行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

52nd AFBF Asian Championships (76)

2018-07-31 23:18:20 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

2回のクォーターターン及び規定ポーズの後には、1分間のポーズダウンが行われました。
現在は日本の大会においても、決勝審査でのポーズダウンは行われていますが、各選手はそれぞれの立ち位置を動くことはまずなく淡々とフリーポーズをこなしていくような感じでした。
しかしこちらのポーズダウンでは、日本での表彰式のときに行われるポーズダウンさながらに、各選手とも積極的に移動してアピールしていたようです。
そのかわり、アジア選手権では表彰式の際にはポーズダウンは行われませんが・・・(苦笑)
ポーズダウンが終わると選手は一旦退場し、エントリー番号順に1人づつフリーポーズを行ったのでした。

次回は、そのフリーポーズの模様を例によってカウントダウン式にご紹介したいと思います。

ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ (14本入×1箱) 甘さひかえめ しっとり焼きチョコタイプ
クリエーター情報なし
森永製菓
コメント

52nd AFBF Asian Championships (75)

2018-07-31 23:10:45 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

こちらが、2回目の規定ポーズの後半ですが、ここで意外な展開があったのです。
「バックダブルバイセップス」は普通に行われましたが、その次の「サイドトライセップス」をご覧ください。
なぜか61番のインドの選手だけは、「アブドミナル&サイ」をやっています(爆)。
ご存知のとおり、かつて女子「ボディビル」の規定ポーズとしては「アブドミナル&サイ」もありましたが、現在の女子フィジークにあっては規定ポーズにはありません。
ところが、どういうわけかこのとき審査員席からは、その「アブドミナル&サイ」の指示が出たのです(原爆)。
幸い、各選手ともこのポーズをとることはできました(笑)。
しかし、こういうことひとつとってみても、日本のみならずアジアにおいても、いまだに女子は「ボディビル」の影を引きずっているんだなあ、と改めて感じました(苦笑)。
ここまでが、クォーターターンと規定ポーズの模様でした。
コメント

52nd AFBF Asian Championships (74)

2018-07-31 23:02:46 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

ここからは、2回目のクォーターターン及び規定ポーズをご覧いただきましょう。
1回目の規定ポーズまでは、Canon Eos Kiss X5にEF-S 15-85mm F3.5-5.6の組み合わせで撮影し、2回目はEOS 7DにEF 70-200mm F4Lの組み合わせで撮影しています。
カメラを持ち替えている間に、2回目のクォーターターンが始まってしまったため、「フロントリラックス」はクォーターターンの最後でなんとかフォローしました(苦笑)。
またクォーターターンは3人で1枚という形でしたが、せっかくズームで寄れるので規定ポーズは2人で1枚という形で撮影してみました。
しかしこの後、意外な展開が待っていました(爆)。
コメント

52nd AFBF Asian Championships (73)

2018-07-31 22:55:19 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

そしてこちらが、1回目の規定ポーズの残りで「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」「サイドトライセップス」の各ポーズをお送りしています。
こうして1回目の規定ポーズまで終わったところで、立ち位置が入れ替わります。
1回目はステージ向かって左端から、60番・61番・・・65番という並びだったのですが、今度は左右半分が入れ替わり63番・64番・65番・60番・61番・62番という並びになりました。
やはり、このような入れ替わり方のほうが立ち位置による有利不利がなくなって、より公平な審査が期待できると思います。
なお、アジア選手権では各ポーズの指示は審査員席から直接なされますが、極めてテンポが早いので指示があったらすぐにポーズをとらないと、ポーズをとる前に次のポーズへの指示が出てしまうのです。
コメント

52nd AFBF Asian Championships (72)

2018-07-31 22:35:38 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

1回目のクォーターターンの続きから、そのまま規定ポーズに入りました。
「フロントダブルバイセップス」までをご覧いただいております。
さて、この女子フィジークの出場選手を簡単にご紹介いたしましょう。
エントリー番号順に、60番清水恵理子選手・61番 Karuna Pandurang Waghmare選手(インド)・62番澤田めぐみ選手・63番Park Sun Yun選手(韓国)・64番久野礼子(あやこ)選手・65番李佾明選手(台湾)、以上の6人です。
珍しく、このクラスには中国や中央アジア勢の参戦がありません。
清水選手は、2015年小倉・2016年北京に続く参戦で、澤田選手は2017年モンゴルに続いての参戦です。
また久野選手は、今回が初めてのアジア選手権参戦でした。
一方で、台湾の李選手は2015年から4年連続でアジア選手権に参戦していて、特に2015年の小倉ではフィジーク163cm以下級で優勝しています。
コメント

52nd AFBF Asian Championships (71)

2018-07-31 22:18:37 | 観戦記2018


Final of the 52nd AFBF Asian Championships. (Women's Physique)

こんばんは。
それでは、10日ぶりに第52回アジア選手権のご報告に戻りましょう(笑)。
今日からは、女子フィジークの模様をお送りいたします。
女子フィジークには身長によるクラス分けがなく、参加選手もちょうど6人でしたので、いきなり決勝からのスタートになりました。
日本からは、澤田めぐみ選手(エントリー番号62番)・久野礼子選手(64番)・清水恵理子選手(64番)の3人が参戦していました。
つまり、6人中の半分を日本選手が占めていたわけですね(爆)。
競技の進行としては、最初に選手全員によるクォーターターン及び規定ポーズ、続いて1分間のポーズダウンが行われました。
その後、エントリー番号順に30秒のフリーポーズが行われています。
こちらでは、先にポーズダウンまでの選手全員でのプログラムをご紹介してから、各選手のフリーポーズをカウントダウン式にご覧いただこうと思います。
ではさっそく、選手全員でのプログラムからまいりましょう。
各選手がステージに登場してラインナップをとると、さっそく1回目のクォーターターンが始まりました。
コメント

Results and digest of 2018 Tokyo Bodyfitness Championships (2)

2018-07-30 23:54:22 | 観戦記2018


Results of 2018 Tokyo Bodyfitness Championships (JUL 29, 2018, Tokyo)
Bodyfitness
158cm-
1 KOYANAGI Kumiko
2 NAKAJIMA Chiharu
3 SHOMENO Yoshiko
4 UEKUSA Tomomi
5 INABA Kiyomi
6 TAKESHITA Akiko
(7 MUTSUNO Yuko)

2018東京ボディフィットネスの結果(敬称略)
ボディフィットネス
158cm超級
1 小柳久美子
2 中島 千春
3 占野 佳子
4 植草 朋美
5 稲葉 清美
6 竹下 明子
(7 陸野・むつの 裕子)

そしてこちらが、ボディフィットネス158cm超級のダイジェストです。
こちらは7人参戦していましたので、全員「Lウォーキング」を披露することができましたが、1人だけ表彰式には出られません。
その選手が、7位相当ということになります。
このクラスは、昨年のオールジャパンミスボディフィットネス選手権163mc以下級で5位に入賞した小柳選手と、1週間前のジャパンオープンで2年ぶりに大会に復帰して4位に入った中島選手が優勝を争いましたが、果たして小柳選手に軍配が上がりました。
オールジャパンではさらに163cm超級があるので、そちらでは直接当たらない選手同士の対戦にも興味深いものがありましたね。
以上が、ボディフィットネス163cm超級のダイジェストでした。

これで、昨日の大会のダイジェストはすべてお送りしました。
詳細の報告はかなり先になると思われますが、どうぞ首を長くしてお待ちください(笑)。
それでは次回からは、第52回アジア選手権のご報告に戻りたいと思います。

ボディビルのかけ声辞典
クリエーター情報なし
スモール出版
コメント

Results and digest of 2018 Tokyo Bodyfitness Championships (1)

2018-07-30 23:29:29 | 観戦記2018


Results of 2018 Tokyo Bodyfitness Championships (JUL 29, 2018, Tokyo)
Bodyfitness
-158cm
1 SASAKI Usako
2 OTSU Aya
3 KATO Meiko
4 MIURA Keiko
5 TORIKAI Kyoko
6 TOGASHI Noriko

2018東京ボディフィットネスの結果(敬称略)
ボディフィットネス
158cm以下級
1 佐々木うさこ
2 大津  綾
3 加藤 明子(めいこ)
4 三浦 恵子
5 鳥飼 京子
6 富樫 則子

さて今度はボディフィットネスですが、こちらもまずは158cm以下級からご紹介いたします。
ボディフィットネスは158cm以下級が6人、158cm超級が7人の参戦だったためか、予選がなくいきなり決勝の「一発勝負」でした(爆)。
こちら158cm以下級はちょうど6人だったので、全員が入賞ということになりました。
優勝した佐々木選手は、昨年までは「佐々木美香」選手でしたが、月刊ボディビルの連載で「佐々木うさこ」名義だったのを、とうとう選手登録名にしてしまったようです(原爆)。
それで昨年の東日本オープンに続いて優勝してしまうのですから、ただ者ではありません。
2位の大津選手も、1週間前のジャパンオープンで5位に入賞したのに続く好成績で、進境著しいところを見せていました。
以上が、ボディフィットネス158cm以下級のダイジェストでした。
コメント (1)

Results and digest of 2018 Tokyo Category Championships (2)

2018-07-30 23:19:46 | 観戦記2018


Results of 2018 Tokyo Category Championships (JUL 29, 2018, Tokyo)
Women's Physique
158cm-
1 SATO Emi
2 SATO Nanako
3 TAKEUCHI Reiko
4 IIYAMA Ritsuko
5 ITO Takako
6 SATO Tokuko
(7 IKEDA Saori)
(8 TSURUTA Takako)
(9 MINOBE Mina)
(10 AMINO Chiyoko)

2018東京クラス別選手権の結果(敬称略)
女子フィジーク
158cm超級
1 佐藤 英己(えみ)
2 佐藤奈々子
3 竹内 令子
4 飯山 律子
5 伊藤 貴子
6 佐藤とく子
(7 池田さおり)
(8 鶴田 貴子)
(9 美濃辺美奈)
(10 網野智世子)

続いては、女子フィジーク158cm超級のダイジェストです。
このクラスには10人もの選手が参戦して盛況でしたが、そのうちなんと3人が「佐藤選手」でした(爆)。
そして3人全員が、決勝に進んでいます(原爆)。
さらに、その中の1人の英己選手が見事優勝したのですから、佐藤軍団恐るべし(水爆)。
ちなみに今大会では比較的前の方の席が取れたので、撮影はわりと楽だったおt思います。
以上が、女子フィジーク158cm超級のダイジェストでした。
コメント

Results and digest of 2018 Tokyo Category Championships (1)

2018-07-30 22:59:33 | 観戦記2018


Results of 2018 Tokyo Category Championships (JUL 29, 2018, Tokyo)
Women's Physique
-158cm
1 SATO Mikayo
2 MATSUDA Masako
3 SUZUKI Asako
4 SAITO Riiko

2018東京クラス別選手権の結果(敬称略)
女子フィジーク
158cm以下級
1 佐藤美香代
2 松田 昌子
3 鈴木 朝子
4 齋藤リイ子

こんばんは。
それでは今日は、昨日2018年7月29日に東京都葛飾区の「かつしかシンフォニーヒルズ」で行われた、東京クラス別選手権のダイジェストをお送りいたします。
女子に関しては、フィジーク2クラスとボディフィットネス2クラスが行われました。
まずは、フィジークの方からご紹介したいと思います。
最初に158cm以下級ですが、参戦した選手はわずかに4人でした。
しかし注目すべきは、優勝した佐藤選手です。
といいますのは、佐藤選手は私の記録に間違いなければ、2005年の東京クラス別以来なんと13年ぶりに大会に参戦したことになるからです(爆)。
その13年間のうちに「ボディビル」から「フィジーク」に変わりましたが、しっかり対応していきなり優勝してしまうのですから驚きました。
また、3位の鈴木選手は初めて見た選手でしたね。
このように、新しい発見も多かった女子フィジークの158cm以下級でした。
コメント

2018東京クラス別選手権の結果

2018-07-29 23:24:56 | 観戦記2018
こんばんは。
今日は、東京都葛飾区の「かつしかシンフォニーヒルズ」で行われた、東京クラス別選手権を観戦してまいりました。
大会終了後、知り合いの方々と飲みに行っておりましたので、現在まだ帰宅途上です(爆)。
そのため、今日は写真のアップはできません(苦笑)。
ただ、結果につきましてはすでに東京フィットネスクラブ連盟のサイトに、掲載されていますので、それをご紹介いたします。
http://bodybuilding-fitness.jp/Tokyo/2018_Tokyo/180729_TokyoClass/2018_TokyoClass_Result.pdf
ダイジェストは、明日お送りしたいと思います。
コメント

Results and digest of SPORTEC CUP 2018 (4)

2018-07-28 23:59:50 | 観戦記2018


Digest of appendix pictures of SPORTEC CUP 2018. (JUL 27, 2018, Tokyo)

それでは最後に、「おまけ写真」のダイジェストをお送りいたしましょう。
まず最初は会場の写真ですが、ステージの左右にスクリーンがありまして、ここで昨年のSPORTEC CUPの模様や今回の出場選手、またゲストポーズの際にはプロフィール紹介が映されていました。
そのゲストポーズですが、昨日ご紹介したとおり横川尚隆選手と大澤直子選手がゲストポーズを披露しましたが、さらに車椅子ボディビルダーも紹介されました。
横川・大澤両選手の写真は、昨日ご紹介したものとは別ショットにしましたが、あとは詳細のご報告にどうぞご期待ください(笑)。
続く5枚は大会終了後の模様ですが、出場選手全員さらに役員を加えた集合写真の撮影が行われました。
続いて、3カテゴリーそれぞれのベスト3の選手9人での撮影も行われています。
さらに、ボディフィットネス優勝の石井選手とフィットネスビキニ優勝の安井選手のツーショットもあります。
そしてなぜか、今大会には出場していないはずの占野佳子選手のビキニ姿もありました(爆)。
占野選手は、明日行われる東京クラス別でボディフィットネス158cm超級に出場します。
最後の6枚は、SPORTEC閉会後に行われたレセプションの模様です。
これは、雑誌「Woman's SHAPE & Sports」を発行している(株)フィットネススポーツが、SPORTEC出店を記念して開催したものです。
お知り合いの選手の方々も多数参加していて、大変楽しいひとときを過ごさせていただきました。
どうもありがとうございました。
以上が、SPORTEC CUP 2018のダイジェストでした。

明日は、東京都葛飾区で行われる東京クラス別を観戦しますので、今度はその速報やダイジェストを優先します。
大会後帰りが遅くなることが予想されますので、明日更新できるかどうかはわかりません。
コメント

Results and digest of SPORTEC CUP 2018 (3)

2018-07-28 23:27:09 | 観戦記2018


Results of SPORTEC CUP2018
Men's Physique
1 KOIZUMI Kenji
2 NAMIKI Daisuke
3 OKA Noriaki
4 NAONO Yoshimasa
5 SATO Ryo
6 HISANO Keiichi
(7 UMEDA Ryo)
(8 KONYA Junichi)
(9 TAKENAKA Takashi)
(10 IMAI Ryohei)
(11 HATA KODAI)
(12 TAKAHASHI Naoto)

SPORTEC CUP2018の結果(敬称略)
メンズフィジーク
1 小泉 憲治
2 並木 大輔
3 岡  典明
4 直野 賀優(なおの・よしまさ)
5 佐藤  綾(りょう)
6 久野(ひさの) 圭一
(7 梅田  亮)
(8 紺谷 淳一)
(9 竹中  孝)
(10 今井 良平)
(11 波多 広大)
(12 高橋 直人)

そして最後は、メンズフィジークのダイジェストです。
こちらには当初14人のエントリーがありましたが、2人欠場して12人で行われました。
昨年のオールジャパンメンズフィジーク選手権の各クラス優勝選手こそ出ていませんでしたが、日本・グアム親善大会で活躍した波多選手や今年のアジア選手権で銅メダルを獲得した並木選手など、若手ホープが参戦してレベルは低くはなかったと思います。
その中で優勝したのは、2016年の日本・グアム親善大会でメンズフィジークトールクラスで優勝している、小泉憲治選手でした。
波多選手が不調だったのが、ちょっと心配ですね。
それにしても、表彰式のときの介添の女性が華やかで美しかったですね。
以上がメンズフィジークのダイジェストですが、最後の方で少し「おまけ」を付けています(笑)。
司会の角田信朗選手、競技運営の角田和弘さんそして市川櫻さんです。

競技のダイジェストは以上ですが、もう少し「おまけ写真」をご紹介いたしましょう。
コメント

Results and digest of SPORTEC CUP 2018 (2)

2018-07-28 23:11:01 | 観戦記2018


Results of SPORTEC CUP2018
Bikini Fitness
1 YASUI Yuri
2 NAGASE Yoko
3 TANOUE Maiko
4 MARUYAMA Noriko
5 SHIBUTANI Miwako
6 ISHII Fumiko
(7 DAIKUZONO Aimi)
(8 TANAKA Ayako)
(9 YAMAMOTO Akiko)
(10 SHIRAISHI Chikako)
(11 SUZUKI Asano)
(12 DANCY Azusa)
(13 URUI Miwako)

SPORTEC CUP2018の結果(敬称略)
フィットネスビキニ
1 安井 友梨
2 長瀬 陽子
3 田上 舞子
4 丸山 典子
5 澁谷美和子
6 石井 文子
(7 大工園愛美)
(8 田中 絢子)
(9 山本 明子)
(10 白石千賀子)
(11 鈴木亜砂の)
(12 ダンシーあずさ)
(13 潤 美和子)

続いては、フィットネスビキニのダイジェストをお送りいたします。
ボディフィットネスとは対照的に、オールジャパン三連覇を誇る安井選手が初めてSPORTEC CUPに参戦し、参加選手も12人の枠を越える13人を数えました。
4月のモンゴルアジア選手権でも、フィットネスビキニ163cm超級で4位に入賞した安井選手が順当に優勝しましたが、実は2位の長瀬選手とはわずか1ポイント差という接戦だったのです(爆)。
安井選手ご本人も、大会後「自分でもちょっと甘かったかなと思う」とおっしゃってましたが、これで気を引き締めてオールジャパンではベストの状態で臨むことでしょう。
なお、出場選手中3人が昨年とは姓が変わっています(爆)。
白石選手が旧姓「藤田」なのはこちらでも再三ご紹介したところですが、大工園選手とダンシー選手は旧姓が奇しくも同じ「坂本」でした(原爆)。
写真の方ですが、予選でのクォーターターンが2組に分けて行われましたので、それぞれ「フロントスタンス」と180度回転して後ろ向きになったところを2分割でご紹介しています。
そして、決勝進出選手の「Lウォーキング」から各選手1枚づつ、最後に表彰式の模様(昨日ご紹介分とは別ショット)をお送りしました。
以上が、フィットネスビキニのダイジェストでした。
コメント

Results and digest of SPORTEC CUP 2018 (1)

2018-07-28 22:22:15 | 観戦記2018


Results of SPORTEC CUP2018
Bodyfitness
1 ISHII Yukiko
2 MIDA Michiru
3 OTA Mikiko
4 HAGIO Yuka
5 KITANO Akemi
6 IWAI Tomoko
(7 OIWA Noriko)
(8 TAKESHITA Akiko)

ALL results are here.

SPORTEC CUP2018の結果(敬称略)
ボディフィットネス
1 石井ゆき子
2 弥陀ミチル
3 太田美貴子
4 萩尾 由香
5 北野 明美
6 岩井 知子
(7 大岩 典子)
(8 竹下 明子)

こんばんは。
それでは今日は、昨日東京ビッグサイトで行われた「SPORTEC CUP2018」のダイジェストを、お送りさせていただきます。
まず最初に、ボディフィットネスのダイジェストからまいりましょう。
SPORTEC CUPには、前にも書いたとおりかなり厳しい出場資格が求められています。
具体的には、
(1)2017 年オールジャパン・フィットネス選手権大会入賞者(各カテゴリー1~6位)
(2)2017 年世界・アジア選手権入賞者(各カテゴリー1~12位)
のいずれかを満たしていることが求められていましたが、ブロック選手権優勝選手も加えられた模様です。
ボディフィットネスの選手でいえば、弥陀選手がそうです。
一方で、昨年のオールジャパンミスボディフィットネス選手権の各クラス優勝選手は、1人も出場していませんでした(苦笑)。
しかし、わずか5日前のジャパンオープンで見事優勝した弥陀選手は、なんと2位にまで入る健闘を見せました。
そして優勝は、そのジャパンオープンではフィジークに出場して5位に入賞している、石井選手でした。
以上が、ボディフィットネスのダイジェストでした。
コメント