癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

困難はむこうからやってくる

2015-08-29 17:19:16 | 社会・生活
ダンナはまとまったお盆休みがない仕事なので
お盆の少し前の休みに、佐賀のダンナの実家にお参りに行きました。

ダンナのお兄さんには、今までずいぶん
迷惑も心配もかけているので
お盆とお正月には、挨拶がてら里帰りをします。
ご先祖様のお仏壇にお参りする習慣を続けています。

ちょうど甲子園があっていたので
車中でぼんやりその中継を聞いていました。
どこの試合だったか忘れましたが
二校とも点を取ったり取られたりの高得点の試合で
最後の最後に逆転して勝ちました。

その時に解説の人が
「負けても絶対にあきらめない。いやぁ、素晴らしい」みたいな
ことを言ったのに私が反応。

「あのさ。負けても絶対あきらめないってさ。
それ、野球とかサッカーとか、スポーツやってる時は
全然それでいいんだけどさ。ずっとそれで
マインドコントロールされてて、そういう人が
スポーツやめて、ギャンブルに出会ったりしたらマズいよね」

「う~ん?」

「だってさ。あたしなんか、ちょっと負けたらさっさとあきらめようよって
思うもん。あきらめなかったら、必ず勝つとか、その思考でいくのは危ないって。
もう依存症まっしぐらだよ」

「あはは」とダンナは笑っておりました。

回りを見ても、ギャンブルにハマる人というのは
若い頃スポーツをやっていたという人の割合が多いように思えるのは
私の偏見でしょうか。

とはいえ、そのあまり興味のないスポーツネタで話をする以外に
ダンナとの会話の糸口がないので
最近は、野球でも、サッカーでも、テニスでも、はたまた陸上でも
たいていのものは観ることができるようになりました。
でこぼこでも会話は成立します。努力あるのみです。

けれど人生は皮肉なもので、私がこれほどスポーツ嫌いなのにも関わらず
長男は中学入学と同時に、まったく何の相談もなく野球部に入部し
いきなり丸坊主になって帰宅しました。
内心終わったな(何が?)と思いましたが
誰に迷惑をかけるわけでもないことで
子どもが自分でこうすると決めたことに反対したり
自分の考えや好みを主張したり、押し付けたりするのは
間違ったことだと思うくらいの理性はあります。

まあ心の底から応援したかというと、そこは微妙ですが
三年間黙々と炎天下のグラウンドで応援に立ち、
道具や飲み物を運んで、決められた部活生の親の勤めを果たしました。

今だから大声で言いますが、私はやっぱり夏も太陽もアウトドアも大嫌いです。
だからこそ、人生は決して自分が望むような方向へは転ばないものだと
むしろ敢えて困難な、不本意なほうへ転がるものものなのだと
またまたこの時も確信しました。

私の好きな作家伊藤計劃さんが「宇宙戦争」という映画のレビューで
「戦えばなんとかなるんだ、むしろ戦うべきだとか
物事には理屈があるんだとか、そんなふうに思える人は
たぶんヒトが無力であることに耐えられないんだろう。
わけのわからないことが嫌いなんだろう」というような部分があって
激しく同感しました。

表面的に読めば、どうしようもない悲観主義とか虚無主義と取られそうですが
私にとっては、この社会に蔓延する不毛な勝ち負け思考のその先
もっとマクロな視点で見た世界と人間の姿を示唆してくれていて
とても含蓄にとんだ一節でした。
(もはや信者と化していることは自覚しています)





ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


コメント (2)

親の教育力

2015-08-21 10:57:11 | 社会・生活
また中学生が被害者になる痛ましい事件が起こりました。
こういう事件で、被害者とかその親御さんを批判するような発言をすると
不快に思われる方がおられることは分かっていますが
これはいじめの問題や、子どもたちのスマホ依存にも関係がありますので
思ったことを書いていきます。

事件のことを知った時に、私の頭にまず浮かんだのは
「中学一年生の女の子が、夜中に町を徘徊してるってどういうこと」
という疑問でした。これは実は川崎の事件の時も思ったのです。
私が育ったのは昭和で、親も昔の考えでしたから
夜出かけられるようになったのは高校生になってからでした。
そしてうちの子どもたちも、中学までは
夜遊びに行くにしても、誰とどこに行くとか、帰りは大体何時になる
といったことは、親に伝えて出かけていました。

私は子どもたちが勉強をしないとか、テストの点数がどうだとかいうことについて
注意したり怒ったりしたことはほとんどないし
それぞれの趣味や、プライペートな行動に口を出したり制約したこともありません。
けれどそれはそれで、大人になったから、奔放すぎて
開いた口がふさがらないようなチョンボもあったので
けして自分の育て方が良かったとは思っていません。

第一私が子どもたちに指示や命令をしない理由は
私がとても愛情深い優しい人間だからではなく
自分がむやみに人から指示されたり命令されたりするのが大嫌いだから
自分が嫌なことは、ダンナや子どもたちにもしないという
ものすごく個人的な理由によるものです。

というわけで勉強や趣味にはいっさい干渉しませんでしたが
小学校から中学まで、子どもの健康と安全にはかなり神経質でした。
小学校までは、家族で夕食を食べるのが普通だったので
中学で、部活で帰りが遅くなった最初は
男の子なのに、通学路の途中まで様子を見に行くほど心配症でした。
娘のほうは20才まで、バス停まで迎えに行ったりしたこともあります。

私はその辺は、すごく怖がりで考え方も古いのだろうと思います。
ですから最近の事件で、中学生の子どもが夜中に出歩いて
事件に巻き込まれるという話には、ものすごく違和感を感じてしまいます。
確かに中学生になると、小学校の時よりさらに親の言うことを聞かなくなります。
だからといって放置していいということではないと思うのです。

長年地域の役員などをして
親御さんには幾つかのタイプがあると思いました。
子どもさんを放任する親御さんには
「うちの子はちゃんとしてる。しっかりしてるから大丈夫」という
我が子信頼型があります。
これにはご自身の教育に絶対の自信を持っているという人もいますが
兄弟関係も影響していて、上に年長の兄弟がいる親御さんは
上の子で、たいていのことは経験しておられますから
下の子どもさんに対しては、概しておおらかになります。
「そんなに心配せんでも、何とかなるよ」という感じです。
それと、勉強とか部活をちゃんとやっていれば
日常生活については、いっさい関知しないみたいな方もいます。

他には、ご両親ともそれなりに責任のある忙しい仕事をされている場合や
経済的に大変で、長い時間仕事をされていて
子どもの学校の行事などに関わる時間がまったくないという場合もあります。
けれどそういう親御さんでも、可能な限り子どもや学校生活に関わろうという
意識のある方もおられますし、反対に完全に無関心という方もいます。

小学校や中学校の難しさは
親も子どもも、こういう、それはもう色んなタイプが
ごっちゃまぜになっている点がとても大きいと思います。
これが、例えばスマホの利用の仕方といった
生活面で一定のルールを作る必要がある時に
意見をまとめることがとても難しくなるし
仮にルールを決めたとしても
保護者会にも出ない、プリントも見ない
そもそも親も子供も「そんなの関係ねぇ」みたいだと
作った規則も、まったく意味をなしません。

しかも中学生くらいになると、子ども社会では
ルールを守らないほうが大人っぽい、カッコいいみたいな
まるで裏社会みたいな価値観が幅をきかせ
ルールを守ろうとしている子どもたちまでが
間違った同調圧力に巻き込まれてしまう。
こういう状況は
いじめの中の一部にも、スマホ(Line)の長時間利用の問題にも
小中学生の夜遊びなどの生活の問題にも
色々なところに影響していると思います。

小学校や中学校での子どもの問題行動の背景には
実はこのような親の問題があることも
案外多いのではないかと思えます。
ですから保護者同士で同じ価値観を共有することはとても難しいのですが
こうしたことに、個々の家庭でマイルールを持ち
親が、自分が正しいと思うことを子どもに伝えることは
私は大切なことだと思います。

ですから私がもし今子育て中だったら
「こういう事件は、こんなに物騒な世の中なのに
夜中になっても、我が子の安否を確認せず
子どもを探そうともしない親にも大きな問題があると思う。
第一そういう時のためのスマホじゃないのか。
夜中の12時になって、子どもがいないんだったら
あらゆる方法で子どもの無事を確認するべきだし
首に縄をつけても家に連れてかえるのが本当。それをしないなら
ある意味自業自得と言えなくもない」くらいのことは言うと思います。

さらに私は昨今のアイドル隆盛の世相についても
「中高生の女の子に、パンツが見えるようなスカートはかせて労働をさせ
大人たちが金を稼ぐ、それを容認し、憧れたり真似したりする風潮が
子どもたちをロリコン的な性犯罪に巻き込む大きな要因にもなっている」
みたいな話もして、たぶん家族のひんしゅくを買います。

子どもにああしろ、こうしろみたいな指示や命令をしたことはありませんが
自分が「こうあるべき」と考えていることについては
きれい事で済ませることはしません。
たとえ家族が「そんな極端な」と思おうが
「お母さんは古い」あるいは「お母さんはひどい人だ」と感じようが
自分がこうと思ったことは言います。
それが正しいのか正しくないのかは
子どもが自分で考える、それが大事だと思えるからです。




ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


コメント

残してほしい幽霊文化

2015-08-13 14:53:25 | 社会・生活
お盆といっても、ダンナの仕事は年中無休なので
特にお盆休みはありません。
その代わりに、今度のシフトは
出勤の時間が、午前11時ごろとか午後2時ごろ、夜中の11時ごろと
まちまちで、夜中の1時ごろに帰宅する日も
一杯飲んで寝るので、やたらにご飯を作る回数が多くなりました。

何だか買い物に行ってはご飯ばかり作っている感じで
36度とかの酷暑の中、チャリこいで買出しに行きながら
「これ、末期がんの患者の生活じゃねえし」と
心の中で悪態をついていますが
それでも露店の八百屋で働いていた頃からしたら
夢のようにのんびりした日常ですから、これ以上ぜいたくは言えません。

*ステージ4は末期ではないという説もありますが
医学的には「末期」に分類されているそうです。
ちなみに症状が重くなって死期が近い場合は「終末期」とのこと

家に私の旧姓のご先祖様の仏壇があるので
毎年恒例で、こじんまりとお盆の飾り付けをしました。
でも、もうずいぶん前から
「ご先祖様って、お墓にもいて、仏壇にもいて
でもお盆には極楽(?)から戻ってくるって
バルタン星人みたいに分身の術でも使うのか」という疑問を持っていますが
そういう理屈を超越しているからこその宗教なのでしょう。

このところ特に映画館で観たい映画もなく
DVDのレンタルの値下げ待ちで「観てもいいかな」と考えているのが
ティム・バートン監督の「ビッグ・アイズ」とか
ある有名な映画のブロガーさんが「ダメ人間映画の頂点」と評されていた
「百円の恋」とか、オンデマンドで近々100円になるらしい「紙の月」
後は先日封切られていた「脳内ポイズンベリー」あたりでしょうか。

ただ最近ますます、親子とか、夫婦とか、恋愛とか、自分探しみたいな
ちまちました人間ドラマ的なのに付き合う根気がなくなっていて
そういう「観てもいいかな」の過去作がだんだん増えてきているので
実際に観れるのはいつになることやら。

そんな中、あまりの暑さにどろりと溶けて
ぼんやり観たのがケーブルで放送された「ザ・リング」
そう「リング」のアメリカ版です。
リメイクですから、当然のことながら「リング」を踏襲している部分もあるし
変更されているところもあるのですが
本質的に「リング」の主役である貞子のキャラクターが違いました。

前から思っていたのですが、やはり欧米の人には
幽霊というものが、今ひとつ恐怖の対象にはなりにくいのかなと思います。
これは、キリスト教を信仰していない日本人にとって
悪魔というものに、強い恐怖心を感じることができないのと同じです。
日本のお芝居や、物語や、映画に登場する幽霊は
もとは中国由来なのでしょうが
仏教の教えと相性がよく、「因果応報」の拡大解釈という形で
すっかり日本の文化に定着しました。

映画のブログでも書きましたが
子どもの頃に観た「四谷怪談」
それはもう怖かったです。
手で顔を隠して、指の間からおそるおそる見ました。

でも、なんの罪もない人を殺したり傷つけたり、ひどい目に合わせたら
こんなにも恐ろしい目に会うのだということを
幼心に、それはもう骨の髄まで叩き込まれました。
だから人間は悪いことをしてはいけないのだと。
恐怖という感情は
どんなきれいごとの道徳のお題目よりもよほど効き目があります。

外来種のホラー映画、ジェイソンとかフレディとか、あのへんの系譜は
日本の幽霊映画とはかなり違います。
加害者と被害者の間に、たいした因果関係はなく
無差別殺人に近いものがあります。
そういう意味では、日本版の「リング」や「呪怨」も
本来の幽霊話と、欧米型のホラーの折衷型とも言えます。

「子どもに残酷なものを見せるのはよくない」という考え方が一般的ですが
私は昨今の若者たちの歯止めのない無軌道さを見ると
「人を殺したり苦しめたりしたら、こんな怖い目に合う」という
王道の幽霊映画は、なるべく小さい頃に見て
うんと怖い思いをしたほうがいいのではないかと思います。
「こんなことをしたらアレが出る」と
パッとイメージが浮かべば、いじめにしろ何にしろ
即効性のある抑止力になります。

「な、バカな」と笑われる方もあるかもしれませんが
もともとキリスト教の、壁画などの宗教画も
地獄や極楽を描いた仏画も
文字を理解することができなかった一般人に
教えを理解してもらうための手段だったそうです。
難しい言葉は分からないからビジュアルで分かってもらうわけです。

というわけで、怪談あるいは各種の幽霊文化は、
それなりに教育力のある日本の誇る文化だと私は信じています。
たかが幽霊、されど幽霊です。
そんな幽霊文化が、このままなし崩しにホラーに合併吸収されて
性格を変え、なくなってしまうのは寂しいものがあります。

以前「ホラー小説を書いている」と書きましたが
厳密には、この幽霊文化の系譜のお話を書いています。
今風ではないので、あまり受けはよくないですが
「怒りや悲しみを抱えて死んだ人は
今でも普通に自分たちの周りにいるんだよ」というそういう世界
そして死んでいった人間の思いを
ちまちまと形にするという試みを続けています。
と今日は何となくお盆風のネタで。






ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


コメント

依存症と脳の話(2) 神経細胞

2015-08-08 15:18:57 | 依存症
色々なこころの病気や依存症の話では
「セロトニンが足りない」とか「ドーパミンが出過ぎて」とかいう
説明が出てきますが、よくよく考えてみると
断片的な知識ばかりで、全体像がよくわかりません。

それで脳の構造とか働きとか脳内物質といわれるものについて
大体でいいから理解したいなと思ったわけです。
ただし今から分厚い専門書を何冊も読んでというのでは
それこそ間に合わないし、専門用語満載の解説を
理解できるような頭でもありません。

で、あちこち探していたら「脳の講座」というサイトがありました。
イラストで、会話形式で説明されているのでわかりやす~い。
しかも内容は相当に専門的なところまで丁寧に書かれています。
そのサイトの内容を中心に、さらにざっくりとまとめてみようと思いますが
私の未熟な説明では分からない、不満だよという方は
リンクをしておきますので「脳の講座」を見てみてください。

脳は、視覚や聴覚や嗅覚、記憶や判断、言語の理解
運動や感情や意思など、すべての生命活動の中心である。

脳には約1000億個の神経細胞がある。

「思考」「感情」「記憶」「行動」などは
すべて脳が作り出す情報である。

脳に伝えられる情報とは電気である。

細胞は体内に栄養と酸素を取り入れてエネルギーを作り
このエネルギーが電源の役割をして
エネルギーを消費させて、電気を発生させている。

例えばりんごを見て「りんご」と名前を答えるためには
目で見て認識し、過去の記憶からそれが「りんご」だと判断し
「りんご」と答える行動をする。

たったこれだけのことをするのでも
「視覚」→「認識」→「記憶」→「判断」→「行動」という
脳のいくつもの部分に次々と情報が流れて
「りんごを見てりんごと名前を答える」という行動が成り立っているわけです。

この電気を伝える役割を持った細胞が神経細胞で
神経細胞には、電気の流れ方を自由に調節できる働きがある。


 ○覚 (知覚・味覚・嗅覚・聴覚・触覚・痛覚など)
 ○○神経 (交感神経・反射神経・運動神経・反射神経など)はすべて
神経細胞の集まりである。

ボールが飛んできて、ぶつかって「痛い」と感じるのも(痛覚)
「あぶない、よけろ」と情報(電気)が流れて
ボールにあたらないようによけるという行動をする(反射神経)のも
「ボールを取れ」という情報(電気)が流れて
手を出してボールをキャッチするという行動をする(運動神経)のも
すべて神経細胞が、脳の中で瞬間に
とても複雑で迅速な働きをしているわけです。

 神経細胞はこのように個々に機能するのではなく
お互いに繋がって協力し、ひとつのまとまりとして機能しています。

このような繋がった神経細胞のまとまりを『神経回路(ニューロン・ネットワーク)』といい
人の脳の中には、このような最新コンピューターの
何十万倍も優秀な回路ができあがっているわけです。

こうしてとても大ざっぱに要約しても
人間の脳の構造や働きは、宇宙にも匹敵するほどの広大さと
複雑で無限大の広がりを持っているように思えます。
けれど、精密な機械が、精密であればあるほど
一旦壊れたら修理が難しいように、人間の脳も
どこかに不都合が生じると、簡単にはもとに戻せないことも納得できます。

NHKの日曜日の夜「ダーウィンがきた」という番組が放送されていて
様々な生き物の生態、交尾や妊娠、出産、子育てがドキュメントされています。
自然界に生きる者は、自分の命を守るために必要なノウハウを
我が子に伝えていきます 。

けれど人間は文明が進んだ分、生きていくために必要とされる情報や学習の量が
千年前、あるいは百年前と比べたら、けたちがいに多くなってきています。
それがさらに日進月歩のテクノロジーの進歩によって
もはや生物としての人間の脳が処理できる限界を超えてきているのではないかと
ふとそんなことも考えてしまいます。

私の口癖は「急がば回れ」ですが
改めて脳について勉強を始めてみると
言葉をしゃべれなかった赤ちゃんが言葉を覚え
リンゴを見てりんごと言える、それだけでも
実はすごいことだなと改めて思います。

スーパーコンピューターを超える能力を持った脳を持つ一方で
本来は生物というか動物の中のひとつの種である人間をどう育てるのがよいのか。
あるいは脳の働きに不都合を生じてしまった人間の脳を
どうすれば生きていきやすい状態にすることができるのか。
脳について知ることで
少しでも見えてくるものがあればと思って書いていきます。
けれどはたして依存症の話にまで行きつくんだろうか。









ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


コメント

《大切なお知らせ》マックという名前を悪用する団体について

2015-08-01 14:48:47 | 依存症
私が4月に書いた「ジャパンマック福岡のセミナーのお知らせ」
という記事に、ぱんださんという方から
「ジャパンマック福岡は、生活保護の人から搾取をしている
問題のある組織だと聞いたが、本当でしょうか」というお尋ねがあって
本当にびっくりしました。

「その話は間違いだと思うが、わたしのほうでも調べてみます」
とお返事していましたところ、コメントをくださったぱんださんが
ご自身で懸命に調べてくださり、真相がわかりました。
以下が再度いただいたコメントの要約です。

<函館市に本部がある依存症支援施設フリーダムが
利用者の社会復帰を名目に生活保護費の搾取を行っていた。
この前身が「日本マック」のちに任意団体「ひかりあれ」という
組織を福岡市に作り、同様の不正行為をしていました。
そしてジャパンマック本部のHPにも「日本マック」などと名乗る
施設が出てきて利用者の人権侵害が問題になり、取材や問合せが
あって困りました、名前に騙されることのないように、とありました>

ぱんださん、丁寧に調べてくださって本当にありがとうございます。

実は私も、去年の6月に、福岡市で依存症の回復をエサに、
生活保護の人を食い物にする組織が摘発されたという話は
新聞の記事で見て、このブログでも書きました。
けれど新聞記事には「マック」という名前はなかったので
その事件の背景に、ぱんださんが教えてくださったようないきさつ
があったことを初めて知りました。

結論から言えば「ジャパンマック福岡が生活保護の人から搾取をしている」
は、混乱した情報から出てきた間違いです。

そしてもう一つ、このブログでは
薬物依存症からの回復施設であるフリーダムにもリンクをしていました。
ぱんださんのご指摘で、貧困ビジスで違法行為をしている団体が
フリーダムとも名乗っていることを知り
こちらも誤解を生じてはいけないと思いリンクを一旦解除しました。

大阪の、薬物依存症回復施設「フリーダム」は
ダルクとも提携をされている組織だと思いますが
今回「マック」とか「フリーダム」とかいう名前が
盗用、悪用されていることを知り
慎重に対応することにしました。


私が最初にジャパンマック福岡の名前を知ったのは
テレビのニュースがきっかけでした。
「福岡に初めて色んな依存症の相談に応じてくれる施設ができる」
ニュースによれば、公的な機関や医療施設とも提携して
依存症の問題に対応してもらえるということでした。

それからジャパンマックについて調べて
費用の負担などの心配がなく相談できる点なども考慮して
このブログにリンクをし、セミナーや講演会の案内もしてきました。
ジャパンマックのHPのトップページで
名前を悪用されたことがあるという記事は読んでいたのですが
それは過去に起こったことだと思い込んでいて
今回ぱんださんからいただいたコメントの内容とは
結びついていませんでした。

これもぱんださんに教えていただいたのですが
ジャパンマック福岡は、福岡市の精神保健福祉センターのHPでも
アルコールやギャンブルの相談機関として
外部リンクされているようです。
ですからそういうところで「ジャパンマック福岡」のことを知って
相談に行かれる方もおられるようです。

改めて「ジャパンマック福岡」の方にもお聞きしたところ
やはり去年摘発された団体が「福岡マック」という名称を名乗っていたこともあり
それに関わられた役所の皆さんの中にも
間違った情報が伝わっていることは知っておられました。
こうした誤った情報というのは、間違ったまま伝えられてしまったり
それがネットで拡散してしまったりすると
訂正することがどんどん難しくなっていきます。

各地に出没する「マック」を名乗る団体については
リンクしているNPO法人ジャパンマックのサイトの
「ジャパンマックとは」というページの「こぼれ話」に
ぱんださんが転載してくださった内容が書かれています。
これを過去の話だと思って読んだ私が甘かったです。

確かにこういう悪徳詐欺系の犯罪者集団は
いかにももっともらしい、だまされるような肩書きとか名称を
次から次へと考え出すものです。
そして摘発されても、逮捕されても
雨後の竹の子のように、また新しいのが出てくるのだ
ということを、今さらながら肝に命じました。


どの依存症にしても、依存症の問題を抱える本人や家族の人は
ものすごく大変な毎日を生きていて
回復につながる手段も、相談できる場所もとても少ない中で
それこそわらにでもすがるような思いで
解決できる方法を探しておられる方が多いのです。
また回復施設で活動をされているスタッフの方も
未だ手さぐり状態である依存症者の回復への手助けを
日夜続けておられます。

そういう当事者たちの、悲しみや苦しみや努力を
すべて水泡に帰してしまう、得体の知れない組織や人間たち。
増え続ける振り込め詐欺も、架空請求も
違法ドラッグの拡散も、すべて根っこは同じものです。
もういい加減にしてほしいと思いますが、これまたどうすることもできません、

そんな中で、こうして情報を提供していただき
それをブログを読んでくださる方とも共有できることはとてもありがたいことです。
まったく面識のない方でもこうしたやり取りができることは
ネット社会ならではの良さでもあります。
改めてありがとうございました!



ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村


コメント