JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

カラオケ

2019-07-22 08:00:00 | 日記
先週の日曜は久しぶりにミニバスが一日休みであった。この日、嫁は夜勤明けでリフレッシュを求めて駅近くのジムへと向かったため、私と娘たち二人が家でゴロゴロとしていた。生憎の天気であったこともあり、娘たちはYoutubeに没頭していたが、さすがに飽きたようで安室ちゃんのDVDを見始めた。

しばらくすると、長女(5年生)から「パパ、カラオケに行きたい」と言ってきた。そして、これに続けとばかり次女も合わせる形でカラオケに行きたい!と言い始めた。ただし、次女(2年生)はそこまで歌うことが好きな訳ではない。狙いは間違いなく、カラオケのソフトドリンク飲み放題セットに含まれるアイス食べ放題だ。

カラオケはお金もかかるし、小学生の遊びにはまだ早いと思いもあり、基本的に断っている。しかし、最近はミニバスを頑張っているし、自分も久しぶりに歌いたいという思いもあり、娘2人とカラオケに行くことに決めた。車に乗って5分、カラオケ店に到着した。部屋に入るや否やマイクを握りしめ、選曲し始める。

1曲目は安室ちゃんの「Hero」。きっとライブのセットリストに合わせて、この曲を1番に持ってきたのだろう。もう完全に長女は完全に安室ちゃんになりきっていて、振付もバッチリである。それどころか歌っていないときの立ち振る舞いも完璧だ。間奏中に「パパ、なんでも良いから次も安室ちゃん入れておいて」と。

次も私が歌うからね。安室ちゃんであればなんでも歌えるからね。その強いアピールと自分中心の発言に少しイラっとし、いたずら心で返そうと「Mint」という難しい曲を入れてみた。すると「パパ、なんで私が歌いたい曲分かったの!」と、2曲目もノリノリで歌い始めた。そうしている間、次女は早速アイスを食べていた。

3曲目も安室ちゃん。「TRY ME」を完璧な振り付けで歌っていた。そして次女はアイスをおかわりして食べていた。
さすがに次女や私にも歌わせろ!と長女からリモコンを取り上げる。4曲目は私が選曲できたが、長女も知っている楽曲だったため、私の歌に乗っかって歌ってくる。


<撮影・次女>

満足した分アイスを食べれたのか、次女が歌いたいと言い出した。5曲目は次女が大好きなパプリカを選曲したが、長女も当たり前のように乗っかって歌ってくる。その後は、長女がまた安室ちゃんへ引き戻す。

その結果、
・安室ちゃん(長女)
・安室ちゃん(長女)
・安室ちゃん(長女)
・あいみょん(パパ with 長女)
・パプリカ (次女 with 長女)
おおよそこの流れの繰り返しだった。

あっという間に1時間半が経過し、カラオケ店から出た。娘たちはそれぞれ違う理由ではあるが満足していた。娘たちの満足により私も満足した・・・と言いたい所だったけど、もうちょっと歌いたかったな。
それでも良いリフレッシュにはなった。いつまで誘ってくれるか分からないけど、また一緒に行こうと思う。(土)


moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント