野の花を添えて、綾便り

精進料理のお店です。テーブルにはいつも野の花を添えて・長岡式酵素玄米ご飯を提供・ナチュラルハイジーンセミナーを毎月開催中

七草を取りに、お客様と楽しいひととき。

2019-01-12 09:25:47 | 古嶋のお客様
1月9日、遠方より来ていただいたお客様



今日はご注文。子供膳から卒業して、
大人のせせらぎ膳でしたが、ペロリと食べてくれました。
お母さんが野菜たっぷりのお料理をいつも作られるそうで、
お野菜大好きなお子さんに成長されています。



本日の課外授業です。
声に出しながら、探しました。

ごぎょう。はこべら。ほとけのざ。すずな。すずしろ。せり。なずな

描いてくれた絵が楽しい。

大根とカブがなかったので絵にしました。すずな、すずしろ
ホトケノザとごぎょうは見つけられませんでした。

お食事後、屋外散策をいつも一緒にします。
コジマも楽しい時間です。
作品
よくまとまりました。

七草の他に、クレソンもコジマには育っています。
これが春にはクレソン豆腐に変身します。




今日のお土産はキンカンでした。
又会おうね
コメント

初商い。長岡式酵素玄米ご飯の炊き方講習会開催しました。

2019-01-07 20:44:36 | 長岡式酵素玄米

1月7日。長岡式酵素玄米ご飯炊き方講習会を開催しました。
22名の方が参加。薪ストーブのお部屋満席でした。
皆さん熱心に聞いておられました。

主人と話しまして、
ますます新井先生がスレンダーで素敵になっているのを感じました。
息子さんも歳をとらない。


新井先生は、若い頃は、30年ほど、自然農の農業をしたり、
こだわった発酵した餌をブタにあげて、素晴らしい肉が育ち、
あるレストランで人気だったそうで、大活躍。

ただその後、このご飯に出会い、
ご家族の癌や、アトピー、など完治。
黙ってはいられなくなったので、
全てやめて、
酵素玄米ご飯の普及活動をしています

古嶋も、新井先生に出会ってから、10年ほどたちまずが、
4ヶ月に一度のセミナーは、一度も新井先生、休んだことがないのです。
凄いことです。
一度大雪で、飛行機が飛ばず、夕刻からのセミナーでしたが、きてくれました。

今日も古嶋の心に届いた言葉がありました。
毎回同じことを話している様で、
その時で、届く言葉が違います。

人に喜ばれることをする。
変えようではない。
感謝。美味しいご飯を炊く。
実践が大事。
ただ、羽目外しも必要。
とらわれが出てくるので、
心。内なる情報を聞くことが、大事

何にもしない努力。
治療はしない。
自分のことは、みんなそれぞれが違っていい。
人のせいにすることが1番のストレス。

全て、調和も分離も、自分が決めている。
女性は甘いもの、
男性は油っぽいもの。
血液が酸性に傾く。
少しずつ体温が下がっていく。

奥様が血液ph3の病気の時、三ヶ月食べたらph6になった。
病気が改善した。

右脳と左脳の電位差があると左回りのエネルギーが回り出し、
直感が、はたらく
、、、という少し難しいお話もありました。

京都の南禅寺。
福井県永平寺。などのお寺や、
最近は、医師に、長岡式を伝えている。

それで、新井先生は、たくさんの素晴らしい方と共に活動しているので、
その方達との電子の交流があるのでは?
ますますスラッとカッコよくなっている様に感じたのでしょうか

同級生が、80、81歳。
と面白くご自身のお年を暴露。

みんな驚いていました。

長岡式を実践していけば、
新井先生の様にかっこよくなるね。
と、主人と語りました。


炊き上がったご飯。
鍋を磨くと美味しいご飯ができる。

炊き上がりは少しおこげができるくらい。
ジャーに入れました。

手前のものが4日目、今日食べていただいたご飯です。

今日も楽しい玄米講習会でした。

ありがとうございました。
明日8日から。古嶋普通営業です。

今年もよろしくお願います。



コメント