ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

みんな元気でクラス会

2017年11月22日 | 雑記

某中学校を卒業して約半世紀。

2年前に行われたクラス会、再会を望む声が多かったので再び開かれました(事情により名前、校名等は伏せました)

新たに参加した人、参加できなかった人、参加したくない人、連絡がとれない人、などいろいろありましたが、クラス44名の中、男7名、女7名、計14名の同窓生が集まったことには驚かされます。そして連絡をとった幹事さんには頭が下がる思いです。

 ←拡大可

第一次ベビーブームの後に生まれたとはいえ同世代のライバルが多い中で高度成長期を支え、バブル崩壊を乗り越え、同時に子育ての使命を果してやっと心身が休める年齢に達しました。 

そーです、我々が今の日本を創ってきたのです(笑)

酒が入ると青いネコ型ロボットの力を借りなくても脳内タイムマシンで過去の世界へ戻ります・・・

懐かしい話や恥ずかしい話が飛び交う中、病気の話が出るのは避けられないようでした。

みんなで長生きしようね  

 

 

  

コメント (4)

ルースーチャーハンって知ってる?

2017年11月13日 | うまいもの

またまた食べ物ネタです。 食欲の秋ですから

前橋の静かな住宅街にある中華屋さん「喜久屋食堂」 そこの看板メニューが豚糸炒飯(ルースーチャーハン)です。

 

豚肉とタケノコの細切り炒めが炒飯の上に乗っているちょっと贅沢な料理なのです。

 タケノコの食感と豚肉の旨みが炒飯と絡み合い絶妙な味のハーモニー。

半分以上のお客さんがこれを注文するのも納得です。

豚糸炒飯(並) 700円 

麺類と違って作るのに手間がかかるらしく待たされることがあります、できれば混みあう時間は避けるほうがよろしいかと。

 群馬県前橋市文京町3-21-18  027-221-2996

 

 

  

  

コメント (2)

桐生でソースかつ丼

2017年11月08日 | うまいもの

桐生に行くとソースかつ丼が食べたくなります。パブロフの犬の条件反射と同じでしょうか。

その願望をかなえるために行列に並ぶことを覚悟でランチしてきました。

向ったのは志多美 屋本店 (したみやほんてん)と人気を二分する「藤屋食堂」です。

運良く茨城県からの団体バスが帰るところで駐車場も席もすんなり確保できました。

売れ筋のソースかつ丼は見た目はたいへん地味ですが味は奥が深いのです。

揚げたてのヒレカツが4つ、カツの衣は甘辛のソースに浸されているのにサクサク感があり中の肉は柔らかいのでたいへん食感が良い。深いコクを感じるソースがご飯にも浸みていているので美味いの極地。

 

この味を求めて県外からリピーターも多いと聞いています。TV収録や芸能人もたくさん来店したらしいのですが自分はサインを求められなかったです

富士屋食堂 群馬県桐生市清瀬町5-49  0277-45-1805

 

一足のばして桐生が丘動物園へ行くとライオンの赤ちゃんに会えます。

今年7月に生まれたのにけっこうデカイ。名前はまだないので早く決めて出生届を出してほしいですね

 

 

   

 

 

コメント

注射そして虹

2017年11月04日 | 雑記

インフルエンザの予防接種をして来ました。 

准高齢者なので1000円です。

犬の予防接種と比べるとかなり安いですがそれが生存価値を決めるものではありません

 

午後、赤城山をバックに幅広の大きな虹が出ていました。

ショッピングセンターに着いたころにはかなり薄くなっていました。

 

時計を見たらニジでした。 

 

   

コメント