ハミアトくんの釣行記

鮎の生息の証ハミアト(食み跡) BLOGによる趣味と郷土に関する私の「ハミアト」です。

今日で納竿

2012年09月27日 | 鮎釣り

今年のアユ釣り、最後の悪あがき魚野川でした。

ジイさんのブログ情報が気になり、天候も味方してくれたようなのでひとり納竿釣行に出かけました。

場所は石打の某所、ほぼ貸し切り状態でした。

ハミアトは少ないけどいなくはないらしい。

あたりまえだが立て竿の泳がせで静か釣りたい。

あたりまえだが忍耐が必要。

あたりまえだがあまり釣れない。

鼻歌で歌っていたCOWCOWの「あたりまえ体操が頭から離れません

 

 

 

このフナのような♀、タモの中に卵を噴射 これが落ちないんだ

根がかりで3尾ロストしたので12尾/4.5H。 最大23cm。

見積もりが少なめだったのでツ抜けができて満足ですが、色付いたアユをみると哀愁を感じますね。 これで終わりにします。

納竿を意識しての悪あがきだったので思い残す事はありませんが、8ヶ月待つのは長いな~ 

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ   日記@BlogRanking


 

コメント (10)

よせばいいのに、糸魚川

2012年09月20日 | 鮎釣り

「前回ダメだったのにまた行くのか?」

「男のロマンさ」   と、自問自答

いつもの50代、60代、70代の3人で行って来ました糸魚川市。

「水ねえよ」

「早川は少しあるな」

で、早川の国道下。遠くに日本海      「うみ~」

「つれねーなー」  「午後からだよ」

午後になっても釣れず。

「やめようぜ」   「そうだな」

 3時終了

    14~20cm 平均18cm位  午前9、午後3、 計12尾 

 

 

これが今年最後の悪あがきになるのか?  

 

 

 Clarence "Gatemouth" Brown - Dollar Got The Blues          

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ  日記@BlogRanking

コメント (13)

神流川は平水

2012年09月15日 | 鮎釣り

南甘はまだ楽しめそうです。

神流湖(下久保ダム)のバックウォーターを覗くとかなりの渇水ですが貯水率65%で利根川水系の8つのダムの中では一番の貯水量なのです。  だから何?  そう言わずにポチっとお願いします

               

そんなこんなで、神流川も先日来の濁りもとれて、ほぼ平水。

選んだフィールドはここでした。

               

ところが着替える前に沈めたオトリ缶のフタが半開き。ゆえにオトリ1尾脱走 

10時30分開始。1尾のオトリを過保護ぎみに泳がせて30分。なんとか19cmの野アユを手に入れることに成功。

連荘は無いが、ポイントを探りながら移動して、午前の部は5尾。

 

午後の部を始めようとすると、いつの間にか釣人5人増員。結局狭い範囲で釣る事になり、1.5時間で0尾・・・

今日の収穫は午前の部で釣った5尾だけでした 24cm♂はフネの中で無駄な色気を出していました。 

 

そこでちょっと朗報。

            

成魚放流の現場を目撃。大きさや数は解りませんが、アユだそうです。  魚が増えることはいい事ですね。

                

私も1尾協力しましたよ。

 

 

  にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ    日記@BlogRanking  

コメント (5)

東京スカイツリーへ。

2012年09月10日 | 雑記

「ゴジラに壊される前に行っとかないと」・・・

という訳で開業4ヶ月弱の東京スカイツリーに行ってきました。

 高い所は嫌いですが・・・ 

  

話の種と

 

怖いもの見たさで登りましたが・・・・

 

雲上の富士山や、地元の赤城山が見えたりして予想外の感動・・・

不快ツリーが愉快ツリーに変わりました

 

その後、浅草などを散策しましたが・・・

 

平日だというのにスカイツリーも浅草寺も人、人、人、で大混雑でした。

 久々に躍動する日本経済を感じてきました。

 

 

 

日記@BlogRanking  ブログランキング・にほんブログ村へ   

コメント (2)

寺でボウズじゃ笑えない・・・

2012年09月01日 | 鮎釣り

昨日は富山県に遠征でした。

koizumiさん、金さん、私とのアラウンド還暦トリオで、無謀にも未知の川〇〇寺川への珍道中です。

黒部川漁協でオトリ屋を教えてもらいオトリを購入。しかしこれが災厄のはじまりでした。

 けっこうなロケーションですが、

1尾500円のオトリ君、10分もすると横泳ぎ、そしてご臨終。次のオトリもほぼ同じ。

もちろん釣れない、完全にボウズの予感。他の御二方も同じようにリタイヤ。

寺でボウズではシャレにならない。ここで終わるのはなんとも悔しい。

そこで神通川までオトリを求め旅に出た。

 じんつ~ぅ

そしてオトリ屋の情報や電話での情報で網の入らない良い場所に入川することに成功。

ランチを食べて2時ごろから釣り始める。場所がいいのか、時間がいいのか、はたまた腕がいいのか(笑)ニイタカヤマノボレ 

めったにない時速12尾の入れ掛かりを楽しんでいると空の方からゴロゴロと・・・腹の音ではないらしい。

 そしてドシャブリの雨

カッパ着てがんばるも、まるで強力なシャワーを浴びてるよう。

しかも川の濁りが増してきたので、しぶしぶ The END

 14~18cmが1ダース+おとり2尾

橋の下で着替えていると青空が・・・でもあの濁りじゃなー・・・ということで帰路に付きました。

 

 

     にほんブログ村 釣りブログ 鮎釣りへ     日記@BlogRanking

コメント (9)