行動派の I love muscle beauty!

強い者は美しい・・・

2016 Kanto Open (9)

2016-07-05 23:05:12 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

そして3回目の比較審査では、7番中澤サラー選手・8番森友理選手・1番根本みゆき選手・6番石井ゆき子選手の4人が審査を受けました。
これで、10人全員が比較審査を受けたことになります。
しかし、比較審査はもう1回行われました。
コメント

2016 Kanto Open (8)

2016-07-05 22:56:45 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

2回目の比較審査は、4番関根秀子選手・10番澁谷美和子選手・2番佐々木美香選手の3人で行われました。
ちなみに関東オープンは今回が2回目で、昨年の栄えある第1回は7月19日に千葉市中央区で行われたのですが、この日私は名古屋市で行われたミス健康美東海・愛知オープンに行っていたので、見ていません(苦笑)。
コメント

2016 Kanto Open (4)

2016-07-04 23:14:43 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

これが、最後のご紹介になります。
すなわち、9番山中小巻選手(東京)と10番澁谷美和子選手(神奈川)の2人の選手です。
以上の10人の選手の中から、第2ラウンドすなわち決勝に進めるのは、半分の5人です。
そういえば当日会場で、最近特集を再開した湯澤寿枝選手にお会いしました。
なんか、恥ずかしいっておっしゃってましたが・・・(苦笑)
でも、読者の方からも再開を喜ぶコメントもいただけましたし、湯澤選手の魅力は言うまでもないでしょう。
というわけで、以上がフィットネスビキニ158cm以下級第1ラウンドの、「Lウォーキング」の模様でした。

次回は、引き続き「回転演技」及び比較審査の模様をご紹介します。
コメント

2016 Kanto Open (3)

2016-07-04 23:08:01 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

ここからは、2人づつのご紹介になります。
ご覧いただくのは、7番中澤サラー選手(埼玉)と8番森友理選手(栃木)の「Lウォーキング」です。
今回、開会式はパスしてフィットネスビキニが始まる午後1時過ぎを目標に会場に向かったのですが、なんと満席だったのです(爆)。
志木市民会館での大会観戦としては、初めてのことでした。
幸い、立見席(1000円)で入れていただけましたが、ホール内の立ち見スペースが最後方でしかも狭かったので、撮影場所の確保がまず大変でした。
また、長時間立ちっぱなしでの観戦・撮影は、実にこたえましたね(苦笑)。
ですので、フィットネスビキニ以外の時間はロビーで休憩させていただきました(原爆)。
コメント

2016 Kanto Open (2)

2016-07-04 22:55:54 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)

さあ、どんどん続けてまいりましょう。
今度は、4番関根秀子選手(東京)・5番高橋弘子選手(東京)・6番石井ゆき子選手(東京)の3人です。
埼玉県でボディビルの大会が行われるのは、なぜかいつも志木市民会館なんですよね。
県庁所在地以外で大会が行われるのは、茨城県が常に笠間市で行われるという例がありますね。
でも、今年のジャパンオープンは長野県上田市で開催されますし、日本クラス別は川崎市で行われますが・・・
コメント

2016 Kanto Open (1)

2016-07-04 22:44:18 | 特集2016


1st round (prejudging) of 2016 Kanto Open. (Bikini Fitness, -158cm)
2016 Kanto Open was held JUL 3, 2016, at Shiki, Saitama.

こんばんは。
それでは今日からは、昨日7月3日に埼玉県志木市の志木市民会館(パルシティ)で行われた、関東オープンの模様をお届けしてまいりましょう。
この日は、関東オープンのフィットネスビキニ及び男子フィジーク、そして埼玉県選手権(男子ボディビル)が開催されていましたが、こちらでご紹介するのは当然フィットネスビキニです(爆)。
ではさっそく、競技が行われた順にご紹介を始めましょう。
まずは、フィットネスビキニ158cm以下級の第1ラウンド(予選)からです。
第1ラウンドでは、まず各選手が1人づつ「Lウォーキング」で登場し、全員揃ったところで「回転演技」を行います。
そして必要に応じて比較審査を行って、第2ラウンド(決勝)進出選手が選抜されるわけです。
158cm以下級では10人の選手が出場しましたので、各選手5枚づつ簡単にご紹介させていただきます。
こちらでは、エントリー番号1番根本みゆき選手(茨城)・2番佐々木美香選手(埼玉)・3番森佳美選手(茨城)の3人の、「Lウォーキング」をご覧ください。
コメント

Results of 2016 Kanto Open

2016-07-03 23:46:37 | 特集2016
Results of 2016 Kanto Open (Women only, JUL 3,2016, Shiki, Saitama)

Bikini Fitness -158cm
1 SEKINE Hideko
2 SASAKI Mika
3 MORI Yoshimi
4 YAMANAKA Komaki
5 TAKAHASHI Hiroko

-163cm
1 SATO Emi
2 ISHIHARA Keiko
3 KAWAMATA Tamami
4 URUI Miwako
5 SAITO Yuko
6 SETA Yuriko
7 LEE Erina

163cm-
1 MORI Hiroko
2 ONO Takako
3 TOZAWA Mari
4 HATORI Marie

Overall Championships

SEKINE Hideko

こんばんは。
先ほど帰宅しましたが、写真はまだ転送できていないので、とりあえず結果だけお知らせします。
今日埼玉県志木市の志木市民会館(パルシティ)で行われた、関東オープン・女子フィットネスビキニの結果です。
(入賞者のみ・敬称略)

158cm以下級
1 関根 秀子
2 佐々木美香
3 森 佳美
4 山中 小巻
5 高橋 弘子

163cm以下級
1 佐藤 恵美
2 石原 敬子
3 川又 珠美
4 潤 美和子
5 齋藤 優子
6 瀬田ユリ子
7 李 栄理菜

163cm超級
1 森 弘子
2 小野 貴子
3 戸澤 まり
4 羽鳥茉利絵

オーバーオール優勝
関根 秀子

詳細は、明日以降お送りさせていただきます。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(6)-

2016-07-02 22:20:40 | 特集2016


YUZAWA Toshie in Prejuding (pic up) of 2011 Japan Championships. (OCT 10, 2011, Tokyo)

こちらは、比較審査を中心にお送りしています。
ピックアップにおける比較審査は、主に「当落線上」の選手が対象とされますが、湯澤選手も秋山加津美選手(大阪)や佐藤美由紀選手(東京)と一緒に、比較審査を受けています。
結論から申し上げますと、湯澤選手はこのときも惜しくもピックアップを通過できませんでした。
ただ、審査員1人からピックアップを受けていて、全体では15位相当のポジションでした。
以上が、2011年の日本選手権における湯澤選手の活躍でした。

これで、2011年までの湯澤選手の活躍をご紹介できました。
しかし、明日は埼玉県志木市で関東オープン・フィットネスビキニ選手権が行われます。
明日からしばらくは、そちらのご報告を優先させていただくことになるでしょう。
ただ、その後の7月10日には観戦の予定がありませんので、その翌週までには少し時間ができるかもしれませんので、そこでこの続きをさせていただこうと思います。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(5)-

2016-07-02 21:55:31 | 特集2016


YUZAWA Toshie in Prejuding (pic up) of 2011 Japan Championships. (OCT 10, 2011, Tokyo)

というわけで、ここからは2011年10月10日に東京都港区のメルパルク東京で行われた、日本選手権における湯澤選手の活躍をご紹介いたします。
この年は女子も28人ものエントリーがあり、まずは12人の通過枠を賭けてのピックアップ審査に臨むことになりました。
なにぶん人数が多いので、基本ポーズも半分づつに分けて行われましたが、湯澤選手はエントリー番号11番なので前半グループでした。
左右半分入れ替えての2回目の基本ポーズも、あわせてご覧いただきましょう。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(4)-

2016-07-02 21:46:00 | 特集2016


YUZAWA Toshie in posedown and victory ceremony of 2011 Japan Open. (AUG 21, 2011, Hiroshima)

最後は、ポーズダウン及び表彰式の模様をお送りいたします。
このとき湯澤選手は、東京の久野礼子選手と愛知の山野内里子選手の間で、ポーズダウンを行っていました。
結局このときは5位をコールされたわけですが、優勝したのは隣にいた山野内選手でした。
今考えてみれば、これがその後現在まで続く「山野内時代」の幕開けだったのかもしれませんね。
最後に、記念撮影の「ハイ、ポーズ」までご紹介して、以上が2011年ジャパンオープンでの活躍でした。
今日は引き続き、日本選手権での活躍をご紹介いたしましょう。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(3)-

2016-07-02 21:29:54 | 特集2016


YUZAWA Toshie, 5th place of 2011 Japan Open. (AUG 21, 2011, Hiroshima)

こちらが、湯澤選手のフリーポーズの後半です。
鍛え抜かれた体を、全身で捉えたショットとアップを取り混ぜてご紹介してみましたが、ビデオカメラという制約上縦長に撮影するわけにはいかないので、全身を収めようとすると左右の空間が無駄になってしまいますね(苦笑)。
そういうこともあって、2013年以降は再びデジタル一眼レフでの撮影に戻ったのでした。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(2)-

2016-07-02 21:22:41 | 特集2016


YUZAWA Toshie, 5th place of 2011 Japan Open. (AUG 21, 2011, Hiroshima)

続いては、決勝フリーポーズの模様です。
今回は予選の写真が少なかったので、フリーポーズは2回に分けてたっぷりご紹介することにしました(笑)。
このときも、予選のときとはビキニを変えているとことにもご注目ください。
ビデオカメラで撮影した動画から、静止画を切り出しているので画質はいまひとつですが、「シャッターチャンス」は逃さないですみます(爆)。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2011(1)-

2016-07-02 20:16:09 | 特集2016


YUZAWA Toshie in Prejuding of 2011 Japan Open. (AUG 21, 2011, Hiroshima)

こんばんは。
昨日はまたライブに行っておりまして、帰りが遅くなったので失礼しておりました。
では今日は、2011年における湯澤寿枝選手の活躍をご紹介したいと思います。
といいますのは、この年湯澤選手を大会で見かけたのは、8月のジャパンオープンと10月の日本選手権の2回だけだったからです。
そこで、今日1日で両方まとめてご紹介してしまおうというわけです(爆)。
さっそく、2011年8月21日に広島市中区の広島県民文化センターで行われた、ジャパンオープンからご紹介いたします。
まことに勝手ながら、ピックアップ審査は省略させていただき、予選からお送りいたします。
まず最初にステージ登場時のポーズ、続いて「フロントリラックス」で予選出場選手12人を一覧いただき、以降は基本ポーズの写真をご紹介しています。
基本ポーズは左右入れ替えて2回行われましたが、2回目では「サイドチェスト」を撮り損ねてしまいました(苦笑)。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2010(15)-

2016-06-30 22:49:44 | 特集2016


Yuzawa Toshie in prejudging (pic up) of 2010 Japan Championships. (OCT 3,2010, Osaka)

そして、湯澤選手が2010年最後に臨んだのが、10月3日に大阪市淀川区の「メルパルク大阪」で行われた、日本選手権でした。
まず最初の1枚は、開会式の選手入場時に近くを通った湯澤選手を撮影したものです。
以降はピックアップ審査の模様をご紹介していますが、この年は女子だけでも25人も出場していたので、最初の基本ポーズも2組に分けて行われていました。
湯澤選手はエントリー番号9番で前半グループにいたわけですが、そこでの基本ポーズの模様をご紹介いたします。
残念ながら決勝には進出できなかったので、日本選手権のご紹介もこれだけになってしまうわけですが(爆)、このとき湯澤選手も3人の審査員からピックアップを受けていました。
これは13位相当で、本当に決勝進出まであと一歩のところまで来ていたのです。
以上が、日本選手権における湯澤選手の活躍でした。

これをもちまして、2010年の湯澤選手の大会シーズンは幕を閉じました。
次回からは2011年における活躍をご紹介いたしますが、まずは2011年8月21日に行われたジャパンオープンからまいりたいと思います。
コメント

10+2 years of YUZAWA Toshie -2010(14)-

2016-06-30 22:34:44 | 特集2016


Yuzawa Toshie in posedown and victory ceremony of 2010 Japan Masters. (40years-, SEP 19,2010, Tokyo)

そしてこちらは、最後のポーズダウン及び表彰式の模様です。
湯澤選手は3位でしたが、2位に東京の佐藤美由紀選手、そして優勝が湯澤選手と同じ栃木の石澤(こくざわ)静江選手でした。
両選手とも、後にジャパンオープンを制覇し日本選手権にも入賞している名選手です。
湯澤選手にもそれに値する力があると思わせてくれた、2010年の日本マスターズでした。
もうひとつ、日本選手権での活躍を紹介して、2010年を締めくくりたいと思います。
コメント