田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も12年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

“熱闘甲子園”を目ざして! 休養日

2010-07-23 22:19:01 | スポーツ & スポーツ観戦
 いつの頃からか高校野球の大会日程の中に休養日が設けられるようになった。球児たちの健康面を考えると良い措置だと思う。今日はその休養日だった。そこで今日は私の戦評レポートも一休みして、これまでの感想と大会の今後を占ってみたいと思う。 

《選手のユニフォーム》
 私のメモ帳には「選手のユニフォーム~オールドスタイル」と「試合時間」というメモが残されている。大会を観戦していて私が感じた二つのことだ。

 最近のプロ野球選手のユニフォームを見ているとストッキングがまるで見えないジャージーパンツのようなものが主流である。(中にはそうでない選手もいるが…)私のような年代にはなんだかだらしのないユニフォームのように見えてしかたがない。
 高校生のユニフォームも時代の流行を取り入れているのかなと思っていたのだが、球児たちが身に付けているユニフォームは全てがオールドスタイルであった。

        
     ※ 写真のように高校球児のユニフォームは全てがオールドスタイルである。

 ファッションは時代と共にといわれるが、ユニフォームもファッションの一部と考えると変わりゆくのはあって良いのだろうが、球児たちのユニフォーム姿を見るとなぜかホッとするものを感じた。

《長くなった?試合時間》
 高校野球はプロ野球と比べると圧倒的に試合時間が短いのが特徴である、と思っていた。事実、大会当局から発表されている試合日程は一試合あたりの予定時間が2時間、試合の間のインターバルが30分間と想定して発表されている。
 ところが実際の試合時間はその想定をオーバーしている場合が多い。

 その原因は何かと観察していると…、どうやら投手の投球間隔にあるらしいということが見えてきた。
 高校野球というとプロ野球のように捕手とのサイン交換に長い時間を使わずテンポ良く投げるのが一般的と思われてきた。今大会で言うと立命館の八沢投手や北照の又野投手などがそれである。しかし、多くの投手は二人の投手とは違いわりあいゆったりとした投球間隔を取る投手が多くなったように感じた。
 走者が出たり、ピンチの場合はもちろん十分に打ち合わせをし、サインの交換も慎重にするのが必要だが、それでも全体に試合の運びが遅くなってきたように感ずる。
 勝利のために悔いを残さぬように十分な備えをすることはもちろん大事だか、変なところでプロ野球を真似してはほしくないという思いも一方ではある。

《大会の今後を占ってみる》
 今日の休養日を挟み、明日から再び頂上を目ざしての決戦が始まる。
 明日からの準決勝、決勝を私なりに楽しむために、素人なりに大会の今後を占ってみたいと思う。明日の準決勝の組み合わせは次の通りである。
 ◇第一試合 函館大有斗高校 VS 札幌第一高校
 ◇第二試合 北照高校 VS 札幌日大高校

 第一試合は函有斗の堤口投手と札第一打線の対決と見る。
 札第一の打線は駒大苫の繰り出す投手陣を打ち崩したように相当のポテンシャルを持っていると見る。その札第一打線がもし堤口投手に抑え込まれるようだと、試合巧者の函有斗が二試合とも不安定だった札第一の須田投手を攻略して試合を有利に進めるのではないか。
 総合的に見て、やや函有斗が有利と見る。(果たして?)

 第二試合は再三述べているように北照の優位は動かない。
 ただ、札日大のエース吉岡投手が準々決勝で見せたような投球を見せると北照打線といえども打ち崩すのは容易ではない。
 また北照の又野投手もこれまでの二試合はほぼ完璧だったが、明日もこれまで同様のピッチングができるとの保証はどこにもない。
 そうした不安定要素はあるものの、予想としてはやはり北照有利と見る。(果てして?)

    ※ 準決勝第二試合は北照又野、札日大吉岡両投手の投げ合いが期待される。

        
        ※ 北照高校の又野投手の投球フォーム

        
        ※ 札幌日大高校の吉岡投手の投球フォーム

 そして頂点に立つ学校は?
 それをここで予想するのは無粋というものだ。
 明日の結果がどう出るか分からないのだから…。

《おまけ 私の観戦グッズ》
 私の高校野球観戦スタイルは、長袖長ズボンにザックを背負って自転車で円山球場に駆けつけている。
 長袖長ズボンはこの歳になると日焼けすることの後遺症が怖いからだ。
 ザックの中身は、雨傘とレインコートの上下、ウレタンの観戦用座布団、清涼飲料のボトル、ほうじ茶のボトル、双眼鏡、携帯ラジオ、デジカメ、メモ帳、参加チーム資料、それに妻の手作りの弁当である。
 完璧である、と自分では思っている。
 実は私と良く似た観戦グッズを備えた観戦族をけっこう円山球場では目にするのだ…。

        
        ※ このザックの中に私の観戦グッツが詰まっている。

コメント (7)   この記事についてブログを書く
« “熱闘甲子園”を目ざして! ... | トップ | 市民カレッジ「おらが街“サッ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完璧な観戦グッズ (三四五白のヨン    )
2010-07-24 07:15:16
 ユニホームの変化については自分としてはあまり気づいていなかったので、へぇーと思いました。試合時間の長さも初めて気付かされました。大会の今後については、第1試合第2試合とも予想に札幌勢が入ってないのが寂しいかなと思いましたが、戦ってみないと結果はわかりません。おまけの観戦グッズですが、写真で見ると本当に完璧ですね。ですが、これを「毎日担いで自転車で行く」って、すごい体力ですね。
Re:完璧な観戦グッズ (田舎おじさん)
2010-07-24 10:09:35
 「予想に札幌勢が入っていない…」本当ですね。指摘されて初めて気が付きました。
 対戦相手の戦力を私なりに純粋に比較してみた結果がそうなりました。
 しかし、私の戦力分析ですからそれほどあてにはなりません。
 また高校野球はえてして実力どおり結果になるということは分かりませんから、結果はどうなるでしょうね。
 これから今日の観戦に行ってきます。
中止でした(トホッ…) (田舎おじさん)
2010-07-24 11:33:09
 何も確かめずに円山球場に出向いたところ、順延という表示が貼ってありました。(トホッ…)
 無駄足を踏んでしまいました。いや、けっこうな運動になりました。ハイ。
観戦グッズ (おなら出ちゃっ太)
2010-07-26 09:28:19
観戦グッズが興味深いですね。
できたら、中身の写真も。
いや、カバン好き、カバンの中身が好き、他人様のカバンの中身が気になる、という人は多いものですから。
つい、オイラも。(^^;
教育の一環です (とまと)
2010-07-26 18:59:29
「休養日」まったく同感です。
体をこわしてしまっては何にもなりません。試合をしたり、勝ったりすることが目的ではなく、その体験を通して生徒たちに何を身につけてもらうかが大事だと思います。
Re:観戦グッズ (田舎おじさん)
2010-07-26 20:16:30
 えっ?中身の写真?
 えーっと、出ちゃっ太さんも鞄の中身公開してましたっけ?
 リクエストに応えなくてはと思ったり、そこまで自分を裸にできないよ~、という気持ちが相半ばしています。
 少~し考えさせてくださいな。
Re:教育の一環です (田舎おじさん)
2010-07-26 20:29:38
 とまとさん、こんちには。
 暑い夏の大会では若い選手とはいっても体力の消耗は相当なものと考えられますから休養日は良い制度ですね。
 ただ、高校野球が「勝ったりすることが目的でない」というご意見には少し違う意見をもっています。
 高校野球はやはり誰もが勝利を目ざして懸命に努力をし、必死にプレーしていると思います。その懸命さや必死さの中に教育的な意味があるのだと私は思っているのですが…。
 論争は私の好むところではありませんので、お互いの見解の違いということにしておきましょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

スポーツ & スポーツ観戦」カテゴリの最新記事