kintyre's Diary 新館

野球(西武ファン)や映画観賞記等を書き綴っています。野球のオフ期には関心の高いニュース等も取り上げています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

西武、今年のキャンプの課題~打者編

2010-01-31 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
キャンプインが近付き、戦力補強も各球団一通り終ったので、今季の陣容が固まった。そうなると、この陣容で今季はどうなるのか占ってみたい。但し、実際にキャンプやオープン戦を経ないと難しい部分もあるので、あくまでもキャンプイン前の時点でということで理解してください。





【内野手・捕手】


1塁:石井義、中村、後藤、上本


2塁:片岡


3塁:中村、原、黒瀬、浅村


遊撃:中島、黒瀬





捕手:銀仁朗、細川、上本、野田





西武の内野陣は脂が乗り切っていて大きな怪我や故障でも無い限り控え選手の付け入る隙は無い。と言ってもやはりレギュラー選手を適度に休ませ、また、次世代の選手を育成する上でも若手選手の台頭が望まれる。


昨季は8月に中村が故障で戦線離脱した際にスタメン出場した原は打撃面でのレベルアップが課題。黒瀬はもっと自信を持ってプレイすることが求められる。2軍で期待の若手選手となると浅村に次世代のレギュラーとしての期待がかかるが、まだまだ2軍で鍛えてもらいたい。


1塁は石井義不調か左投手先発でスタメン落ちのときに中村が入るか後藤が入る可能性がある。後藤はDHとレフトも兼ねるので1塁専任とはならない。上本も打撃次第では1塁手して起用される。


2塁は片岡がフル出場するのが前提だが、仮に彼がスタメン出場出来ないと原が廻るか黒瀬かな?打撃が好調なら守備に目をつぶって石井義起用も短期的にはあるがお勧めは出来ない。





捕手は細川の怪我で昨季は100試合以上に出場した銀仁朗と怪我から復調した細川の併用となりそう。どちらが起用されても打撃面での課題が大きく、細川は長打力が魅力だが銀仁朗は打率面で課題が大きい。捕手登録だが打撃が良い上本は基本的に捕手での出場は少なく今季はレフトにも挑戦するが、スタメン出場は基本的にDHか1塁でスタメンが無い場合は代打となる。





【外野手】


左翼:ブラウン、大崎、星、佐藤友、上本、坂田、後藤


中堅:栗山、佐藤友、赤田


右翼:G.G.佐藤、松坂健、高山、大島





外野はブラウンが新たに加入しレフトかDHでの起用が有力視されている。DHは専任とはせずに、ブラウンとG.G.佐藤か中村が起用されるのが基本線だ。


そうなると外野のレギュラーはブラウン、栗山、G.G.佐藤でその中の一人がDH出場の場合の4番目の外野手の座を巡って熾烈な争いが待っている?


若手では2軍の帝王と化しつつある松坂健、昨季ルーキーながら4月に1軍登録された坂田、捕手から転向し1軍定着を目指す監督の後輩星、捕手と兼任の上本、打棒が好調ならレフトで使いたい後藤などに期待が集まる。


スタメン争いから脱落すると代打か代走での出場になる佐藤友、赤田、高山らは正念場だ。特に赤田、高山、大島は生活がかかったシーズンとなりそうで、1軍に定着出来ないと放出要員になりそうだ。





【打順】


4片岡(右)


8栗山(左)


6中島(右)


5中村(右)


Dブラウン(左)


9G.G.佐藤(右)


7後藤(右)


3石井義(左)


2銀仁朗(右)/細川(右)





打順は現時点では流動的だ。紅白戦やオープン戦で選手の能力を見極めないといけないポジションもある。昨季は、下位打線が弱く3,4番だけで点を取っていたが、下位打線強化目的なら長打力のあるG.G.を7番で起用する案も浮上か?DHは外野手の項でも書いたように先発投手次第で日替わりになる。


ナカジもレギュラー1年目は「恐怖の7番打者」だったが、理想を言えばチャンスに弱いG.G.は6番が最適だろう。捕手の2人が打線の切れ目にならなければ下位打線から片岡へと繋げる野球で得点力がアップする。片岡、栗山の2人は出塁率のアップが課題、ブラウンは日本の投手の変化球攻めと左腕投手を克服出来ればブラゼル以上の活躍が期待出来る。


ブラウンの加入が打線の強化になりそうだが、左の強打者がもう一枚DHで欲しいところだ。オフに噂になったスレッジは横浜入りしたが、ローズの獲得は見送った。仮に、ブラウンが故障などで長期離脱となった場合、ローズの緊急入団はあるのだろうか?





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

映画『サロゲート』を観て

2010-01-30 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
10-4.サロゲート


■原題:Surrogates


■製作年・国:2009年、アメリカ


■上映時間:96分


■字幕:戸田奈津子


■鑑賞日:1月23日、渋東シネタワー(渋谷)

















banner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)












TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

センバツ出場校が決定

2010-01-29 00:00:00 | 高校野球
センバツ出場校が決定!



第82回選抜高校野球大会出場32校が決定した。今大会の最多出場は昨夏の優勝校中京大中京高(愛知)の30回目。





一方、初出場は九州大会覇者の嘉手納高(沖縄)、東海大望洋高(千葉)、宮崎工高(宮崎)、自由ケ丘高(福岡)に21世紀枠の山形中央高(山形)、川島高(徳島)を加えた6校。夏の甲子園に2回出場の宮崎工高以外は春夏通じて初の甲子園だ。





前評判が高いのはドラフト1位候補右腕一二三(ひふみ)を擁する東海大相模で昨秋の神宮大会では準優勝だった。その神宮大会で優勝した大垣日大は名将阪口監督が率いており、3年前のセンバツでは準優勝に輝いているだけに侮れない存在。


昨夏の選手権優勝に続いての出場となった中京大中京も優勝候補の一角と見られている。





センバツの戦績は昨年の9月から11月にかけての秋季大会での成績を基にしているので、春の時点でどこまで成長しているかによって意外な学校が暴れるケースもあるだけに春が楽しみだ。





 [出場校]


▽北海道


北照(北海道) 10年ぶり3回目


▽東北


秋田商(秋田)  4年ぶり6回目


盛岡大付(岩手) 7年ぶり2回目


▼21世紀枠


山形中央(山形) 初出場


▽東京


帝京(東京)  3年ぶり14回目


日大三(東京) 8年ぶり17回目


▽関東


東海大相模(神奈川) 4年ぶり8回目


花咲徳栄(埼玉) 7年ぶり2回目


前橋工(群馬) 15年ぶり4回目


東海大望洋(千葉) 初出場


▽東海+神宮大会枠1


大垣日大(岐阜) 3年ぶり2回目


中京大中京(愛知)3年連続30度目


三重(三重) 15年ぶり10回目


▽北信越


高岡商(富山) 4年ぶり4回目


敦賀気比(福井) 2年ぶり3回目


▽近畿


神戸国際大付(兵庫) 5年ぶり3回目


大阪桐蔭(大阪) 3年ぶり4回目


立命館宇治(京都) 6年ぶり2回目


神港学園(兵庫) 4年ぶり5回目


天理(奈良)3年連続20度目


智弁和歌山(和歌山) 2年ぶり9回目


▼21世紀枠


向陽(和歌山) 36年ぶり15回目


▽中国


開星(島根)2年連続2回目


関西(岡山) 3年ぶり10回目


広陵(広島) 3年ぶり22回目


▽四国


今治西(愛媛)4年連続12回目


高知(高知) 3年ぶり15回目


▼21世紀枠


川島(徳島) 初出場


▽九州


嘉手納(沖縄) 初出場


宮崎工(宮崎) 初出場


興南(沖縄)2年連続4回目


自由ケ丘(福岡) 初出場






人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)












TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

朝青龍が嘘をついた!殴った相手は一般人

2010-01-28 00:00:00 | スポーツ・格闘技
朝青龍、窮地に!解雇も...



横綱朝青龍(高砂)が25度目の優勝を飾った初場所中に西麻布で深夜に暴行騒動を起こした問題で、「週刊新潮」が、朝青龍が暴行を加えたのは個人マネジャーの一宮章広氏ではなく、別の一般男性で、全治1カ月のけがを負わせていたと報じている。





週刊新潮の記事は「水商売男性の鼻骨を叩き折った『朝青龍』」のタイトルで、朝青龍の暴行騒動について特集した。


16日早朝に西麻布で泥酔した際、飲酒していた六本木のクラブの実質的な責任者である38歳の男性が同席していたと紹介し、暴行を受けたのはこの男性だったと報じている。





同誌は「鼻骨骨折、頭部打撲、下口唇挫創などで全治1カ月だったという」と男性がけがを負っていたとも報じている。


そりゃそうでしょ、現役の横綱が一般人に手を出したら、出された一般人はひとたまりも無いですよ。





事実ならば傷害事件に発展する可能性もあり、警察の捜査状況次第では朝青龍への事情聴取、被害者男性から被害届けが提出されると最悪「横綱逮捕」も有り得る緊急事態へと発展し相撲界を揺るがす事件になりそうな気配だ。





朝青龍は初場所千秋楽翌日、師匠の高砂親方とともに、武蔵川理事長に呼び出され厳重注意処分を受けた。しかし、その時は個人マネージャーとの内輪もめとの報道であったのが前提で、実際に被害者が一般人男性との新事実が出てきたとなると、理事長への虚偽報告となることから、もう今度は「厳重注意」では済まされなくなるのではないか?





▼武蔵川理事長


「場所中、師匠から報告を受けていたが、再度、師匠と本人を呼びつけた。両人とも大変反省しており、今後、二度とこのようなことがないよう生活面でも責任ある行動を取るよう厳重に注意しました。」





理事長のコメント↑を読んでいる限りでは相撲協会に自浄能力は無いと思える。過去に4度も厳重注意をしていながら、高砂親方も朝青龍もどこ吹く風で「勝てば良い、強ければ良い」との態度がアリアリと感じられる。


朝青龍は横綱というより相撲を「単なる格闘技」の一つとしか捉えていないのは明らかだ。場所中に泥酔しても優勝を許してきた他の関取衆、特に、大関を筆頭に日本人関取の情けなさを個人的には嘆きたい。





朝青龍は解雇されたら「プロレスラー」に転身すれば良い。大酒飲んで大食いして、そのエネルギーをリングで毎日発揮すれば本人もスカッとするし横綱を続けているプレッシャーの類も無いだろうし。


あのキャラならインディ系でもメジャー団体(新日本、ノア、全日本)でも採用してくれますよ!力道山、天龍、玉麒麟(田上)、輪島、北尾、曙...次は、朝青龍!





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

映画『(500)日のサマー』を観て

2010-01-27 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
10-3.(500)日のサマー


■原題:(500)Days Of Summer


■製作年・国:2009年、アメリカ


■上映時間:96分


■字幕:古田由紀子


■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)


<object width="320" height="205"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/QWdOxT2WYzE&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1&"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/QWdOxT2WYzE&amp;hl=ja_JP&amp;fs=1&" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="320" height="205"></embed></object>


スタッフ・キャスト(役名)



□監督:マーク・ウェブ


□脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー



◆ジョセフ・ゴードン=レヴィット(トム・ハンセン)


◆ズーイー・デシャネル(サマー・フィン)


◆ジェフリー・エアンド(マッケンジー)


◆クロエ・グレース・モレッツ(レイチェル・ハンセン)


◆マシュー・グレイ・ガブラー(ポール)


◆クラーク・グレッグ(ヴァンス)


◆レイチェル・ボストン(アリソン)


◆ミンカ・ケリー(面接の女性)



【この映画について】


脚本、監督、主演、すべてに男の目線が貫かれる画期的なこのラブストーリーは、ミュージック・クリップやCM、短編作品で高い評価を集めるマーク・ウェブの長編映画デビュー作。


恋することの高揚感に加え、誰もが知る失恋の惨めさを見事に描いて映像作家としての実力を発揮する。


エキセントリックに見えて実は極めて真っ当な感覚を持つ現実的なサマー役のズーイー・デシャネルと、愛の幻想に振り回される愚かだけれど愛おしい主人公トムを演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットも適役。


イケアで新婚夫婦ごっこに興じ、『卒業』を観て暗雲垂れ込める展開や、傷つき学び成長してゆくトムにエールを送るようなエンディングも心憎い。


(この項、gooより転載しました)


【ストーリー&感想】


建築家を志しながらもグリーティングカード会社でライターの職に甘んじているトムは、運命の恋を夢見るロマンチスト。いつか素敵な恋人に出会えるはずと信じていた。


そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。サマーもトムに好意を抱き、2人はデートを重ねるが、彼らの間には大きな壁が立ちはだかっていた。トムと違って、サマーは真実の愛なんてものを、これっぽちも信じていなかったのだ。





28日目、カラオケパーティの席で、トムとマッケンジーの二人はサマーに「彼氏はいるの?」と質問しノーの答えと「恋人なんか欲しくない」の返事が返ってくる。帰り際に「友達になって」とサマーは言ってきた。


それからトムとサマーは社内で二人になった隙にキスをした。それからの二人はデートを重ね楽しい日々を過ごし、トムはサマーにお気に入りの公園のベンチで、自分の夢は建築家になって自分の理想の街を築くことだと語った。





しかし、関係を発展させたいトムと「誰かの所有物になるなんて考えられない」と考えるサマーとの溝はトムの熱意だけでは埋まらなかった。





しばらくして、トムはサマーが会社を辞めたことを知る。悪友のポールやマッケンジーの勧めに従い、新しい恋人をつくろうとするトム。だが、トムは誰とデートをしてもサマーが忘れられない。





その後、トムは会社を辞め、夢だった建築家の道へ進むべく就職活動を始める。お気に入りのベンチに座って、未来の自分を想うトム。と、そこにサマーが現れた。長かった“500日の夏”がようやく終わろうとしていた……。





この映画のラストは、トムのお気に入りのベンチで街をぼんやりと眺めていると、そこに偶然にも生涯の伴侶を見つけたサマーと出くわして終わる。結局、トムに取ってサマーとの500日は何だったのか?を問いかけるように、そして、彼の将来にエールを送るように終わる。





ストーリーの展開としては、可愛いサマーに一目惚れしたトムに対して、恋人未満友達以上の関係を維持したいサマー。トムは彼女の関心を引こうと努力するが、サマーに振り回されるだけで関係は一方的に終わりを告げる。


トムを演じるジョセフ・ゴードン=レヴィットの、どことな頼りなさが感じられる演技と、他の女性とはどことなく違う不思議な雰囲気を醸し出し掴みどころのないけど、何故か男性を引きつける魅力を持ち合わせるズーイー・デシャネル。





ズーイー・デシャネルは女優としての活動と並行して音楽活動もしているそうで、この映画では、そんな彼女の為に?カラオケパーティで唄うシーンもあり、ストーリーの中でも音楽が重要な役割を果たしている。


トムが乗っていたエレベーターにサマーが同乗してきて、トムが聴いていた音楽がヘッドフォンから漏れて来て、サマーが「私も(トムが今聴いている)ザ・スミス」が好きなの!って語るシーン。ここから二人の関係が事実上始まるの。


また、途中で、サマーとの付き合いが上手く行き始め有頂天になるトムが、街の中で急に踊り始めると、周りの無関係の人たちも一緒に踊り始め、まるでミュージカルのワン・シーン(予告編の29秒~30秒に一瞬挿入されます)が展開され、そこにアニメがワン・ポイントで挿入されたりと、単調になりがちな場面で要所要所に遊び心のあるシーンがあり、思わず観ている方も踊りだしたくなったし、トムの心を音と映像で表現出来ていた。





でも、次の恋人と予感させる女性が「オータム」とはね...。





banner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)












TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

西武、今年のキャンプの課題~投手編

2010-01-26 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
キャンプインが近付き、戦力補強も各球団一通り終ったので、今季の陣容が固まった。そうなると、この陣容で今季はどうなるのか占ってみたい。但し、実際にキャンプやオープン戦を経ないと難しい部分もあるので、あくまでもキャンプイン前の時点でということで理解してください。





【先発投手】


右:涌井、岸、西口、木村、平野


左:石井一、帆足、雄星





先発に関しては昨季は涌井、岸、石井一、帆足の4本柱はほぼ年間を通じてローテを担ったのと今季も同様に期待したい。先発陣では昨季は連戦が続いた場合の5,6番手の人材に悩んだ。当初は西口が顔で選ばれていたが、GW頃から徐々に安定感を各投球が多くなり外国人投手のワズディンも予想通りダメでした。


この為、涌井や岸を中5日で起用することで5番手投手が先発しないローテを作るなど首脳陣はやりくりに苦労していた。





さて、今季の陣容から先発候補を拾ってみると、目立った補強は無く雄星投手以外の新人は未知数なので現時点では戦力として計算外だが、雄星投手だけは左の先発候補として出来れば10勝は期待したい。


左での先発候補が限られている中、右では木村と平野のドラ1コンビに期待したい。この2人のどちらかがローテに定着出来れば戦力アップだ。特に、若い木村は昨季は経験を積んだので、今季はプロ初勝利を挙げて1軍の壁を突破してもらいたい。





【中継ぎ投手】


右:大沼、許、小野寺、岩崎、藤田、山岸、長田、松下、岡本


左:工藤、星野、松永、武隈





昨季、優勝を逃すサヨナラ負け14度を記録したリリーフ陣の建て直しが急務だ。こちらも目立った補強は無く、工藤の復帰とルーキー松下と岡本に期待がかかる。特に、左の中継ぎは層が薄く、工藤が復帰しても台所は苦しい。星野は新たな球種を開発するか何かを変えないと、得意だったローズも退団したので厳しい。同タイプだった社会人の先輩橋本コーチの手腕に期待したい。右は小野寺、大沼にある程度期待はするが、昨年の投球内容では今季も心配だ。昨季、7月に阪神から加入した藤田はシーズン50試合で防御率2点台以内を達成出来るように期待したい。





2軍では武隈が中継ぎから実績を積めば先発転向もありえるだろうが、まずは1軍定着が鍵だ。16年ぶり復帰の工藤は若手時代以来のシーズン通じてのリリーフ専任となる。昨季はキャンプでは先発としての調整だっただろうから、今季はリリーフとしての調整で勝利に貢献してもらいたい。





【抑え投手】


右:グラマン、シコースキー





そもそも昨季は開幕直後にグラマンが離脱したことで計算が狂った。そうは言っても抑え候補の投手の育成と補強を怠っていたからでもある。


そこで今季は日本球界で実績があるタフな右腕シコースキーが千葉ロッテから加入したのは大きい。過去に故障知らずで1イニングを全力投球出来る投手で、昨季は、荻原が不調でシーズン途中から抑えもこなした。グラマンがキャンプに終盤に合流すると言われているだけに、故障明けの投手を計算に入れる訳にはいかないので、基本的にはシコースキーが抑えを任されるだろう。


グラマンが故障から復調すれば、シコースキーが8回でグラマンが9回をピシャリと抑えれば勝ちパターンに持ち込める。そうなると昨季のように終盤で逆転される心配も減るのだがどうだろうか?





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

名護市長選 移設反対派の稲嶺氏が当確

2010-01-25 00:00:00 | 政治
辺野古案困難に



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題を争点とする同県名護市長選は、移設反対を掲げた新人の元市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社大推薦=が、容認派の現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=を破り初当選した。





普天間飛行場を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部へ移設する現行計画は事実上、困難となり、政府は新たな移設先の検討を急ぐ。だが、米国が計画変更に応じる見通しはなく、普天間飛行場の移設自体が白紙に戻る危険性が強まった。





(以上、産経新聞より転載しました)





普天間移設受け入れの是非が問われた名護市長選で、初めて「移設反対」を掲げた候補が勝利した。背景には「基地受け入れと引き換えの振興策」に対する市民の反発がある。


鳩山政権は、5月までに代替地を探すべく多方面で候補を挙げているが、現状では5月までに米国側も日本側も双方が受け入れ可能な場所を提示するのは困難との見方がある。


第一、鳩山政権は野党時代にこの問題を研究する時間はたっぷりとあったはずなのに、政権の座に付いてから検討をスタートさせた。これでは米国側が納得しないのは当然であるし、候補地として名前が取り沙汰されている住民も寝耳に水でしょう。





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

小沢幹事長、虚偽記載関与を否定

2010-01-24 17:15:21 | 政治
「小沢氏の潔白信じたい」(鳩山首相)






小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京地検特捜部は23日午後、千代田区のホテルで小沢氏を約4時間半にわたり事情聴取した。特捜部は5日から聴取を要請していた。





 現職の与党幹事長に対する捜査機関の事情聴取は極めて異例。鳩山政権にも影響が出そうだ。





聴取後に記者会見した小沢氏は「私自身は全く分からないというふうに(検事に)答えた。2通の調書に署名した」と述べ、虚偽記入への関与をあらためて否定。また「国民を騒がせ、恐縮している。申し訳ない」と陳謝し、幹事長を続ける意向を明らかにした。





 焦点となっている土地代の原資については、1985年の自宅の買い替えで残った2億円と、家族名義の口座分3億6千万円を、89年11月から2002年4月にかけてそれぞれ銀行から引き出し、東京・元赤坂の事務所金庫に保管。2004年10月時点で残っていた4億数千万円のうち4億円を陸山会に貸し付けたとした。





 ゼネコンからの「裏献金」について小沢氏は「不正な金は一切受け取っていない。秘書や秘書だった者も受け取っていないと確信している、と申し上げた」と説明した。





 小沢氏側は聴取をこの日限りとするよう事前に要望しているが、特捜部は今回の説明内容を不十分と判断すれば、あらためて聴取を要請する可能性がある。特捜部は小沢氏本人の刑事責任追及を視野に捜査を進めている。





【共同通信より転載しました】





小沢氏がついにと言うかやっと検察の聴取に応じた。休日に碁をする時間はあっても「多忙」を理由に任意での聴取を無視していたが遂に応じた。


しかし、実務を取り仕切っていたのは「秘書」であると自らの関与を否定するのに終始したようだ。野党時代、民主党は秘書の責任イコール議員自身の責任であることを度々明言し、議員辞職を迫るなど厳しく対応していた。


ところが、いざ、与党の立場になると事実上の最高権力者である小沢氏に関する疑惑に対して責任を問う声は皆無に近い。それどころか首相の発言からは「指揮権発動」と捉えかねないコメントまで飛び出す始末。





国民は民主党政権にはクリーンさを求めていたと思うが、このままでは内閣支持率の下降に歯止めが効かなくなるだろう。求心力を失ったまま鳩山内閣が参議院選挙に突入すると結果次第では鳩山首相の責任を問う声が大きくなりかねない。





逆に、最大野党に転じた自民党は支持率回復の最大のチャンスである。国会で鳩山首相の母親からの献金疑惑、小沢氏の疑惑の追求でどこまで追い込めることが出来るのか?国民の自民党への目は相変わらず冷たいが、谷垣総裁がここで存在感を発揮しないと首相の座どころか総裁の座も危うくなりそうだ。





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)















TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

朝青龍歴代単独3位、25回目の優勝

2010-01-23 23:58:04 | スポーツ・格闘技
朝青龍、北の湖抜き歴代3位



横綱・朝青龍(高砂部屋)が大関・日馬富士(伊勢ヶ浜部屋)を下して13勝1敗とし、2場所ぶり25度目の優勝を決めた。優勝25回は北の湖を抜き、32回の大鵬、31回の千代の富士に次いで単独史上3位となる。


この日の日馬富士戦は離れて取るとウルサイ相手。立会いで当たったと同時にマワシを取り、相手に相撲をさせなかった。今場所は5日目に豪栄道相手に金星を献上したが、その他の取り組みは安定しており、ここ数場所は終盤になると稽古不足から来るスタミナ不足で負けが込んでいたが今場所はここまでそのような傾向は現れなかった。





場所中に個人マネージャー相手に暴力を振るったとして写真週刊誌に掲載され、スポーツ紙の一面を飾るなど相変わらずのお騒がせ振りはまたもや健在だった。





■幕内優勝回数■





(1)32 大鵬





(2)31 千代の富士





(3)25※朝青龍





(4)24 北の湖





(5)22 貴乃花(2代目)





(6)14 輪島





(7)12 双葉山





(7)12 武蔵丸





(7)12※白鵬





(10)11 曙





※は現役





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

映画『ミレニアム/ドラゴン・タトゥの女』を観て

2010-01-22 00:00:00 | ヨーロッパ映画
10-2.ミレニアム/ドラゴン・タトゥの女


■原題:Man Som Hatar Kvinnor(英題:Men Who Hate Women)


■製作年・国:2009年、スウェーデン


■上映時間:153分


■字幕:寺尾次郎


■スウェーデン語監修:ヘレンハルメ美穂


■鑑賞日:1月19日、シネマライズ(渋谷)




















banner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)












TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

菊池雄星は本物か?

2010-01-21 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
埼玉西武ライオンズにドラフト1位で入団した「雄星投手」。今年のルーキーの中で、最も注目される存在なのは周知の通り。





高卒ルーキーでここまで注目を浴びたのは、駒大苫小牧高で甲子園優勝投手となったマー君こと「田中将大投手」(東北楽天)以来では無いだろうか?それ以前では、甲子園で春夏連覇を達成し西武ライオンズへ入団した松坂大輔だろう。





マー君も松坂も1年目から1軍で活躍し新人王を獲得した運の強さを持っていた。松坂はその後もコンスタントに活躍し、日本代表として若くしてエースとしてシドニー五輪やアトランタ五輪に出場し、遂に、念願のメジャー移籍を果たした。


マー君は弱小の新球団東北楽天に入団し、岩隈一人だけが投手陣全体を支えるエースだったチームで、岩隈と並ぶ看板投手にまで成長し、こちらも北京五輪とWBCに出場するなど将来の日本代表のエース格として期待が集まる。





松坂とマー君が右腕なのに対し、雄星は左の本格派投手。WBCの投手編成をみても分かるように、日本代表クラスの左投手で本格派投手は貴重な存在だ。


和田、杉内(いずれも福岡ソフトバンク)が代表クラスの左腕投手だが、2人ともに年齢的にも円熟期なのに対し、雄星には無限大の可能性を感じる。





ライオンズの投手編成をみると、左腕の先発はベテラン石井一と帆足の2人で昨季は共に9勝だった。他の有力な先発左腕候補としては若手の武隈、中崎だが現時点では1軍未勝利だ。


そこで、雄星がオープン戦で実力を示して1軍ローテに入るようだと先発左腕投手の層がグッと厚くなり他球団の脅威になる。





新人合同自主トレで既に非凡な才能を見せ始めている雄星、預かるナベQ監督を筆頭に投手コーチ陣の責任は重大だ。過去に数多の高卒投手をエースとして育ててきた球団だけに心配はしていないが、雄星を本物の本格派左腕として球界に旋風を巻き起こす存在に出来たとき、埼玉西武ライオンズの新たな黄金期が幕を開ける。





banner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

西武・菊池の登録名は「雄星」でスタート

2010-01-20 00:00:00 | 映画・ミュージカル、音楽題材
登録名は「雄星」「YUSEI」






ルーキー菊池の登録名は姓の『菊池』ではなく、名の『雄星』で(英語表記は「YUSEI」)プロ野球人生をスタートさせることになった。英語表記にすると何だか「SEIYU」(西友)に似ているのは気のせいかな?





西武では炭谷が2年目から名前の「銀仁朗」で登録されたのに次いで2人目の名前登録となった。個人的には普通に「菊池」でも良いと思うよ、だって、他に菊池という球宴クラスのスター選手が居る訳でもないしね。ハムの中継ぎ投手で「菊地」というのは居るけど...。





雄星を登録名にした経緯については前田球団本部長は「ファンも選手も、雄星のほうが呼びやすいでしょう。ご両親が『雄大なスターに』と名付けた名前ですし、球団としても、そういう球界を代表する投手に育ってほしいと期待しています」と説明している。





連日のように菊地投手、あ、やばい、「雄星投手」の話題が紙面を賑わせているなか、今日のスポーツ紙に「前西武の三井投手、楽天が春季キャンプでテスト」との簡単な記事が掲載されていた。


トライアウト受験もどこからも声が懸からなかった三井投手(当然だと思いますが)、左腕の駒不足は西武以上に深刻な東北楽天なので出番はあるかも?その前に、キャンプでのテストに合格しないとダメでしょうが、まあ、頑張って下さい。





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

JALが更生法申請、支援機構傘下で再建へ

2010-01-19 23:53:52 | 時事ニュース・国内
負債総額2兆3000円超






経営難に陥っていた日本航空は、傘下企業の日本航空インターナショナルとジャルキャピタル計3社で東京地裁に会社更生法の適用を申請した。企業再生支援機構も、支援の正式決定を発表する。3社合計の負債総額は約2兆3,221億円となり事業会社の経営破綻としては過去最大規模となる。





日本航空株式を100%減資される見通しで、東京証券取引所は同社株式は上場廃止される同日から1か月間、整理銘柄に指定、来月20日に上場廃止にすると発表した。


JALは2001年の同時多発テロ以降、国際線需要の急減を受け旧日本エアシステム(JAS)と統合したが、組織統合の遅れや、燃費効率の悪い大型機材を多数保有し続け、競合する全日本空輸と比べ高コスト体質の改善が遅れた。


業績悪化は、不採算な地方空港を作り続けた国土交通省など行政側にも一因があり、前政権までJALの抜本的な再建は先送りされてきた。2001年以降、日本政策投資銀行による緊急融資や、総合商社など取引先企業を引き受け先とする第三者割当増資で自己資本の増強が図られた。





連日株価の下落が止まらなかったJAL、遂に会社更生法を申請する事態になった。日本は国家としての航空政策が曖昧で、地方空港の乱立などで不採算路線が拡大するなど行政側にも責任の一端はある。


それでもやはりJALが半官半民時代からの高コスト体質は遂に改まることは無かった。燃料の先物取引で赤字を増幅させるなど、今後は過去の経営陣の経営責任も問われることになっていくだろうが。そうなるとグループ会社の社員も含めて大量のリストラが断行されることで、社員の士気が低下し運航の安全面への影響が無いかが利用者に取っての不安材料だ。





鳩山首相は、首相官邸で記者団の質問に答え「一番大事なことは日航で働くすべての皆さんが新しい気持ちになり、再生に全力を尽くすことだ」と社員の意識改革を求めたコメントが発せられたが、前原国交相が必死になってJAL再建の道筋を模索している中で鳩山首相のコメントはどこか的外れだ。





個人的に前職ではJALの人たちとの付き合いは多かった時代が長かった。当然、ANAの人たちとの付き合いも合ったが、やはり会社のカラーは違っていたようだ。


私は、学生時代はJALを利用する機会が多かったが、社会人になってからは今は無きJASもANAも利用した。飛行機を利用する機会が多い仕事だったこともあるだけに、JALが事実上破綻に追い込まれたと知って色々な意味で複雑な思いが交錯した。





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

平泉と小笠原諸島、世界遺産推薦を決定

2010-01-18 00:00:00 | 時事ニュース・国内
「平泉の文化遺産」(岩手県)を国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦することを正式決定した。1月中にユネスコに書類を提出、2011年夏のユネスコ世界遺産委員会で登録の可否が決まる見通し。





「小笠原諸島」(東京都)は周辺海域を含む約7400ヘクタールが対象で、固有動植物約500種が生息。外来生物駆除などの課題にめどがつき推薦が実現した。平泉は2008年の世界遺産委員会で登録が見送られたが、構成資産を9から中尊寺(平泉町)など6に絞り込んで再度の推薦。





(産経新聞より転載しました)





[文化遺産]


法隆寺地域の仏教建造物 - (1993年12月)


姫路城 - (1993年12月)


古都京都の文化財 - (1994年12月)


白川郷・五箇山の合掌造り集落 - (1995年12月)


原爆ドーム - (1996年12月)


厳島神社 - (1996年12月)


古都奈良の文化財 - (1998年12月)


日光の社寺 - (1999年12月)


琉球王国のグスク及び関連遺産群 - (2000年12月)


紀伊山地の霊場と参詣道 - (2004年7月)


石見銀山遺跡とその文化的景観 - (2007年6月)





[自然遺産]


屋久島 - (1993年12月)


白神山地 - (1993年12月)


知床 - (2005年7月)





世界遺産がここ数年非常に注目されている。平泉では一度「落選」を経験しているだけに、「今回こそは」との思いも強いだろう。


今回は2箇所が政府決定されたことで世界遺産登録に大きく踏み出したのだが、まだまだ日本各地で世界遺産登録を目指す動きはあちこちにある。その中でも「富士山」は2007年1月に「暫定リスト」に加えられたが、正式登録には至っていない。


世界遺産登録されるにはこの暫定リスト入りするのが条件なのだが、ここには富士山も含めて「12件」が登録されており今後の動向が注目される。






人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)












TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

小林繁、北海道日本ハム投手コーチが急死!

2010-01-17 22:58:12 | 野球全般
「江川の犠牲者」小林氏が亡くなる






びっくり仰天のニュースが飛び込んできた!小林繁氏が急死。





クラウンライター・ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)に1位指名されながら入団拒否を貫き、読売入団をゴリ押しし当時の金子鋭コミッショナーの「強い要望」により江川投手との交換トレードで阪神に移籍したことで知られる、読売や阪神で投手として活躍した現北海道日本ハム1軍投手コーチの小林繁氏が、心不全のため福井市内の病院で亡くなった。57歳だった。小林氏は午前、福井市の自宅で倒れ、病院に運ばれた。





小林氏は1952年、鳥取県出身。1971年にドラフト6位で読売に指名され社会人の全大丸を経て1972年に入団。1973年に1軍に初昇格すると1976年、1977年に18勝を挙げるなど活躍し読売のエースとして活躍した。


阪神移籍1年目の1979年には22勝を挙げ、また、読売戦には滅法強く読売ファンのため息を誘っていた。1983年、13勝(14敗)を挙げながらも31歳の若さで現役を引退。実働11年間での通算成績は139勝95敗17セーブ、防御率3・18。





引退後はテレビ、ラジオ解説者として活躍。31歳と若くして引退したことから、TVのスポーツニュースでは大丸出身らしく?スーツ姿が似合うキャスターとして注目を浴びた。


コーチとしては1997から2001年までは近鉄で、2007年には韓国のSKワイバーンズで、2008年からは北海道日本ハムで梨田監督の下で投手コーチを務めていた。


最多勝利に1度、最優秀投手に2度輝いている。沢村賞、ベストナインも2度選ばれている。





梨田・北海道日本ハム監督


「昨日お会いし、いつもと変わらぬ元気な姿を拝見していただけに信じられない思いです。日本一奪回のため小林さんの力をお借りしなければならないと思っていた矢先のことで残念でなりません」





真弓・阪神監督


「阪神に同じ年(1979年)に入団し、キャンプで同部屋だった。ともに気疲れしていたのか、二人でよく寝坊した。マウンドでの気迫はすごく、特に巨人戦では後ろから見ていても気持ちで投げていると感じた」





長嶋・巨人軍終身名誉監督


「細身の体からは想像もつかないぐらいスタミナがあり、本当に頼りがいのある投手だった。正直に言うと、阪神へトレードになったのは残念な思いでいっぱい。現場の監督として悪いことをしてしまったという気持ちが、いまだに残っています」





小林繁.jpg





【年度別成績】


1973年 読売 0勝0敗


1974年 読売 8勝5敗2S


1975年 読売 5勝6敗


1976年 読売18勝8敗2S


1977年 読売18勝8敗7S


1978年 読売13勝12敗2S


1979年 阪神22勝9敗1S


1980年 阪神15勝14敗


1981年 阪神16勝10敗2S


1982年 阪神11勝9敗


1983年 阪神13勝14敗1S





通算    139勝95敗17S





小林氏というとやはり「江川事件」は避けて通れない。当時、読売のエースとして売り出していて、まさか、江川の「犠牲者」となって阪神にトレードされるなんて思ってもいなかった。


「空白の一日」を突いての契約を無効と鈴木セ・リーグ会長が裁定したことで事態が複雑化した。金子コミッショナーの「強い要望」が出されてから、読売と阪神間で交換要員を巡って何度も話し合いが持たれた。阪神側は読売側が提示したレギュラークラスの野手(淡口)を拒否して、あくまでもエース級の投手を要求。結局、キャンプイン直前に小林投手を交換要員とすることで決着した。


この読売のゴリ押しで小林には「悲劇の投手」のイメージが定着し、女性ファンからも同情された。阪神移籍初年は22勝を上げる大活躍で注目を一心に浴びた。


その江川とは数年前に日本酒のCMで「共演」したことで話題を呼んでいた。





細身でサイドハンド気味に腕が遅れて出て一度止まる様な独特のフォームから繰り出す直球と変化球(スライダー、フォーク)のキレは抜群だった。31歳と若くして引退したのは残念だったが、引退後もTVキャスターとして、コーチとしても常に脚光を浴びていた。





冥福をお祈りいたします。





人気ブログランキングへbanner2.gifブログランキング参加中です。ぜひ、1票を投じて下さい。(又は、見出しをクリックして下さい)













TWITTER

mixiチェック
<script type="text/javascript" src="http://static.mixi.jp/js/share.js"></script>

シェア<script src="http://static.ak.fbcdn.net/connect.php/js/FB.Share" type="text/javascript"></script>
楽天ソーシャルニュース



コメント

時計