行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (11)

2014-01-31 23:45:00 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(163cm-)

そしてこちらが「回転演技」で、90度・180度・270度回転したポーズでの写真です。
本当なら、比較審査の模様とかもお送りできればよかったのでしょうが、そこまでの余裕もなくてすみませんです(苦笑)。

次回からは、お待たせフィットネスの「ルーティンラウンド」(第2ラウンド)のご紹介に入る予定です。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (10)

2014-01-31 22:56:51 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(163cm-)

続いては、「フロントリラックス」を各選手個別ショットと4枚で全選手まとめてのショットを両方お送りいたします。
並びは両方とも、ステージ向かって左端から右端に向かうような形としました。
それでは、各選手を簡単にご紹介いたしましょう。
26番は大阪の坂口優子選手で、昨年6月の関西ボディフィットネスでは163cm級の3位でした。
27番はご存知宮城の中村静香選手で、この選手の活躍についてはもう言うまでもないでしょう。現在の日本のボディフィットネスの第一人者です。
28番は広島の平本洋子選手で初めて見る顔ですが、先ほどステージ登場時の写真を撮り損ねたのがこの平本選手でした。
29番は大阪の加福(かふく)明子選手で、昨年8月のジャパンオープンでもボディフィットネスの4位に入賞しています。
30番は三重の服部淳子選手で、この選手も初めて見ます。
31番は大阪の野田真奈選手で、ジャパンオープンのフィットネスで優勝し、今回ももちろんフィットネスにもエントリーしています。
32番は佐賀の北原順子選手で、ジャパンオープンのボディフィットネスでも8位に入賞しています。
33番は大阪の高栄(たかえ)佐規子選手で、2012年のミス21健康美でオーバーオール優勝しティアラを獲得しています。
34番は東京の山本加容子選手で、今大会1週間前の東京ボディフィットネスの160cm超級で優勝して、大阪に乗り込んできました。
35番は石川の北野明美選手で、昨年7月のミス愛知健康美にオープン参加して、バレエ仕込みの見事な自由演技を披露していました。
36番は大阪の新井敬子選手で、今大会の選手宣誓を務めたことは先日ご報告したとおりです。
このコメントを考えるのが、最も時間がかかります(苦笑)。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (9)

2014-01-31 22:29:59 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(163cm-)

こんばんは。
2013オールジャパンミスボディフィットネスの第1ラウンドも、今日お送りする163cm超級で全部となります。
こちらでは、各選手のステージ登場時のポーズと「待機姿勢」の写真をご紹介しています。
ただし、今回はステージ登場時のポーズを撮り損ねてしまった選手がいます。
待機姿勢で一番最後の写真の、右から3番目の選手がそうです。
次で、各選手についてご紹介いたします。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (8)

2014-01-30 23:00:30 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-163cm)

そしてこちらが、「回転演技」で90度・180度・270度回転したところです。
1ポーズにつき5枚で全選手を収めるつもりだったのですが、180度回転(後向き)のところだけ6枚になってしまいました(苦笑)。
手際よく撮影するなら1枚でできるだけ多くの選手を収めるべきですが、どうしても1人あたりは小さな画像になってしまいます。
選手をひとりづつ撮影すれば大きな画像になりますが、全員撮れるだけの時間があるかどうかは疑わしいところです。
まあ、そんな感じで撮影には試行錯誤しております。

では次回は、163cm超級の第1ラウンドの模様をお伝えいたします。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (7)

2014-01-30 22:35:10 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-163cm)

こちらでは、ボディフィットネス163cm以下級の「待機姿勢」及び「フロントリラックス」をお送りしています。
最後の1枚は、ステージ上を仕切っておられたJBBF競技運営委員の天童曹耀さんをご紹介させていただきました。(笑)。
それでは、出場選手紹介の後半にまいりましょう。
19番は埼玉の設楽和恵選手で、ボディフィットネスのみならず健康美にも参戦しています。
20番は東京の野沢知代選手で、東京ボディフィットネスでは160cm超級の5位でしたが、今大会最も若い選手(27歳)です。
21番は京都の杉浦能理子選手で、健康美を中心に活躍していますがジャパンオープンのボディフィットネスにも参戦していました。
22番は滋賀の岸田恵選手で、例年フィットネスとのダブルエントリーで参戦しておりまして、今回ももちろんフィットネスにもエントリーしています。
23番は東京の大森恵美子選手で、ボディビルとの「二刀流」で活躍、関東選手権ではボディビル・ボディフィットネス両方で優勝するという快挙を達成しています。
24番は同じく東京の坂本愛美選手で、東京ボディフィットネスでは163cm超級の3位に入賞した、期待の若手選手です。
25番は宮城の山下由美選手で、こちらもフィットネスとのダブルエントリーです。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (6)

2014-01-30 22:02:41 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-163cm)

こんばんは。
帰りが遅くなったりでちょっと日が空いてしまいましたが、引き続き2013オールジャパンミスボディフィットネスの第1ラウンドのご報告を続けましょう。
今日は、163cm以下級の第1ラウンドの模様をお送りいたします。
まずは各選手ステージ登場時のポーズを、ご覧いただきましょう。
このクラスは出場選手が14人と最も多かった、「最激戦区」でもありました。
半数以上が決勝に進めないという過酷な戦いに挑んだ、14人の選手を簡単にご紹介いたしましょう。
158cm以下級からの続きで、エントリー番号は12番から25番までとなります。
12番は大阪の谷口ナオミ選手で、昨年の6月の関西ボディフィットネスでは163cm以下級の2位に入賞しています。
13番は京都の太田美貴子選手で、その関西ボディフィットネスでは163cm以下級及びオーバーオールで優勝しています。
14番は東京の大八木まり子選手で、この大会の1週間前に行われた東京ボディフィットネスでは160cm級の4位に入賞しています。
15番は愛知の谷川千奈美選手で、この大会の2週間前に行われたジャパンオープンで、ボディフィットネスの6位に入賞しています。
16番は京都の星宮有智子(うちこ)選手で、関西ボディフィットネスで163cm以下級の5位でしたが、13番の太田選手と同じジムの所属だそうです。
17番は福岡の楢崎明日香選手で、健康美での活躍が多い選手ですが、2012年のこの大会でも163cm以下級の6位に入賞しています。
18番は岐阜の神谷美由紀選手で、昨年7月のミス愛知健康美ではトールクラスで優勝しています。

後半7人は、次でご紹介いたします。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (5)

2014-01-27 23:19:12 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-158cm)

こちらでは、回転演技最後の270度回転したところと、それだけでは物足りないので(爆)11人の選手を個別に「フロントリラックス」で改めてご紹介しました。

次回は、163cm以下級の第1ラウンドの模様をお送りいたします。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (4)

2014-01-27 23:12:09 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-158cm)

そしてこちらが回転演技の模様ですが、「フロントリラックス」と90度・180度回転したところをご覧いただいております。
1枚でおおむね3人撮るような感じで、各姿勢4枚づつでご紹介しています。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (3)

2014-01-27 22:15:26 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(-158cm)

こんばんは。
それでは今日は、2013年オールジャパンミスボディフィットネスの158cm以下級第1ラウンドの模様を、お届けいたしましょう。
まずは各選手のステージ登場時のポーズと、「待機姿勢」をご覧ください。
158cm以下級の出場選手は11人、さっそく簡単にご紹介いたしましょう。
1番は沖縄の安谷屋(あだにや)かおる選手で、初めて見る選手ですが実に沖縄らしい名前だと思いました。
2番は大阪の菊池智子選手で、今回もフィットネスとのダブルエントリーです。
3番は愛知の伊藤志江(ゆきえ)選手で、主に健康美で活躍していましたが、最近はボディフィットネス一本ですね。
4番は東京の長島雅子選手で、2012年にはミス21健康美の158cm以下級で優勝していますが、ボディフィットネスでも昨年8月のジャパンオープンで10位に入賞しています。
5番は栃木の小林有紀子選手で、8月のジャパンオープンでは2位と活躍しています。
6番は東京の鳥飼京子選手で、今大会では丹羽裕子選手と並んで最高齢(59歳)の選手です。
7番は宮城の佐藤聡恵(あきえ)選手で、2012年地元で行われたオールジャパンミスボディフィットネスでは、同じ158cm以下級で5位に入賞しています。
8番は東京の衛藤佳代子選手で、8月のジャパンオープンでは21人ものライバルを退けて見事優勝しています。
9番は兵庫の土師(はぜ)智恵美選手で、初めて見る選手です。
10番は大阪のサンキンサチ選手で、これまた初めて見る選手ですが外国系の名前でしょうか。
11番は東京の加藤弘子選手で、今大会1週間前の東京ボディフィットネスでは、160cm以下級の2位に入賞しています。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (2)

2014-01-26 21:45:22 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(40years-)

そしてこちらが、ボディフィットネス40歳以上級の「回転演技」の模様です。
ではここで、簡単に各選手をご紹介いたしましょう。
エントリー番号は、ボディフィットネス158cm以下級→同163cm以下級→同163cm超級→同40歳以上級→フィットネスの順に通しで振られていて、40歳以上級は37番から44番までが割り振られていました。
37番は岐阜の小川ジーナ選手で、8月に行われたジャパンオープンでも入賞しています。
38番は東京の吉谷美香選手で、8月の関東ボディフィットネスでは158cm以下級で見事優勝しています。
39番は愛知の水野文江選手で、健康美では9月のミス21健康美の50歳以上級で優勝するなど活躍が顕著です。
40番は北海道の堀下晴子選手ですが、初めて見る選手だと思います。
41番は鳥取の遠藤桂生美(かおみ)選手で、健康美での活躍が主体でしたが2012年には日本クラス別(49kg級)に参戦したこともあります。
42番はご存知京都の丹羽裕子選手で、今大会最年長(59歳)ながらフィットネスとのダブルエントリーと大いに元気です。
43番は福井の大西弘美選手で、2011年のオールジャパン以来2年ぶりに見ます。そういえば、岡山に同姓同名のボディビル選手がいましたね。
44番は欠場です。

次回は引き続き、158cm以下級の第1ラウンドの模様をお送りしたいと思います。
コメント

2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships (1)

2014-01-26 21:25:36 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Bodyfitness Championships.(40years-)

こんばんは。
それでは、2013オールジャパンミスボディフィットネスの第1ラウンドのご紹介に入りましょう。
まず最初に行われたのは、40歳以上級でした。
いわば「ボディフィットネスのマスターズ」ですが、このクラスで優勝しても世界大会派遣選考対象となるオーバーオール決勝には進めません。
そのためか、40歳以上であっても身長別の各クラスにエントリーする選手も、少なくありません。
といいますか、出場選手名簿を見る限り、身長別各クラスでも出場選手の大多数が40歳以上なのですが・・・(爆)
エントリーは8人でしたが、1人欠場して7人の選手により競われました。
こちらでは、ステージ登場時の各選手のポーズと「待機姿勢」の写真をお届けしております。
コメント

2013 All Japan Ms. Fitness Championships (2)

2014-01-25 23:25:59 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Fitness Championships.

こちらは「回転演技」で、90度・180度・270度回転したポーズと、360度回転した後の「フロントリラックス」をお送りしています。
フィットネスでは、第2ラウンドで全選手がパフォーマンスを披露する機会がありますので、各選手のご紹介はそのときにさせていただきます。
出場選手名簿は、日本ボディビル・フィットネス連盟のホームページの「JBBF主催選手権大会」のところにpdfファイルがあります。

次回からは、ボディフィットネスの第1ラウンドの模様をご紹介いたします。
コメント

2013 All Japan Ms. Fitness Championships (1)

2014-01-25 23:01:51 | 観戦記2013


1st round of 2013 All Japan Ms. Fitness Championships.

それでは、本題に入りましょう(笑)。
ここからは、フィットネスとボディフィットネスで連番を分けてまいります。

競技進行順に、まずはフィットネスの第1ラウンドの模様からお伝えいたしましょう。
最初は、各選手がステージに登場したときのポーズを、エントリー番号順にお送りしました。
続いて「待機姿勢」及び「フロントリラックス」を、3枚づつでご紹介しています。
フィットネスの出場選手は7人でしたが、これだけ人数が揃うのも久しぶりのような気がします。
もう少し増えれば、またクラス分けができるようになるでしょうね。
コメント

2013 All Japan Ms. Fitness & Ms. Bodyfitness Championships -Osaka Championships-

2014-01-25 22:48:28 | 観戦記2013


Victory ceremony of 2013 Osaka Championships.
MORI Akemi won.

さて、先ほど大阪選手権は見ていないと申し上げましたが、最後の表彰式が行われようとしている時に私は会場入りしました。
そのため、せっかくですので表彰式の写真をこちらでご紹介しておきましょう。
最初の写真は司会者席ですが、大会スタッフとして2010年・2012年日本選手権優勝の今村直子選手の姿が見えますね。
そして女子表彰式に登場したのは、なんと盛明美(もり・あけみ)選手ただ1人でした。
東京に対比される大阪の大会なのに、女子の参加選手が1人だけとは正直驚きましたね。
また、ポーズダウンもなくすぐに表彰に入ったのは味気なかったですね。
表彰式では、国田真紀選手がお手伝いに入っていました。
それでも、「ハイ、ポーズ」では4種類のポーズをとってくれた盛選手でした。
さらに、男子優勝の金井雅樹選手と一緒に記念撮影も行っています。

以上が、大阪選手権の表彰式の模様でした。
今年の大阪選手権、女子は無事行われるのでしょうか。
コメント

2013 All Japan Ms. Fitness & Ms. Bodyfitness Championships -Opening Ceremony-

2014-01-25 21:34:13 | 観戦記2013


Opening ceremony of 2013 All Japan Ms. Fitness & Ms. Bodyfitness Championships.

こんばんは。
それでは休養も十分にとったし(爆)、今日からは昨年8月25日に大阪市中央区の「エルおおさか」で行われました、オールジャパンミスフィットネス及びミスボディフィットネスのご報告を、始めさせていただきたいと思います。
まず最初は、なんといっても開会式からご紹介しないことには始まりませんね。
今回の大会は、男子のクラシック選手権と一緒に開催されました。
また開会式前には、大阪選手権が行われていましたが、私は当日横浜から出向いたので大阪選手権は見ておりません(苦笑)。
というわけで、選手入場時にはステージの向かって左半分がオールジャパンの女子選手、そして右半分がクラシック選手権の男子選手という形に分かれていました。
司会はおなじみ角田和弘さん、また挨拶はJBBFの玉利会長や大阪ボディビル・フィットネス連盟の河啓一会長、そして元「ボディビル大臣」馬淵澄夫衆議院議員が務められていました。
選手宣誓は、女子ではボディフィットネス163cm超級に出場する新井敬子選手が務めています。
宣誓の後でポーズを決めるというスタイルは珍しいですが、新井選手の笑顔は魅力的ですね。
開会式の後は審査員紹介ですが、女名司会の白岩由理香さんや日本選手権3回優勝の大垣純子さんの姿がありました。
実は私は約30年前に、宇都宮東武デパート屋上で行われた栃木選手権を見に行っていて、大垣選手を拝見したことがあります(爆)。
そのときの大垣選手は、たくましさだけでなくフリーポーズで優れた柔軟性を見せてくれたことが、今でも記憶に残っています。
そして、集計委員としておなじみ木下美弥子さんもおられました。

コメント