ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『ブラック・クランズマン』

2019-04-10 06:50:23 | 洋画
なんか思っていたのと違う映画だった。コメディ映画だとは思わなかったが、予告ではもうちょうい軽めでコミカルな部分が強調されていたと思ったが。スパイク・リーそういう映画を期待しちゃいかんか。

そもそもなんだけど、二人一役で演じる必要性がわからない。電話と実際に人間の声が違うとか潜入捜査であまりにリスキーすぎると思うのだが。実話だから仕方ないのだろうけど、その辺ちゃんとした説明あったかな。

KKKと黒人の集会を対比させて結局両者の根本は同じだということを伝えたいのかな。スパイク・リーは社会派映画としては一流なのだろうけど、エンターテインメントにそれを昇華させる力はちょっと弱いのではと偉そうながら思った。特に先日『グリーンブック』を観たばかりだから。逆にリーさんは『グリーンブック』にお怒りのようだけど。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« リンゴ・スター 4月6日 東... | トップ | 『ザ・ブルード/怒りのメタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事