JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

仕事始め2日目、まだリズム戻らず

2014-01-07 11:40:29 | 日記
今回の年末年始は9連休だった方も多いと思う。ご多分に漏れず私も9連休だったのだが、「また不毛な休みを過ごしたな。」と休み明けに思うのが、近年の恒例行事になっている。そしてまた恒例なのが、新年も明けたことだし「今年こそXXやるぞ!」という三日坊主確定の決意表明である。
なにもそこまで確実に三日坊主で終わらなくても良いじゃないか、と自分で思うほどに毎年3日で終わる、1週間続いたことは皆無。時間が取れなかったとかではなく、すっぽりまるでそれが初めから無かったことの様に忘れる。数日後に「あーー、やっぱり三日坊主だった。」と思い出すこと幾年。私だけでは無く思い当たる節のある方もいるのではないだろうか。

何かを決意することはすごく良いことだと思うし、何か向かっていく先を決めないことには初めの一歩も踏み出せない。ある程度の年齢になってくると不思議と箱根駅伝を観る割合が増えていくのは不思議なことだが、往路は箱根、復路は大手町へ向けて小さな一歩一歩を積み重ねて最終的にはとてつもない遠い場所へ至る。しかも襷をつなぎながら。というのが多くの共感を呼ぶのだろう。

箱根駅伝だって選手の1歩は1m位だ。それを積み重ねて200km以上を走破する。一定のリズムで。

この一定のリズムというのが継続していくことには必要なんだろうと思う。しかもリズムは遅すぎても早すぎてもいけない。遅すぎると置いてけぼりにされ、早すぎると途中棄権の憂き目にあう。自分の出来る限界に近いところで一定して力を出し続けるのはなかなか難しい。

1人で一定の力を出し続けるのが困難ならチームで一定の力を出し続けられるように工夫したら良い。誰から弱ったらもう一人が肩を貸せば良いし、また誰かが突っ走りそうになったらちょっと袖を引いてあげれば良い。皆で弱ってしまう局面もやってくるだろう。そういうときこそ声を掛けあって、皆が少しずつパワーを出せばチームとしては数十%のパワーが得られる。

今年は遠いところまで行こうと思う。一定のリズムで一歩を進みたい。(野)

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

GuruPlug
  カードサイズ スマートサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント