行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

SPORTEC CUP 2019 (24)

2019-09-30 23:19:59 | 観戦記2019


SUZUKI Asano, 4th place of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

さらに4位は、エントリー番号4番の鈴木亜砂の(あさの)選手(東京)でした。
2017年は、埼玉オープンで158cm超級及びオーバーオールで優勝、関東オープンでもフィットネスビキニ163cm以下級で優勝し、東京選手権ではクラス分けがないフィットネスビキニで2位に入賞して、東日本オープンでも163cm以下級で2位に入賞。
そしてオールジャパンビキニフィットネス選手権では、35歳超163cm以下級で3位に入賞するという、大活躍でした。
2018年に入ると、7月の関東ビキニフィットネス選手権では163cm以下級で6位といまひとつでしたが、この大会には若手選手重視の傾向が見受けられました(爆)。
実際、この年のオールジャパンでは35歳超163cm以下級で3位と、2017年と同様の好成績を挙げています。
今回は、そういったクラス分けがない中での7人中4位だったわけです。
この後は、関東オープンとオールジャパンに参戦していますが、こちらでご紹介できるのは関東オープンのみということになりそうです(苦笑)。

この後はベスト3のご紹介となるわけですが、首の調子もいまひとつなので次回のお楽しみとさせていただきます。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (23)

2019-09-30 23:07:43 | 観戦記2019


KOBAYASHI Naomi, 5th place of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

次に5位は、エントリー番号2番の小林尚美選手(東京)でした。
2018年の関東ビキニフィットネス選手権で初めて見た選手ですが、そのとき早くも163cm以下級で3位に入賞しています。
続く2戦目の神奈川オープンでも158cm超級で同じく3位、さらに東日本オープンでも163cm以下級で2位と、デビュー早々に大いに活躍しています。
そして集大成の2018オールジャパンビキニフィットネス選手権では、35歳超163cm以下級で優勝選手にあと1ポイントに迫る2位と、出た大会すべて表彰台というすばらしい結果でした。
2年目となる今年はこのSPORTEC CUP 2019が初戦でしたが、少数精鋭のこのメンバーの中ではまずまずといったところでしょうか。
個人的には、最後のショットがキュートな感じで気に入っています(笑)。
この後は、再びオールジャパンに挑んでいます。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (22)

2019-09-30 22:57:38 | 観戦記2019


NOSAKA Akane, 6th place of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

続いて6位は、エントリー番号6番の野坂茜選手(福井)でした。
2018年7月の石川オープンフィットネスビキニで初めて見た選手ですが、そのときは3位に入賞していました。
続くオールジャパンビキニフィットネス選手権では、35歳超163cm超級で3位と好成績を挙げています。
約10ヶ月ぶりに見ることになりましたが、グッと筋肉も付いてきてボディラインにメリハリが出てきましたね。
この後は当然オールジャパンに出場して、40歳以上160cm超級で3位に入賞しているのですが、8月31日に行われたため日本女子健康美を観戦した私は残念ながら見ていません(苦笑)。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (21)

2019-09-30 22:29:23 | 観戦記2019


HATORI Marie, 7th place of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

こんばんは。
それでは今日は、SPORTEC CUP 2019のビキニフィットネス決勝から、各選手の「Lウォーキング」をカウントダウン式にご紹介させていただきます。
まずは7位ですが、エントリー番号7番の羽鳥茉利絵選手(東京)でした。
ビキニフィットネスでは比較的長く活躍している選手で、2016年にはオールジャパンビキニフィットネス選手権で35歳以下163cm超級で3位に入賞しています。
また、2018年は関東ビキニフィットネス選手権の163cm超級で優勝して、オールジャパンでも35歳以下163cm超級で3位と活躍しています。
今回は7位という結果でしたが、年齢・身長の区分けのないところに精鋭が集結するSPORTEC CUPだけに、落ち込むことはないでしょう。
そして、このSPORTEC CUPのわずか4日後に、今度は東京クラス別選手権と同時に行われた日韓中親善大会に出場しています。
近いうちに、そこでの活躍もご紹介できることと思います。
コメント

Results and digest of 2019 Tohoku & Hokkaido Championships

2019-09-29 23:48:54 | 観戦記2019


Results of 2019 Tohoku & Hokkaido Championships (SEP 29, 2019, Senboku, Akita)
Bikini Fitness
1 KAWASAKI Hikaru
2 MIURA Mika
3 OTOMO Makoto
4 TAKAHASHI Mayumi

Bodyfitness
1 KATO Junko
2 NIWA Ayuka
3 SHIMIZU Megumi
4 TAKAHASHI Mayumi

2019東北・北海道選手権の結果(女子のみ・敬称略)
ビキニフィットネス
1 川崎ひかる
2 三浦 美香
3 大友 真琴
4 高橋 真弓

ボディフィットネス
1 加藤 淳子
2 仁和亜優夏(にわ・あゆか)
3 清水  恵
4 高橋 真弓

こんばんは。
今日は、秋田県仙北市の仙北市民会館で行われた、2019東北・北海道選手権を観戦してまいりました。
というよりは、安井友梨選手のゲストポーズを見に行った、と表現した方がいいかもしれません(爆)。
よくもまあそのために、片道5時間近くかかる所まで行ってしまう自分にあきれております(自爆)。
大会そのものは、女子は上記のとおりビキニフィットネスとボディフィットネス、男子はボディビルとメンズフィジークが行われました。
ビキニフィットネス・ボディフィットネスとも4人の選手が参加していましたが、うち1人は両方へのダブルエントリーだった模様です。
そしてゲストポーズは、安井選手のみならず木澤大祐選手も務めていました。
特に後半は、両選手一緒にステージに登場して、一緒に「客席乱入」までやっていました(原爆)。
さらに、大会終了後には両選手によるサイン会まで行われていたのです(水爆)。
そこらへんのところも、詳しくは本報告でさせていただく所存です。
それともうひとつ、大会の司会を角田和弘さんと一緒に、森本恵理さんが務めていたことも特筆したいと思います。
なお、大会全体の結果は最初の2枚の写真のとおりですが、女子の結果のみ上記テキストでも書いておきました。
以上が、今日の2019東北・北海道選手権のダイジェストでした。

次回からは、SPORTEC CUP 2019のご報告に戻ります。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (20)

2019-09-28 23:04:02 | 観戦記2019


Final of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

というわけで、以上で決勝審査は終了で選手退場となりました。
以上が、ビキニフィットネス決勝での選手全員でのプログラムでした。

次回、各選手の「Lウォーキング」をカウントダウン式にお送りするところですが、幸い大阪の義父の容体も安定しているようなので、明日は秋田県仙北市で行われる東北・北海道選手権を観戦しに行こうと思います。
ですので、その速報の後でお送りすることになるかと思います。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (19)

2019-09-28 23:01:13 | 観戦記2019


Final of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

そしてこちらが、2回目のクォーターターンの後半です。
ステージ奥で270度・360度と回転して、さらにスリーステップフォワードでステージ手前に戻り、「フロントスタンス」で締めくくるところまでをご覧いただきました。
ここで予選では比較審査に入るところですが、決勝では比較審査は行われませんでした。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (18)

2019-09-28 22:44:01 | 観戦記2019


Final of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

ここからは、2回目のクォーターターンの模様をご紹介いたします。
カメラも持ち替えて、望遠ズームレンズで撮影していますので、7人全員を1枚に収めた写真はありません。
そのかわり、各ポーズごとに3枚づつアップで撮影した写真をご紹介させていただきました。
こちらでは、最初の「フロントスタンス」から90度・180度と回転して、スリーステップフォワードでステージ奥に移動したところまでをお送りしています。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (17)

2019-09-28 22:21:27 | 観戦記2019


Final of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

そしてこちらは、1回目のクォーターターンの後半で270度・360度と回転して、さらにスリーステップフォワードでステージ手前に戻ってくるまでをご覧いただきました。
こうして1回目が終わると、今度は逆並びになって2回目が行われます。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (16)

2019-09-28 21:45:46 | 観戦記2019


Final of SPORTEC CUP 2019. (Bikini Fitness)

こんばんは。
SPORTEC CUP 2019のご報告も、今日からは決勝に入ります。
まずは、ビキニフィットネスの決勝から選手全員でのプログラムを先にご紹介させていただきます。
予選とあまり代わり映えしませんが(爆)、まずは1回目のクォーターターンからご覧いただきましょう。
ただし、決勝には予選にない独特の要素があります。
それが、「スリーステップフォワード」です。
180度回転して後ろ向きになったところで、三歩ステージ奥に進みました。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (15)

2019-09-27 23:45:45 | 観戦記2019


Prejudging of SPORTEC CUP 2019. (Bodyfitness)

比較審査が終わり、最後にもう一度全員でラインナップをとって予選終了・選手退場となりました。
このボディフィットネスも、8人全員が決勝及び表彰式まで進むことができます。
以上が、ボディフィットネスの予選の模様でした。

次回からは、早くも決勝の模様をお送りすることになりますが、まずはビキニフィットネスからご紹介しようと思います。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (14)

2019-09-27 23:42:21 | 観戦記2019


Prejudging of SPORTEC CUP 2019. (Bodyfitness)


そして3回目の比較審査では2回目からメンバー総入れ替えとなり、1回目に比較審査を受けた9番長島選手と10番石井選手が再び登場、さらに13番曽根優子選手と14番竹下明子選手が加わって4人で行われました。
これで、8人の選手全員がひととおり比較審査を受けたことになります。
以上で比較審査は終わりました。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (13)

2019-09-27 23:18:12 | 観戦記2019


Prejudging of SPORTEC CUP 2019. (Bodyfitness)

続いて2回目は、1回目から8番萩尾選手・11番弥陀選手・12番小柳選手が残り、15番岩井知子選手が加わって4人で行われました。
このSPORTEC CUP 2019の会場は、パイプ椅子を並べた平坦な客席なので、座ったままで撮影すると前の観客や審査員の頭がどうしても支障してしまいます。
ですので、あえて後方で立って撮影していました。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (12)

2019-09-27 22:29:14 | 観戦記2019


Prejudging of SPORTEC CUP 2019. (Bodyfitness)

こんばんは。
それでは今日は、SPORTEC CUP 2019ボディフィットネス予選から、比較審査の模様をお送りいたしましょう。
さっそく1回目の比較審査ですが、その対象になった選手は9番長島雅子選手・10番石井ゆき子選手・12番小柳久美子選手・11番弥陀ミチル選手・8番萩尾由香選手の5人でした。
審査は1回のクォーターターンにより行われ、写真は各ポーズごとに5人全員で1枚の写真とアップで半分づつ2枚の計3枚をご紹介しています。
コメント

SPORTEC CUP 2019 (11)

2019-09-26 23:13:48 | 観戦記2019


Prejudging of SPORTEC CUP 2019. (Bodyfitness)

そしてこちらが、2回目のクォーターターンの模様です。
最近はビキニフィットネスでも、2回目のクォーターターンは左右半分入れ替えのスタイルが定着していたのですが、このときはなぜか逆並びになっていました。
こうして2回のクォーターターンが終わると、今度は比較審査になるわけですが・・・

今日はこのくらいにさせていただきます(苦笑)。
次回、比較審査の模様をお送りいたします。


ボディビルディング 2019年 11 月号 [雑誌]
コメント