イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

さくらんぼ・・毎日食べ放題なの(^o^)

2014年06月30日 | Weblog

庭のさくらんぼの実が大豊作で、お庭に出たとき、わんたちのオヤツになっています。



札幌では59年ぶりだったかなぁ~ 15日にち間・・雨がふり続いた記録だそうです。そのお陰でしよう。さくらんぼ


が異常に沢山繁殖しまして・・それはそれは⇒  沢山の実がなっております。 毎日食べていますが、食べきれないです。食べているのはわんこたちです。この実は自然の宝庫でして~除草・虫除けの殺虫剤も使用していません。わんたちのお口に入れるのは⇒ わたくし~管理人が実を割って⇒ 実の中がキレイな果じゅつだけです。 熟しぎていると、必ず実の中に虫がいます。さくらんぼには⇒ 毛虫さんがいますよ。あと一週間くらいはさくらんぼを食べれますね~


5月31日の子犬をご予約いただいている方々、ありがとうございます


一ヶ月を過ぎまして、子犬達はますます美しく成長しています。昨日H・Pのほうに動画を更新しました。 しかし~H・Pのソフトのほうに不具合があったようで・・・H・Pソフトには送信完了!と出るのですが・・・実際には更新されていないのです。何度もやり直しましたが・・・同じく更新されません。それで明日ソフトの会社のほうに問い合わせて修正させていただきたいと思います。



今日は、目が開いて・・・お昼寝をしているパピーちゃんです。



どの子も~美しいです。




ご予約くださっている方々。今週中には、個々の写真を撮ってメールさせていただきます。連絡が遅れていて申し訳ございませんm(_ _)m


今日も読んでくださり、ありがとうございます。わんクリック!お願いね!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村
コメント

ビート君・ヨーロッパ犬と変わらない!カッコよさ!

2014年06月25日 | Weblog

イノセントから巣立ったビート君。オーナー様に大切に育てられてステキな貴公子くんです。そのビート君が先日、兄弟犬のレオ君のご家族と再会されたそうです。愛犬を通じて、オーナー様同時が仲良くしてくださることは、ブリーダーにとってとても嬉しくて感謝のきもちで一杯です。ありがとうございます。お写真をいただきました。

2歳8ヶ月になったビート君とレオ君です。どちらも凛々しくてカッコいいいイタリアングレーハウンドに成長してくれました。

左・ビート君 右・レオ君です。

兄弟でも微妙に違いますが・・・イケメン君です。ステキ~ あまり褒めると⇒ブリバカになりますのでm(_ _)m この辺でこらえておきます。

住んでいらっしゃる場所は、そんなに近い距離ではないのですが・・・このように年に一度位の割合であってくださるのは、お二家族の人柄の良さですね。ありがとうございます<(_ _)>

そしてビート君ママさんは、飛行犬撮影会でプロの方が(?)撮ってくださった写真も送ってくださいました。素晴らしい写真です。ビート君カッコよすぎて絵になっていますよ。

美しすぎて~

きみが~

こ~わい!

本当に美しくて~惚れ惚れしました ちいさな声で言います・・・モデルがいいから、こんなにステキな写真が撮れるんですよね 。ブリバカ⇒許してねm(_ _)m

この写真を見てすぐに連想したのが、ヨーロッパで活躍しているロナルドの子供達でした。ヨーロッパではルア・コーシングが盛んに行われています。ルアー(仮の獲物)を前方に走らせて、それを数頭で追いかけて、犬の走る速さを競う大会です。

私のブリーダーさんはコーシングの練習で、ルームランナーの上を走っているIGのビデオを送ってくれました。その子はロナルドの息子ですと書いてありました。犬は自分からランナーに乗って走り始めます。ランナーの速度を次第に早く設置し、オーナーはどんどんと速度を速くし・・犬は最後はすごい速度で走っていました。速度をマスターすると終わりとなりランナーを止めます。するとわんこはおやつをもらって⇒ ウッホンと満足げなお顔をしていました。そのビデオを見て私は、何事も(ショー・コーシング・アジリティも)わんは楽しんでやっているんだな と感心したものです。その練習のようすに、ちょっとした衝撃を受けました。ロナルドの子供達は何頭もコーシングCHを完成しました。ブリさんから送られてきたコーシングの写真の一部です。

この子ロナの息子です。足の形がロナにそっくりです。いとおしいよ!さわりたい!

ヨーイ!スターート の瞬間です。緊張と興奮の瞬間が伺えます。

今回ビートくんから飛行犬撮影会の写真をいただいてから、ヨーロッパのコーシングの写真を探しました。私のブリさんが熱心にビデオや写真を送ってくれていたから、何か気になることがあると、すぐにそれらを見なおすことができます。そしたら、ビート君とロナのヨーロッパに残していた子供達の写真がそっくりだったので・・・血は水よりも濃し・・・血統って受け継がれるんだ。とますます思いました。

パピーちゃん達は離乳食を始めました。ぼちぼちと食べています。目が開いてお顔もみんな~チョー可愛い。これもブリバカですね。お客様へのメールの返信が遅れていてすみませんm(_ _)m もう少しお待ちください。

ワンクリックよろしくね。

 

にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村
コメント (2)

目が開いて⇒ウシさんみたい(^o^)

2014年06月22日 | Weblog

パピーちゃんたち・・・目が開きました。 目はいきなり⇒ ぱちっ と開くのではなくて、少しずつ開いてきます。2~3日でぱちっ!と開く子もいれば、一週間くらいかけて開く子もいます。

パッチリと開くまでの、その過程が可愛くて・・・ウシさんみたいなお顔が愛嬌があって可愛いです。生後20日前後、 究極のウシさん顔です ↓

最初に開き始めたのは無印の女の子です。 きゃ~かわいい~

寝ますから~閉じちゃった。

ぶちゃいくって・・笑わないでよ。 笑ってない! 可愛いもの。。。

白ちゃんは外国(ヨーロッパ)風のお顔です。

一生懸命に開いていますよ。目が開くと、それぞれにお顔の個性が出てきます。あなたは濃いお顔ですね。

薄目を開けて寝ている黄色ちゃんです。キレイな横顔です。

ふぁ~ん あくびよ。

男の子とピンクちゃんは2~3日遅れて目が開きました。昨日にはどの子も目がパッチリと開きました。ウシさんの時期がすごく可愛いのです。短い時期ですね。

目が完全に開くと、パピーちゃん達は目が見えるようになるので行動範囲も広まります。子犬同士でじゃれて遊ぶようになりました。管理人が抱っこすると、鼻をカミカミしてじゃれてきます。可愛い~トイレも母犬の手を借らずに自分でできるようになります。ベッドからヨチヨチと出てきて、シーツの上にチーをして、またベッドまで戻って行きます。本当に犬の成長は早いです。あと一週間ほどで離乳食が始まります。離乳食がはじまると、個々の性格が現れます。歩くようになると活発な子、のんびりした子なども分かります。ご予約をくださっている方々、ありがとうございます。離乳が始まり、個々の個性が出てからお話を進めさせていただきます。

生後23日の時点で、長女・830g 次女・870g 三女・840g 四女・840g 長男・750g です。身体の大きさに差はありません。男の子は次第に追いつくでしょう。

前回の一粒だね・VOLA君が、生後23日の時点で750gでしたから~今回の子達は大きいですね。5匹も産まれてママ犬の母乳だけでこの体重 ママちゃんのおっぱい、いつもパンパンに張っています。よく母乳がでています。VOLA君の記録には生後23日で歯が生える・・・と書かれています。でも、今回の子は、まだ誰も歯が生えていません。今回のパピーちゃん達はママ犬のお乳がよく出るので、水太りですね。離乳食を食べるようになると引き締まるでしょう。

さあ、今日もプチ・セミナーです。ショーで入賞したときのお立ち台写真ですが・・・日本では(アメリカもそうです)一匹ずつ撮影します。数人のプロのカメラマンさんが撮ってくださいます。後日、その写真のサンプル&申し込み書がハンドラーの元へ届きます。ハンドラーもしくは犬のオーナーが、その中の気に入った写真を購入します。日本は、入賞者はお立ち台写真を撮っていただく為に撮影所の前で並んで順番を待っています。プロハンは上手にポーズを決めるのでスイスイと終わるのですが・・・わたしのような下手なオナハンは、なかなかポーズが決まらずに⇒汗だくになるのですよ お立ち台写真を撮っていただくことは嬉しい事ですが、緊張と・・順番を待っている方々への配慮で(早く終わらせなくては申し訳ないと)ドキドキです。

一匹ずつ撮る日本と違って、ヨーロッパは ワン・トゥ・スリー と3位まで、オリンピックやスケートのフィギアの選手達のように表彰台に一緒に乗って撮影します。 見てください~ステキですよね。 ↓

ヨーロッパでもIGはサイトハウンド10グループです。

こちらも大好きな写真です。民族衣装のようなステキないでたち。ヨーロッパの雰囲気です。

すごく良い成績を獲ったみたいですね。このIG君は、ロナルドとエニオの親戚犬です。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。ワンクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

 

コメント (2)

数々の道のりがあって~これからも歩みます。

2014年06月19日 | Weblog

昔の写真の整理をしていたら、懐かしい写真がたくさん出てきました。それらを見ているだけで当時のことが思い出されてニコニコして見ているうちに 何時間も経ってしまいます。 パピーちゃん達は目も開いて、ますます可愛くなりました。今の時期はママ犬が全面的にお世話してくれるので、私の出番はまだ少なくて比較的時間があります。ですから、今日のようなブログを書くことができます。

10年以上前の繁殖は、ロナルドが日本にまだ来ていなかったので、友人ブリさん所有のイタグレ君と交配をしていました。うちの女の子も友人所有の男の子もアメリカタイプのIGでしたので、産まれて来る子犬達も当然アメリカタイプでした。その当時に産まれたパピーちゃんたちの写真です。 ↓

可愛かったですよ~ 身体の首まわり・足&しっぽの先が白いです。お顔にブレーズ(ライン)が入っています。お口まわりは白いです。この子達のオーナー様達とは、今でも年賀状のおつきあいが続いています。10数年の間にご結婚されて・・お子さまが生まれて益々幸せになっていらっしゃる方もいます。そのようなご報告をいただくと、私もとても嬉しいです。10歳過ぎて・・どの子も健在です。

こちらは別のママ犬から産まれたパピーちゃんです。このような白いマーキングが入ったカラーをアイリッシュカラーと言います。白い部分がお顔や身体を引き立たせて、とても華 があります。

その後・・・ヨーロッパのIGに魅せられて輸入したことは書かせていただきました。私が感じているだけかも知れませんが、ヨーロッパのIGはアメリカのIGとは違いました。 このヨーロッパのパピーちゃん達に・・・見とれてしまいます~ ↓

ヨーロッパには古史ゆかしい名所旧跡がたくさんあります。それに似たような、何か伝統的な おもむき を感じました。この子達のように身体に白の入っていない単色のカラーを、ソリッドカラーと言います。 好きでない人は⇒ な~んだ!みんな同じような犬ばかりで個性がない~おもしろみがない!と感じていらっしゃる方もいるでしょう。 でも私は⇒ はまったのです。ソリッドというだけでなく、身体のつくりにも特徴があります。耳やしっぽの形。骨格の形など。私は好きになりました。私の目指したいのはこの形。ヨーロッパの犬を創りたいと思うようになりました。

そして10年前に来てくれたロナルドとの間に、イノセントで産まれてくれた子供達。 ↓

モナリザです。管理人のオナハンでCH完成しました。しなやかでエレガントな女の子です。ヨーロッパの子、若いうちは首の下が薄いです。。これはハゲではありません。年を取るにしたがって首の下にも毛が生えてきます。モナちゃんも若い時は首の下が白かったですが、最近モウモウと生えてきましたよ。悩まないで・・長い目でみてね。

ロナ君の息子です。エディ君でしたね。美少年です。レイラの同胎の弟です。

ロナの娘・レイラです。レイラもオナハンでCH完成しました。胸板が厚く骨格のしっかりした女の子です。

そしてロナ君の来日から4年後に・・・ エニオが来日しました。

身体のラインが美しいエニオ君。JKC・CH だまっていれば⇒いい男!おしゃべりエニオです。可愛いです。

青インクのような濃いブルーソリッドです。スクエアに近い形をしています。

エニオが来てくれたことによって、ヨーロッパのIGに近づいてきたように思います。イノセントで産まれて来るパピー達も10年前とは違います。 ↓

ポーランドのブリさんも、Mrs マツムラ ~ 日本のあなたの元で産まれている子犬達は、ヨーロッパの子犬たちと何ら変わらないよ(*^_^*) いい子だよ! と言ってくださいます。

ヨーロッパのIGのことをよく思っていないブリさんたちがいらっしゃるのは知っています。かげ口が耳にはってくることもあります。でも、そんなことを気にしていたら、自分の好きなこと・好きな道を進んでいくことはできません。たまにはこんな珍しい人間がいてもいいでしょう。ヨーロッパの子が美しいことを、私はアピールしていきます。

 

この写真は3年前に産まれたヨーロッパのパピーちゃんです。こちらの左から2番目の男の子が欲しかったのです。まさに喉から手が出るくらい欲しかった。。。少し悩みました。私が決断すれば譲ってもらえたのです。しかし~3年前は、ロナとエニオの順位争いが激しくて、この状態の中・。男の子の成犬を迎えたら(犬の輸入は生後10ヶ月過ぎてからです)ロナ君が若者達に負けて衰弱してしまう と考えて諦めました。感情が優先せずに、ものごとをゆっくりと考える管理人です。新しい子よりもロナルドのほうが大切でした。老犬の幸せをを第一に考えます。

 しかし~そのあと、最初は考えてもいなかった女の子⇒ルクレッツア(濃いレッドソリッド)が来ることになったのです・女の子と男の子は喧嘩しません。レッドの子は欲しくて、いずれは迎えたいと思っていましたが、女の子を譲っていただくことは難しいです。だって子供を産んでくれるのですよ。ヨーロッパのブリさんが簡単に譲ってくれるワケがないですよ。 ルックのことは急遽迎えることになりました。本当に犬との出会いはタイミングというか、ご縁は最初から結ばれていたように思います。これからは色々なカラーが作れるように・・犬の欠点を補い・長所を生かせる良いブリーディングができるように、スタンダードを目指して・・・長い目で先の事を考えながら進んでいきたいと思っています。

 

今日もありがとうございました。ワンクリックしてくださると励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村

 

 

 

コメント

数々の道のり ③

2014年06月16日 | Weblog

私の元へは、最近になってイタグレを好きになってIGのパピーを探している。 という方々からのメールやお電話が多いです。日本にイタグレが輸入され、ペットとして飼われるようになって20年ほと経ったと思います。20年間のあいだに、日本のイタグレも変わってきたと思います。性格もよくなってきました。

私のH・Pやブログを、立ち上げた当初・10年以上前から見てくださっている方々も多いようです。ありがとうございます<(_ _)>ずっとH・P&ブログを見てくださっている方々には何度か書いた内容ですが、最近になってイタグレを知った方も多いので、私のブリーディングについてのことを書かせていただきます。

 イタグレうんぬんをを聞きたくない方は、どうぞ今日のブログはスルーしてください。

こちらの写真はレアものです。と言っても万人にレアではありません。イノセントを知っている方々にとってのレア・珍しい写真です。誰だか分かりますか この写真は初めて公開します。12~13年前の写真。

ジャ~ン 左はシルビィです。若いシルビィ。そして、右の二匹はシルビィが産んだ唯一の子犬です。真ん中がレオン君・男の子。右がバービィちゃん・女の子です。可愛いかったです。当時私は額に白いブレーズ(ライン)の入ったサラブレッドのようなお顔が好きでした。真ん中の子を残したかったのですが、男の子でしたので、泣く泣く手放しました。右側のバービィは手元に残しました。おとなしくて賢い良い子でした。バービィは、あまり身体が丈夫ではなく、母犬のシルちゃんよりも先に亡くなりました シルちゃんは何度もブログに出ています。今でも健在です。シルちゃんが子犬を産んだなんて信じられないですね(笑)

この当時も今もそうですが、日本にはアメリカから輸入されたAM・CHの系統のIGちゃんがほとんどです。ですから産まれて来るパピーもこのように白い部分が入っています。

15年ほど前には日本では唯一(でしょうか?) ヨーロッパのIGを輸入して、その親犬から繁殖した子供達をショーに出している方がいらっしゃいました。その方はご自分のH・Pにヨーロッパから輸入したわんちゃんたちの写真を紹介していました。FCI(国際畜犬連盟)加盟国日本 ソリッド を強調されていました。産まれて来る子犬達も可愛くて~私は好きになりました。

しかし、なぜだかその方とご縁を結びたいとは思いませんでした。というのも、その方のH・Pには、びっくりするようなコトが書かれていました。 ショーに関してのことです 【 陰でこそこそと悪口を言ったり(何かをしたり)しないで・・・リンクの中で正々堂々と勝負しましょう!】 と書かれていました。これには驚きました。さすがに笑えなかったです。この場に書くなんて ショーに出るって大変なコトがあるのだな と思いました。その方も年齢も高くなられて、随分前に引退されています。

私は他の方の血液を譲っていただくよりも、自分で輸入して自分だけの犬舎を創りたい気持ちのほうが強かったです。そして自分で探したヨーロッパの犬舎・そのブリーダーさんと親しくさせていただいてから、ますますヨーロッパのIGが好きになりました。先方のブリさんから送っていただいた写真や動画の数々。。。とても勉強になりました。惚れ込みました 

ヨーロッパのショーの一コマです。クラッシックなコスチュームでお祭りみたい。楽しそうです。オナハンで楽しむそうです。

ヨーロッパでのIG熱も根強いですよ。

ヨーロッパのIGは駄馬じゃないです! 足も長く美しいスタイルをしています。

そして、度肝を抜かれたのは、この一枚の写真です。 ↓ ヨーロッパはルア・コーシングの大会が盛んです。このわんちゃん達はルア・コーシングのCHです。獲物を追いかけて走るわけですから、身体は筋肉のかたまりです。鍛え抜かれた身体です。

ブリさんは毎年クリスマスにカードをくださいます。そのときにこの写真が一緒におくられてきました。私は・・すごい IGでこんなに筋肉マンがいるんだぁ~ と驚きました。初代のロナルドも、このような身体をしていました。

こちらもコーシングCHです。ロナルドの子供です。すごい筋肉でしょう。ロナにそっくりです。

かとおもえば・・・こんなエレガントな子も ↓

わたくし、このような子が大好き!エキゾチックな完全ソリッドちゃん。神秘的です。

写真はまだまだ無数にあります。また追々紹介させていただきます。私のブログを見ていただくことにより、ヨーロッパのイタリアングレーハウンドを少しでも知っていただけたら嬉しいです。当たり前ですが、IG同士を掛け合わせるだけなら誰にでも・素人さんでもできます。しかし私はお客様からお金をいただいています。プロでなくては(良くない犬を創っていたら申し訳なくて)お金はいただけません。私は長い時間とお金をかけ・・ヨーロッパのブリさんとの信頼の元に、自分だけのスタイルのIGを創ってきました。

ブリーダーの定義は、自分の惚れ込んだ犬種のために、時間・お金・努力をおしむことなく・たえまなく注ぎ込む人・だそうです。(セミナーで習いました)

次回はヨーロッパのパピーちゃんの写真を紹介します。

今日も読んでくれてありがとうございました。ワンクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメント (6)

パピーちゃん イモムシさん⇒卒業!

2014年06月14日 | Weblog

パピーちゃん、可愛いよ おっぱいを飲んで~寝て~ママ犬にチーとウンピーを出してもらって~幸せな寝顔です まさに汚れのない天使・エンジェルです。産まれて2週間が経ち、四女・無印のこの右目が開いてきました。この可愛い可愛いイモムシさんたちがこれからは⇒ ウシさんに変身していきます。



ママのお乳を沢山飲んで、お腹が一杯になりました。



う~ん 幸せ 黄色ちゃん、舌を出してる・可愛いね



時々寝返りをうってます。ママ犬は子犬達がお腹いっぱいになって寝ると・・・その間におトイレタイムです。パピーが熟睡すると、安心してトイレに行きます。



右向けぇ ⇒ 右になりました。あらっ、白ちゃんは反対向きでした。


今回のママ犬は素晴らしい子育てをしてくれます。沢山食べて、お乳をたわわに出してくれます。ドッグフードが好きなので、食べさせることに手間がかかりません。といっても5匹もの子をお乳だけで育てるのですから、いつもはあげていないようなお肉や飲み物も与えています。子犬は起きている間はお乳を飲むのが仕事です。夜中も一晩中おっぱいを吸っています。ママ犬も一晩中お乳をあげたり子犬達の下の世話をして、チーとウンピーを舐めて出してあげます。このママはすごく上手に育てます。見ていて、頭が下がるほどの母犬の労働力です。


子育ては孤独な作業です。私はママ犬にストレスがかからないように~ママちゃん上手ね~パピーちゃん可愛いね~産んでくれてありがとうね と一日中話しかけねぎらいの気持ちを表しています。するとママ犬ちゃん大喜びです。嬉しそうな顔をして笑ってくれます。人の気持ちは必ず犬に伝わりますよ。 


パパ犬も、子犬がとても気になるらしくて何度もハウスに入ってパピーのようすを見たり匂いをかいでいます。すると、ママ犬が、あなたは~何のお世話も出来ないでしょう!あっちに行ってよ!とけげんな顔をします。すると、はいはいそうですか~ボクちん、おじゃま虫ですね~と悲しそうな顔をしてハウスを出ます。自分の旦那さんとわかっているのか・・・他の成犬達に対してよりも怒りません。犬のテレパシーでしょうか。すごいな!と思います。


一晩中お乳を飲ませているので私は夜中に2回起きて、ママ犬にご飯や飲み物をあげています。パピーハウスのまえにお布団を敷いて、ハウスに私は頭を突っ込んで寝ています。夜、一日の仕事が終わってお布団をハウスの前に敷くと、ママ犬は嬉しそうにします。お母さんはやっと私の相手をしてくれる~と安心しているみたいです。昨日はパピーちゃんの中の一匹が私の枕までハイハイしてよじ登ってきました。そしたら、リカがすかさずその子犬を抱きかかえていました。夜中に目が覚めたらリカが照れたような顔をしていたので、どうしたの?と覗いたら、子犬を抱いていたのでおかしくて笑いました。


でも、これから目が開いて活発に動くようになったら、しつけの意味も込めてパピーちゃん達はハウストレーニングを始めます。ハウスの中に私のお布団を敷くこともやめます。夜中にママ犬が孤独にならないように・・イモムシさんの間までスキンシップの意味を込めてそばに寝ています。一番大切なのはママ犬の精神状態です。赤ちゃんを産んだことを褒めてもらい、管理人がこんなにも自分(母犬)や子犬を大事に思ってくれていること。その気持ちがママ犬の子育てを上手にします。お乳も沢山でます。人間と同じです。望まれて産まれてきたと感じたら、幸せな気持ちになれますよね。


今日も読んでくれてありがとうございます。。ワンクリックおねがいします

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村
コメント (2)

ショー 北海道シリーズが始まって。。。

2014年06月10日 | Weblog

先週の日曜日8日~北海道でのショーが始まりました。 今年は全部で8回しかありません。少ないですね~寂しいよ 毎年こんなに少ない回数で、CHを目指してカードを頂くことはとても難しいです。北海道のわんちゃんは、CH完成まで何年もかかるのは普通のことです。もしくは・・CHになれないまま引退するわんちゃんも多いです。こんな厳しい条件の中・・うちの子たちはよくCHになってくれました。いとおしさ倍増です。 北海道の出陳者の方々は、みなさんほぼ顔見知りの方々ばかりで仲が良く和気あいあいとしています。北海道はプロハンが少ないです(っていうか、ほとんどいませんね) 大半はオナハンかブリハンです。勝ち負けよりも⇒短い夏を同じ趣味を持つモノ同士で楽しもうよ って感じです。あっ、中には勝ち負けオンリーの人もいるかもです。


私は今回は子犬の出産予定があり、産まれた直後は長く家をあけることができないので出陳しませんでした。でも初戦です。どんな子がでているのか見てみたい~ お友達にも会いたいし~で応援というか見学に行きました。お友達のテントでおしゃべりしながら、いつもの楽しいショーの雰囲気を味わってきました。


お友達のプードルちゃんです。



お友達(トリマーさんです)が自分でトリミングして仕上げた愛犬を、この日は初めてプロハンに引いていただいたそうです。いつもは自分で引かれているのですが。たまには自分の子の歩いている姿を見たいと・・・分かりますよね。自分で引いていたら見れないですもん。トリマーさんはプードル⇒命の方が多いです。はまるのでしょうね。プードルのカット・仕上げはまさに職人ワザです。美しいです


こちらの方々も常連さんです。パピーのBIS戦です。男の子のキングと女の子のクィーンの戦い。



見事にベストインショー(優勝)に輝いたのは、男の子のトイプードル君でした。ハンドラーさんはオナハンですよ。すごいです。この方もお友達です。長いことがんばっていらっしゃいます。よく色々な会場でお会いします。トイプー 一筋の方です。まじめにコツコツとがんばっていれば、いつかこんなに花開く 時がくるのですね。おめでとうございます。


さて、家に居るパピーちゃんが気になって、このパピー総合戦を見た後・・・急いで家路についた管理人でした。最後の総合戦まで見たかったんだけどね。ママ犬も待っているからね。


パピーちゃん達の写真です。生後一週間で体重はほぼ2倍を超えました。順調です。



ピンク 長女ちゃん。ママの首の下、背中に乗って寝ています。



黄色 次女ちゃん。



白 三女ちゃん。



無印 四女ちゃん。



ブルー 長男君。


5匹も居るから、こんな感じでベッドからはみ出してる子もいます。可愛いよ~ 暑いので毛布をイヤがる子もいます。



でもね~目が覚めると自分からよじ登ってベッドに戻るのですよ。ハイハが上手! すごい運動能力です。


ママ犬ちゃんはとても子育て上手です。よく食べて良くお乳が出ます。母乳のみで育てています。子犬ハウスにこもりっぱなしでなく、適当に家の中をお散歩しています。昨日は狼爪・ろうそうの除去手術に行ってきました。前足の内側に付いている爪です。必要ないですものね。もうすぐ目が開きます。楽しみです。可愛い~可愛い~宝物です オーナー様にお渡しする日まで、楽しくパピー育てをさせていただきます。産んでくれたママ犬と産まれてくれたパピーちゃんに感謝です。


今日も読んでくださり、ありがとうございます。ブログの更新は時間がかかります。ワンクリックしてくださると励みになります。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村
コメント (7)

パピーちゃんが誕生しました。

2014年06月05日 | Weblog

イノセントでは、約一週間前にパピーちゃんが誕生していました。 安産で~5匹の子犬が産まれました。なんて可愛いんだろう~ 去年の秋からお産に関しては 殺界(意味は詳しく分からないけれど、この字の通りです)に入ったような状態でしたので、今回安産で無事に産まれてきてくれたことが、ことのほか嬉しかったです。今まで普通だったことが、こんなにもありがたくて嬉しいとは・ 人間はやはり苦しい体験をしてこそ、うまくいったときに喜びも倍増し、さらに前へ進むことができるのですね。



美しいパピーちゃん。ブリバカですみませんm(_ _)m 笑われそうなので、先にあやまっておきます。うちの子、産まれた瞬間からキレイです←バカですみません



右端が男の子です。あとの4匹は女の子です。



上品でエレガント  私の目指すイタリアングレーハウンドです。


第一子200g・女の子・ピンク 第二子・160g・女の子・イエロー 第三子・180g・女の子・しろ 第四子・160g・男の子・ブルー 第五子・180g・女の子・無印 イノセントの子犬はだいたい150g~200gで産まれてきます。理想的な体重でした。


しかし~札幌は一昨日と昨日は30℃越えの暑い一日でした。ママ犬は熱くてハ~ハ~ 呼吸をしています。授乳するだけでも熱いのよね。そこで、ペット用のクールマットを敷いてあげると~ 少しは涼しくなったみたいです。 ↓



わぁ~これ気持ちいいわぁ~ と言ってるのかどうか???



気に入ってくれたみたいでリラックスしてくれました。



ママ犬のおっぱいを沢山飲んで~お腹いっぱいになって~幸せそうなこの寝顔です。まさに汚れのないイノセントな天使 ですね。ちいさな身体で5匹もの赤ちゃんを産んでくれたママ犬ちゃん、ありがとうね。さすが~GOD MATHER ジュリアの娘です。


子犬達の予約状況ですが・・・お陰様で現在・10名様以上の方々からご予約(仮)をいただいております。新規の方々・リピーターの方々から半々です。ありがとうございます。どなたにでもお譲りできるワケではありません。家族として大切にしてくださる方。今回ご縁を持たせていいただける方には連絡させていただきました。よろしくお願いします


私が見たところ現在の段階では、子犬たちは健康体です。体重も毎日30gずつの割合で増えています。オーナー様に、どの子にするか選んでいただくのは、体つき、性格などが分かってくる生後6週間過ぎた頃からです。これからの子犬達の成長のようすを見守ってくだされば幸いです。


今日も読んでくてありがとうございます。ワンクリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 


 

コメント (2)

数々の道のり ②

2014年06月03日 | Weblog

日本のイタリアングレーハウンドのブリーダーさんは、アメリカのIGを好きなかたが多いようです。10年ほど前でしょうか・・・あるIGのブリーダーさんのH・Pに、おもしろい写真が載せてありました。そのブリさんはいつもご自分のH・Pに⇒ イタリアングレーハウンドはアメリカが王道 カラーはレッドが王道 と書かれていて、ご自分がアメリカから輸入された素晴らしいわんちゃんの写真を沢山載せていらっしゃいました。

人の好みは千差万別 好きなタイプは変わることなくその方の自由なのでそれはよいことなのです。私が驚いた というか~笑ってしまったのは、そこに載せてあったおもしろい写真です。沢山のアメリカタイプのわんちゃん達の中に一枚だけ⇒ ヨーロッパの犬 と紹介された写真が載せてありました。その写真の子は、ヨーロッパのある国のCHですと書かれていました。その写真の犬・・とてもブチャイクちゃんでした。ずんぐりむっくりで、スタイルの悪い犬でした(>_

その方はさらに、アメリカのIGは美しいサラブレッドである。しかし~ヨーロッパのIGは,この写真のようにブサイクでみっともない駄馬である、と評されていました。この書きかた・・このブリさんがヨーロッパのIGを嫌っていることが見え見えでした。

私は・・もう・・おかしくて・・おもいっきり・・・笑いました。よくまあ、こんなにブサイクな写真を探してきて⇒万人が見ているH・Pに載せたものだと。しかも~強烈に批判している。10年前ですから、今のようにネット上に世界各国のIGの写真は出回っていませんでした。どこからか探してきた写真でしょうね。 今でしたら色々な国のIGを見ることができます。時代は変わりました。

私は10年以上前から、ポーランドのブリさんからヨーロッパの沢山のIGの写真やショーのDVDを送っていただいて見ていました。ヨーロッパでのショーのビデオを見ています。ヨーロッパのジャッジは日本とは違って、一匹ずつ寸評を書いてくれます。 ヨーロッパの犬・・私は好きです。美しいと思います。自分が良い犬だ と惚れ込まなくては、ショーに出すことはできません。 ですから、その方が載せてあったブチャイクなイタさんの写真を見たとき・・・イタリアングレーハウンドのブリさんと自称するのであれば、もっと沢山のヨーロッパの犬を見たり触ったりして勉強して欲しいと思いました。そのブリーダーさんは随分前に引退されています。10年経って時効かな?と思いますので,あのときのコトを書かせていただきました。

イノセントに来てくれた2匹目のヨーロッパの犬。エニオ君です。

来日した直後なので痩せていますが・・・しなやかでエレガントなライン~好きです 同じブル-でもヨーロッパのブル-は濃いです。青いインクのような色。イノセントカラーです。後ろに写っている子はロナルドの娘です。

初めてショーに参戦して、お立ち台写真を撮ることができました。立ち姿が綺麗で褒めてもらいました。初代のロナルドよりも、さらにヨーロッピアンです。

日本の生活に慣れてからは筋肉も付きました。私と楽しそうに歩いてくれました。

この子は人見知りワン見しりしないので、プロハンさんにお願いして当日引きもOKでした。

普段はおこちゃま性格なんですけど、リンクに立つと落ち着きます。よく言うことを聞きます。犬らしい犬です。

北海道の夏のショーが終わり~残りのカードをプロハンさんにお願いしました。

エニオはショートバックゆえに個性があり、私のハンドリングでは、彼のよい部分をうまく引き出してあげることができませんでした。秋になってから、思いきってプロハンさんに託したところ⇒ あっ!というまににCH完成となりました。エニオ君よかったね。ポーランドのパパに恩返しできたよ。 その後,引き続きインターCHに挑戦・出しましょうよ とお誘いをいただきましたが・・・それは丁重にお断りさせていただきました。犬は・・それは望んでいないよね。早くお家に帰って普通の生活に戻りたいよね。その後も、なんどか私と一緒にオナハンでショーに出て楽しみました。エニオはいつも楽しそうに歩いてくれました。可愛いヤツです。

今はほぼ引退状態ですが、毛もフサフサつるつるで、歩き方もしっかりしています。いつかまた一緒に歩きたいですね。主人は自分がジョギンクするとき、エニオを連れていきます。そして~エニオは良く走る!すごくパワーがあるよ!と感心しています。でも~お顔の白髪は増えたね~  現在6歳6ヶ月です。

今日も読んでくださり、ありがとうございます。 ワンクリックお願いねm(_ _)m

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村

 

 

コメント (2)