FORZA世界史inBLOG

世界史の復習をサポートするブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14世紀の危機と人文主義

2020年03月29日 | 高3用 授業内容をもう一度
 14世紀の危機とは、1346年からイタリアの都市で始まったペストの大流行で、西欧の人口が3分の1も死んでいったことや、1339年から始まった百年戦争の戦乱、1358年のジャックリーの乱・1381年のワット=タイラーの乱といった農民反乱などの社会混乱を指します。とくにペストの大流行は1348年がピークでした。ペストの病魔は、貧富や身分の差を越えて人々を遅い、身分の高い人も貧しい人と同様に惨めに無力に死んでいったわけです。このような14世紀の危機は14世紀後半の50年間も続いたわけですから、当時の人々の考え方に大きな変化をもたらしたのは言うまでもありません。
 それまでの社会はキリスト教の教えによって安全が守られていましたが、人々の惨めな死は、キリスト教会が説く「神中心の考え方」に対する不信感を植え付けていったでしょう。
 
この記事についてブログを書く
« 14世紀では農業が行き詰まり... | トップ | 自治都市 »
最新の画像もっと見る

高3用 授業内容をもう一度」カテゴリの最新記事