季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

熊野路Ⅱ

2018-05-31 19:33:13 | 写真

 熊野那智大社の分社として瀧そのものが御神体として信仰を集める那智大瀧神社に向かう。

 高さ133m幅13m、毎秒約1トンの水量を誇る日本一の瀧、正面の拝殿から見る。

 熊野古道大辺路「大雲取越」に続く石畳が残る大門坂、歩いて下る外国人カップルの姿がありました。

 岬の高台に立つ宿舎の屋上テラス、熊野灘から吹きつける風にマグロやカツオの幟が泳ぐ。
 
コメント

熊野路Ⅰ

2018-05-30 10:41:35 | 写真

 熊野路を巡る旅、紀伊半島海岸線を南に延びる紀勢自動車道「周参見南I.C.」をスタート道の駅「串本橋杭岩」国指定天然記念物の景観が拡がる。

 梅雨入り間近、曇天の空から明るい光がさし水面を輝かせる、ひたひたと潮が満ち始める。
 東側の潮が引いた岩場には親子連れや若い観光客の姿がありました。

 長年風雨にさらされてきた橋杭岩の一部ををアップで、不思議な存在感を見せていました。
コメント

萌える新緑Ⅴ

2018-05-26 17:22:24 | 写真

 園内を周回する道を移動、竹林に囲まれた広々とした歩道が奥に向かって伸びる。

 高台に立つ茶室「千里庵」室町時代水を使わず石や砂草木等で自然を象徴化する「枯山水」庭園、海外の訪問客用に造られたものが残る。

 歩道わきに咲く「カタクリ」の花、緑を背景に鮮やかな色合いが見事。

 咲き始めた「花菖蒲田」一株の黄色が咲き始めていました。
コメント

萌える新緑Ⅳ

2018-05-25 10:31:39 | 写真

 バラ園を通り日本庭園へ向かう、盛りを過ぎたバラは切り花にして木桶の水槽に集められる。

 中央通路に設けられたアーチ状のゲート、白い弦バラが満開。

 日本庭園中央休憩所のテラス、心字池の向こうに緑の芝山が拡がる。

 名木「クロマツ」福岡県久留米市から移植、築山を背景に額縁に入った名画を模して配置された。
コメント

萌える新緑Ⅲ

2018-05-24 20:13:13 | 写真

 「水すましの池」に沿って移動、成長したケヤキの樹林に囲まれた一角、木陰で休息する人の姿がありました。

 下流の水の広場との間を区切る歩道わきの花壇、遠く芝生広場に向かって伸びている。

 「大地の池」に流れ落ちる滝、付近は緑一色に。

 日本庭園ゲート前、南の方向に太陽の塔の後ろ姿、柳の緑、上空には白雲が浮かぶ。
コメント

萌える新緑Ⅱ

2018-05-23 09:43:07 | 写真

 上津道を北上してアジサイの森を目指す、気温は上昇、木陰を移動見上げる上空を緑が覆う。

 木陰に咲く一輪のアジサイ、見ごろは 6月上旬、淡い色合いが爽やかさを感じさせる。

 サクラの流れに沿って下る、河岸一帯を濃い緑が拡がる。

 下流の池に流れ込む橋の上、人の気配を察知した鯉の群れが眼下に一斉に集まって来る。
コメント

萌える新緑Ⅰ

2018-05-22 20:52:59 | 写真

 万博記念公園、西口西大路広場を覆う楠木の新緑、朝の明るい陽光に輝く。

 一気に芽吹くプラタナス並木、青空を背景に聳える。

 見上げる頭上に若葉の緑が鮮やか。

 水辺に沿って往く、苔むす石の表面にびっしりと緑の水草が張り付き生き生きとした生命力を見せる。
コメント

バラ園を撮るⅦ

2018-05-17 08:25:02 | 写真

 バラ園の南西に位置するフェンス際、僅かな木陰に咲く、白とピンクの色合いが見事、バニラ ポニカ(フランス)2006

 日本産出の品種が咲くコーナー、大型の薄いピンク「夜来香(エイライシャン)」日本 2013

 明るい陽光の中に咲く、ローズ オオサカ(日本)2001

 咲き揃った黄色の三輪、ヘンリー フォンダ(アメリカ)1995
 
コメント

バラ園を撮るⅥ

2018-05-16 10:26:38 | 写真

 このバラ園は木陰が少ない、中央噴水付近の屋根付き休憩所は幼稚園児達が占拠、最上部の展望テラスは花壇から離れている為暑さを耐えながらの撮影、インカ(ドイツ)1992 日陰に入れて。

 燦々と陽光を浴びる大型のバラ、ピース(フランス)1945

一定間隔で配置された円柱を彩る深紅のバラ。

 シンプルな花弁の中に蕊の形が美しい ピンク・サクリーナ(フランス)2006
コメント

バラ園を撮るⅤ

2018-05-15 15:44:58 | 写真

 隣接する茨木市東部「若園公園」バラ園へ、地元の中学、高校のグランドに囲まれた一角、深い緑が覆う。

 正面ゲート脇、毎年この場所で咲き誇る「プリンセス・ドゥ・モナコ」(フランス)盛りを過ぎて痛みが激しく状態の良い花を選ぶ。

 周囲を取り囲むフェンス沿いに咲き揃うバラ、落花盛ん、管理する職員の話では先日の豪雨が花を痛めつけたと。

 青空に伸びるタワー型のフェンスの先端に咲く、降り注ぐ明るい陽光で手前に影が出来るためストロボ光を当てて撮影。
コメント