ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

秋の夜はBLUESで

2009年10月27日 | 音楽

越冬中です

が、音楽ネタです (なんでやねん)

最近ぞーさん(動物ではなくギターです)を手に入れまして、久々に生の演奏が聴きたくなり、むかしのバンド仲間と伊勢崎のKENNYZ CAFE へ        

  

ここはノーチャージで安く飲めて、曜日によりジャンルの違ったライブが楽しめる。あの近藤房之助のライブもやったりするので音楽好きが集います。

マスターは同年代なのでクラプトンやMブルームフィールドなどの話題になると話が尽きない。  毎週金曜日はブルースジャムセッションの日です。

8時半ごろから楽器を持った人たちがパラパラと入店してきて、揃ったらジャムセッション開始。パートが足りないときはマスターが欠員補助

 

みなさんアマチュアながらテクはプロ並です。カバー曲もかなりオリジナルなものに変えて演奏してます。

ブルース=バーボン  

 

私が崇拝するアルバート・キングの[I'll Play the Blues]やBBの[ The Thrll is Gone]が聞けたので大満足でした。

やはりビールと音楽は「生」がいいですね

釣り竿よりもギブソンES335が欲しくなってしまったハミアトくんでした

日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
                                     にほんブログ村

コメント (4)

鯉のから騒ぎPart 2

2009年10月17日 | 他の釣り

前回同様前橋総合運動公園の池で鯉活です。

今回のテーマは「餌の効果確認と3号の糸が通用するか」

幸いに釣り人が少なく水鳥も岸でお散歩です

 

まず釣れたのは約40cm。このクラスなら糸は大丈夫

しばらくすると70cmくらいの大鯉がゆら~と近づいて来て

水面から鼻を出して「なにしてるの?」・・・

「おじさんは釣りしてるから釣られるんじゃないよ」と警告すると、それを理解したように見つめる。♂♀は不明だが鯉太郎と命名

パンを落としてやると大きな口でカポッと吸い込みお礼を言わずに行ってしまった

なんだか戦意喪失 

鯉太郎を釣らないように(?)また竿を出すが不思議なことに頻繁にアタリが続く。

合わせが下手なのでなかなかハリに乗せるのが難しかったがなんとか計5本を上げることができた

 

 

タモが40cmなので最大は60cmくらいか?それにしても鯉用の竿は満月になっても粘りがあり、今更ながら感心しました

ハリスを一回切られましが、3号ハリスでベストマッチだと思います。

最良の餌を確認することが出来ました。伝授してくれた方に配慮してここでは伏せておきます。

鯉太郎はハリに掛からなかったので一安心です

前回に続き、ずっしりと重い鯉の引きを充分堪能した一日でした

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 釣りブログへ 日記@BlogRanking
         にほんブログ村                 

コメント

鯉のから騒ぎ

2009年10月13日 | 他の釣り

体育の日、秋空に誘われて近くの池で鯉釣りです

むかし使った釣り道具を探し出し、釣具屋で小物とエサを仕入れ前橋市総合運動公園の池に出動かなり広い池で縦は100mくらいあり、どこからでも釣りをすることできる、人工的ではあるが樹木や芝生広場などがあり周辺環境もたいへん良く整備されています。

 学校が休みなのでチビッコやファミリーが多く、ハヤが釣れると歓喜の声でかなりにぎやか。親子の交流もほほえましいです

将来釣り好きで自然を大切にする大人に育ってほしいなどと願いながら、釣座を葦の際キンモクセイの香る所に設定、たまにギンナンのニオイが漂うのは御愛嬌。

 

リールでの釣りは禁止らしいので静かに釣りができる。昼近くに釣り始めたので期待はしてなかったが50cmくらいの鯉がいきなりヒット。中型犬に引っ張られるような予想以上の引きにアタフタ。糸が切れるか竿が折れるかの格闘の末、弱ったところをタモへ 何度もリリースされて傷だらけです。中にはメータークラスも居るとか

 

そんなやりとりが5回。4時の納竿までに5本掛けて2本をゲット撮影してリリース

2号の道糸は通用せず、ウキがなくなり終了しましたが魚影の濃さは釣り堀に近いかもしれません次回は太仕掛けでリベンジです

秋空の中、のんびりと鯉と遊ぶのも良いもんです。無料というのはうれしいですね

日記@BlogRanking にほんブログ村 釣りブログへ
        にほんブログ村

コメント

鳴沢湖のワカサギ解禁

2009年10月01日 | ワカサギ

高崎市公営鳴沢湖ワカサギ解禁に行ってきました。

6時ごろに現地到着。すでにボート乗り場は長蛇の列です、小雨が降り少し寒い

桟橋で釣る人もいっぱいです

昨年の解禁で実績のあるいちばん左(管理小屋から見て)のワンドに入りたかったがすでにボートで満員                                   

その手前の8番ロープの中ほどにボートを固定!水深8m 仕掛け投入

無反応・・・・

朝一番だし春から手つかずのはずなのに・・・

誘いをかけること15分、やっとアタリ、しかもダブル、もう一本の置き竿にはトリプルでヒット、型も7~11cmと昨年よりだいぶ大きい

が、すぐ仕掛けを落としても続かない       またしばらく沈黙           

魚探によると4mの棚に小さな群れが時々通過。止まることなくすぐ消える      (置き竿を5本出したい!ダメ?) 群れが来た時だけ忙しい。

お昼にあったか~いカップラーメンを喰い(おいひい!) 休息

だんだん沈黙の時間が長くなる。(最大40分)

まわりにいたボートが半減。自分も三桁釣っているはずなので2時半で終了

 

家で数えたら112尾でした。隣のボートの人は特殊な仕掛け(秘密)で群れ狙い。 200尾オーバーです(勉強になります)

昨年の鳴沢湖はマッチ棒のようなワカサギが半分以上を占めていましたが今シーズンは型が揃っていて大きいです(2年魚?)だが当歳魚が居ないということは

・・・・来年が心配です

日記@BlogRanking にほんブログ村 釣りブログ ワカサギ釣りへ
        にほんブログ村

コメント (2)