ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

昨日は神流川清流鮎釣り大会でした

2019年06月24日 | 鮎釣り

南甘漁協主催の神流川清流鮎釣り大会。毎年参加しているが皆勤賞はないらしい

水位もほとんど平水に戻り清流神流川にふさわしいきれいな水が流れている。

週末には大会やそのプレで名人達に抜かるので小型のアユが多くエリア外より魚影が薄い感じは否めない。

参加は約80名、オトリ配布順は43番、相変わらずくじ運がイマイチ。

徒歩5分のコイコイ橋下流に永住の地をみつけ深トロでオトリを散歩させるがまったく反応なし。

1時間で痺れを切らし上流へ放浪の旅に・・・やはりプレは必要だね。

 

町営プール前も人が多かったが右岸からおかっぱりのヘチ狙いでなんとか小さいアユに出会う。

オトリが変わったのでスパートをかけるが終了時間まで1時間。スローペースながら3匹を追加してオトリ込み6匹で検量場所へ。

昼食中に予選通過のボーダーは6匹との発表でぎりぎり決勝へ進出。

予選通過者28名↓

 

 

 

 

そして決勝戦

さてどこで釣ろうか?

上流に向かう人が多いので人波に流されて上流に向かう、気がついたらまたプール前でおかっぱり。

雨が強くなり状況の好転は見込めず終了までの1時間半もてるスキルを駆使して奮闘するもまたまたオトリ込み6匹で終了。

8位タイで同匹数が数名いたので予選の匹数が加味され11位に。12位だったら来年の釣り優待券がもらえたのに(涙)・・・

実績のあるポイントを選ぶか新境地で竿抜けポイントを狙うか迷いましたがどちらが正解は謎ですね。

海底人8823さん画像をありがとうございました。

 

 

 

鮎釣りランキング

コメント (4)

プレより楽しさ優先

2019年06月19日 | 鮎釣り

次の日曜日は「神流川鮎釣り大会」です。

エントリーしているので大会のプレでもしておくか・・・

と思ったが無駄な抵抗ということでオトリを買って大会エリアを通り過ぎ上流のお好みポイントに直行

釣れない所で釣るより楽しい釣りが優先です。

水位は解禁時の渇水とは一変して30cmほど高く2日前の濁りはほとんど回復していた。

11時スタート、大石の残りアカ狙いでポツリポツリ掛かるがサイズはまばら。

 

2本ヤナギのハリにダブルで掛かるダブルヒットもありテンションが上がる。

上流に下流にと釣り歩ったが空腹に耐え切れず3時で終了。

約4時間オトリ含まず26匹でした。最大19cm最小13cm

 

 

 

 

 鮎釣りランキング

 

コメント (2)

神流川のようす

2019年06月07日 | 鮎釣り

6月1日に解禁した神流川南甘地区

 

解禁日は沢山の釣り人が入ったらしい、中流~上流は川幅が狭いうえに超渇水なので隙間のないほどの混雑だったとか・・・

釣れるアユは13~18cmのおチビちゃんで2日間で150匹釣った人も・・・

 

自分は混雑を避けて解禁4日目にKさんが釣っている16番に合流。

 

6月4日は真夏日、顔のシミを気にするお年頃なので月光仮面のコスプレで釣りました。

 

午前中は追いが悪くオトリにならないような小型も含めて7匹。

上流で釣っていたKさんも同じ様な状況らしい。爆釣の噂は本当だったのか疑ってしまう。

午後は駐車場前に陣取る。活性が上がり飽きない程度に掛かるが空中でのバレが多発。

3時半までなんとか22匹を捕獲。

 

 

6月5日も懲りずに同じ川原へ行き下流に向って釣り歩く。

 

前日のバレ対策として柔らかい穂先に変えてみた。バレは解消したがアオモが仕掛けに絡みつきオトリの泳ぎの邪魔をする。

18cm前後の美アユも混じり約4時間で11匹。 2日間とも時速にすると3匹くらい。

水中にたくさんのアユが見える。冷水病が気にかかるが水が増えればまた状況が変わるだろう。

 

 

神流川のアユは美味い

 

 

 


  

 

 

コメント (4)

仕込み中

2019年04月20日 | 鮎釣り

天気が良いので庭先でアユの仕掛け作り

 

ハナミズキも咲き始めました。

道具も手入れして・・・

備えあればおでこなし。

 

 

   

コメント

鮎にまた試練 いやな藻が繁殖

2019年02月07日 | 鮎釣り

群馬県農林水産業関係機関成果発表会に参加してきました。

農林水産関係の公的研究機関が日ごろの研究成果を発表するもので、水産分科会のアユに関するものを中心に勉強?しました。

 

〇カワウの食害

〇コクチバスなど外来魚の食害

〇冷水病

〇魚道や水質などの河川環境の悪化

などアユを取りまく問題は山積みです。

近年それに追い討ちをかけるような問題が浮上してきました。

ミズワタクチビルケイソウの大増殖により川中の石を覆いアユの定着に悪影響を及ぼすというものです。

山梨県水産技術センターの発表データ

 

 koizumiさんのブログ「かわ遊び・やま遊び雑記」でも取り上げています。→記事 

現在群馬県内でもほとんどの河川で繁茂が確認されているようで5月、6月の稚アユ放流時期の影響が懸念されます。

漁協や釣り人にとっては深刻な問題です、水温が上昇する夏季にかけて減少するそうですが死滅した魚は戻ってきません。

 

今回、調査データの発表はありましたが効果的な改善策はほとんどないようで、参加者の質問にも明確な回答がなかったのは残念です。

 

 

  にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 群馬県情報へ  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ
 

コメント (2)

川はほんのり桜色?

2019年01月20日 | 鮎釣り

横浜フィッシングショーは連日盛り上がっているようですね。

今年は自宅待機ですが・・・

がまかつブースでは桜色の新製品が目立っていたようです。

女性に好評らしいのですがサクラエディションに8mや8.5mの竿がないのは何故?

N・RさんからのFB画像です、今までに無かった色ですね。

 

今年は川に桜並木ができるのかな?

 

 

   

コメント

名竿が復活か?

2018年12月29日 | 鮎釣り

がまかつの2019年鮎カタログによると超硬の竿が7年ぶりに復活するらしい。

30年ほど昔の話になるが、当時の千曲川や利根川は湖産の大鮎がよく釣れた。繊細な仕掛けや技法は無用で単線ワイヤーの仕掛けにデカイおもりを噛ましてガンガン(荒瀬)での釣りを楽しんだ。

そんな釣りに最適だったのが超硬の竿で、超先調子のため意外と重さは感じないが曲がりが特徴的で、オーバーにいうと鮎が掛かっても穂先~3番が曲がるだけなので手元に伝わるパワーは強烈だった。

この物干し竿のような竿を使いこなすには慣れが必要であったが使い続けることでたくましい相棒になっていった。その後、バブル崩壊と同時期に大鮎の時代は終わりこの竿の出番もなくなったので手放してしまった。

新製品の「がま鮎SPICA超硬9m」は 自重は310g、元径は29.5mmとかなり太い。

昔は126cmだった仕舞い寸法は138cmと12cm長くなり9本継なので先にいくほどパーツが短くなるタケノコ状の構成と推測できる。

伝統の調子と硬さをどこまで継承しているのか興味をひかれるのでフィッシングショーが待ち遠しい。

 

こういった物欲を刺激するメーカー戦略が経済的な諸悪の根源と知っているのだが・・・

ついでにテスターの田嶋さん、長谷川さんの満面の笑顔の裏にあるものも検証してみたい。

 

 

   

 

コメント

終った!

2018年10月01日 | 鮎釣り

残念だけど

 

アユに感謝して

終わりにします

また会える日を夢見て・・・

 

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

コメント (8)

昭和の逸品 BestなVest

2018年09月30日 | 鮎釣り

衣装ケースの中から出てきた昭和の匂いのするベスト。

今は無きブランドα-BIG(アルファビッグ) 当時は良い商品をたくさん扱っていたのにいつのまにかフェードアウト・・・と思っていたが昨年の1月まで細々と営業展開していたらしい。

MVPのロゴはちょっとカッコいいがMVP(most valuable player)を自分で主張するのはちょっと恥ずかしい。

当時のJPA(Japan Professional Ayu Association)のプロはよくこれを着ていましたね。     

ベストだけにSimple is Bestという視点で見ると今のものにはない優れたところもあります。

ポケットの数は前5、内側2、背中1、肩がこるのであまり道具をもたない自分はこれで十分。

 

背中は2重メッシュなのでたいへん涼しい。ここに年鑑札を2~3枚入れていたのでメッシュの意味はなかったが・・・。

 

 

生地は文字どうりゴワゴワのゴアテックス。新聞紙を着ているようでフィット感はまったくないが軽いのは非常にありがたい。

αーBIGの古いゴアテックスは日光に当たりすぎると生地が水泡のように膨らんでくることがあった、それをメーカーに伝えたら神対応の無償交換をしてもらったことを憶えています。

今は見られなくなったフタ付きポケット、フタのおかげでファスナーを閉め忘れても中のものが落ちにくいし雨も防ぐ、なんといってもフタの裏にマジックテープが無いのがいい。

 

裏地の赤がおしゃれ感を出しているがリヴァーシブルではない。もちろん緊急時に裏返して着るためでもないようです。

 

最近のベストは重いし、機能が満載であるがゆえに価格は青天井で困ったもんです。

 

 

  

コメント (4)

利根川で修行

2018年09月20日 | 鮎釣り

昨日はオトリ屋で第7回G杯全国チャンピオンのいっちゃんこと角田一成名人と鉢合わせ。

そして利根川のこの場所へ同伴出勤

平日の穴場でも釣り人はいるが広いので自由に場所を選べます。

 

減水したので瀬を攻めるが無反応、ナメは見掛け倒しらしい。

下流を見るとトロで釣っている名人の竿が弧を描いている。

やはり終盤はトロだ。しかも水に入らず岸から竿を出している。

この時期ナーバスになっているアユには立ち込むと嫌われる、しかも足元の石には太いナメが・・・

なーるほど・・・たいへん勉強になります 

 

たまには自分にも掛かります。

 肌荒れアユ

 

 美肌アユ

 

 ちっちゃーぃアユ

ランダムに掛かるのでオトリの選択に迷う、タモから逃げたデカアユもいたりして「今日はなんて日だ!」

 

名人がまた掛けた。もう20匹以上釣ったようだ。自分はまだ5匹しか釣れてないのに・・・

名人の釣りはいろいろ見習うべき所がありました。

 

それにしても利根川の釣りは疲れます。

石は大きさが不揃いで動くため歩くのが慎重になります、

そして川原が広すぎます、なにしろ流域面積日本一の利根川ですから。

若いころは牛若丸のように飛び歩っていた?が古希に近い年齢になると辛い。

 

今日は腰痛と筋肉痛です

 

 

 

        にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

コメント (4)

利根川で大会

2018年09月16日 | 鮎釣り

今日はGFG群馬支部大鮎釣り懇親会でした。

群馬県、長野県、新潟県そして和歌山県からの参加もあり総勢30名が利根川のアユ1匹の大きさを競いました。

今年は遡上が好調の利根川、群馬漁協管内では40匹以上釣った人もいましたが今日は濁りでアカ付きも悪いので忍耐勝負。

1位の26.6cm~10位の24cmまでたいへんな接戦でびっくりするような大物は出ませんでした。

自分も六供川原と大渡橋下で竿を出しましたが最大24cm8位タイでした。

 

表彰式の後はお決まりのBBQ

焼きそば作りの名人が作るウッチー焼きそばは一味違います。

ヘラの返しがコツらしいです、ホントかなぁ 

これを食べるために参加する人もいるとかいないとか・・・

 

 

 

 にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  

 

コメント (4)

海川へ

2018年09月15日 | 鮎釣り

日本海側河川は最近良い情報は入ってこないのですが同行者の希望で上越方面へ向いました。

 

糸魚川市の姫川、海川、早川の3河川は増水、薄濁り、アカ飛び、などの悪条件で漁協の人のテンションも低い。

しいて言えばという冠つきで海川を薦めてくれました。

おおせに従って3人で海川の河口近くに入ります。

防波堤の向こうは  うみ~  海は広いな大きいな 

近くに海が無い群馬県民は海への憧れが強いのです。

 

釣り始めたころは釣り人が多かったのですが・・・

あまり釣果があがらず濁りも強くなってきたので徐々にお帰りになりました。

我々も15時に閉店。結果は予想通りでした。

アカ飛びのため白く痩せたアユ(18~20cm)が、時速にすると約2.5匹、仲間にあげた2匹を含めると10匹でした。

 

 

釣果は悪くても海を見ながらアユを釣るという願いが叶ったのでプチ遠征はプチ満足の一日でした。

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

コメント (4)

やはり運より実力、大アユ釣り大会

2018年09月10日 | 鮎釣り

昨日は前橋市の釣具の天狗屋主催の大アユ釣り懇親大会IN渡良瀬川でした。

参加人数なんと110名という大所帯です、主なルールは エリア内の車移動可、14時検量、オトリ貸し借り可、1匹の長寸で順位決定 など。

    

開会式、ルール説明、オトリ配布と進みます。   オトリを車に積みスタート。

渡良瀬橋の2本下流の橋、前回29.5cmを釣ったポイントに・・・

広い川を切って中州に渡り比較的石色のいい瀬を攻める・・・

 

 沈黙の中Eさんが掛けた (自分にも掛かったのでその後は未確認)

 ハミアトくんは、

1匹目バラシ(推定25cm)・・・

2匹目ハリス切れ(推定30cm)・・・

3匹目キープ23cm・・・

4匹目キープ25.5cm・・・

5匹目キープ24cm・・・。

最大は25.5cmでした

 大アユ釣り大会なんて運がよければ優勝できると安易な考えでのぞみましたが、その運は前回で使い切ったようです。

検量の結果尺アユは出ませんでしたが上位入賞者は一流トーナメンターが並びました。

優勝の金子敏也さんは今年のジャパンカップ5位。 29.5cm

3位の佐藤豊文さんは今年のG杯準優勝者。 28.5cm

釣った数からして違いますからそこはやはり実力の違いですね。

 

いまごろ気づいたか・・・

 

 

  

コメント (2)

しゃくにさわるサイズ

2018年08月30日 | 鮎釣り

大アユに会いたくて渡良瀬川へ

簡単には掛からなかったが運よく掛かった大アユは29.5cmのメタボちゃんでした。

 

良形が釣れたのはほとんど急瀬、オモリを使いましたが忍耐も使いました。

引きは強烈なので無理せず瀬尻まで下って慎重に取り込みました。かに座でも流れの中の横歩きは疲れます。

 

16時に終了。結果はツが抜けない8ツ(オトリ別)20~29.5cm

尺アユには届かずしゃくにさわるが仕方ない。

 

 

  

コメント (8)

利根川(群馬漁協管内)例年になく好調です

2018年08月28日 | 鮎釣り

いつもこの時期になると遡上アユが釣れ出すが今年は数とサイズがよろしいようです。

8月26日(日)の前橋グリーンドーム下では大会も行われていてたくさんの人が釣っていました。、

渇水なので利根川らしい豪快さはないが浮石が多く急流もあるのでご注意を。

糸を切られた方も多数いらしたので太仕掛けが不可欠のようです。

釣り具天狗屋ホームページより ↓ https://tenguya.jimdo.com/鮎/

川沿いにオトリ屋がないので日釣り券とおとりは大島おとり店が便利です。

https://blog.goo.ne.jp/my-hamiato/e/14ebbf18ebd4278e349534cf1dbc75e6

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ

コメント (4)