高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

明治維新で入れ変わった「天皇家」の正体は「レプティリアン」(人食い)!!

2020-08-14 00:24:32 | 日本の闇

明治維新で入れ変わった「天皇家」の正体は「レプティリアン」(人食い)!!

地底を逃げ惑う「人と食い達」を、次々と逮捕して処刑するトランプ大統領は「救世主」なのかもしれません・・・。

 

帝都の地下に巣くう「人食い達」を殲滅するために米軍は「TR-3Bアストラ」を投入!!

8月12日3時30分、東京上空に黒雲が表れていきなり無数の稲妻が大地を襲いました!!

昨日は「TR-3B」による「人食い達の地下施設」への200発の電磁パルス攻撃でした!!

 

このような雷はありません!!

筒のような光の中から、強力なパルスが地上に落下しています!!

雨雲の上に隠れて、地下200mから300mに焦点合わせて攻撃しています!!

 すごい数の落雷に、紛れて「人食い達」の地下都市を「プラズマーパルス」で攻撃しています!!

遂に米軍は帝都の「人食い達」の要塞攻撃に「TR-3B」を投入!!

14日からの「特殊部隊突入」に備えて障害となる防衛網を破壊したのでしょう!!

 

米軍の特殊部隊は、地下への突入時には3,000度の熱で全てを溶解させる「手投げ弾」を使用しますから、「人食い達」には対応することが出来ません!!

世界の各地で「戦略核」が、使用されています・・・。

 

日本赤十字という「人食い達」の隠れ蓑の正体は人身売買組織である!!

 

今回の一連の「アドレノクロム」騒ぎにより、「富士フイルム」、「武田薬品」、「三井ケミカル」という整備う販売元が暴露されたが、その膨大な売上金が「日本赤十字」に隠されていることが露見してしまいました!!

 

天皇という力の正体は「異星人」(人食い)

天皇グループ最大の企業「日赤」

天皇財閥は日銀の20%程度の株式を有しているという情報もあります。

 

今回は、「世界最大の企業」とも言われている日本赤十字社(日赤)と天皇財閥との関係を掲載します。

 

日赤については、近年でも数多くの書籍が出版されていますが、その活動内容に関しては、不明な部分も多く、謎に包まれている企業という印象です。

 

◆天皇グループ最大の企業「日赤」

現在の「天皇グループ」企業の代表であり、かつ最大の企業は「日本赤十字社」(日赤)であろう。

 

日赤は明治10年(1877)の西南戦争時に熊本洋学校に設立した博愛社を前進とし、同19年ジュネーヴ条約に調印した政府の方針により、翌同20年に国際赤十字の日本版として日本赤十字社と改称した。

 

当時、西欧の王室は赤十字活動に熱心であり、日本でも天皇家の近代化のために皇族が大きく関わっている。管轄省庁は宮内省であった。

 

戦後の日本赤十字社は、昭和27年(1952)に制定された日本赤十字社法によって設立された認可法人であり、準公共機関である。

 

株式会社のように株主がいるのではなく、「社員」と呼ばれる個人参加の結合による社団法人類似組織である。現在の名誉総裁は美智子皇后、代表者である社長は近衛忠輝氏(旧公爵近衛家当主)である。

 

日赤の歴史を描いたイギリス人のオリーブ・チェックランドは『天皇と赤十字』のなかで、篤志家(とくしか)による自発的な意志によって運営されるべき赤十字は、日本では根付かなかったとしている。

 

もともと日赤は「天皇の赤子」である軍隊の健康管理を主目的として活動したため、第二次世界大戦中は陸海軍病院での自軍隊救助活動のみに従事し、戦場での敵軍隊への救助活動が見られなかったことを指摘している。

 

戦後になって社員の数は増え続け、今では世界でも最も多いという。社員増加にともない事業規模も拡大。

 

日赤ホームページによると、平成20年度の決算報告では1兆円を超える規模であり、うち血液事業が1500億円、医療施設事業が8000億円を占めている。

 

一見すると善意のかたまりのような団体だが、内部の不透明性を指摘している本もある。

 

松倉哲也の『現代の聖域 日本赤十字社』によると、日赤は非課税にもかかわらず診療報酬が開業医と同じであったり、献血された血液が製薬会社に売られたり、治療用の血液も「在庫調整」のために捨てられたりといった不祥事が告発されている。

 

「人食い達」の飲み物だ!!

1袋を1,000円程度で販売しています・・・。

都内の日本赤十字の地下で販売しています!!

 

皇居の秘密 「宮中三殿の御神体」のための地下防空壕が存在!!

 

「即位礼当日賢所大前の儀」に臨まれた天皇陛下

 

 10月22日午前、即位礼正殿の儀に先立ち、天皇皇后両陛下は、皇居の中心部から南西の森深い場所にある「宮中三殿」にて、「賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」と「皇霊殿神殿(こうれいでんしんでん)に奉告の儀」に臨まれた。

 

宮中三殿に祀られている歴代天皇や皇族方の皇霊や、八百万の神々へ、即位の奉告をする儀式だ。

 宮中三殿は、皇室方が国家と国民の安寧を祈る宮中祭祀の中心地だ。独自資料や古地図などをもとに、皇居の秘密に迫った新著『最後の秘境 皇居の歩き方』の著者で、歴史探訪家の竹内正浩さんが、竣工当時から現在における宮中三殿の様子について語る。

 

「宮中三殿は、皇居の中の建造物の中でも、その歴史は古い。宮城(現在の皇居)の造営を控えた明治17年(1884年)5月に基礎工事が始まり、明治19年11月に竣工。明治天皇の宮城移転翌日である明治22年1月12日に遷座しました。

 

 銅瓦葺入母屋檜素木造(どうがわらぶきいりもやひのきしらきづくり)といわれる宮中三殿の建坪は合計97坪余り。賢所、皇霊殿、神殿の三殿のほかにも、西側には新嘗祭のみに使用する神嘉殿(しんかでん)があり、その前庭では元旦の四方拝と年末の大祓の祭祀が行われます。

 

その他にも、御召替えの支度を調える綾綺殿(りょうきでん)などの施設が建ち並びます」

 まさに皇室祭祀の聖地ともいえる宮中三殿。明治宮殿が焼失した太平洋戦争末期の空襲の中でも、「この場所だけは何としても護らねばならない」と決死の防空対策がなされていたため、現在でも明治の姿をとどめているというから驚きである。

 

 太平洋戦争時の米軍による容赦ない空襲により、皇居にも数多の焼夷弾が落とされ、威容を誇った明治宮殿が焼失し、消火活動にあたった職員などから多くの殉職者が出た。

 

ただ、宮中三殿に祀られている御神体は絶対に護らねばならない。

 

そこで、太平洋戦争勃発翌年の昭和17年には、宮中三殿の御神体を護る防空施設が完成していたという。

 

「昭和17年6月には、賢所、皇霊殿、神殿のための地下防空施設である御斎庫(おさいこ)が竣工しています。

 

およそ24平米の地下室で、その上には盛土が施されました。

 

 サイパン島陥落後の昭和19年11月から昭和20年8月30日まで宮中三殿の御神体が御動座されていました。宮中三殿から御神体が“疎開”していたのです」

 

 入念なる対策により、からくも戦火を逃れた宮中三殿の御神体と本殿は終戦後、深く傷ついた国民の平和と安寧を祈る役割に戻ることができた。

 

平成から令和の御代となり5か月が経つが、その間にも、さまざまな天災、人災が国民に試練を与え続けている。

 

静寂に包まれた“祈りの場”としての宮中三殿は、皇族方に!!とって、重要な場所だ。

 

遠い雲の上の存在である皇室だが、22日に行われた儀式は、その意味を知り、その一挙手一投足を見守ることで、天皇皇后両陛下が日々、国民の心の奥深くに寄り添っているのだと強く感じる・・・?

 

「人身御供」を帝都の地下で行っているのは、何の儀式なのかな・・・?

 

「天皇家」の悪口雑言が、ネット上を騒がしているが事は重大である!!

先の大戦で

「天皇陛下万歳!!」

と叫んで、戦地に散った多くの兵士たちの心情を思うと胸が締め付けられてしまう!!

これからの世界の指導者たちです!!

虎猫の金塊を米軍に持ち去られてしまいました!!

誘拐された子供たちを救出する協議会 
TEL042-365-2728  FAX042-361-9202 
住所、氏名。電話番号を明記の上でFAXでお問い合わせください!!
多くの方たちから「行方不明の子供」の情報が送られてきます!!

敵わぬ敵ではあるが、身を挺して子供たちを守らなくてはならない!!

限りなく美しい国のために、そして民族のために屍と成りても闘わん!!

有志達89名が、参加したいとの希望がありましたが危険が伴いますので「声援」だけをお願いしました・・・感謝します!!

この「人食い問題」を、解決しない限り、私たちに安住の地はない!!

ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。
  
 ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼ ロにしてくれます。
最低、半年は飲んでください!!

不況に左右されない特殊な業務で業界独占の事業ですから、男女を問わず誰にでも簡単にできる事業です!! 脱サラ、転職に最適です!!

・起業家の皆さんに特選技術情報を提供します!!
    お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・
 郵便番号・住所・氏名・電話番号を明記の上でお申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事についてブログを書く
« 帝都の地下に巣くう「人食い... | トップ | 「人食い達」が跳梁跋扈する... »
最新の画像もっと見る

日本の闇」カテゴリの最新記事