癌と生きる 依存症と生きる

命がある限り希望を持つということ


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明日ジャパンマック福岡開設4周年セミナーがあります

2017-10-14 15:06:20 | ギャンブル依存症
お知らせがぎりぎりになってしまいましたが

明日「ジャパンマック福岡開設4周年セミナー」があります。

 日時 10月15日(日) 11時~16時 開場 10時半
 会場 あいれふ 10階 講堂 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号 
        地下鉄「赤坂」駅から徒歩4分

 内容  依存症からの回復体験講演会と
     
     NPO法人ジャパンマック岡崎直人氏
     福岡市精神保健福祉センター 所長 本田洋子氏の講演

 事前の申し込みは不要で、依存症に関心、興味のある方なら
 誰でも参加できます。参加費は無料
 12時から13時は昼食の休憩時間で、昼食は各自で用意。

昨年は午後の部ですが参加できたので、もう一年も経つのかと
ちょっとしみじみしてしまいました。
今年は…。さすがに、遠出をしたり、長時間出かけることが
だんだん難しくなってきています。日によって、体調に波があり
当日にならないと、行けるかどうかわからないという感じです。

ジャパンマック福岡では、12ステップを活用したマックプログラムによって
アルコール、薬物、ギャンブルをはじめ、買い物や借金や性
携帯(スマホやゲーム)など、様々なものへの依存からの回復をめざす
取り組みが行われています。

私も今まで参加したセミナーなどで、様々な依存症からの回復の過程にある
人たちの体験談を聞きました。ほとんどの人が、最初は半信半疑で
あるいは、ミーティングに参加するのが嫌だったというところからスタートして
挫折もあり迷いもある中で、プログラムを続け、自助グループに参加して
現在も、依存の対象となるものを止め続けることができているという話でした。
またジャパンマック福岡では、本人だけでなく、家族の回復、支援のために
継続的にクラフト勉強会や家族のための勉強会も開催されています。

日々報道される事件のニュースを聞いていると
問題を家族の中だけで抱え込み、なんとか自分たちで解決しようと無理をして
悲劇的な結末を招いてしまったという例が、あとを絶ちません。
依存なりなんなりの問題を抱える本人を変えることは簡単ではありませんが
家族が外の世界に目を向ければ、相談できる場所は必ずあります。

ダンナが介護の仕事をしているので、先日も
「昔は、親を施設に入れることにすごく抵抗があったよね。
家族が世話をしないのは薄情だとか、人の目を気にしたりね。
でも、今は地方でも、親を施設に入れたり、デイサービスに通わせたり
介護のプロに頼むことがずいぶん普通になったのは、すごくいいことだよね。
子育ての悩みとか依存症のこととかも、相談できるところに相談して
助けてもらうのが当たり前という感じになればいいのに」という話をしました。

依存症の自助グループというと、すごく特殊なものと思われる方もあるでしょうが
例えば、体や心の様々な病気であれば患者会というのがあって
自分の思いを話したり、病気の情報を交換したりされています。
依存症の自助グループの場合は、12ステッププログラムに基づいて
仲間同士が支えあうことで、止め続けることができたという長い実績が
あるので、それが踏襲されています。

体験発表を聴いても、プログラムへの取り組み方、向き合い方
理解の仕方は人それぞれという感じで
いつまでに、第〇ステップまで終わらせるとか
何が何でも12ステップまで終わらせなければいけないというような
性質のものでもないようなので、あくまで各々が、理解可能、実行可能な
範囲で取り組まれているように感じました。

そういう色々な方の体験談を聞く中で、改めて
本人の回復に絶対に必要なのは「○○を止めたいという願い」なのだと
思いました。「ギャンブルのない、それまでとは全然別の人生を生きたい」
という痛切な願いがあれば、12ステッププログラムと
自助グループでの仲間の支えによって回復ができる可能性があるし
ほかの、例えば認知行動療法などでも
それが自分に合いさえすれば、回復していくことができるように思います。

奇しくもダンナがギャンブル依存症になったせいで
好むと好まざるとにかかわらず、こうしてギャンブル依存症について
あれやこれやと勉強したり、書いたりする人生になりましたが
もしもジャパンマック福岡と関りを持たず、セミナーや勉強会にも行かず
ただ借金の問題を解決しただけで終わっていたら
私は、昔と同じように、今でも心の中でダンナを恨み続けていたかもしれません。
ギャンブル依存症や依存症全般について
色んな方のお話を聞いたことで、世界は格段に広がりました。

このブログで何回も書いていますが
どんな依存の問題があるにせよ、同じ問題を抱えた人たち
あるいは依存症者の家族の方々や援助者の人たちとの出会いで
得るものがたくさんあります。
こういう機会を利用して、同じ問題を共有する
外の世界の人たちとつながり
少しでも、問題を解決する糸口を見つけていただけるように
願ってやみません。

 

ランキングに参加してみました。よろしければクリックをお願いします!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 依存症へにほんブログ村


にほんブログ村 病気ブログ 乳がん ステージ3・4へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 通院日とノーベル文学賞 | トップ | さよなら シーザー »

コメントを投稿

ギャンブル依存症」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事