行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2014 Japan Championships (29)

2015-06-30 21:44:47 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.
No.31 SAWADA Megumi, No.33 SOMA Takako, No.35 TAKAHARA Sachiko.

そして最後は、31番澤田めぐみ選手・33番相馬貴子選手・35番高原佐知子選手の3人です。

今回はサクッと簡単にご紹介させていただきましたが、次回からお送りする決勝フリーポーズでは、もう少し丁寧に各選手をご紹介しようと思います。
コメント

2014 Japan Championships (28)

2015-06-30 21:41:32 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.
No.23 YAMANOUCHI Satoko, No.26 ADACHI Akiko, No.27 SHIMIZU Eriko.

そしてこちらは、23番山野内里子選手・26番足立晃子選手・27番清水恵理子選手の3人です。
3人とも、日本選手権の表彰台に上がった経験を持つ、強豪ぞろいですね。
コメント

2014 Japan Championships (27)

2015-06-30 21:38:18 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.
No.10 SATO Miyuki, No.21 KUNO Ayako, No.22 ATAGO Tamako.

続いては、10番佐藤美由紀選手・21番久野礼子選手・22番愛宕珠子選手の3人です。
皆さん、もう久野選手の名前の読みは憶えましたね?(爆)。
コメント

2014 Japan Championships (26)

2015-06-30 20:57:59 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.
No.5 ERA Ritsuko, No.6 TANEMURA Mitsuki, and No.9 OSAWA Naoko.

こんばんは。
それでは今日は、2014日本選手権予選から各選手個別に基本ポーズの写真をご紹介していきたいと思います。
エントリー番号順に、まず5番惠良律子選手・6番種村みつき選手・9番大澤直子選手の3人の基本ポーズから、ご覧ください。
コメント

2014 Japan Championships (25)

2015-06-29 23:05:31 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

5回目の比較審査でようやく種村選手が登場し、足立選手・久野選手・愛宕選手と共に比較審査を受けました。
そして最後の6回目の比較審査では、大澤選手・清水選手・相馬選手・高原選手の4人が再び比較されました。
最後にもう一度全員「フロントリラックス」で整列して、予選審査が終了しました。

以上が比較審査の模様でしたが、各選手個別のショットを次回ご紹介しようと思います。
コメント

2014 Japan Championships (24)

2015-06-29 22:56:15 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

3回目の比較審査では、澤田選手・相馬選手・大澤選手・高原選手に加えて、26番足立晃子選手の5人で比較されました。
そして4回目の比較審査では足立選手を残して、21番久野礼子選手・10番佐藤美由紀選手・5番惠良律子選手・22番愛宕珠子選手と、メンバー総入れ替えとなりました。
ここまでで比較審査の対象になったのは11人で、まだ比較審査を受けてないのは6番種村みつき選手のみとなりました。
コメント

2014 Japan Championships (23)

2015-06-29 22:38:50 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

こんばんは。
それでは今日は、2014日本選手権予選の比較審査の模様をお送りいたしましょう。
比較審査対象全員を1枚にまとめたショットと、選手個別のショットと両方撮影しましたが、まずは比較対象の流れがわかりやすいように、全体でのショットを先にまとめてご紹介いたします。
こちらでは、1回目の比較審査すなわち「ファーストコール」及び2回目の「セカンドコール」での基本ポーズを、ご覧いただきます。
有力選手が集うファーストコールでは、35番高原佐知子選手・27番清水恵理子選手・23番山野内里子選手・9番大澤直子選手・33番相馬貴子選手の5人が、比較審査の俎上に上がりました。
ご覧のとおり、かなり客席後方からの撮影でなかなかうまく撮れなかった部分もありますが、なにとぞご容赦ください。
セカンドコールでは、相馬選手に替わって31番澤田めぐみ選手が入り、残った4人とともに比較審査を受けました。
このセカンドコールを見て、多くの観客の皆さんは初出場の澤田選手の上位入賞を、確信したことと思います。
コメント

2014 Japan Championships (22)

2015-06-28 21:45:57 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

そしてこちらが後半3ポーズ、すなわち「バックダブルバイセップス」「サイドトライセップス」「アブドミナル&サイ」です。
「サイドトライセップス」は、上半身はフィジークでもほぼ同じですが脚の形が異なりますね。
以上が、選手全員による基本ポーズの模様でした。

次回は、比較審査の模様をお届けいたします。
コメント

2014 Japan Championships (21)

2015-06-28 21:40:08 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

さて今度は、左右半分づつ入れ替えて行われた2回目の基本ポーズの模様を、ご覧いただきましょう。
こちらでは、「フロントリラックス」「ダブルバイセップス」「サイドチェスト」の3ポーズです。
「ダブルバイセップス」で、手を開いている選手と握っている選手と両方いることがおわかりかと思いますが、フィジークでは手を開く形に統一されています。
「サイドチェスト」に至っては、まったく別のポーズと言っていいほど変わりましたね。
コメント

2014 Japan Championships (20)

2015-06-28 21:31:57 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

そしてこちらが、「バックダブルバイセップス」「サイドトライセップス」「アブドミナル&サイ」の3ポーズです。
ピックアップでは「サイドトライセップス」がありませんでしたが、こちらはしっかりありました。
しかし、フィジークとなった今年からは「アブドミナル&サイ」はなくなり、他の基本ポーズもこれまでのボディビルとは若干異なったスタイルになっていることは、ご存知の方も多いかと思います。

ちなみに、釜ヶ崎の宿から会場までの交通ですが、宿の最寄り駅が地下鉄動物園前駅なので、御堂筋線で新大阪まで一本でした(笑)。
コメント

2014 Japan Championships (19)

2015-06-28 21:03:25 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

続きましては、12人全員による基本ポーズの模様をご紹介いたしましょう。
ステージ向かって左から右へと3人1枚で、1ポーズあたり4枚の写真でお送りいたします。
まずは、「フロントリラックス」に続いて「ダブルバイセップス」「サイドチェスト」をご覧ください。

だいたい私が大阪で泊まる時は、釜ヶ崎(新今宮)の安宿に泊まることが多いですね。
1泊2000円台で三畳間に泊まれるので、カプセルホテルよりも快適で安いんです(笑)。
コメント

2014 Japan Championships (18)

2015-06-28 20:49:45 | 観戦記2014


Final round 1 of 2014 Japan Championships.

こんばんは。
今日からは、2014日本選手権の予選の模様をお送りいたします。
なお、英語では「final round 1」(決勝第1ラウンド)としました。
といいますのは、「予選」とはいいましてもここに登場する12人の選手は、すでに決勝進出を約束された選手なので、この予選は実質決勝の前半部分と考えてもいいと思うからです。
それはともかく、さっそく各選手が1人づつステージに登場したときのポーズから、ご覧いただきましょう。
コメント

2014 Japan Championships (17)

2015-06-27 22:14:29 | 観戦記2014


Prejudging (pick up) of 2014 Japan Championships.

4回目の比較審査は、1番山田純子選手・5番惠良律子選手・3番石澤選手・29番大森選手・22番愛宕選手の5人で行われました。
5回目は、大森選手・愛宕選手に加えて28番田中選手が呼ばれて、3人で比較されました。
そして最後の6回目では、1番山田選手・6番種村選手・3番石澤選手の3人が比較され、これで比較審査は終了して選手退場となりました。
比較審査の俎上に上がった選手は、結局12人にとどまりました。
そしてその結果、決勝に進出した選手はエントリー番号順に5番惠良律子選手・6番種村みつき選手・9番大澤直子選手・10番佐藤美由紀選手・21番久野礼子選手・22番愛宕珠子選手・23番山野内里子選手・26番足立晃子選手・27番清水恵理子選手・31番澤田めぐみ選手・33番相馬貴子選手・25番高原佐知子選手の、12人となりました。
種村選手は、うれしい初入賞となりました。
なお、比較審査の対象となった選手のうち決勝進出した選手は、惠良選手・種村選手・久野選手・愛宕選手の4人でした。

以上が、ピックアップ審査の模様でした。
次回からは、決勝進出した12人の選手による予選の模様をお送りしたいと思います。
コメント

2014 Japan Championships (16)

2015-06-27 22:00:45 | 観戦記2014


Prejudging (pick up) of 2014 Japan Championships.

2回目の比較審査では、1回目から21番久野選手と20番湯澤選手が残り、そこに29番大森恵美子選手・28番田中久美選手・22番愛宕珠子選手の3人が加わりました。
そして、3回目の比較審査は22番愛宕選手だけが残り、そこに6番種村みつき選手・2番秋山千香子選手が加わり、さらに3番石澤選手が再度登場して4人で行われました。
この比較審査で呼ばれなかった選手は、そのまま予選落ちするか上位で決勝進出しているかのどちらかです。
逆にこの比較審査の対象になった選手は、決勝に進出できても上位に入ることは難しい傾向がありますね。
コメント

2014 Japan Championships (15)

2015-06-27 21:43:39 | 観戦記2014


Prejudging (pick up) of 2014 Japan Championships.

こんばんは。
今日は、2014日本選手権のピックアップ審査における比較審査の模様を、ご紹介いたします。
ピックアップにおける比較審査は、主に決勝進出の当落線上にある選手が対象になります。
まず最初に、基本ポーズを終えて前後2列に並んだ出場選手全員を、6枚にわたってご紹介しました。
そして1回目の比較審査では、3番石澤静江選手・20番湯澤寿枝選手・32番堀結華選手・25番安田敦子選手・21番久野礼子選手の5人が、比較されました。
比較審査も、「ダブルバイセップス」「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」「アブドミナル&サイ」の、4ポーズで審査されます。
コメント