中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

独立系フリーランス向け!「フリーランスは経理も自分でやろう!!」_#8

2019年11月04日 08時31分56秒 | フリーランス診断士

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション ”フリーランス診断士”の長岡 力(ながおかつとむ)です。
今日も『独立系フリーランスが苦手とする”お金”をテーマとするブログ』を読んでいただき、ありがとうございます。


このブログは、我々フリーランスが個人と事業の両面において不安を抱えている”お金”をテーマに、
中小企業診断士・FP技能士として私自らが人柱になり、知り得た情報を不定期で発信していきます。

 ・株式会社や合同会社等の法人を設立した小規模企業経営者の方
 ・会社や組織等から仕事を受けている個人事業主の方
 ・定年退職者や主婦等でお仕事をされている方
 ・これから独立を考えている方

等々、自身の専門知識やスキルを提供して対価を得る”独立系フリーランス”を読者として想定しています。

【過去の投稿】
 第1回:「独立系フリーランスが苦手とする”お金”をテーマとするブログを始めます!
 第2回:「お金に関する10の質問」
 第3回:「フリーランスの現状について知る!」
 第4回:「フリーランスの年収はいくらなのか??」 
 第5回:「フリーランスは給料を貰えるのか??」
 第6回:「報酬の源泉は売上高と利益である!!」  
 第7回:「フリーランス、利益はいくらにすべきか??」 


 

前回 は、フリーランスは利益を管理する必要性があることを書きました。

私は日頃のコンサルティングでは、業績を細かく把握するために、会社であれば「決算書」、個人であれば「申告書」を過去3期分に遡って細かく見るようにしています。

その際にいつも思うのですが、今までの経験から言って、経営者の決算に対する意識は・・・

 「非常に細かく把握しており、経費の詳細に答えられる」・・・10人中1人。
 「おおよそ把握している」・・・10人中2人。
 「決算は自分でやっていないから分からない」・・・10人中7人。

という感じです。中には、黒字か赤字かも分からない、年間の売上高も分からない・・・という方もいます。
そういう方が異口同音に答えるのは、「経理は分からない」、「税理士に任せている」、「細かいことは嫁に聞いてくれ!」です。

創業20年以上の実績のある企業で、売上高が高位安定しているのであれば、経理業務を外注・分業することは合理的だと思いますが、
我々フリーランスは”経理は経営者自らの仕事である”と思いましょう!!

決算書は税金を支払うために作るだけではありません。子供の頃に「通知表」を貰ったように、我々フリーランスは決算書から、今年一年の活動を総括する必要があります。

決算書の作成については、別の機会に改めて書くとして、ここで書くべきは、いかにして「利益をコントロールするか」です。 

そのために、まず経費には「変動費」と「固定費」があることを知っておきましょう。

「変動費」とは売上に応じて増減する経費のことで、「固定費」とは売上にかかわらず発生する経費のことです。
具体的には、前者は「仕入高」「販売手数料」、後者は「家賃」「リース料」「水道光熱費」 になります。

ということで、まずは、自分の事業の経費を「変動費」と「固定費」に分解してみましょう。

その際に、購入先やメニューが選べる「管理可能費」と、全く選択肢がない「管理不能費」に分類してみましょう

例えば、仕入高は、「変動費」×「管理可能費」、事務所の家賃は、「固定費」×「管理不能費」、電気代は「変動費」×「管理可能費」になると思います。

(すべての経費項目がきれいに分類できる訳ではなく、業種によっては家賃が「変動費」になる方もいらっしゃるかと思います。
狙いは細かく分類することではなく、経費に対する支出感覚を持つことですので、ある程度大雑把でも大丈夫です。)

何が言いたいかと言うと、

フリーランスが自社の利益をコントロールするためには、「固定費」×「管理不能経費」を極力減らすことです。

これが利益をコントロールすることにつながっていきます!

そのためにはどうしたら良いのでしょうか??次回、見ていきましょう!!


フリーランスになって既に10年が経過していますが、未だに、サラリーマンであったらどうなっていたのだろうかと考えることがあります。不安と不満。サラリーマン時代は不安<不満でしたが、フリーランスになると不安>不満になっているのは、私だけではないと思います。不安を楽しむようになれれば良いのですが、私もその域には達していませんね(笑)・・・私もフリーランスの一人として、お金に対して様々な悩みを持っています。会計は中小企業診断士として、家計はファイナンシャルプランナーとして、この解を探ることが私に課せられたテーマと考えています。このブログを通じてお金に関して不安や疑問を抱える「独立系フリーランス」の皆様と情報交換をする場にしたいと思っています。 



先週の日曜日(2019年10月27日)に「金沢マラソン」走ってきました~!!
途中から冷たい雨が降り始めて厳しい戦いでしたが、沿道から多くの声援に支えられてなんとかゴール~!!
フリーランスはカラダが資本です!いくつになってもストレスに負けない強い体を維持したいですね~!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
是非、応援クリックをお願い致します!お待ちしております!!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ  
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
 
この先どうやって進めて良いか分からない・・・
事業維持・拡大・縮小、事業承継、等々・・・こんな悩みを抱える小さな会社の経営者を応援します。
今後の進め方を整理しながら、今後に向けた事業戦略の構築をお手伝いします! 是非、当社へお気軽にご相談ください。
 
売上が上がらない時代には・・・
消費税が増税しても売上高は上がるものではありません!このような時代には事業と個人のお金の使い道を見直しましょう。
中小企業診断士として「事業支出」を分析しながら、FP技能士として「家計のムダ」を整理します。
是非、当社へお気軽にご相談ください。


申請書はプロに任せましょう!
経営者の仕事は経営戦略を考えることです。持続化補助金、ものづくり補助金等における申請書の方向性を考える時間は重要ですが、書く作業はムダな時間です。
短時間のヒアリングで申請書を完成させます。是非、当社にご用命ください。

たまには違う専門家を呼びませんか!
持続化補助金、ものづくり補助金、経営力向上計画等の経営計画策定を開催する商工会・商工会議所の経営指導員の皆様。
専門家派遣・セミナー講師等々、是非、当社へお気軽にご相談ください。

採択される「持続化補助金」の書き方について
持続化補助金の書き方を、全11回でまとめてみました。是非、参考にしてみてください!


この記事についてブログを書く
« 事業を継ぎたいと思う理由は... | トップ | 事業の将来性に魅力を感じな... »
最近の画像もっと見る

フリーランス診断士」カテゴリの最新記事