JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

奇妙な生物

2014-01-31 07:21:46 | 日記
 先日、上野動物園を訪れた。というのも、友人から耳にした話で是非この目で見てみたい、お目当ての生き物が上野にいると知ったからである。

 その生物の名は「ハダカデバネズミ」。名前の通り、裸で出っ歯なネズミである。ネットで初めてその画像を見た時、あまりのビジュアル的な珍しさに衝撃を受けた。全身に毛がなく、出っ歯で目も小さいのだから、インパクトは絶大だ。「間抜けな生き物だなぁ」と思ったのと同時にどこか愛らしさを感じさせる。

 だが、興味深い点は見た目に関してだけでは無かった。その生態も非常に面白い。ハダカデバネズミは地中で生活し、最大300頭もの大規模な群れを形成し、生活する。そして特徴的なのが「真社会性」という性質を持つ哺乳類であるという点だ。真社会性とは、アリや蜂を想像するとわかりやすいが、女王アリや女王蜂のように女王ネズミがおり、ヒエラルキーが存在するということである。唯一繁殖をおこなう女王ネズミがいて、その他のネズミは繁殖をするオスが2、3匹と食糧を調達する働き蜂ならぬ働きネズミ、巣や女王の身を守るソルジャーネズミといったネズミが存在する。上野動物園にあった紹介文には「雑務係」や「ふとん係(赤ちゃんネズミの下でふとん代わりになる)」といった階級も存在すると記載されていた。

 また、ハダカデバネズミは研究対象としても非常に注目されている。それは寿命の長さだ。一般的なネズミは平均で3年程度と言われているが、ハダカデバネズミは何とその10倍の約30年も生きられる。というのも、一般的なネズミはガンの発生率が高く寿命も短いのだが、ハダカデバネズミはガンが発生したことは一度も無いそうだ。通常の研究でガンを誘発する為のガンマ線や発ガン物質を打ち込んでもガンにならないのだから驚きだ。ハダカデバネズミがガン予防に劇的な貢献を果たす未来もそう遠くはないのかもしれない。

 ハダカデバネズミを見るのを楽しみに上野動物園に行った訳だが、他にもメジャーなところでは全然動かないことで有名なハシビロコウやホッキョクグマも見ることができた。中でもハシビロコウはその日は何故かやたらに動いていて「ホントに普段動かないの」なんて思ってしまったが、お客さんもスマホを片手に大喜びだったので、その日はサービス精神旺盛だったのだろう。私も珍しいものを見ることができて大変楽しかった。

 いろんな動物を見ることができ、好奇心も刺激され、意識せずとも動物園を歩き回るので運動にもなり、有意義な時間を過ごすことができた。家族サービスを考えているお父さん方にはぜひ上野動物園をオススメしたい。(拓)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント