行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

Results of 53rd Asian Championships

2019-07-31 23:46:02 | 観戦記2018
All results of 53rd Asian Bodybuilding and Fitness Championships are here.

こんばんは。
今夜、なんとか第53回アジアボディビル・フィットネス選手権のダイジェストをお送りしようと思っていたのですが、残念ながら写真の整理が追いつきません。
なにしろ、大会前日の計量から大会閉会後まで含めて1万枚以上写真を撮りまくっておりましたので・・・(爆)
その代わりと言ってはなんですが、すでに(公社)日本ボディビル・フィットネス連盟のサイトで公式結果が発表されていますので、それをご紹介させていただきます。
この公式結果で、決勝に進めなかった選手の順位とオーバーオール決勝の順位もすべてわかりましたので、こちらでも書いておきましょう。(敬称略)

メンズフィジーク
170cm以下級
1 寺島  遼
5 岡  典明
9 田村 宜丈(よしたけ)
178cm以下級
7 梅田  亮
182cm以下級
4 直野 賀優(よしまさ)

ボディビル
55kg以下級
2 赤澤 範昭
60kg以下級
1 石井 輝男
65kg以下級
1 浅野喜久男
70kg以下級
5 松尾幸作

クラシックボディビル
168cm以下級
6 溝口 隆広
9 渡辺 工兵
10 松本 美彦(いつひこ)
175cm以下級
6 松岡  啓(あきら)
8 金子 芳宏
180cm以下級
3 奥田 純也

ビキニフィットネス
163cm以下級
3 小谷野彩香
5 ダンシーあずさ
6 倉畑 優奈
169cm超級
1 安井 友梨

ボディフィットネス
163cm以下級
3 矢野かずみ
163cm超級
5 北野 明美

女子フィジーク
1 澤田めぐみ
7 久野 礼子(あやこ)

女子フィットネス
5 椎名智香子

ビキニフィットネスオーバーオール
1 安井 友梨

ビキニフィットネスマスターズ
2 長瀬 陽子

ボディフィットネスマスターズ
2 矢野かずみ
3 北野 明美

女子フィジークマスターズ
2 清水恵理子

メンズフィジークマスターズ
3 有馬 康泰(みちひろ)

ボディビルオーバーオール
7 浅野喜久男
11 石井 輝男

メンズフィジークオーバーオール
5 寺島  遼

明日からダイジェストをお送りしたいと思いますが、たぶんダイジェストだけでも2日間かかると思います(苦笑)。
ただ、それだけ盛りだくさんで充実した内容であることは、間違いないでしょう。
コメント

アジア選手権2日目の結果

2019-07-30 19:56:00 | 観戦記2019
こんばんは。
ただいま成田空港に着陸しました(爆)。
昨日は速報ができず、失礼しました。
いつのまにか、現地で使用していたSIMの有効期限が切れていました(苦笑)。
ホテルのLAN回線では、このブログにアクセスできなかったので、更新できなかったことをお許しください。
というわけで、今さらですが昨日の
アジア選手権2日目の結果を、お送りいたします。(敬称略)
ビキニフィットネスオーバーオール
1安井友梨
ビキニフィットネスマスターズ
2長瀬陽子
ボディフィットネスマスターズ
2矢野かずみ
3北野明美
女子フィジークマスターズ
2清水恵理子
メンズフィジークマスターズ
3有馬康泰

ビキニフィットネスの安井選手が、オーバーオール優勝も決めて、IFBBエリートプロカードの資格を入手しました。
なお、オーバーオール決勝は上位3位までとお知らせしましたが、これは取りやめになったとのことでした。
とりあえずここまでお知らせして、帰宅の途につきたいと思います。
コメント

今日のアジア選手権の結果

2019-07-28 23:53:08 | 観戦記2019
こんばんは。
ただいま中国・ハルピンのメルキュールホテルハルピン2005号室から、お送りしております。
第53回アジアボディビル・フィットネス選手権は、今日朝9時に始まって夜9時に1日目が終わりました。
今日は、メンズフィジーク・ボディビル・クラシックボディビル・男女フィットネス・ビキニフィットネス・ボディフィットネス・女子フィジークの各カテゴリーで、ジュニア及びマスターズを除く各クラスが行われました。
以下に、判明している限りの今日の日本選手の結果を、お知らせします。
(敬称略)
メンズフィジーク
170cm以下級
1寺島遼
5岡典明
182cm以下級
4直野賀優
ボディビル
55kg以下級
2赤澤範昭
60kg以下級
1石井輝男
65kg以下級
1浅野喜久男
70kg以下級
5松尾幸作
クラシックボディビル
162cm以下級
6溝口隆広
175cm以下級
6松岡啓
180cm以下級
3奥田純也
ビキニフィットネス
163cm以下級
3小谷野彩香
5ダンシーあずさ
6倉畑優奈
168cm超級
1安井友梨
ボディフィットネス
163cm以下級
3矢野かずみ
163cm超級
5北野明美
女子フィジーク
1澤田めぐみ
女子フィットネス
5椎名智香子
なお、決勝に進めなかった選手についても、公式順位が付いていると思われますが、そちらは公式結果の発表をお待ちください。
今日一日で、日本選手のアジアチャンピオンが5人も誕生しています。
明日は、各カテゴリーのジュニア・マスターズそしてオーバーオール決勝が行われます。
ビキニフィットネスの長瀬陽子選手・女子フィジークの清水恵理子選手・メンズフィジークの有馬康泰選手は、明日登場します。
また、今日優勝した選手のうち、ボディビルの石井選手と浅野選手、メンズフィジークの寺島選手、ビキニフィットネスの安井選手は、オーバーオール決勝に臨むことになります。
また、ボディフィットネスに関しては各クラスの3位までが、オーバーオール決勝に進めるとのことで、矢野選手もオーバーオール決勝に臨みます。
さらに、矢野選手と同じくボディフィットネスの北野明美選手は、マスターズとのダブルエントリーが認められたので、明日も出場します。
選手及び役員の皆さん、ほんとお疲れ様でした。
私も疲れました(爆)。
それでは、また明日のアジア選手権もお楽しみに。
コメント

Digest of 2019 kanto Open and Ibaraki Championships

2019-07-25 23:38:21 | 観戦記2019


Digest of 2019 kanto Open and Ibaraki Championships (Appendix pictures)

最後に、男子競技や「おまけ写真」のダイジェストをお送りします。
前半は、関東オープンでのメンズフィジークの表彰式の写真をご紹介しています。
5枚目は関東オープンの開会式ですが、選手不在で選手宣誓を行った選手のみがステージに登場しました(爆)。
また、関東オープンの司会は角田和弘さんが務めておられました。(茨城県選手権は、別の方でした)
続く4枚は茨城県選手権の開会式の模様ですが、こちらは選手もジャージ姿ながら勢ぞろいしていましたね。
そして最後の5枚が「おまけ写真」で、選手の皆さんとのツーショットなどなどです(笑)。
以上が、2019関東オープン及び茨城県選手権のダイジェストでした。

明後日の27日から、中国・ハルピンで行われるアジア選手権の観戦に行ってまいります。
成田空港出発が朝8時と早いため、26日のうちに成田市に移動して前泊しますので、明日以降帰国する30日まではこちらの更新はできません。
現地からアクセスできるようでしたら速報はできるかもしれませんが、確約はできないことをご了承ください。
2018北区オープンは、これからようやくゲストポーズのご紹介に入れるところでしたが、帰国後8月に入ってからということになりそうです(苦笑)。
コメント

Results and digest of 2019 Ibaraki Championships

2019-07-25 23:30:41 | 観戦記2019


Results of 2019 Ibaraki Championships (JUL 21, 2019, Mito, Ibaraki)
Bikini Fitness
1 KAKIHARA Maiko
2 SUZUKI Akiko
3 UTSUNOMIYA Yuko
4 HIRAI Chieko
5 TAKEISHI Hitomi
6 OSAWA Mika
7 TAKENOUCHI Miyuki

茨城県ビキニフィットネス選手権の結果(敬称略)
1 柿原麻衣子
2 鈴木亜希子
3 宇都宮優子
4 平井千恵子
5 武石ひとみ
6 大澤 美香
7 竹之内美由紀

というわけで、こちらでは茨城県選手権のビキニフィットネスのダイジェストをお送りしています。
こちらは7人の選手が出場していましたが、いきなり決勝が行われて4位までが表彰式に進みました。
ただし、順位は7位までしっかり付けられているので、その結果を上記のとおりご紹介させていただきます。
「Lウォーキング」の写真も、7人全員ご紹介できました。
関東オープンとの掛け持ちの選手も何人かいましたが、長丁場で大変だったことと思います。
以上が、茨城県選手権のビキニフィットネスの結果及びダイジェストでした。
コメント

Results and digest of 2019 kanto Open (3)

2019-07-25 23:14:41 | 観戦記2019


Results of 2019 kanto Open (JUL 21, 2019, Mito, Ibaraki)
Bikini Fitness -158cm
1 MORI Sakurako
2 MITSUI Sumire
3 SUZUKI Asano
4 YANAI Mayumi
5 OKUMURA Wakaba
(KAWAMATA Tamami, YONEZAWA Kayo, TAKENOUCHI Miyuki, YANAGITA Yukari, YARITA Miki)

Overall Final
1 MORI Sakurako (-163cm)
2 KURIHARA Ayano (163cm-)
3 ENDO Mio (-158cm)

関東オープンビキニフィットネス選手権の結果(敬称略)
163cm以下級
1 森  桜子
2 三井すみれ
3 鈴木亜砂の(あさの)
4 箭内真由美
5 奥村 若葉
(川又 珠美、米澤 佳代、竹之内美由紀、柳田有佳里、鎗田 美樹)

オーバーオール決勝
1 森  桜子
2 栗原 綾乃
3 遠藤 未央

関東オープンビキニフィットネスのダイジェスト、最後は163cm以下級と3クラスの優勝選手同士によるオーバーオール決勝です。
163cm以下級は参加選手が10人と少なく決勝進出枠も5人と少なかったので、少ない枚数でご紹介できました。
そのため、その余裕を活用してオーバーオール決勝の模様も盛り込ませていただいた次第です(笑)。
しかし、大会に初めて出た選手がいきなりオーバーオール優勝とは驚きましたね。
最後の写真は、メンズフィジークのオーバーオール優勝選手の関口貴夫選手(172cm以下級)とのツーショットです。
以上、ここまでが2019関東オープンのビキニフィットネスの結果及びダイジェストでした。
この日は、関東オープン終了後に茨城県選手権も行われています。
コメント

Results and digest of 2019 kanto Open (2)

2019-07-25 22:43:02 | 観戦記2019


Results of 2019 kanto Open (JUL 21, 2019, Mito, Ibaraki)
Bikini Fitness 163cm-
1 KURIHARA Ayano
2 IKEDA Aiko
3 HIRAKAWA Maki
4 OTSUKI Akiko
5 KAGAMIISHI Akane
6 SUGIYAMA Chizuko
7 SAITO Yukari
8 SUZUKI Akiko
9 ARAI Megumi
10 TSUNAKAWA Ryou
(TAKAHASHI Yuka, OSAWA Mika, GOTO Michiko, SAKAI Kumiko, ABEMATSU Reika, HIRAI Chieko, YAMADA Sae, HIRAYAMA Tomoe, KURIBAYASHI Mizuho)

関東オープンビキニフィットネス選手権の結果(敬称略)
163cm超級
1 栗原 綾乃
2 池田 愛子
3 平川 真希
4 大槻 晶子
5 鏡石あかね
6 杉山知寿子
7 齋藤友加里
8 鈴木亜希子
9 新井  恵
10 綱川  良(りょう)
(高橋 由香、大澤 美香、後藤美智子、酒井久美子、棈松(あべまつ) 怜加、平井千恵子、山田 彩恵(さえ)、平山 友絵、栗林 瑞穂)

続いては、ビキニフィットネス163cm超級の結果とダイジェストをお送りします。
関東オープンのビキニフィットネスは、158cm以下級・163cm以下級・163cm超級の3クラスに分かれていましたが、紙面の都合上先に163cm超級をご紹介させていただきました。
参加選手が20人と、3つのクラスの中でも最大の激戦区でした。
158cm以下級と同様に、最初の4枚で選手全員をご紹介して、次の10枚で決勝進出選手の「Lウォーキング」から各選手1枚づつ、そして最後は表彰式での記念撮影で締めくくりました。
なお申し遅れましたが、各クラスの優勝選手同士によりオーバーオール決勝も行われています。
以上が、関東オープンビキニフィットネス163cm超級の結果とダイジェストでした。
コメント

Results and digest of 2019 kanto Open (1)

2019-07-25 22:31:22 | 観戦記2019


Results of 2019 kanto Open (JUL 21, 2019, Mito, Ibaraki)
Bikini Fitness -158cm
1 ENDO Mio
2 MATSUKI Mami
3 HAMADA Urara
4 YAMAGUCHI Azusa
5 KAWAI Nodoka
6 WATANABE Eriko
7 KITAMI Chisato
8 KUBOTA Saki
9 HARIKAE Yuko
10 KAMAKURA Aimi
(OKA Natsumi, TSUMURA Mio, SENO Yuko, NIKAIDO Junko, FURUKAWA Nami, SATO Ai, YAMANAKA Komaki, TOKUTAKE Yurika, TOTSUKA Kaho)

関東オープンビキニフィットネス選手権の結果(敬称略)
158cm以下級
1 遠藤 未央
2 松木 真美
3 濱田  麗(うらら)
4 山口あずさ
5 河合のどか
6 渡辺映里子
7 北見 知里
8 窪田 早希
9 張替 有子
10 鎌倉 藍実
(岡 夏美、津村 美緒、瀬野 優子、二階堂淳子、古川 七海(なみ)、佐藤 愛、山中 小巻、徳竹優里香、戸塚 果歩)

こんばんは。
それでは、遅くなって申し訳ありませんが、今日は2019年7月21日に茨城県水戸市の駿優会館ホールで行われた、第5回関東オープンビキニフィットネス選手権大会及び第2回茨城県ビキニフィットネス選手権大会の、ダイジェストをお送りいたします。
結果も今回は全員の分をご紹介しますが、ビキニフィットネスではピックアップ審査により決勝進出選手を選抜したので、決勝に進めなかった選手につきましては、参考順位もわかりませんのでお名前だけ表示させていただきました。
写真の方は、まず最初の4枚がピックアップ審査での「フロントスタンス」で、こちらで出場選手全員をご紹介しています。
続いて、決勝進出選手10人について「Lウォーキング」から各選手1枚づつ、そして最後は表彰式の記念撮影の写真で締めくくりました。
以上が、関東オープンのビキニフィットネス158cm以下級のダイジェストでした。
コメント

2018 Kita-ku Open (39)

2019-07-24 23:57:27 | 観戦記2018


IKEDA Saori, 1st place of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

女子フィジークの優勝は、エントリー番号3番の池田さおり選手でした。
フリーポーズを見るのは、同じ2018年の日本女子チャレンジカップで12位に入賞したとき以来、2回目になります。
しかし今回、見事優勝しました。
髪の毛を振り乱すほど激しい動きと、ここ一番でしっかりポーズを決められたことが、優勝の秘訣だったかもしれませんね。
今年に入って初戦が東京クラス別の158cm超級でしたが、予選7位で惜しくも決勝には進めませんでした。
しかし、北区オープン優勝を自信としてますます活躍してほしいですね。
以上が、女子フィジーク決勝の模様でした。

次回、改めて2019関東オープン及び茨城県選手権のダイジェストをお送りいたします。


ボディビルディング 2019年 09 月号 [雑誌]
コメント

2018 Kita-ku Open (38)

2019-07-24 23:52:58 | 観戦記2018


HOSOKAWA Mari, 2nd place of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

そして2位は、エントリー番号4番の細川マリ選手でした。
このとき初めて見た選手ですが、ブログでご紹介するのは今年5月の東京オープンの方が先でした(爆)。
初めてでいきなり2位に入ってしまったのですから驚きましたが、見事に鍛えられた筋肉と力強くもきれいにまとまったポージングが決め手という感じでしょうか。
そして、ひとつひとつ丁寧に決めているところがよかったと思います。
今年の東京オープンでは女子フィジークで4位に入賞、今年これからの活躍に期待したいところです。
コメント

2018 Kita-ku Open (37)

2019-07-24 23:47:19 | 観戦記2018


KANEKO Tomoko, 3rd place of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

次に3位は、エントリー番号1番の金子知子選手でした。
58歳と今大会最年長の女子選手でしたが、元気のいいフリーポーズを見せてくれました。
もともとは健康美の選手で、2018年はミス千葉健康美で3位、そしてミス21健康美では158cm以下級で3位に入賞しています。
フリーポーズの内容は、ミス21健康美での自由演技と同じ構成でしたね。
なお、今年は東京オープンの女子フィジークに参戦していますが、惜しくも決勝には進めませんでした。
コメント

2018 Kita-ku Open (36)

2019-07-24 23:40:35 | 観戦記2018


TAKAHASHI Yuka, 4th place of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

続いて4位は、エントリー番号5番の高橋由香選手でした。
このような形でフリーポーズを披露できたのは、2017年の日本女子チャレンジカップ以来2回目になります。
そのフリーポーズは、思い切り体をしならせたり脚を高く上げたりする独特のもので、ウインクで誘惑するようなシーンもあって実に個性的でした。
最近はこういった個性豊かなフリーポーズを見る機会がなかなかないので、今後ますますの活躍を期待したいですね。
しかし、今年に入って先日の関東オープンで、ビキニフィットネスに参戦するとは思いませんでしたが(爆)。
コメント

2018 Kita-ku Open (35)

2019-07-24 23:25:19 | 観戦記2018


SUGAHARA "Zunko" Junko, 5th place of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

まずは5位ですが、エントリー番号2番の菅原順子選手でした。
2018年は、神奈川選手権と東日本選手権でフィジークに参戦していましたが、決勝には進めませんでした。
しかし、ミス21健康美の163cm以下級で5位に入賞し、自由演技を披露することができました。
今回のフリーポーズはそのときとは別の内容でしたが、笑顔を絶やさないところは変わりませんでした。
また、最後に決めたポーズが実にキュートでしたね。
今年もすでに、関東選手権に参戦しています。
コメント

2018 Kita-ku Open (34)

2019-07-24 23:20:44 | 観戦記2018


Final of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

続いて、1分間のポーズダウン(合同フリーポーズ)です。
これをご紹介するのも、おそらく今回が最後となるでしょう。
今年からは、男子ボディビル同様にフリーポーズは各選手ごとに1分間となり、合同フリーポーズとしてのポーズダウンはなくなったからです。
正直、ここでのポーズダウンは各選手とも自分の場所を動きませんし、順位発表のスリルもありませんから、あまり面白くはなかったと思います。
それよりも、30秒に減らされたフリーポーズをもとに戻してほしかったので、これはいいことだと思います(笑)。
それでは引き続き、各選手のフリーポーズをカウントダウン式にご紹介させていただきます。
コメント

2018 Kita-ku Open (33)

2019-07-24 23:10:19 | 観戦記2018


Final of 2018 Kita-ku Open. (Women's Physique)

こんばんは。
今日は、2019関東オープン及び茨城県選手権のダイジェストをお送りする予定でしたが、写真の整理が間に合わないため予定を変更して、2018北区オープンの女子フィジークの決勝の模様をお送りさせていただきます。
7月21日に関東オープン等あったわけですが、帰りが夜遅くなったうえに翌22日から茨城県つくば市に2泊3日の出張に行っていて、先ほど帰宅してようやく写真の整理にとりかかれるようになったのです(爆)。
ですが、4000枚近く撮影した写真の整理がすぐに終わるわけがないので、すでに整理済みの2018北区オープンのご報告に替えさせていただいた次第です。
では本題に入りましょう。
出場選手5人のステージ登場時のショットから始まって、クォーターターン及び規定ポーズの模様をご紹介しました。
ここらへんは、予選ですでにご覧いただいたところですので、このくらいにさせていただきます。
コメント