季節の便り

四季の移ろいを伝えたい。

雪の越年Ⅲ

2018-12-31 09:57:57 | 写真

 衣笠山の麓に建つ「金閣寺」氷が張りつめた鏡湖池の向こう黄金色が輝く。

 池の畔を巡る広大な池泉式庭園、静かな水面に巧みに配置された島の樹木が写り込む。

 鎌倉時代「夢窓国師」が開山、昭和25年火災で焼失再建された、屋根の先端には黄金の鳳凰が輝く。

 池の岸に2羽のアオサギが餌を狙って佇む姿がありました。
コメント

雪の越年Ⅱ

2018-12-30 13:43:37 | 写真

 天龍寺裏参道脇に建つソバ店の看板にも雪、日が昇るとともに歩道の雪は融けて石畳の地面が現れる。

 臨済宗天竜寺派の総本山、境内には多数の中小の塔頭が立ち並ぶ、総門に向かう表参道脇の「慈済院」門前、屋根瓦の雪に注目。

 枯れたハスの枯れ葉が一面に残る「放生池」遠く嵐山の山並みに向かって拡がる雪景。

 表通りに面した総門到着、晴れ上がった青空を背景に木立の上に残る残雪が美しく輝く。
コメント (1)

雪の越年Ⅰ

2018-12-29 20:21:54 | 写真

 年末寒波が近畿地方にも雪の予報、桂川支流に架かる橋上から見る嵐山、河岸に立ち並ぶお茶屋の屋根にも雪。

 中之島公園から見る渡月橋対岸の風景、遠く愛宕山が雪に霞む。

 古刹「法念院」の三門の藁ぶき屋根も厚い雪に覆われる。

 天龍寺の裏参道脇の「五百羅漢」すっぽりと雪に包まれて、人力車の観光客も足早に通過してゆきました。
コメント

師走・神戸Ⅲ

2018-12-27 09:25:53 | 写真

 山手から神戸港方面に下るメインストリート「トーワロード」を行く、南京町の長安門、早々と「春節祭」の飾り。

 各種の飲食店が立ち並ぶ中華街の通りは人波で溢れていました。

 2月に行われる「春節祭」では獅子舞等のイベントが行われる「南京町広場」鮮やかなランタンの飾り付け。

 鮮やかなランタンの明かりが夕焼けの空に輝き始める風景を見納めに近くの阪神元町駅から帰路に。
コメント

師走・神戸Ⅱ

2018-12-26 19:14:24 | 写真

 異人館街の坂道を登る、楠の巨木の立つ道路脇に建つ瀟洒な洋館が青空を背景に建つ。

 最上段に近い位置に建つ「ウィーン・オーストリアの家」X'Mas Eve の午後若いカップルが集まる。

 異人館を代表する名建築として観光客が集まる「風見鶏の館」表の広場ではイベントが行われ賑やか。

 六甲山麓に拡がる神戸の街、高台から一気に下る「北野坂」三宮、元町の繁華街に向かう。
コメント

師走・神戸Ⅰ

2018-12-25 10:19:16 | 写真

 X`masで賑わう神戸の街、JR新神戸駅裏から異人館街に向かう、ハーブ園に向かうロープウェイ脇に残る紅葉。

 布引の滝の水源池を利用した神戸市の水道施設脇の斜面、冬枯れの萱の穂先が夕日に輝く。

 振り返る青空に新神戸オリエンタルシティーに聳えるANAクラウンプラザホテル。

 山裾を平行に移動する道を行く、眼下に拡がる神戸の町並み遠く大阪湾が霞む。
コメント

大阪南・街歩きⅤ

2018-12-21 15:03:52 | 写真

 御堂筋沿いの側道分離帯の植え込み低木にも無数のLEDが取り付けられコバルトブルーの光に包まれる。

 停止信号で車の流れが途絶えた一瞬、通り全体の並木の電飾が浮かび上がる。

 手前のブルーと遠景のピンクの背景のコラボ。

 地下鉄御堂筋線「本町駅」到着、振り返る南に延びる通りの風景を見納めにこの日の撮影を終える。
コメント

大阪南・街歩きⅣ

2018-12-20 16:40:56 | 写真

 戎橋脇の階段を下りて河岸の「とんぼりリバーサイドウォーク」夜景が水面に映り込む。

 御堂筋を北上、銀杏並木の電飾が輝き始める。

 対面のホテル日航を背景に葉を落とした木々にも無数の光が点灯。

 立ち並ぶ沿道のブランドショップの壁面にも鮮やかな光が彩る。
コメント

大阪南・街歩きⅢ

2018-12-19 20:43:48 | 写真

 黒いアスファルトの路面に散り敷く銀杏の落ち葉、歳末の御堂筋を彩る。

 長いアーケードが続く心斎橋商店街、帰りを急ぐ人々の群れが続く。

 アーケード街の入り口付近に飾られた「戎大黒」のモニュメント日暮れとともに輝きを増していました。

 再び戎橋の橋上、押し寄せる人波で埋め尽くされ、あちこちで中国語や韓国語の会話が飛び交う。
コメント

大阪南・街歩きⅡ

2018-12-18 14:42:43 | 写真

 戎橋上から上流を望む、多佐衛門橋間に「とんぼりリバ―ウォーク」の遊歩道、左にドンキーホ―テの観覧車が。

 戎橋の歩道、円形を基本にした橋上広場を構成、南北に移動する人波が絶えることは無い。

 西に移動して御堂筋を渡る、南向け一方通行の車の流れの中銀杏並木が最後の輝きを見せる。

 見上げる上空に伸びる見事な枝ぶりを見せる銀杏の古木。
コメント