ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

旨い、十文字うどん

2017年10月31日 | うまいもの

最近、私生活でたびたび話題に上る「十文字うどん」。グンマーの麺好きおやじとしては食わずに死ぬことは出来ない

koizumiさんのblogに何度か登場したので記事がかぶりますがお許し下さい。

カーナビにヒットしないので町名で調べて当てずっぽうで走ること40分、「こんな田舎に店があるんかい?」と思いはじめたころ案内看板を発見。

400mほど進むと養豚、精肉加工、販売などの事業を行う「榛名十文字ミート」に到着。ここで「十文字うどん」が食えるらしい。

13時すぎの入店であったが15人くらいのお客が席に着いていて、我々が座るとほぼ満席。土日は長い行列ができるらしい。

メニューは3種、一番出るという「肉汁うどん」を注文。

待つこと数分、出てきたのがこれ。

どんぶりにこれでもかと豚肉が入ったつけ汁の上に、ごぼう天と野菜がトッピング、それにたっぷりとザルに盛られた手打ちうどん。

「全部食えるかな?」と思ったが、つけ汁の旨さと麺の旨さの相乗効果であっという間に完食~。これで税込700円とは得した気分。

榛名十文字ミート ホームページ  http://haruna-jumonji-meat.com/udon/

 

そして、天気が良いので榛名山の紅葉を調査。榛名湖畔~榛名富士の紅葉。遅かったか?

伊香保温泉街の河鹿橋は見ごろのようです。夜はライトアップ。

満腹のため眠気と戦いながらのドライブでした。

 

 

 

コメント (2)

この竿、値段は安いが役に立つ

2017年10月14日 | 鮎釣り

がま鮎マルチフレックス100伸徹8.1m

がまかつの鮎竿の中にあって一番低価格の竿だが1mのズーム機能が付いているのはこの竿だけ、このシリーズの9mは持ち重りがするので遠慮したいが8.1mは重さが気にならない範囲。小河川はもちろん、瀬で点を釣り歩くにはたいへん操作性が良い。

また細身で先調子なので風に強く、竿が折れるような強風の中で7.1mに縮めて釣り続けることも多かった。

いつもサブロッドとして持っているが今シーズンは10回以上の出番があったのでメインロッドに格上げか?

高級な竿ではないので折れたときのパーツ交換も安いのでありがたい。

 

現在は改良された「マルチフレックス100伸徹Ⅱ」が販売されている。

価格が高騰する釣り竿の中、コスパにも優れて10万円弱。感度の鈍さを気にしなければ短竿はこれで十分。

 

  

コメント (2)

5年ぶりのワカサギ

2017年10月09日 | ワカサギ

GFG群馬支部ワカサギ親睦大会に参加してきました。

高崎市の鳴沢湖に32名の有志が集い開会式。ちなみに選挙の街頭演説ではない。

5年ぶりのワカサギ釣りということで道具の準備がたいへんでした。あんな小魚を相手に荷物が多すぎだろう

ボートに乗って目指すポイントヘ。ここまでは

アワセがヘタなので順調とはいえないがポツリポツリハリ掛りするも小型が多い。少し場所を変えると形は大きいが数が伸びない。

そんな悪戦苦闘のなか、腰の痛みが増してきたボートの上で立ったり横になったりしていたので変人に見えたかも。

同時にアタリも無くなってきたので我慢大会を終わりにして早あがり。61g(約50匹)

 

 

やることがないので管理小屋で検量係り、検尿と間違える人はいなかったがハカリとのにらめっこは理科の実験以来かな。

今日の賞品、もちろん全員に。    ストーブはちがいます。

 

koizumiさんが600匹以上釣ってダントツの優勝と思いきや重量でYさんに破れ泣きの準優勝。

上位3名 左から二位koizumiさん、優勝Yさん、三位Tさん   

しかし桟橋で600匹以上釣るとはすごい 

 

 

やはり・・・

ワカサギは腰によくなかった

 

 

   にほんブログ村 釣りブログへ



 

コメント (4)

アユ釣りの締めは相模川

2017年10月04日 | 鮎釣り

海底人8823さんご夫婦からシーズン最後のアユ釣りのお誘いを受け二つ返事で任意同行。

向かったのは神奈川県、相模川の昭和橋上流。秋の気配濃厚だがヘチにはハミアトもあるし時間とともに釣り人も増えてくる。

 

入川30分で15cmの痩せたアユが掛かるが頭掛かりでオトリには使えない。

その30分後にいいアタリで竿が曲がるが水中バレ。

その後、がんばればどうにかなるという気力も徐々に失い6時間ま~ったく反応なし

これが本日唯一の収穫 ↓  同行した二人も不調らしい。

これで未練がましく悪あがきせずにきっぱり道具を仕舞うことが出来る。

 

・・・が、こんな状況でも釣る人はいる、ポツポツ釣れている地元の人を見るとなんか割り切れない心境。

アユの顔を見れたことを釣りの神に感謝してシーズン終了としました。 

 

「無かったことにしたい相模川」by海底人8823さん。  来年もよろしくです。

 

 

 

                


 

コメント (7)