kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画『ザ・ウォード/監禁病棟』を観て

2011-09-28 17:43:46 | 映画・ホラー,サスペンス,スリラー

11-63.ザ・ウォード/監禁病棟
■原題:The Ward
■製作年・国:2011年
、アメリカ
■上映時間:89分
■字幕:種市譲二

■鑑賞日:9月19日、銀座シネパトス(銀座)

■料金:1,800円
 
□監督:ジョン・カーペンター
□脚本:マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン
□撮影:ヤーロン・オーバック
□編集:パトリック・マクマーン
□美術:ポール・ピーターズ
□音楽:マーク・キリアン
◆アンバー・ハード(クリステン)
◆メイミー・ガマー(エミリー)
◆ダニエル・パナベイカー(サラ)
◆ローラ=リー(ゾーイ)
◆リンジー・フォンセカ(アイリス)
◆ミカ・ブーレム(アリス)
◆ジャレッド・ハリス(ストリンガー博士)
【この映画について】
『ハロウィン』『遊星からの物体X』でホラー、SFの金字塔を打ちたてた鬼才ジョン・カーペンター監督。『ゼイリブ』『ザ・フォッグ』『ニューヨーク1997』『マウス・オブ・マッドネス』など挑戦的なテーマを扱い、画期的なビジュアルエフェクトや自らプロデュースするサウンドを巧みに操り、映画史に数多の軌跡を残してきた。2002年の『ゴースト・オブ・マーズ』から7年の時を経て沈黙を破る、ショッキング・サイコ・ホラー。
主演は、『ゾンビランド』『スモーキング・ハイ』に出演し、『ドライブ・アングリー3D』でヒロインを務めたアンバー・ハード。そのほか、ダニエル・バナベイカー、メイミー・ガマー(メリル・ストリープの娘)、リンジー・フォンセカ、ローラ・リー、ミカ・ブーレムなど若手気鋭女優が総出演している。(この項、gooより転載しました)
【ストーリー&感想】(ネタバレあり)
1966年。20歳のクリステンは身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られる。同年代の少女ばかりを収容する奥の病棟に隔離され、そこでは一人ずつに部屋があてがわれた。
クリステンは、初日の夜から見えない人の気配を感じ、いわれのない不安を抱く。同じような境遇の少女は、ボロボロのぬいぐるみを抱くゾーイ、華やかなサラ、絵を描くのが好きなアイリス、歌を得意とするエミリーの4人。自分のことを狂人と認めている彼女たちとは違うと自負するクリステンであったが、担当医ストリンガーと面接する中、自分の仕業とされる放火を見たことと自分の名前以外、一切の記憶を失っていることに気づく。さらにその夜、廊下を歩く奇妙な女性の姿を目撃し、事態は新たな展開を迎えるのだった……。

ジョン・カーペンター監督作品ということで観賞したシネパトスにも多くの観客で埋まっていたが、厳密に言えば監督作品であっても脚本は別人で、どうやら持ちこまれた企画の様である。
ストーリー展開としてはディカプリオ出演作の『シャッター・アイランド』やジョン・キューザック出演作の『アイデンティティ』と似た展開である。最初は「クリステン」が何とも表現し難い外観を持つ精神病棟へと送られ、そこで不可解な事件が起こることから、何か目に見えない邪悪な存在がこの病棟に蔓延っているのではと観る者を誘う。
そこから徐々に同じ病棟に収容されている4人の個性が発揮されていくのだが、4人はいずれも女性であり病棟には担当医師が男性で有る他は怖そうな看護師も女性である。男性患者が一人も存在しない理由がこの時点では分からないのだが、それは最後に分かる。
クリステンの精神病は治る気配が無く、このままでは一生この病棟で過ごすことになりそうで自ら病棟からの脱出を試みるが、看護師らに阻止され注射されて未遂に終わってしまう。途中、こう着状態に陥りかけたストーリーも徐々に本題に突入し、結局病棟に収容されているのは「アリス・ハドソン」唯一人であり、「クリステン」もゾーイらも全て多重人格のアリスが作りだした別人格だった。医師らは苦労してアリスが作りだした別人格を葬ってきたがそれも限界だった。
想像上の人格の一人の筈のクリステンがアリス抹殺を図るという展開なのだが、どのようにして多重人格が形成されていったのかを、少しでも良いから描いてもらいたかった。

この作品、冒頭とラストで、アリスが何故精神病棟に来ることになったのか再現映像で説明されるのだが、もう少しその辺を膨らませても良かった気がする。更に、展開の大部分が病棟内の談話室とその周辺に限られていて背景の変化に乏しかったので、映像的に怖さを演出する場面が無かったのは残念。
出演俳優では大女優メリル・ストリープの娘メイミー・ガマーがエミリー役で出演、少女っぽいゾーイ役のローラ=リーの個性的な演技は4人のキャラの中でピカリと光っていた。ストリンガー博士役はジャレッド・ハリスだったが、もう少し怖さと不気味さを兼ね備えた俳優を配した方が良かった。逆に俳優の名前は分からないけど体格の立派な女看護師役の方は迫力ありました。


コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 西武10連勝で遂に借金完済! | トップ | 帆足-牧田の完封リレーで虎... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・ホラー,サスペンス,スリラー」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

ザ・ウォード/監禁病棟 (Memoirs_of_dai)
似てる? 『エンジェル ウォーズ』 【Story】 1959年、身に覚えのない放火の罪で精神病棟に送られた20歳のクリステン(アンバー・ハード)は、初日の夜から人の気配を感じ不安を覚える。そこでは同年代...
ザ・ウォード/監禁病棟 (だらだら無気力ブログ!)
何度も眠気に誘われる全く怖くないホラー。
ザ・ウォード/監禁病棟 (LOVE Cinemas 調布)
『ハロウィン』、『遊星からの物体X』の巨匠匠ジョン・カーペンター監督の10年ぶりとなる最新作。放火現場で逮捕された主人公の女性が精神病院の監禁病棟に収容され、そこからの脱出を試みるのだが、彼女の目の前に謎の人物が現れる…。主演は『ドライブ・アングリー3D...
ザ・ウォード 監禁病棟 / JOHN CARPENTER'S THE WARD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね←please click 近年リメイクもされた 傑作「ハロウィン」、「遊星からの物体X」などのジョン・カーペンター監督10年ぶりの最新作  メス持つお姿もキマってます ホラーファンはお待ちかね、巨匠の久々の新作ってことでも...
ザ・ウォード/監禁病棟 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(10) 少女ばかり5人の監禁病棟って、、、どこかで見たぞ!
『ザ・ウォード 監禁病棟』を銀座シネパトス3で観て、ウトウトふーんふじき☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆腑に落ちるけどそれだけ】 カーペンターの新作なので、できれば誉めたかったが 残念な結果に終わった。 観終わった後「凄く腑に落ちた」と感じたのだが、 ...
ザ・ウォード/監禁病棟 (銀幕大帝α)
JOHN CARPENTER'S THE WARD/10年/米/89分/サスペンス・ホラー/R15+/劇場公開 -監督- ジョン・カーペンター 過去監督作:『グッバイ・ベイビー』 -出演- ◆アンバー・ハード…クリステン 過去出演作:『ドライブ・アングリー』 ◆メイミー・ガマー…エ...
ザ・ウォード 監禁病棟 (佐藤秀の徒然幻視録)
エンジェル ウォード 公式サイト。原題:The Ward。ジョン・カーペンター監督、アンバー・ハード、メイミー・ガマー、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、リンジー・フォンセカ、 ...
ザ・ウォード 監禁病棟 (いやいやえん)
ホラー的な要素もあったりするけれど、これはオチが「アイデンティティ」でしたので、サイコ・スリラーでしょう。「今回はクリステン」と言ってた看護婦さんがいましたね。 ジョン・カーペンター監督の10年ぶり新作
ザ・ウォード/監禁病棟 (John Carpenter's The Ward) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ジョン・カーペンター 主演 アンバー・ハード 2010年 アメリカ映画 89分 ホラー 採点★★★ ロブ・ゾンビの『ハロウィン』や『アサルト13 要塞警察』など、一時リメイクバブルに湧いてたジョン・カーペンター。それはそれでカーペンターが再認識されるっ...
ザ・ウォード/監禁病棟 (538ねん。)
ジョン・カーペンター久々の新作映画です 新宿武蔵野館で見てきました。ってか タイトルに「監禁」+カーペンターということなのでしょうか キャパはそんなにないスクリーンでしたけど混んでいた いや、おじさんたちに囲まれて映画見た(汗 スリップ1枚の姿で農家に放火...
ザ・ウォード 監禁病棟 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【JOHN CARPENTER'S THE WARD】 2011/09/17公開 アメリカ R15+ 89分監督:ジョン・カーペンター出演:アンバー・ハード、ダニエル・パナベイカー、ローラ=リー、ジャレッド・ハリス、メイミー・ガマー、リンジー・フォンセカ 1966年。20歳のクリステンは、火災現....
ザ・ウォード/監禁病棟(DVD) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
身に覚えのない罪で精神病棟に隔離され、奇妙な出来事に巻き込まれるヒロインの姿を描く「ゴースト・オブ・マーズ」のジョン・カーペンター監督作。出演は「ドライブ・アングリー ...
ザ・ウォード/監禁病棟 (A Day In The Life)
DVDでの観賞 解説 『ハロウィン』『遊星からの物体X』など映画史に残る傑作を 世に送り出してきたジョン・カーペンター監督が、 前作『ゴースト・オブ・マーズ』から約10年ぶりに放つサイコ ・ホラー。 身に覚えのない罪で精神病棟に隔離されたヒロインが味...
「ザ・ウォード」と「ラビット・ホラー」雑感 (カサキケイの映画大好き!)
「ザ・ウォード」はジョン・カーペンター監督作品だけに 観るかどうか、かなり迷った作品です。 なんでかと言えば、ただ単にホラーは苦手だからなのですが。 でもこの映画ホラーじゃ有りません、 正しくはサイコサスペンスです。 だから批評でもかなり良い評価を得て...
「ザ・ウォード/監禁病棟」 (シネマ・ワンダーランド)
「ハロウィン」や、「遊星からの物体X」「ゼイリブ」などの作品で知られるB級ホラー・ムービーの帝王、ジョン・カーペンター監督が「ゴースト・オブ・マース」以来、10年ぶりにメガホンを執ったサスペンス・ホラー「ザ・ウォード/監禁病棟」(2010年、米、89分...
ザ・ウォード 監禁病棟 : その名前に騙されるな! (こんな映画観たよ!-あらすじと感想-)
 昨日の広島カープは、巨人に完全な実力負け。ヤクルトにもゲーム差なしで並ばれて、本当の正念場になりました。何とか、残り試合頑張って欲しいものです。では、本日紹介する作