリア)の名誉において圧縮された構造物を運び、サッサリの木の燭台のファラッダ、ヴィテルボでは聖ローザの山車が。

Il comune progetto di trasporto prevede una condivisione equa e coordinata dei compiti e una distribuzione equilibrata dei pesi e unisce le comunità nel mutuo rispetto, cooperazione e sforzo congiunto, tanto da generare lo sviluppo di una rete di scambio tra coloro che condividono questo patrimonio culturale.

運搬の共通の計画は公正かつ任務が公平にされた分配を想定し、重さもバランスの取れた分配となっています。そしてコミュニティは相互の尊敬と共同と統合した努力のもとに集い、この文化遺産を分かち合うところの者たちの交流のネットワークの発展を生じさせるのに十分です。

Queste celebrazioni richiedono il coinvolgimento di musicisti e cantanti, oltre che artigiani per costruire le strutture e creare gli abiti. Questo processo, le cui tecniche vengono tramandate per ricreare la struttura ogni anno, aiuta la continuità culturale e rinforza il senso di identità.

この祝賀はミュージシャンたちと歌い手たちを巻きこむことが必要で、かつまた構造物を造り服を創る職人たちが必要なのです。このプロセスは、その技術は毎年構造物を再度創るために受け継がれてゆき、文化の継続性を助け、アイデンティティの感覚を強めます。

NolaのFesta dei Gigliは こちら

La Varia di Palmiは こちら 

la Faradda del Candelieri di Sassariは こちら

Festa della Macchina di Santa Rosa a Viterbo は こちら

詳しくは こちら ← 祭りの音が出ます

映像(英語)は こちら ← 4つの祭りの様子です



6. 2014 Vite ad alberello di Pantelleria
パンテッレリーア村における伝統的農事「ヴィーテ・アド・アルベレッロ」(仕立てられたブドウの株)
Pratica agricola tradizionale di coltivare la 'vite ad alberello' della comunità di Pantelleria




Pratica agricola tradizionale di coltivare la 'vite ad alberello' della comunità di Pantelleria
La tradizionale coltivazione della vite ad alberello, che avviene in condizioni climatiche molto dure, è tramandata attraverso istruzioni pratiche e orali in dialetto locale da generazioni di vinai e contadini dell’isola di Pantelleria, dove 5000 abitanti coltivano piccoli lotti di terra usando metodi sostenibili.

ヴィーテ・アド・アルベレッロ」(仕立てられたブドウの株)の栽培の伝統は、とても厳しい気候条件で起きたもので、パンテレリーアの島のワイン商そして農民たちによって代々その地方の方言での口承そして実際の教育を通して受け継がれていったのです。そこでは5000人の住民たちが、サスティナブルな方法を使いながら土地の小さな区画を耕しているのです。

La tecnica di coltivazione, abbastanza articolata, prevede diverse fasi e si conclude con la vendemmia a mano durante un evento rituale che inizia alla fine di luglio. I rituali e i festeggiamenti che proseguono fino a settembre consentono alla comunità locale di condividere questa pratica sociale, che identifica gli abitanti di Pantelleria come vinai e li sprona a impegnarsi per preservare questa pratica.

栽培技術はかなり理路整然としており、様々な段階を予見しています。そして7月の終わりに始まる宗教行事の間の収穫とともにその手に包み込まれます。9月まで続く儀式とお祝いは、地域コミュニティにこの社会的儀式を共有することを認めさせます。それらの儀式はパンテレリーアの住民たちはワイン商と同一人物であると確認させ、そしてこの儀式を保存するために努力するように彼らを励ましてくれるのです。

詳しくは こちら  ← 音が出ます

ニュースは こちら ← フェニキア人が伝えたシチリアの西南にあるパンテレリーア島に伝わるブドウの仕立て方 風が強い島の気候に合っている


7.  2016 La Falconeria: un patrimonio umano vivente
    Falconeria elemento transnazionale (comprendente oltre all'Italia anche Emirati Arabi, Austria, Belgio, Repubblica Ceca, Francia, Germania, Ungheria, Kazakhistan, Repubblica di Corea, Mongolia, Marocco, Pakistan, Portogallo, Qatar Arabia saudita, Spagna, Repubblica Araba Siriana).
鷹狩、生きた人類の遺産 (イタリア、アラブ首長国連邦、オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、カザフスタン、大韓民国、モンゴル、モロッコ、パキスタン、ポルトガル、カタール、サウジアラビア、スペイン、シリア) 


Nata come metodo per procurare il cibo, la pratica della falconeria si è evoluta rafforzando il suo aspetto legato alla conservazione della natura, al patrimonio culturale e all’impegno sociale all’interno delle comunità.

食べ物を手に入れる方法として生まれ、鷹狩は自然保護に結びついた面を強めながら、文化遺産へとそしてコミュニティすべての社会的責任へと発展しました。

La pratica esiste in molti paesi nel mondo e può variare per alcuni aspetti, quali il tipo di equipaggiamento utilizzato, ma i metodi rimangono simili. I falconieri si ritengono un gruppo legato al passato, soprattutto nei paesi in cui la pratica della falconeria rappresenta uno dei pochi legami con l’ambiente naturale e con la cultura tradizionale.

この実践は世界の多くの国にあり、いくつかの面に多様化しています。あるものは使われた装備のタイプであり、しかしながら方法は同じままです。鷹匠は過去に結びついたグループにとどまっています、とりわけ鷹狩の実践が自然環境と伝統文化との数少ないきずなのひとつを表している国においては特に。

La conoscenza e le competenze vengono tramandate tra generazioni all’interno delle famiglie attraverso un mentore ufficiale ed esercitazioni in club o scuole. In alcuni paesi per divenire falconiere è necessario superare un esame nazionale. I festival e gli incontri organizzati dai falconieri danno alle comunità l’opportunità rafforzare la condivisione e promuovere la diversità.

知識と能力は公式の指導者とクラブや学校での訓練を通して家族の中で世代を継いで受け継がれてゆきます。いくつかの国では鷹匠になるためには国家試験に合格することが必要です。祭りや鷹匠の組織した会合は、コミュニティに共有を強め、多様性を推進する機会を与えてくれるのです。

La falconeria è stata riconosciuta patrimonio vivente dell’umanità nel 2016 e iscritta nella Lista del Patrimonio Immateriale come elemento transnazionale dei seguenti paesi: Emirati Arabi, Austria, Belgio, Repubblica Ceca, Francia, Germania, Ungheria, Italia, Kazakhistan, Repubblica di Corea, Mongolia, Marocco, Pakistan, Portogallo, Qatar、 Arabia Saudita, Spagna, Repubblica Araba Siruana. 

鷹狩は2016年に生きた世界遺産として認められて、以下の国々の国境を超えた要素として無形文化遺産のリストに登録されました: アラブ首長国連邦、オーストリア、ベルギー、チェコ共和国、フランス、ドイツ、ハンガリー、イタリア、カザフスタン、韓国、モンゴル、モロッコ、パキスタン、ポルトガル、カタール、サウジアラビア、スペイン、シリアアラブ共和国。

詳しくは こちら ← 音が出ます

鷹などの鳥を使った狩猟の一種


8.  2017 L'Arte del "pizzaiuolo" napoletano ナポリピッツァの職人技


”L’Arte tradizionale del pizzaiuolo napoletano” è stata riconoscita come parte del patrimonio culturale dell’umanità, trasmesso di generazione in generazione e continuamente ricreato, in grado di fornire alla comunità un senso di identità e continuità e di promuovere il rispetto per la diversità culturale e la creatività umana, secondo i criteri previsti dalla Convenzione Unesco del 2003.

“ナポリピッツァの職人芸”は、世代を超えて受け継がれ、継続して再び作られる無形遺産の一部として認められました。コミュニティにアイデンティティの意味と文化の多様性を提示し、人間の創造性に対する尊敬を促進することができるものであり、2003年のユネスコ条約に予見された基準に基づいています。

Si tratta di una pratica culinaria che comprende varie fasi, tra le quali la preparazione dell'impasto, un movimento rotatorio fatto dal pizzaiolo e la cottura nel forno a legna.

様々な段階を含む料理法の実践のことであり、その中にはピッツァ生地作りや、ピザ職人の回転する動きや、薪窯での焼きも含まれます。

L'Arte è nata a Napoli, dove vivono e lavorano circa 3000 pizzaiuoli, suddivisi in tre categorie in base al'esperienza e alle capacità. Ogni anno l'Accademia dei Pizzaiuoli Napoletani organizza corsi sulla storia, gli strumenti e la tecnica del'arte con lo scopo di assicurarne la sopravvivenza, ma gli apprendisti possono fare pratica anche nelle loro case, dove l'arte è ampiamente diffusa.

この芸術は3000人のピザ職人が住んで働くナポリで生まれました。経験そして能力に基づく3つのカテゴリーに分かれています。毎年ナポリピザ職人アカデミーが歴史、道具、芸術のテクニックのコースをオーガナイズします。それらが生き残ることを保障する目的ですが、しかしながら実習生たちは、この芸術が広く普及した彼らの家でも練習することができます。

Il riconoscimento dell'UNESCO porta la pizza, cibo tra i più amati e consumati al mondo, nell’Olimpo della cucina nazionale e internazionale e identifica l'arte del pizzaiolo napoletano come espressione di una cultura che si manifesta in modo unico, perché la manualità del pizzaiolo non ha eguali e fa sì che questa produzione alimentare possa essere percepita come marchio di italianità nel mondo.

ユネスコの承認は、世界で最も愛され食べられている食べ物のひとつであるピザを、国のそして国際的な料理のオリュンポスの山に持って行き、そしてナポリピッツァの芸術を、唯一の方法でもって現れる文化の表現として認めたのです。なぜならピザ職人の手先の器用さは一つとして同じものはなく、まったくもってこの食料の生産が世界でのイタリア性(italianità)のブランドとして認めることができるのです。

“L’Arte tradizionale del pizzaiuolo napoletano” rappresenta l’ottavo riconoscimento italiano nella lista del Patrimonio Immateriale dell’UNESCO ed è la terza iscrizione nazionale nell’ambito della tradizione enogastronomica, (dopo la “Dieta Mediterranea”, bene transnazionale iscritto nel 2013, e “La vite ad alberello di Pantelleria” iscritta nel 2014).

ナポリのピザ職人の伝統芸術」は、ユネスコの無形文化遺産のリストでイタリアの8件めの承認となり、エノガストロノミーの伝統の領域においては3つめの国の登録となります(2013年に登録された国境を超えた遺産「地中海食」そして2014年に登録された「パンテッレリーア村のヴィーテ・アド・アルベレッロ(仕立てられたブドウの株)」に引き続き)。

詳しくは こちら ← 音が出ます

ピザ職人(pizzaiolo)たちの技 空気を混ぜ込むため空中に生地を回し投げながらピザを作る技は
ナポリで何世代にも渡って受け継がれ 歌や物語をも含めた由緒ある儀式のような姿となりました
ナポリの若者たちがピザ職人の職を得て失業率を減らすことにも役立っているそうです



その3に つづく

*  日伊協会のレッスンでは 5.のお祭り(4つ)のレッスンを なんと2回にわけてやってくださいます💕 

* 写真は 5.のNolaの祭りです


イタリア語ランキング


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント

イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その1(シチリアの人形劇・テノール風の歌の口承伝承・クレモナの伝統的なバイオリンの製作技術・地中海食)2020年9月現在

2020年09月12日 | イタリア旅行・世界遺産
イタリアの無形文化遺産12件についてまたまた調べました-その1(シチリアの人形劇・テノール風の歌の口承伝承・クレモナの伝統的なバイオリンの製作技術・地中海食 )2020年9月現在



イタリアの無形文化遺産についての記事(2018年7月現在8件)を 2018年夏に「第2回イタリアの世界遺産入門講座 シチリア編」を開催した時に書いたのですが...

通っていた語学学校でこの秋から新しく イタリアの無形文化遺産のレッスンをやるというので おおっこれは💕 と 思わず吸い寄せられるように体験レッスンを申し込んでしまったのです(笑) 

世界遺産検定1級も取ったし(かなり忘れたけど!) ローマ歴史講座も取ってるし でも嬉しくてあらためて新規物件も含めて再度 イタリアの無形文化遺産を調べなおしました:

イタリアの無形文化遺産(2018年7月現在8件)」については こちら

今2020年9月現在 イタリアの無形文化遺産(i patrimoni orali e immateriali dell'umanità/Italia) は 12件 あります

無形文化遺産とは:

1998年にユネスコで採択された「人類の口承及び無形遺産の傑作の宣言」により 
伝統的な舞踏 祭礼など 形をともなわない「生きた文化」も保護することになり
「人類の口承 及び無形遺産の傑作」の選出が2001年から始まりました

そして 2003年に「無形文化遺産保護条約(La Convenzione per salvaguardia del patrimonio culturale Immateriale)」がユネスコで採択され 2006年に発効 
ユネスコ内に設置された無形文化遺産保護に関する政府間委員会によって 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」(La Lista Rappresentativa del Patrimonio Culturale immateriale/Representative List of the Intangible Cultural Heritage of Humanity)が作成され 2009年より登録開始となりました:



1. Opera dei Pupi siciliani; teatro delle marionette siciliano (Sicilia)(2008) シチリアの人形劇 

 
Il teatro di marionette conosciuto come Opera dei Pupi(操り人形) è nato in Sicilia all’inizio del 19° secolo ed ha sin dall’inizio avuto un grande successo tra le classi lavoratrici. Le storie raccontate, i cui dialoghi sono quasi sempre improvvisati dai burattinai, si basano soprattutto sulla letteratura cavalleresca medievale, sui poemi italiani del Rinascimento, sulle vite dei santi e sui racconti di banditi.


操り人形の名で知られる人形劇は 19世紀にシチリアで始まり、労働者階級の中で当初から大きな成功を収めました。語られている物語は、せりふがほとんど常に手遣い人形師たちが即興的に作ったもので、とりわけ彼らの中世の騎士道文学に、ルネッサンスのイタリアの詩に、聖人たちの人生に、そして盗賊たちの物語に基づいています。

Le principali scuole di pupi siciliani sono quelle di Palermo e Catania, spesso condotte a livello familiare e i cui burattini vengono costruiti e dipinti con metodi tradizionali.


シチリアの操り人形の主な流派は パレルモそしてカターニャです、しばしば家族たちによって担われており、そして手遣い人形たちは伝統的な手法でもって作られ、描かれます。

*burattinoは ピノッキオのような木の人形のことですね♪

In passato le rappresentazioni hanno molto influenzato il pubblico e hanno fornito occasione di rivendicazioni sociali. Il boom economico degli anni ’50, che ha offerto occasioni di lavoro meglio retribuite, e il turismo degli anni più recenti hanno contribuito all’indebolimento di questa tradizione teatrale, originariamente destinata ad un pubblico locale.

昔は 上演は大衆に大きな影響を与え、社会的な要求のチャンスを与えました。50年代の経済ブームはよりよい仕事のチャンスを与え、また最近のツーリズムはこの伝統的な劇場を衰退させていったのです、もともとはその地方の大衆に向けられたものだったからです。

詳しくは こちら ← 人形劇の音が出ます





2. 2008 Il Canto a tenore della cultura pastorale sarda; テノール風の歌の口承伝承:サルデーニャ牧羊文化の無形遺産としての表現
 


Il canto a tenore, che si è sviluppato nell’ambito della cultura pastorale della Sardegna, è una forma di canto polifonico eseguito da un gruppo di quattro uomini usando quattro diverse voci chiamate bassu, contra,boche e mesu boche.


テノール風の歌は、サルデーニャの牧羊文化の環境で発展してゆきましたが、4人の男たちのグループによって歌われる ポリフォニー(多声合唱)の独特な一形式です、bassu、contra、bocheそして mesu bocheの4種類の様々な声を使いながらの。


E’ caratterizzato dal timbro profondo e gutturale del bassu e delle controvoci ed è eseguito in piedi in circolo. I solisti cantano un pezzo di prosa o poesia, che può anche appartenere a forme di espressioni culturali contemporanee, mentre le altre voci fanno un coro di accompagnamento.


奥深い響きと bassuとcontrovoceの喉の音によって特徴づけられ、輪になって立ったまま演奏されます。他の(3つの)声が伴奏のコーラスとなっている一方で、ソリストたちは散文や詩の一篇を歌い、それは現代文化的印象の形のひとつとなっています。

La maggior parte dei praticanti di questo canto vivono nella Barbagia e nella Sardegna centrale e si esibiscono spontaneamente nei bar chiamati “su zilleri” ma anche in occasioni formali e cerimonie e durante il carnevale barbaricino. Il canto a tenore è vulnerabile ai cambiamenti socio-economici come il declino della cultura pastorale e l’aumento del turismo, che rischia di rovinare la diversità dei repertori e il modo originario in cui veniva eseguito il canto.


この歌の徒弟たちの大部分はバルバージャ(Barbagia)と中央サルデーニャに住んでいて、”su zilleri”というバールで自発的に演じていますが、バルバージャ地方のカーニバルの間の公式な機会やセレモニーでも演じています。
このテノール風の歌は、羊飼い文化の衰退やツーリズムの増加などの社会経済の変化で傷つきやすく、レパートリーの多様性や、歌が歌われていたオリジナルの方法を損なう危険があるのです。

詳しくは こちら  ← テノールの声が聞こえます

サルデーニャ地方の田園文化の中で生まれたテノール風の歌 
異なる声を使った男性4人のグループによる 喉音を使ったポリフォニー(多声合唱)の独特な一形式です





3. 2012 Artigianato tradizionale del violino a Cremona (Saper fare liutario di Cremona);  クレモナの伝統的なバイオリンの製作技術
 


L’artigianato cremonese è rinomato per la costruzione e il restauro di violini, viole, violoncelli e contrabbassi.

クレモナの職人芸はヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオロンチェロそしてコントラバスの制作そして修復のため名高いです。

Gli artigiani frequentano una scuola specializzata, basata su uno stretto rapporto insegnante-studente, prima di fare apprendistato in una bottega, dove continuano a perfezionare la tecnica.


職人たちは、師匠と弟子の密接な関係に基づいた特殊や学校に通います。技術を完成させる工房での見習い期間(apprendistato)をする前にです。

Ogni artigiano costruisce da tre a sei strumenti l’anno, plasmando e assemblando a mano più di 70 pezzi di legno intorno ad uno stampo, secondo le diverse risposte acustiche di ogni singolo pezzo.

それぞれの職人たちは年に3から6つの楽器を制作します。70以上の木片を造形したり集めながら、それぞれひとつひとつの木片のことなる音の反応に従って。

Non esistono due violini identici e ogni parte dello strumento è fatta in uno specifico legno, attentamente selezionato e stagionato naturalmente. Non viene usato nessun materiale semi-industriale o industriale.

ふたつと同じヴァイオリンは存在せず、楽器のどのパーツも特別な木で造られています。注意深く選ばれて自然に熟成させた木の。半工業的あるいは工業的ないかなる材料も使われておりません。

Questo artigianato richiede un elevato livello di creatività ed i liutai cremonesi sono profondamente convinti che condividere il loro sapere sia fondamentale per la crescita del loro artigianato, come il dialogo con i musicisti è essenziale per comprendere le loro esigenze. Il “Consorzio Liutai Antonio Stradivari” e l’”Associazione Liutaria Italiana” sono considerati fondamentali per l’identità di Cremona e dei suoi cittadini.

この職人芸は 創造性の高いレベルを必要とし、クレモナの弦楽器製作者たちは心底確信しているのです、彼らの知識を共有することは彼らの職人芸の成長のための基本であることを。
たとえば音楽家たちとの対話が彼らの要求を理解するために必須であることなど。「アントニオ・ストラディバリ弦楽器製作者組合」そして「イタリア弦楽器製作者協会」はクレモナそしてその市民たちのアイデンティティのために欠かせないものであると考えられているのです。

くわしくは  こちら  ← ヴァイオリンの音が聞こえます

クレモナはヴァイオリン等の弦楽器製作の聖地で 街中に工房が点在する芸術都市です (「耳をすませば」の主人公もヴァイオリン制作で留学した街)



4. 2013 Dieta mediterranea, elemento “transnazionale” (comprendente oltre all’Italia anche Cipro, Croazia, Grecia, Marocco, Spagna e Portogallo);
地中海食 (イタリア、キプロス、クロアチア、スペイン、ギリシャ、モロッコ、ポルトガル)



La dieta mediterranea comprende una serie di competenze, conoscenze, rituali, simboli e tradizioni concernenti la coltivazione, la raccolta, la pesca, l’allevamento, la conservazione, la cucina e soprattutto la condivisione e consumo di cibo.

地中海食は 能力、知識、儀式、象徴そして 栽培、収穫、漁、牧畜、保存、料理そしてなんといっても食物の共有と消費に関連する伝統のひと続きから成っています。

Mangiare insieme è la base dell’identità culturale e della continuità delle comunità nel bacino Mediterraneo. La dieta mediterranea enfatizza i valori dell’ospitalità, del vicinato, del dialogo interculturale e della creatività e rappresenta un modo di vivere guidato dal rispetto della diversità.

共に食べることは地中海沿岸地域の文化のアイデンティティとコミュニティの持続性の基本なのです。地中海食はホスピタリティの、近所(つきあい)の、相互文化の対話の、そして創造性の価値を強調し、そして多様性を尊重するようにして生きる生き方を表しています。

Essa svolge un ruolo vitale in spazi culturali, festival e celebrazioni riunendo persone di tutte le età e classi sociali; include l’artigianato e la produzione di contenitori per il trasporto, la conservazione e il consumo di cibo, compresi piatti di ceramica e vetro. Le donne giocano un ruolo fondamentale nella trasmissione delle conoscenze della dieta mediterranea.

それはさまざまな年代や社会階層の人々が集まりながら文化的空間や祭りや祝いごとにおいて、生命に必要な役割を担っているのです。手仕事や、食物の保存や消費、運搬のための容器の制作も含めて、セラミックやガラスの皿も含めての。女性たちは地中海食の知識の伝搬において基本的な役割を演じます。

La dieta mediterranea è un bene immateriale transnazionale dei seguenti paesi: Cipro, Croazia, Spagna, Grecia, Italia, Marocco e Portogallo.

地中海食は以下の国々の国境を超えた財産なのです: キプロス、クロアチア、スペイン、ギリシャ、イタリア、モロッコそしてポルトガルの。

詳しくは こちら 

地中海食とはイタリア料理、スペイン料理、ギリシア料理など 地中海沿岸諸国の食習慣で あくまでも地中海沿岸諸国の伝統的な食事のことで 料理ではない 記憶力や健康に対する良好な研究結果が繰り返し報告されています


(公財)日伊協会の2020年秋学期から新しく「中級]イタリアの世界遺産ー口承文化と無形文化財編(中級)」が始まります♪
体験レッスン(10/15)は こちら (zoom/1,000円)

今から楽しみ💕


* 写真は 1. のOpera dei Pupi sicilianiです 

イタリアの無形文化遺産のユネスコのサイトは こちら (イタリア語)

その2に つづく

イタリア語ランキング


にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村

コメント

「イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ」特別上映版のお知らせ (2020.10.2~)@Bunkamuraル・シネマ

2020年09月09日 | イタリア映画・映画
「イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ」特別上映版のお知らせ(2020.10.2~)@Bunkamuraル・シネマ



圧巻の歌唱力と、美しいハーモニー 世界が熱狂する新世代の3テナーズ!

圧倒的な歌唱力と美しいハーモニーで “3大テノール”の後継者と称され 日本でも爆発的な人気の
イタリアの若き男性ヴォーカル・トリオ《イル・ヴォーロ

世界中のアリーナやスタジアムを満杯にしている彼らが デビュー10周年を記念して
洞窟住居群と岩窟教会が織りなす幻想的な景観で知られる 南イタリアの世界遺産マテーラで行った
特別な野外コンサートをスクリーン上映!

演奏曲は“限りなき世界”や “グランデ・アモーレ”といったヒット曲から オペラのアリア 
ポップスの名曲まで 10代半ばから10年間の活動を網羅した彼らのベストといえる全22曲

世界遺産マテーラの幻想的な夜景と イル・ヴォーロの美しい歌声が調和した特別な夕べを
スクリーンで楽しめる

イル・ヴォーロ~世界遺産マテーラ・ライブ』(特別上映版)

2020年10月2日(金)~上映予定
【料金】当日3,000円均一/前売2,500円(各税込)

* 私は22曲中やはりなんといってもラストの 『誰も寝てはならぬ』(トゥーランドットより)が好きですね💕


Bunkamuraル・シネマは こちら

映画は こちら
 


全般ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

伊勢丹イタリア展のお知らせ(2020.9.11~23)@伊勢丹新宿店&オンラインストア

2020年09月07日 | イタリア料理・イタリアン食材
伊勢丹イタリア展のお知らせ(2020.9.11~23)@伊勢丹新宿店&オンラインストア



2020年の『イタリア展』は「日本のイタリアン」特集


■会場:「伊勢丹新宿店」本館6階 催物場、三越伊勢丹オンラインストア

■会期:【PART 01】【PART 02】
【PART 01】9月11日(金)~14日(月)最終日18時まで
【PART 02】9月16日(水)~23日(水)最終日18時まで
※三越伊勢丹オンラインストアは8月26日(水)よりスタート。


伊勢丹新宿店」本館6階にて開催される『イタリア展』、今回は「日本のイタリアン」にスポットを当て、新宿御苑前に店を構えるイタリアンバールで人気のラザニアや 日本のイタリアンの巨匠のコラボレーションメニューが展開。

また、イタリア産のワインやホワイトバルサミコ酢、オリーブオイルやトマトソースなど 商品ラインナップを多彩に取り揃えています。

日本が誇るイタリアンの巨匠がコラボレーション

世界が認めた気鋭シェフの感動パスタ

ドルチェと楽しむティータイム

イタリア展の食材で料理上手に

食卓の人気者、おつまみ&オードブル

オンライン販売 ワインは会場で試飲、自宅へ届く ※ご試飲は有料となります。

オンライン販売  おうち時間を豊かにする インテリア&テーブルウェア

オンライン販売  イタリアの洗練を、装いにプラスして 等...

オンラインストアは こちら

* オンラインストアもあるので便利ですね♪ 

伊勢丹イタリア展は こちら



イタリア料理ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
コメント

「Weanarisch is leiwand!? (Wienerisch ist toll!?)ウィーン方言てカッコいい!?」を受けました(2020.8.8,8.15)@(公財)日独協会

2020年09月05日 | ドイツ語・独検
「Weanarisch is leiwand!? (Wienerisch ist toll!?)ウィーン方言てカッコいい!?」を受けました(2020.8.8,8.15)@(公財)日独協会


ウィーンのセミナー「ドイツ語圏文化セミナー143  Spaziergang durch Wien~バーチャル散歩 地元っ子と歩くウィーン~にzoomで参加しました(2020.8.2)@(公財)日独協会 」に引き続き
 山田ダニエル 先生の「ウィーン方言てカッコいい?」という夏期講座2回レッスンをzoomで受けました:


12名満席です! 今年は例年とは違って このウィーンのセミナーとウィーンの方言の2回レッスンしかとってなくて しかもzoom... いつものようにドイツ語がすらすら出てこないのは 
リスニングだけでまったくしゃべってないからかも?!

それでも若い方たちに交じって日独協会歴30年以上(!)の私が ウィーンには新婚旅行で行ったきりの私が参加させていただきましたが
直前にこの先生のウィーンのセミナーを受けて知識を再確認してあったので なんとか答えられましたが...ひやひやものでした(笑)
でも 素朴なウィーンのドイツ語を音読していてとても楽しかったです💕 

      *       *       *

ドナウ川(die Donau)は ヴォルガ川に次いでヨーロッパ2番目に長い大河です
 (1番目じゃないのよ!) シュヴァルツヴァルトから10ヶ国を通って黒海に注ぎます
舞踏会は Ball ワルツは Walzer  ホイリゲ(ワイン酒場)は Heuriger 等...

ウイーンの印象などを一人ひとりずつ話したあと まずは ウイーンのドイツ語の歴史から入りました
Wienerisch(ウィーン方言)は ケルト語 バイエルン語 ジプシーやロマの言葉 
イディッシュ語などの混ざり合ったもので ウィーンで話されている日常語であり 変化に富んでいて定義づけは難しいそうです
また オーストリアは他民族国家(Vielvolkerstaats)ですね

タイトルにもあるleiwandは オーストリアドイツ語で "super, toll, großartig"を意味します

さて次は単語クイズです♪
-erlは 縮小辞 (標準ドイツ語では-chenなど) たとえばSackerl は Tüte(紙袋)です
Sackは 袋 小さいのがSackerl 紙袋 となるのですね

Melanzani は Aubergine (なす)です ← イタリア語でもなすはmelanzaneですぐにわかった(#^.^#)
Palatscinken は Pfankuchen(パンケーキ) Crepes(クレープ)のことです 

オーストリアドイツ語については こちら  ← Erdapfelは Kartoffel(じゃがいも)のことです!

次は あいさつ(Grüßworte)です:

一番有名なのが Servas!で こんにちは さようなら どちらでも使います ラテン語からきていますね

Grüß Gott!, Griassi Got! は おはよう こんにちは こんばんは等です
Tschau! は Tschüs! (バイバイ、じゃあね)で イタリア語のCiao! のように使います

次は 数字です:

2 は zwoa (Zwei)   4は via (Vier)など 発音が素朴な感じですね~(#^.^#)
80は ochzg (Achtzig) 90は neinzg (Neunzig) と 母音が省略されていますね (チェコ語やポーランド語みたいね)

とてもエモーショナルな表現を使い たとえば話しかける時は Oida (男) Oide (女)をつけるのですって
例: Des is mei Oide. これは私の妻です

あとは...
woascht! は Das ist egal (どうでもいいや)
Ah geh! はWirklich?(本当?)
Oag! は schlimm! (ひどい)
A Wohnsinn! は ein Wahnsinn! (馬鹿げてる!)   ← a は不定冠詞で einでも eine einer でも同じで 変化しないので楽ですね💕
Jo mei...! は Das kann man nichts machen! (仕方がない、どうしようもない) 
これは シチュエーションの中で使いながら覚えてゆくのがいいですね!!

そして 飲料の単位や ウィーンならではの職業 (Fiaker は 観光馬車の御者)
カフェハウスのコーヒーの種類 (ウィーンのカフェに入って「Kaffe!」とだけ言ってはダメなのですね~) ウイーンでのおすすめのカフェハウス等について教えていただきました

そしていよいよ 会話練習:

ウイーンのカフェでの注文 道で友人に会った時のあいさつなど 2人ずつ組んで音読しながら だんだんとウイーンの方言に慣れてゆきました 
発音が Mehl は Möö とか  i  waas は ich weißと なんとはなしに素朴で... イタリア語ではナポリ方言もこんな感じだったかな??

最後の歌"Wien, du Stadt meiner Träume"(Fritz Wunderich)は懐かしかった💕 ウイーンの思い出や 元旦のニューイヤーコンサートのことが蘇ってきました...

    *      *      *  

2回目(2020.8.15)は引き続き 会話練習を2名一組になって何度もやりました!  だんだんと慣れてきてウィーンっ子らしく話せます(^.^)
Naschmarktの野菜などの名前や 買い物の会話練習 ヴィ―ナーシュニッツェルその他のウィーン名物料理の特徴
道の尋ね方 そしてウィーン中央墓地(Zentralfriedhof)への行き方の会話練習 
ここにはヴェートーベンやシューベルトその他有名な人たちが眠っています

ウィーンの伝統料理は...

Wienerschnitzel 仔牛の肉を薄く叩いて揚げて 甘いコケモモジャム(Preiselbeermarmelade)をつけて!

Griesnockerlsuppe

Kummelbraten mit Serviettenknödel

Tafelspitz

Krautfleckerl   ヌードルとキャベツです

Marillenknödel  あんずのクヌーデル(団子)


ホイリゲ(Heuriger)は今年のワインが飲める酒場(Weinlokal) Heuerは「今年の」という意味です
そして そんなホイリゲで流れるSchrammelmusikもご紹介いただきました 
ウィーンならではの物悲しくセンチメンタルな そして心地よい音楽を 別れの言葉"Servus"を使った歌をご紹介いただき
名残惜しくも終了となりました💕
Hans Moserの"Die Reblaus"  そして "Sagazum Abschied leise Servus!"を聴きながら...


昨年のセミナー「オーストリアのセミナー「Alles leiwand in Österreich」に参加してきました(2019.8.14)@(公財)日独協会」は こちら

レッスンの紹介:

オーストリアではドイツ語が話されていますが、単語や言い回し、響きなど、標準語とされる高地ドイツ語(Hochdeutsch)とはかなり異なります。
特に首都ウィーンでウィーンっ子が話すヴィーナリッシュ(Wienerisch/ウィーン方言)は独特です。
ドイツ語を勉強しているしと自信満々でウィーンに旅行に行って、何を言っているのか分からない!と衝撃を受けた方もいるのでは?
でも、せっかくウィーンに行くなら、現地の言葉で挨拶したり、マルクト(市場)でお買い物したり、カフェやレストランで名物を注文してみたいですよね。

この講座では、ウィーン生まれの研修生ダニエルさんが、ヴィーナリッシュについて、その歴史やルールを紹介します。
また、単語クイズで標準ドイツ語との違いに驚いたり、シュランメル(Schlammel)と呼ばれるオーストリアの民族音楽を聞いたり、
実際に簡単な会話の練習をしてみましょう。

Weanarisch is leiwand!? (Wienerisch ist toll!?)ウィーン方言てカッコいい!?」のレッスンは こちら

とても興味深いレッスンをしてくださった(公財)日独協会様に 心よりお礼申し上げます

* 写真は Fiaker (フィアカー/観光馬車)

追伸: 今日2020年9月5日(土)に ダンテ・アリギエーリ没後700年記念行事があるそうです
ライブ配信(深夜3時~)もあります 13日にもあります
詳しくは こちら




ドイツ語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へにほんブログ村

コメント

パヴァロッティ 太陽のテノール(原題:Pavarotti)が公開されます(2020.9.4~)@文化村ル・シネマ

2020年09月03日 | イタリア映画・映画
パヴァロッティ 太陽のテノール(原題:Pavarotti)が公開されます(2020.9.4~)@文化村ル・シネマ



世界一有名なオペラ歌手ルチアーノ・パヴァロッティ 
太陽のテノール、その輝きの源とは何か?
貴重な初公開映像 家族や錚々たる音楽家たちへのインタビューで綴る至福のドキュメンタリーが
コロナ禍による公開延期を乗り越え 遂に上映となります 

最先端の音響技術より蘇る 人類史上最高の歌声と奇跡の〈ハイC
中でも ホセ・カレーラス プラシド・ドミンゴと結成した“3大テノール”の圧巻のステージは感涙必至です
映画館サウンドでお楽しみください

世界最高音響技術で甦る世紀の歌声! 
3大テノール 3人の最愛の女性 仲間たちが明かす巨匠の素顔とは―
幸せを贈るドキュメンタリー


聞けば誰もが虜になる歌声を持つルチアーノ・パヴァロッティの 初ドキュメンタリー映画が完成した
『ラ・ボエーム』『トスカ』などの絶頂期のパフォーマンスや 『トゥーランドット』の「誰も寝てはならぬ」をはじめとする名曲を 3大テノールで競演した伝説のステージ 
故ダイアナ妃との交流や ボランティアなどの幅広い活動 家族とのプライベートライフなど
貴重な映像から伝わるのは 歌唱力より高い人間力 

さらに新たに撮られた23人のインタビュー映像では 
U2のボノが パヴァロッティのアーティストとしての信念を証言し
マネージャーやエージェントがショービジネスの裏側を明かし
前妻 最後の妻 3人の娘たち そして愛人は 欠点が同時に魅力だった素顔を告白
生きることのすべてを全力で愛した男の輝かしい日々が浮き彫りにされる

これだけの言葉を引き出したのは アカデミー賞に輝く巨匠ロン・ハワード監督
ハイCと呼ばれる高音を軽々と出す 並外れた音域と力強く芳醇な声量による〈人類史上最高の歌声〉を アカデミー賞録音技師を迎え 最新音響技術でスクリーンに甦らせた


映画「パヴァロッティ 太陽のテノール」は こちら

文化村ル・シネマは こちら 


全般ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

「イタリアの魅力を発見 - ブルボン王朝の街カゼルタ 」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その4 カロリーナの水道橋&サンレウチョの邸宅群

2020年08月30日 | イタリア旅行・世界遺産
「イタリアの魅力を発見 - 歴史、文化、芸術を巡る旅 ブルボン王朝の街カゼルタ (カンパニア州)」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その4 カロリーナの水道橋(L'Acquedotto Carolina)&サンレウチョの邸宅群(Compresso di San Leucio)



その3 カゼルタ王宮の庭園につづき その4は カゼルタ南東にある カロリーナの水道橋(L'Acquedotto Carolino) サンレウチョの邸宅群(Complesso di San Leucio)です

ヴァンビテッリの水道橋 ともいわれます
カゼルタ郊外のマッダローニにある18世紀の水道橋で カゼルタ宮殿とサン・レウチョの邸宅群に水を供給するために建設されました

1753年に工事が始まり ルイジ・ヴァンビテッリ(Luigi Vanvitelli)の死後 息子のカルロ・ヴァンビテッリ(Carlo Wanvitelli)が引き継ぎ 1770年に完成させました 
王宮だけでなく 人民に水を豊富に供給するために作られたものです
長さは38km 大部分は地下に建設されています

ベネベント州のBuccianoから来ており ヨーロッパ最長のPonti della Valleの高架橋(viadotto)を横切る マッダローニの丘(la Valle di Maddaloni)に続く水道橋の 529mの区間が世界遺産になっています

3階建ての水道橋で 傾斜(pendenza)は 1mあたりわずか1,33mmで精巧ですね
最も高いところでは、55.8メートルの高さがあります

*    *    * 

最後は サンレウチョの邸宅群(Complesso di San Leucio)です

女性の権利と 社会主義が生まれたところです (Dove nacquero il diritto delle donne ed il socialismo) 

もともとはブルボン家が狩りや気晴らしに使っていた邸宅でしたが フェルディナンド王の長男Carlo Titoが 3才で天然痘(vaiolo)で亡くなったという悲劇から 王はここにいたくないと思うようになりましたが 
同時に ここで働く人たちのためにと絹工場 la Real Colonia Serica di San Leucioを作りました フェルディナンド王の像もありますね 
 
絹工場の他にも 養蚕・製糸・織物工場 労働者のための住居などを増築しました
1789年 フェルディナンドによって建設が本格化し さらに拡張され 南イタリアにおける一大絹工場としての産業都市化が
計画されたのですが フランス革命軍の侵攻によって中断されました

撚糸機(torcitoio)に動力を与えるのは水力で カロリーナの水道橋から運ばれてくる水を使います
長くてとても柔らかい絹糸を 切らずに巻き付けるには 絹糸自身で巻き付けるようにしなければなりませんでした
織機(i telai)で様々な繊維を織ってゆきます 今も稼働しているのですね
(日本の富岡製糸場も世界遺産/産業遺産ですが 今はもう稼働していません)

 ← 撚糸機 torcitoio

王はそして フェルディナンドポリ(Ferdinandopoli)という  様々なインフラを備えた近代的な街を作ろうとしたそうです
憲法(statuto)まで作成し 自由 平等 社会正義が謳われたそうです 
労働者たち(gli operai)は経済的にも 社会保障面(la previdenza sociale)でも 手厚くされておりました💕
若い夫婦には家が無料で贈られ 馬車にひかれることのない安全な道で子供をあそばせることができたのだそうです...


さて 世界遺産には「産業遺産」というくくりがあります 
イタリアには「クレスピ・ダッダの企業都市」がありますが これは
資本家クレスピが より人間的な労働環境の実現を目指して作った紡績工場の企業都市 労働者の理想郷でした

他にも イギリスのニュー・ラナークの綿紡績工場は 人道主義者のロバート・オーウェンが理想的な産業コミュニティを創り
同じく英国のソルテアも パターナリズム(父子主義)のソルト卿が作った 労働者に優しい絹織物工場集落です
日本の富岡製糸場(群馬県)も産業遺産で 女工たちはとてもよい条件で働いていたのですよね~

最後にこの製糸場などのビデオを見て セミナーは終了となりました 

カゼルタの観光サイトは こちら 

世界遺産オンライン「カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群」は こちら

セミナー「イタリアの魅力を発見 - 歴史、文化、芸術を巡る旅 ALLA SCOPERTA DELLE MERAVIGLIE D'ITALIA
ブルボン王朝の街カゼルタ (カンパニア州)
」の素晴らしいセミナーを開催してくださいましたリンガビーバ・イタリア語教室様に心よりお礼申し上げます

2015年の旅行ではここまで理解しておらず 今回セミナーを受けてようやく詳細を理解できて 本当に嬉しいです💕
特に世界遺産としての面も (とりわけサン・レウチョは)自分なりに掘り下げることができて カゼルタのサイトもくまなく読んで 情熱をもって書きました💕  
やっぱり 行ったところは違いますね~ カゼルタの友人にもあらためて大感謝!(^^)!


 
イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

ボローニャ国際絵本原画展に行ってきました(2020.8.27)@板橋区立美術館

2020年08月27日 | イタリアの美術館・博物館
ボローニャ国際絵本原画展に行ってきました(2020.8.27)@板橋区立美術館


8月22日の初日は 私はボローニャブックフェアの初日にまず行きましたので 日を改めて行ってきました板美の「2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」!! 


今年は2020年の入選作家75組の作品(計375点)に加えて 図録表紙原画1点 特別展示『「視る」を越えて(oltre la vista)』から木製レリーフ22点
そして イタリアのさわる絵本18点を展示してありました

入選作家作品は 今年のボローニャ・チルドレンズ・ブックフェアがコロナで中止となったため 板橋区立美術館での展示が世界初公開となったのですね エレナ・パゾーリさんの日本へのメッセージを事前に見ていたので感無量でした

また特別展示『「視る」を越えて(oltre la vista)』は 特に興味深く イタリアで行われている2つの試みが紹介されていました:

1つめは 触って「視る」ボローニャ展と題して 木製パネルの触察図を制作しました

このレリーフは今年度の入選作品5作品をモチーフにして作られ ローマ市立パラエキスポ美術館教育普及部による技術協力によって実現しました
本当に 展示されている原画の通りに彫ってあるのですね 触りたかったなぁ~( *´艸`) 

2つめは イタリア全国視覚障がい者教育機関連盟から出版されている「さわる絵本」の中から 選りすぐりの18冊が紹介されていました
「さわる絵本」は 見えない または見えにくい子どもたちが手にする本なのですが 実はすべての子どもたちが楽しめるものでもあります
なんとも立体的で こうして手で「読む」のだなぁと 様々な材料で作られた作品を見てきました

毎週木曜日と土曜日の14時から1時間程度 さわる絵本閲覧イベントが行われており 見たかったのですが 
涼しいうちにと思い午前中に行ってきましたので こちらは残念ながら入りませんでした...

そして特別展示として 板橋区立美術館のボローニャ展広報物イラストを手掛けてくださっているオオノマユミさんの原画も7点展示してありました
入ってすぐに マスクや2M(ソーシャルディスタンス)のイラストが!! あぁ~タイムリーだなぁと感じ入りました( ^)o(^ )

原画展示は毎年のようですが 中でも香港出身のイラストレーターの作品「未来を夢見て」が 今まさに香港で起きている政治的問題のワンシーンを扱っており 「二度と家には帰れない」との言葉に 深く心を動かされました

鉛筆画の 黒い部分は それこそ紙がよれて 穴があくんじゃないかと思うくらい塗られているのですね もう顔を近づけて その紙のよれ具合まで確認してしまいました( ;∀;) 
混合技法とか どんな風にして創るのか興味があります... オリジナリティーが大事ですよね いろんな国の作品を堪能しました♪


今年はコロナ対策のため 残念ながらカフェはありません... !!  売店はありました 
また いつもは講演会を行っている1階のホールには 今年は受賞絵本の展示と 審査ドキュメンタリー映像が流されていました こちらも喰い入るように見ました💛

審査って... 神聖なもので真剣勝負ですよね...  語学でも絵でも音楽でもなんでも... 選ぶ者の 対象に向き合う真摯さが試されるのですよね

さて その審査ドキュメンタリー映像の中の 心に残る言葉をピックアップしてみますね:

メッセージ性があるもの 私を感動させるパワーがあるものを選んだ
心に訴えてくるもの オリジナリティのあるものを選んだ
また なんと一次・二次審査で落としすぎてしまい 入選作品の数が足りなくなり(!) あとから 落とした作品の中から
再度選びなおしたというハプニングがあったそうです ← よくわかります~ 厳しすぎたのよね...

学生かどうかも プロの駆け出しもいるため最終段階で考慮したり 言葉なしで物語を語れるかも また コンセプトとよい絵であることを考慮した
そして アジアの価値観で表現したものを 日本人の審査員の方はよく見ていったそうです
未来につながる可能性のあるものを選んだのだそうです  (若さもまた可能性を見てくれるということですね)
1万枚以上の原画を審査することの大変さ...これは毎年この原画展で流される審査ドキュメンタリー映像を欠かさず見ていて よくわかります

世界で起きていることも大事だが まずは自分から出発すること  これも自分の若かった頃を思えば頷けますね
小さな世界の中であがいていましたからね...

帰りのバスを待っていたら のぼりがはためいていました: 「2年目です これからというところなのに...
あぁ~ほんとにそうだよな~(/_;) 去年のリニューアルオープンでは無料公開でたくさんの人たちが押し寄せたというのに...今年はすいていたしなぁ...(涙)

← 板美ののぼり

講演会やセミナーなどは すべてオンラインイベントとのことです

帰りにまたまた成増アートギャラリーの ボローニャブックフェアに立ち寄りました♬

 ← 今年のチケットも立体的ですね♪ 

ボローニャ国際絵本原画展は こちら (2020.8.22~9.27)


美術館・ギャラリーランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへにほんブログ村



コメント

第27回板橋国際絵本翻訳大賞のお知らせ(2020.10.31エントリー/11.30締切)@いたばし国際絵本翻訳大賞事務局

2020年08月24日 | イタリア語検定・スピーチコンテスト
第27回板橋国際絵本翻訳大賞のお知らせ(2020.10.31エントリー/11.30締切)@いたばし国際絵本翻訳大賞事務局


絵本のまち板橋では、外国の文化に触れ国際理解を育むために絵本の翻訳作品を募集します。
課題絵本は英語とイタリア語の絵本です。あなたの言葉で、海外絵本の魅力を表現してみませんか。

課題絵本
英語部門 書名:「Leaf」  作・絵:Sandra Dieckmann

動物たちの暮らす島に、見たこともない大きな白いけものが流れつきました。けものはどうくつに住みつき、ひたすら木の葉を集めています。動物たちは、この見知らぬけものに「Leaf」というあだ名をつけ、こわごわと遠巻きにしていたのだけれど…。


イタリア語部門 書名:「Oggi no domani sì」 作・絵:Lucia Scuderi

砂嵐に運ばれて、砂漠にダチョウがやってきました。砂漠に住む動物たちはダチョウに興味津々です。翼があるからたぶん鳥だろう。鳥なら空を飛べるはず。
でもダチョウはけっして飛ぼうとしなくて…

参加申込受付期間
令和2年 10月31日(土曜日)まで <先着順・定員あり>
受付期間内であっても、定員に達し次第受付終了となります

作品応募締切日
令和2年 11月30日(月曜日)<当日消印有効>

詳しくは こちら

ブックフェア初日に展示してありましたので 早速読みました! 難しすぎず優しすぎず...色々な動物たちのやりとりが面白かったです!

今年は残念ながら12月の第30回イタリア語スピーチコンテストは中止となってしまいました 
昨年まで10数回欠かさず聞きに行っておりましたが...また開催されましたらぜひ聞きに行きます!



イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村





コメント

「第28回ボローニャブックフェア in いたばし」初日に行ってきました(2020.8.22)@成増アートギャラリー

2020年08月22日 | イタリアの美術館・博物館
「第28回ボローニャブックフェア in いたばし」初日に行ってきました(2020.8.22)@成増アートギャラリー


毎年恒例の ボローニャブックフェア 猛暑の中行ってきました!!
今年は初日に開催される「いたばし国際絵本翻訳大賞 授賞式」(8.21に今年の募集要項が発表されました)は
コロナ対策のため関係者のみで開催されました
なので 毎年来賓出席させていただいてましたが 今年に限り終了後に会場入りしました
受賞者の方々や関係者の方々でけっこう会場はいっぱいです しばらくたって人が減った頃に ようやくじっくり読むことができました ^^) _旦~~

まずは自分が抄訳作成させていただいた絵本を探し出します(^.^) 
知り合いの方たちや 初めてお話させていただいた審査員の先生等...  昨年は私もスピーチコンテストに 絵本の読み聞かせがテーマで参加し
日伊協会賞をいただき 購読のレッスンを取り 審査員の先生の翻訳された本も読んだことなどもあり 少しは近づけた気がいたしますが
それでも翻訳は難しいですね~ 受賞された方も10年以上チャレンジを続けられたそうです
私は3回くらい翻訳大賞は予選落ちしてますが 翻訳よりスピーチコンテストの方が好きかなぁ~💕
(今年のスピーチコンテストは コロナのため中止となってしまいました 大変残念です...)


そして 2020年ボローニャ・ラガッツィ賞コーナー 日本と海外の文字なし絵本を楽しんできました
文字なし絵本のSilent Book Contest というのがあるのですね!
私が読んだ中で 一番気に入ったのが Maurizio AC Quarelloの「'45」という
第二次世界大戦を舞台にした家族の絵本で まるで映画のシーンを見ているようでした 
セリフなしで伝わってくるんですよね~感情が... 他にもたくさん 文字なし絵本を楽しみました!

この日はちょうど ボローニャ国際絵本原画展の初日でもありましたが こちらでは「さわる絵本」の特集があるそうです
はしごしようと思いましたが...ちょっと暑くて また別の日に行こうと思います

第28回ボローニャブックフェア in いたばし」(2020.8.22~8.30)は こちら

2020イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(2020.8.22~9.27)は こちら

私は区民でもあり毎年必ずこの2つにはたいてい初日に足を運んでおります もう長年ずうっとです(笑)


美術館・ギャラリーランキング

にほんブログ村 美術ブログ 美術館・アートミュージアムへにほんブログ村


コメント

「イタリアの魅力を発見 -ブルボン王朝の街カゼルタ 」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ - その3 カゼルタ王宮の庭園 (il parco di Reggia)

2020年08月19日 | イタリア旅行・世界遺産
「イタリアの魅力を発見 - 歴史、文化、芸術を巡る旅 ブルボン王朝の街カゼルタ (カンパニア州)」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その3 カゼルタ王宮の庭園 (il parco di Reggia di Caserta)


その2に続き その3は カゼルタ王宮の庭園です
 
    *    *    * 

いよいよ外に出て 庭園をめぐります!

 ← 近そうに見えますが 上までたどり着くのはなかなかに大変でした!!

庭園は典型的なバロック様式(barocco)で 120ヘクタール(ettari)あり 丘陵地形となっています 
なので私が行った時は自転車を借りて上の上まで行き 遠くナポリが見えるところまで徒歩で登りました!!
泉の水が下までずーっと流れているのですが この庭園を造る時に 水が下までちゃんと流れるかどうかテストしてから作ったそうで
その絵も宮殿の中で見ました

3kmにわたって 池/プール(vasche) 滝(cascate) そしてギリシャ神話を題材にした像のある泉(fontane)などがあります
順番に見ていくと...

1. 3匹のイルカの噴水 Fontana dei tre Delfini(1773年 - 1780年)

イルカの口から水がほとばしり出ています その下には洞窟(grotta)があり  下に降りて椅子に座って休めるのですって

 3匹のイルカの噴水 fontana dei tre delfini

2. 次はアイオロスの噴水Fontana di Eolo 風の神アイオロスの噴水ですね  未完成とのこと 

3. ケレスの泉 Fontana di Cerere ケレスは豊穣の女神(dea della fertilità dei campi)  

 ケレスの泉 fontana di Cerere


4. そして アフロディテとアドニスの噴水 Fontana di Venere e Adone (1770年 - 1780年) 
 
カッラーラの大理石を使って Gaetano Salomoneが作ったものです
ヴィーナスやキューピッドが止めるのもきかずに狩りに行ったアドニスは いのししに噛まれてしまいます

 アフロディーテとアドニスの泉 fontana di Venere e Adone

5. ディアナとアクタイオンの噴水 Fontana di Diana ed Atteone e cascata - パオロ・ペルシコ、ブルネッリ、ピエトロ・ソラーリの彫刻

狩りの神ディアナが二人のニンフと入浴中なのを アクタイオンが覗いてしまってディアナの怒りをかい 鹿に変えられてしまい犬にかまれるシーンですね 大滝の上に作られており 最も迫力がありました💕

ディアナとニンフの像 Diana e ninfe

 アクタイオン(Atteone)が鹿(cervo)に変わるシーン 右にディアナ(Diana)の像が見えますね

6.  滝の頂上の小塔 Il torrione in cima alla cascata

ここからすべてが見張らせます この泉の水はカロリーナの水道橋から引かれています
頂上には人口の洞窟(caverna)があり 小展望台(gazebo)となっています
ヴァンヴィテッリが望遠効果(effetto cannochiale)をねらったものですね

 ←  ここまで登るのは 自転車も使えずけっこう大変でした~ でも登った甲斐がありました!! ナポリまで見渡せるのですから💕

La via d’acqua e le fontane は こちら ← 写真たくさん!

  *    *    * 

そしてずっと下まで降りると ペスキエーラ・グランデ(La Peschiera Grande)という人口湖があります
フェルディナンド王の食卓にのぼる魚の養殖(allevare i pesci)と 8才の王のための海戦ごっこ(battaglie navali)ができたそうです

castellucciaの説明もしていたたきました 1500年に建てられて フェルディナンド王が戦争ごっこをしたそうですが 今はさまざまな植物が植えられた庭園になっています

そしてイギリス式庭園 il giardino all'inglese e criptoportico


人工的なフランス式庭園とは対照的に ナチュラルですがとても手が込んでいます
そして 世界中の植物を植民地から集めてここに植えていたそうです レバノン杉(il cedro del Libano)などもあります
また ヴィーナスの水浴像(il Bagno di Venere)は カッラーラの大理石からTommaso Solariが彫ったそうです 後ろ姿が美しい💕

 ヴィーナスの水浴像 il Bagno di Venere

カゼルタの友人が 「右と左どっちに行きたい?」と聞くので 右!と答えたら 歩いてゆくと背中からのヴィーナスが見えました!
ということは もし左と言っていたら 真正面からのヴィーナス像が見えたのかも?

そしてここは迷う位広いのです!  でもミステリアスで 暗くならないうちはゆっくり歩き続けたくなりました💕


地下の歩廊 クリプトポルティコCriptoportico

これもヴィーナス像の近くにあり まるでローマ時代の廃墟(rovina romana)のようですが 
実はポンペイの発掘のすぐあとに作られ ここに置かれた11の像はポンペイからやエルコラーノと ファルネーゼコレクション(collezione Farnese)からなるそうです
天井に穴があいているのも まるで遺跡のようにわざとそう作ったのですね 穴から陽の光が差し込んで まるでローマの遺跡にまぎれこんだようでした💕

 opus reticulatumという 古代ローマで典型的な網目模様(rete)で作られた 凝灰岩(tufo)のブロックで作られています

 ← クリプトポルティコ Criptportico

  *    *    * 

そしてラスト その4 カゼルタ南東にある カロリーナの水道橋(L'Acquedotto Carolino) そしてサンレウチョの邸宅群(Compresso di San Leucio)に つづく

イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

「イタリアの魅力を発見 - ブルボン王朝の街カゼルタ」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その2 カゼルタ王宮 (Reggia di Caserta)

2020年08月13日 | イタリア旅行・世界遺産
「イタリアの魅力を発見 - 歴史、文化、芸術を巡る旅 ブルボン王朝の街カゼルタ (カンパニア州)」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その2 カゼルタ王宮(Reggia di Csdrta)


その1 カゼルタヴェッキアに続き その2は カゼルタ王宮です:


Reggia di Casertaの公式サイトは こちら

カゼルタ王宮のあった場所は Acquavivaという貴族が 借金のためにブルボン家のカルロス3世(Carlo di Borbone/ナポリ王・シチリア王)に 1750年に売ったのだそうです

ここはナポリからは近く 海戦の危険のある海や ヴェスヴィオ火山からも遠いため選ばれたのですね
宮廷の街(città-corte)を創りたかった彼は ブルボン王家の栄華のシンボルとして すでにある王宮をしのぐものを創ろうとして そのためオランダ人画家の父を持つ建築家ルイジ・ヴァンビテッリ(Luigi Vanvitelli)に建築を命じました 
一番最初の石が 1752年1月20日 カルロ3世の誕生日の日に置かれたそうです

王宮(Reggia)には4つの中庭(cortile)があります 
18世紀にヨーロッパで建てられた中で最も巨大な宮殿といわれ 約100年を要しました
莫大な数の人夫 親方 罪人や海賊たち そして馬や象(トルコのスルタンのマホメット5世から贈られた)まで使われたそうです

王宮は 第二次大戦中に米英軍が使ったそうです
ナポリ王国とカルロ王の権勢を示す5階建(地下2階 地上3階) 部屋数1200という豪華な宮殿です
カルロの妻のMaria Amalia di Sassonia は文化を愛する人でした
途中で夫婦はスペインに赴いたため その後を三男フェルディナンド(Ferdinando)が継ぐのですね

長男フィリッポは障害があり早世し この三男フェルディナンド(Ferdinando)は わずか8才で両シチリア王国の王となります 
フェルディナンドの妻のマリーア・カロリーナ・ダスブルゴ(Maria Carolina d'Asburgo-Lorena)は 夫が遊び好きで勉強は不熱心な一方で 芸術や文化を愛する勉強家とのことでした
それもそのはず 母はかのマリア・テレジア(Maria Teresa d'Austria)でした

カルロの母のエリザベッタ・ファルネーゼ(Elisabetta Falnese)は ファルネーゼ・コレクションで有名な家の出ですね
ブルボン家の紋章はライオンですが そのライオン像は Reggiaの中にもありました!
 

王宮に入るとまずは ギャラリー(galleria)があります 王宮の中を貫いているのですね
ここを歩いた時は声が反響しました とても広かった
案内してくださったカゼルタの友人(ここで彼の写真展を開いたことがあるそうです)が ここのスタッフの方たちと
弾丸のようなカゼルタ方言でバリバリお喋りしてるのを聞いて ぜんぜん聞き取れなかったのが記憶に残っています(^.^) 

右側には 「表敬の階段」
 lo Scalone d'onoreがあり 後期バロック建築(tardo-barocca)です 
2匹の大理石のライオン(leoni di marmo)が置かれています 堂々たるものですね💛
ライオンは ナポリ・シチリア王国(regni di Sicilia e Napoli)のカルロの紋章(stemma)でした 
スター・ウォーズ エピソード1・2の ナブー王宮の撮影が ここで行われました

大理石のライオン像 leoni di marmo

控えの間(anticamera)をどんどん通り抜けてゆくと 謁見の間でもあるSala di Alessandroに入ります 貴族以外の人が謁見できた部屋ですね 
軒蛇腹 (cornicioni)には人の入れる空間があり オーケストラが置かれ 
マリア・カロリーナの目覚めとともに演奏し 眠りにつくまで演奏が続けられたといいます...

天井のフレスコ画も美しく アレクサンダー大王(Alessandro Magno)の結婚式の絵や 彼の一生が漆喰に描かれています

権力の中心となるのが 玉座の間 (Sala di Trono)で ローマ帝国の衣装を着た王の像(未完成)があります 
玉座の椅子はこの大きな部屋の割には小さいですが 金の翼のあるライオン 上にはコルヌコピアイ(cornucopie)という豊穣のシンボルがあります
そしてセイレーン(sirene)もありますが これは ナポリは元はパルテノペ伝説(sirene Partenope)に基づいてできたからとのこと

天井画には 1752年に最初の石を置いたシーンが描かれていますね 金の漆喰が美しいです
ナポリを収めた46人の君主のメダル(medaglioni)が飾られています

これらすべてを友人に案内していただいたのですが 今回このセミナーで再確認できてよかったです(^.^)

   *    *    * 
そしてここからはプライベートな部分で なんと マリア・カロリーナのトイレ(bagno della regina Maria Carolina)が紹介されました! 
金張りで細工も細かく 当時の人たちはビデとはわからずイタリア初だったそうです
サイフォン式(il sifone)で匂いが戻らないのが画期的で 他のは匂いを消すために数か月ごとに交換していたそうです
 
大理石の浴室も見せていただきました 鏡が置かれ マリア・カロリーナが愛人(spasimanti)といる時に 夫フェルディナンド
(文化に理解がなく戦争好き)が入ってきたのがわかるようになっていたのだそうです(;´∀`)

図書館(Biblioteca Palatina)もあり マリア・カロリーナの好みに作られましたが 
アテネの殿堂(la scuola d'Atene)の絵には フリーメイソン(loggia massonica)の若い男(肩を露出している)等も描かれていたのですね 
天文学やピタゴラスの定理を描いた絵についても 細かく説明していただきました

最後の部屋は 王宮の最後の王であるフランチェスコ2世の寝室(la camera da letto di Francesco Ⅱ)がありますが これも見ましたよ~覚えています!  
ベッドの絹のカーテンは この近くのサン・レウチョの絹織物工場(seterie di San Leuchio)で作られたものです 

 天蓋のベッド(un letto a baldachino)

そして次はプレセピオ (presepe) とても大きいんですよね~ 私も見て驚いたのを覚えています
  
   プレセピオ preseoe

王宮には 馬蹄型の劇場(il teatro a ferro di cavallo)もあります  ナポリにあるサンカルロ劇場 (teatro San Carlo)と同じです 

   *    *    * 

そしていよいよ外に出て 庭園をめぐります!

その3 カゼルタ王宮の庭園に つづく


イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村
コメント

「イタリアの魅力を発見 - ブルボン王朝の街カゼルタ 」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 その1 カゼルタヴェッキア(Casertavecchia)

2020年08月09日 | イタリア旅行・世界遺産
「イタリアの魅力を発見 - 歴史、文化、芸術を巡る旅 ブルボン王朝の街カゼルタ (カンパニア州)」のセミナーに参加しました(2020.8.1)@リンガビーバ・イタリア語教室 - その1 カゼルタヴェッキア(Casertavecchia)


カゼルタのセミナー(オンライン)に参加しました リンガビーバ・イタリア語教室のセミナー参加は初めてです♪ 
カゼルタには2014年10月に行ったことがあり カゼルタ宮殿やカゼルタ・ヴェッキアを カゼルタ在住の友人Giulioに
くまなく案内していただきました💛

その旅行のレポート「オーダーメイドのナポリ・南イタリア旅行その6 カゼルタは王宮だけじゃない、石畳の山頂の街カゼルタベッキア!!」は こちら

まずは 世界遺産として:
カゼルタの18世紀の王宮と庭園、ヴァンヴィテッリの水道橋、サン・レウチョの関連遺産」として 1997年に世界遺産(文化遺産)に登録されました

スペイン・ブルボン王朝のカルロス3世は 1734年にナポリ王に即位すると
曾祖父ルイ14世のヴェルサイユ宮殿に対抗するように 1750年にすぐさま新しい宮殿の建設を命じました

宮殿は中庭を囲み 1,200の部屋と 34の階段室を持ち 庭園は噴水と水路で装飾されたフランス式庭園 
そして自然ながらも手の込んだイギリス式庭園があります
この水路の演出のために 40km離れた山から水を引く水道橋も作られました
ナポリ王フェルディナンド4世(カルロス3世の三男)が 産業育成のために築いたサン・レウチョの絹産業遺産群も含まれています
この絹産業に欠かせない水は 王宮に引かれた水路の水が使われたそうです

    *      *      *
 
まずは カゼルタ・ヴェッキア(Casertavecchia)の紹介から始まりました
 
ここには特に思い入れがあります💛 丘の上から見た夜景の美しさと 石畳の建物や 美しいモデルさんの撮影シーンに出くわしたり...
中世の街はBorgo Medievale(中世の集落) と呼ばれ 地味な教会や石畳と石壁の集落ですが 人々に深く愛されているのですね 
人口は少なかったように思います (200人くらいだそうです)

861年に最初の核となる Casa Hirta (高台の家 posto in alto)ができましたが これがカゼルタの語源なのですって
もともとゲルマンの一民族のロンゴバルド族(Longobardi)が支配していましたが サラセン人(Saraceni)の攻撃から山の上に逃げてできた街なのですね 
あとからカゼルタの街ができるまでは こちらがもともとのカゼルタだったわけです

 石畳の街並み

カゼルタ・ヴェッキア観光サイトは こちら
Borgo di Casertavecchiaのサイトは こちら

サン・ミケーレ・アルカンジェロのドゥオモ (il Duomo di San Michele Arcangelo)というドゥオモ(教会)があります 

ここに使われた灰色の凝灰岩(tufo grigio)は ヴェスヴィオ火山から持ってきたものです 

 ← サン・ミケーレ・アルカンジェロのドゥオモ Il Duomo di San Michele Arcangelo

面白いのは 中央身廊(navata centrale)にある18の雲母大理石(marmo cipollino)の円柱(colonne)がそれぞれ違っており 
ローマ時代や中世の建築物から取ってきたもので つまりリサイクルなのですね!
円柱は重くて運べないため ティファティーニ山脈(monte Tifatini)の山に棲むという妖精(fate)が ひとつずつ頭に乗せて運んだという伝説があるそうです

八角形の外被(tiburio ottangonale)は アラブの影響を受けた(シチリアやアマルフィにもよくある)  
2重に重なった小アーチ (gli archetti incrociati su due ordini)が刻まれていますね
フェデリコ2世の時代に建てられた鐘楼(campanille) もあります  
窓がふたつある二連窓(bifora) となっています

   *    *    * 

その2は カゼルタ王宮(Reggia di Caserta) です

* 写真は カゼルタヴェッキアの 石畳の街並み

その2に つづく

イタリア語ランキング

にほんブログ村 外国語ブログ イタリア語へにほんブログ村


コメント