行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2017 Japan Championships (19)

2018-05-31 22:46:37 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

12位で同点になった2人の選手とは、10番湯澤寿枝選手と11番天童あゆみ選手でした。
身長・体重・年齢とほとんど同じ両選手が、残る1つの椅子を賭けた同点審査に臨みました。
審査は規定ポーズにより行われましたが、こちらでは両選手を1枚に収めた写真で途中の動きも含めてご紹介させていただきました。
そしてこの結果、12人目の入賞選手となったのは湯澤選手でした。
以上が、ピックアップ審査の模様でした。

次回からは、予選の模様をお送りしようと思います。


マルコメ ダイズラボ プロテインスイーツ 100g×6個
クリエーター情報なし
マルコメ
コメント

2017 Japan Championships (18)

2018-05-31 22:34:49 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

比較審査が終わり、最後に全員でラインナップをとりましたが・・・
これだけ人数がいると、誰が誰だかよくわかりませんね(苦笑)。
以上でピックアップ審査は終了し、選手退場となりました。
この結果予選及び決勝に進んだのは、エントリー番号順に1番山田純子選手・2番橋木明子選手・3番大澤直子選手・5番佐藤美由紀選手・9番久野礼子選手・15番愛宕珠子選手・16番山野内里子選手・25番清水恵理子選手・28番今村直子選手・32番澤田めぐみ選手・33番中村静香選手でした。
あれ、12人進むはずなのに11人しかいませんね。
実は、その12位に同点で2人の選手が並んでしまいました(爆)。
日本選手権の場合は「同時セーフ」ではなく、その2人による同点審査を行って12人目が決められました。
コメント

2017 Japan Championships (17)

2018-05-31 22:30:20 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

そして3回目の比較審査は、意外な選手が呼ばれました。
2回目からは、21番安田選手と5番佐藤選手が残ったのですが、そこに新たに加わったのは28番今村直子選手と31番磯山範子選手でした。
5年のブランクがあるとはいえ、日本選手権を2度制覇したことのある今村選手がピックアップ審査の比較審査で呼ばれたことには、正直驚きました。
そして、早くもこれで比較審査は終了しました。
結局、比較審査の対象になった選手は10人でした。
5番佐藤選手は、3回すべてで比較対象になっています。
コメント

2017 Japan Championships (16)

2018-05-31 22:20:14 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

続いて2回目の比較審査は、1回目から5番佐藤選手と10番湯澤選手が残り、2番橋木明子選手・21番安田敦子選手・34番阿部ゆり選手の3人が新たに加わりました。
ピックアップ審査の比較審査に呼ばれるということは、入賞できるかどうかの「当落線上」にあることを意味していると言ってもよいでしょう。
そうなると、仮に予選・決勝に進めてもあまり上位への入賞は期待できない、という考え方もできるかもしれません。
ですので、上位入賞を目指すのであればここで呼ばれることなく予選・決勝へと進めるかどうかが、ひとつの分かれ目になるかもしれませんね。
コメント

2017 Japan Championships (15)

2018-05-31 22:15:49 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

こんばんは。
今日は、2017日本選手権女子フィジークピックアップ審査から、比較審査の模様をご紹介させていただきます。
ピックアップ審査における比較審査は、主にボーダーライン近辺の選手が受けることが多く、必ずしも全員が受けるわけではありません。
ではさっそく、1回目の比較審査からお送りいたしましょう。
その対象になったのは、13番野間春美選手・10番湯澤寿枝選手・5番佐藤美由紀選手・11番天童あゆみ選手・18番湯浅有希子選手の5人でした。
審査は、規定ポーズにより行われました。
コメント

2017 Japan Championships (14)

2018-05-30 23:42:28 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

そしてこちらが、規定ポーズ残りの「サイドトライセップス」と最初にご紹介できなかった「フロントリラックス」の模様です。
これで、後半17人の選手の規定ポーズのご紹介も終わりました。
この後は、後半の選手もステージ奥に並んで、比較審査に備えて待機します。

次回は、その比較審査の模様をお送りしたいと思います。


Kentai EAA プラス HMB グレープフルーツ 180g
クリエーター情報なし
健康体力研究所
コメント

2017 Japan Championships (13)

2018-05-30 23:35:12 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

続いては、「サイドチェスト」と「バックダブルバイセップス」をご覧ください。
3人で1枚の写真に収まるように撮影して、各ポーズ6枚づつご紹介しています。
会場のメルパルク東京は座席の並びが前の列とずれているので、前の席の人の頭が観戦・撮影に支障しないので見やすく撮りやすい、いい会場だと思います。
コメント

2017 Japan Championships (12)

2018-05-30 23:30:38 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

後半17人の1回目の規定ポーズが終わり、左右半分を入れ替えて2回目が行われました。
最初に「フロントリラックス」をご紹介するつもりだったのですが、すぐに「フロントダブルバイセップス」の号令がかかってしまいました(苦笑)。
ですので、「フロントリラックス」は最後にご紹介することにしました。
なにしろ人数が多いので、撮影も時間との戦いです。
特に2回目は、1回目よりも次のポーズへの指示が早くなる傾向がありますので、急いで撮影しないと撮り損ねが生じるのです(苦笑)。
コメント

2017 Japan Championships (11)

2018-05-30 23:07:08 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

後半17人の1回目の規定ポーズの続きで、こちらでは「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」「サイドトライセップス」の3ポーズをご紹介しています。
さて、今度は34人の出場選手を所属連盟別に見てみましょう。
最も多いのはやはり東京で、過半数の18人もいました。
次いで、神奈川の4人が続き大阪3人・愛知2人ときて、あとは千葉・宮城・栃木・新潟・三重・香川・社会人が1人づつで、合計34人となります。
コメント

2017 Japan Championships (10)

2018-05-30 23:03:45 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

残り2人は、33番中村静香選手(東京)と34番阿部ゆり選手(東京)で、これで34人の選手全員をご紹介できました。
そして、「フロントリラックス」でラインナップしているところと、規定ポーズの「ダブルバイセップス」をあわせてご覧いただいております。
「フロントリラックス」で、阿部ゆり選手が欠けてしまったことをお詫びいたします。
コメント

2017 Japan Championships (9)

2018-05-30 22:35:43 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

というわけで、ここからは後半17人の選手の規定ポーズの模様をお送りいたしましょう。
まずは、ステージ登場時のショットからご紹介いたします。
簡単にご紹介しますと、18番湯浅有希子選手(神奈川)・19番服部順子選手(三重)・20番松井ジョセフィーヌ陽子選手(東京)・21番安田敦子選手(東京)・22番高橋典子選手(東京)・23番佐々木真紀子選手(宮城)・24番山中智視(さとみ)選手(香川)・25番清水恵理子選手(東京)・26番長田千里(おさだ・ちさと)選手(新潟)・27番田中久美選手(東京)・28番今村直子選手(大阪)・29番石田典子選手(神奈川)・30番阿部優花(ゆか)選手(東京)・31番磯山範子選手(社会人)・32番澤田めぐみ選手(東京)、以上の15人です。
2010年・2012年に日本選手権女子ボディビル優勝の、今村選手が実に5年ぶりに復帰しました。
ここまで32人ご紹介しましたが、あと2人残っています。
コメント

2017 Japan Championships (8)

2018-05-30 22:29:41 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

そしてこちらが、2回目の規定ポーズの後半で「バックダブルバイセップス」と「サイドトライセップス」をご紹介しています。
以上が、前半17人の選手による規定ポーズの模様でした。
この2回の規定ポーズを終えると前半の選手はステージ奥の方に控えて、今度は後半17人の規定ポーズが始まります。
コメント

2017 Japan Championships (7)

2018-05-30 22:17:49 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

ここからは、2回目の規定ポーズの模様をお送りしますが、まずこちらでは「フロントダブルバイセップス」と「サイドチェスト」をご覧いただきましょう。
カメラを変えて、3人で1枚に入るくらいアップで寄って撮影したものですが、1ポーズあたり6,7枚を要しています。
出場選手34人を年齢層でみますと、最も多いのは50代でなんと23人もいました(爆)。
ついで40代が8人、そして20代・30代・60代が1人づつという形でした。
最も若い選手で28歳、最高齢は64歳でした。
ちなみに、平均年齢を計算してみたら、50.3歳でした(爆)。
コメント

2017 Japan Championships (6)

2018-05-30 22:14:04 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

そして残りの「サイドトライセップス」までお送りして、ここまでが1回目の規定ポーズでした。
1回目を終えると、左右半分を入れ替えて2回目が行われました。
最初に「フロントリラックス」でラインナップしたところを、ご紹介しています。
日本選手権は午後から始まりましたが、午前中には例によって高校生選手権及び日本ジュニア選手権が行われていました。
そして、観客入れ替えのために例年必ず開始時間が遅れるのです(苦笑)。
コメント

2017 Japan Championships (5)

2018-05-30 21:54:53 | 観戦記2017


Prejudging (pic up) of 2017 Japan Championships. (Women's Physique)

こんばんは。
それでは今日も、昨日に引き続いて2017日本選手権女子フィジークのピックアップ審査の模様を、お送りいたしましょう。
まずは、前半17人の選手による1回目の規定ポーズをご紹介いたします。
なにしろ17人と多いので、各ポーズとも全員で1枚の写真のほかにアップの写真を4枚ご覧いただくような形になっています。
こちらでは、「フロントダブルバイセップス」「サイドチェスト」「バックダブルバイセップス」の3ポーズをお送りしました。
コメント