行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (28)

2018-10-18 23:42:36 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

比較審査が終わり、最後にもう一度全員でラインナップをとって決勝審査は終了し、選手退場となりました。
ここまでが、選手全員によるプログラムでした。

それでは、次回は決勝進出選手の「Lウォーキング」をカウントダウン式にご紹介させていただきます。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (27)

2018-10-18 23:39:54 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

続いて、2回目の比較審査は1回目から13番宮永選手が残り、さらに15番石川瑠夏選手・17番澁谷美和子選手・14番小谷野彩香選手・2番松木真美選手が加わって、5人で行われました。
これで、8人の選手全員が比較審査を受けたことになります。
そして、以上で比較審査は終わりました。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (26)

2018-10-18 23:30:30 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

というわけで、ここからは比較審査の模様をご紹介いたします。
まず1回目の比較審査は、13番宮永麗奈選手・1番森佳美選手・4番遠藤未央選手・11番石井ゆき子選手の4人が、対象になりました。
審査はクォーターターンにより行われましたが、各ポーズごとに4人全員で1枚の写真と2人づつアップで撮影した写真2枚をご覧いただいております。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (25)

2018-10-18 23:21:40 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

そして、360度回転してさらに「スリーステップフォワード」でステージ手前に戻り、「フロントスタンス」でクォーターターンを締めくくるところまでをご紹介しました。
選手全員でのクォーターターンは決勝でも1回だけで、選手はステージ奥に控えて比較審査に備えました。
フィットネスビキニの決勝では、比較審査が行われないことが多いのですが、今回はピックアップ審査から決勝という流れだったので、まだ全員が比較審査を受けていないので、ここで比較審査が行われたのでした。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (24)

2018-10-18 23:09:47 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

そして、今度はしっかり「スリーステップフォワード」を行いました。
三歩前進してステージ奥の方に進み、そこから270度回転してさらに360度回転しようというところまでですね。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (23)

2018-10-18 22:55:33 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

「フロントスタンス」に戻ったところで、実はあることが判明してクォーターターンをやり直すことになりました。
そう、フィットネスビキニの決勝では「スリーステップフォワード」もやらなくてはいけなかったのでした(苦笑)。
というわけで、改めてクォーターターンが行われたわけですが、ちょっとご紹介の仕方を変えて途中の流れも入れてみました。
そのためこちらでは、180度回転して後ろ向きになったところまでのご紹介になります。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (22)

2018-10-18 22:18:28 | 観戦記2018


Final of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (-158cm)

こんばんは。
それでは今日からは、2018関東フィットネスビキニ選手権の決勝の模様をお送りいたします。
実際の競技順に、まずは158cm以下級からまいりましょう。
ただし、最初に行われた各選手ごとの「Lウォーキング」は後でカウントダウン式にご紹介することとして、先に選手全員でのプログラムからご紹介いたします。
最初に、クォーターターンの模様からご覧ください。
各ポーズとも、8人全員で1枚の写真とアップで分割した写真を組み合わせてお送りしましたが、前半3分割だったところ後半は2分割にしております。
標準ズームレンズで最大にアップして、ちょうど4人収まるとわかりましたので、2分割に切り替えました。
コメント

2018 Ms. Chiba Kenkoubi (10)

2018-10-17 23:02:48 | 観戦記2018


TSUBAKI Harumi, 1st place of 2018 Ms. Chiba Kenkoubi.

そして優勝は、エントリー番号2番の椿晴美選手(神奈川)でした。
椿選手は2017年のミス21健康美がデビュー戦で、そのときは50歳以上級の4位に入賞しています。
そのときは白いビキニでしたが、今回はご覧のとおりピンクのビキニでした。
そういえば、椿選手も最初のポーズは金子・林谷両選手と同じようなポーズですね。
実は、3人とも同じ先生に習っていたそうです(爆)。
また、今回3人の選手の参加を得ることができたのも、林谷選手が同門の金子・椿両選手を誘ったからということでした。
しかしこうして、大会としての体裁も無事整ってよかったのではないでしょうか。
以上が、ミス千葉健康美の第3ラウンド(決勝)の模様でした。

次回からは、関東フィットネスビキニ選手権の決勝のご紹介に入りますが、まずは158cm以下級からご紹介いたします。
コメント

2018 Ms. Chiba Kenkoubi (9)

2018-10-17 22:56:11 | 観戦記2018


HAYASHITANI Kuniko, 2nd place of 2018 Ms. Chiba Kenkoubi.

続いて2位は、エントリー番号3番の林谷訓子(くにこ)選手でした。
昨年のこの大会に優勝した、「ディフェンディングチャンピオン」でもありました。
2016年の東京オープン(ミスビギナー)がデビュー戦で、2017年のミス21健康美では163cm以下級で4位に入賞しています。
今回参戦した3人の選手の中で、もっともキャリアは長い選手です。
自由演技は元気よく行われ、若々しさを感じさせてくれますね。
最初のポーズは、金子選手と同じような感じがしますが・・・(爆)
ちなみに、今回のミス千葉健康美に出場した3人の選手は、全員50代でした(原爆)。
ともあれ、昨年のミス千葉健康美と同様に、林谷選手らしさは出せたと思います。
林谷選手も、この後ミス21健康美に参戦しています。
コメント

2018 Ms. Chiba Kenkoubi (8)

2018-10-17 22:38:10 | 観戦記2018


KANEKO Tomoko, 3rd place of 2018 Ms. Chiba Kenkoubi.

それでは、各選手の自由演技(フリーポーズ)をご紹介いたしましょう。
まずは3位ですが、エントリー番号1番の金子知子選手(東京)でした。
かねてから、鎗田美樹選手の「保護者」(爆)のような感じで一緒にいるので知っていましたが、今年の東京オーブンでついに自ら大会デビューしました。
その東京オープンでは、ミスフィジークに参戦して8位という成績を残しています。
しかし決勝には進めなかったので、今回初めて金子選手のパフォーマンスを見ることができたわけです。
初めてにしてはぎこちなさもあまりなくて、スリムながら整ったプロポーションとあいまって、きちんと見られる作品になったのではないかと思います。
この後、金子選手はミス21健康美に参戦しています。
コメント

2018 Ms. Chiba Kenkoubi (7)

2018-10-17 21:35:17 | 観戦記2018


Round 3 (final) of 2018 Ms. Chiba Kenkoubi.

こんばんは。
今日は、2018ミス千葉健康美の第3ラウンドすなわち決勝の模様を、お送りいたします。
各選手の自由演技(フリーポーズ)が中心になりますが、こちらでは最初と最後のラインナップの場面をご紹介いたします。
前半の5枚が最初の選手入場からラインナップまで、後半の7枚が最後のラインナップと選手退場までです。
続いて、各選手の自由演技をカウントダウン式にご紹介させていただきます。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (21)

2018-10-16 23:01:42 | 観戦記2018


Prejudging (pic up) of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (163cm-)

2回目のクォーターターンを終えて、選手は一旦ステージ奥に下がって比較審査に備えましたが、なんと比較審査はありませんでした(爆)。
結局、もう一度ラインナップをとって予選終了・選手退場となりました。
この結果、決勝には40番細野選手・41番栗原選手・43番岩井選手・45番羽鳥選手・48番池田選手・49番杉山選手・51番戸澤選手の7人が進みました。
以上が、163cm超級の予選の模様でした。
なお、予選はピックアップ審査でしたので、各クラスとも決勝に進めなかった選手については予選での参考順位もありませんでした。

これで、ミス千葉健康美・関東フィットネスビキニ選手権とも予選のご紹介は終わりました。
次回からは決勝の模様をお送りするわけですが、実際の競技進行にしたがってミス千葉健康美の第3ラウンドから、お送りしたいと思います。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6D Mark II ボディー EOS6DMK2
クリエーター情報なし
キヤノン
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (20)

2018-10-16 22:55:35 | 観戦記2018


Prejudging (pic up) of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (163cm-)

こちらは、2回目のクォーターターンの90度・180度・270度回転したところをお送りしています。
フィットネスビキニに参戦した選手は、欠場者を除いて3クラス合計でちょうど50人ですが、最も若い選手は19歳で最年長は54歳でした。
50代の選手は4人参加していましたが、その中で決勝に進めたのは1人だけでした。
フィットネスビキニでは、どうやら「年齢」も審査対象になるようですね(苦笑)。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (19)

2018-10-16 22:46:58 | 観戦記2018


Prejudging (pic up) of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (163cm-)

そして、1回目のクォーターターンの続きで270度・360度と回転して元の「フロントスタンス」に戻ったところから、左右半分を入れ替えて2回目のクォーターターンを行うために「フロントスタンス」をとったところまでを、ご紹介しました。
並びを入れ替えるときにレンズを付け替えて望遠ズームにしましたので、2回目は全体の写真はありません。
そのかわり、各ポーズごとに4分割として選手をより大きめに捉えました。
コメント

2018 Kanto Bikini Fitness Championships (18)

2018-10-16 22:25:23 | 観戦記2018


Prejudging (pic up) of 2018 Kanto Bikini Fitness Championships. (163cm-)

ここからは、クォーターターンの模様をご覧いただきましょう。
最初の「フロントスタンス」から、90度・180度回転して後ろ向きになったところまでをご紹介しています。
各ポーズごとに、13人全員を1枚に収めた写真とアップで3分割した写真をお送りしております。
コメント