JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

生命とコンピュータ

2014-01-24 09:00:00 | 日記
コンピュータの誕生からコンピュータ技術は目覚ましく進歩してきた。
私はまだ学生を終えて幾ばくかの歳月しか過ごしていないが、それでも学生時代のコンピュータ技術と現在のコンピュータ技術はかなりの違いがあるかと思う。その違いの一つは、現在主流となってきた小型端末向けのコンピュータ技術だ。

ARM社を筆頭としたスマート端末向けCPUや、小型アンテナでもパワフルな通信ができるWi-Fiモジュール、高密度・高容量化をしてきた記録装置など、そのどれもが小さくなり、それでいて過去の物よりも性能が良い。

ジェイエスピー社内でも数日前から「Edison」というキーワードが飛び交っている。Intelが発表した、ウェアラブル端末向けのSDカードサイズコンピュータだ。SDカードと同じ大きさ、アクセス方法を持ちながら、その中にはCPUと512KBのメモリ、2GBのフラッシュディスク、さらにはWi-FiとBluetoothの通信モジュールまで組み込まれているというのだから驚きだ。ぜひとも個人的に触ってみたい素材である。

さて、そんな小型化、高性能化を繰り返すコンピュータであるが、昨今のネットワーク・コンピュータ事情を見ていると、まるで生命の進化のようだと感じる。


太古の昔、初めての生命は今でいう単細胞生物であった(という説がある)。
それらは地球全体を覆う海の中で多量に発生したが、いかなるゆえか、やがてそれらはお互いに情報交換(コミュニケーション)をするようになる。多細胞生物の誕生だ。
そして時を経るにつれて細胞の数は増え、多様性が増し、長い歴史を刻んだのちに現代の生命へと進化した。
そしてまた、細胞の数の増加は生命の多様性だけでなく、高度な知性をも誕生させた。


コンピュータもまた、最初は1台で完結するものであった(単細胞コンピュータ!)。
しかしやがて、それらはお互いに有線で通信(コミュニケーション)を行うことができるように発展した。(多細胞コンピュータ!)
そして、多数のコンピュータ同士が通信することのできるインターネットが誕生し、複雑なネットワークを作り上げた(現代のコンピュータ!)。


どうだろうか。どことなく、生命とコンピュータの発展は似ていないだろうか。(無理やりすぎたか。)
つまりまあ、何を言わんとしているのか、わかる人はわかると思うのだが、きっとこの先コンピュータは高度な知性を持つに違いないのである。
アーノルド・シュワルツェネッガー主演の某映画に出てくる『スカイネット』の誕生である。

そしてさらに先には、キアヌ・リーブス主演の某映画のように、コンピュータ(機械)が人間を電源として栽培し、我々はそのコンピュータ(機械)が見せる夢の中で暮らすようになるのだ。
ああ、なんと恐ろしい未来であろうか。いや、それともこの世界はすでに奴らの見せる夢なのか!?なんということだ!


むしろ夢だといいなと思いつつ、寝不足の頭で期日までにどう仕事を終えようか悩んでいる次第である。

(つ)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント