イタグレブリーダー・わんわん日記

イタリアングレーハウンドの出産・子犬の成長の様子・わん達との日常を楽しく紹介していきます。

数々の道のりがあって~今の私です。

2014年05月30日 | Weblog

イタリアングレーハウンドの存在を知ったのは、今から17年ほど前にさかのぼります。実物を見たのではありません。テレビでその姿を見た私は・・・釘付けに なりました。当時はP・Cも普及しておらず、子犬探しはもっぱら愛犬雑誌でした。子供達に⇒お母さん・・イタグレを飼うよ と言うと、どんな犬? いやだぁ~可愛くない! と反対しました。主人は当時は単身赴任中でして、犬のことには何も口をはさみませんでした。


IGが欲しい~ と思い始めてから探しました。いずれは繁殖したいと考えていたので、まずは血統の良い犬。お顔や姿の綺麗な犬。カラーはブルーもしくはグレーの女の子が欲しい。当時はIGのブリーダーさんは少なく、産まれている子犬もめったにいなくて、選り好みしていたらご縁がなくなる時代でした。そうして1年以上随分と探して~我が家に最初にやってきた子たちです。



右・シルビィ 左・ジュリアです。 可愛かった~ 1~2歳の頃ですね。


この子達は、現在はおばあちゃんになりましたが健在です。可愛いおばあちゃんですよ。以前載せた写真ですが、もう一度載せますね ↓ 寝ているところです・・弱っているのではありません(^_^) 2014年 現在の写真です。



現在のジュリア(左)13歳 とシルビィ(右)15歳です。我が家のIGはみんな長生きしてくれます。うちに来て幸せだったのかな 贅沢なことはしてあげていないけど。犬らしい生活をしているので居心地はは悪くないと思います。


女の子に出産してもらう場合、お産に向いている子⇒安産で子育てが上手な子と向いていない子⇒はらはらドキドキの出産で、ママ犬がデリケートな子がいます。人と同じで、適当に気を抜いて子育てするほうがいいです 神経質で子犬から片時も離れない、子犬を一日中舐めている母犬は、母犬&子犬ともに疲れてしまいます。シルビィは分離不安症で、私の姿が見えなくなると鳴き続けます。性格も臆病で、何かあるとびっくり!します。私はシルちゃんを繁殖のママ犬からはずしました。親犬の性格は子供に遺伝します。 反対にジュリアはおおらかでお産も安産。毎回4~5匹の子犬を産んでくれて~適当に手を抜きながら~時には厳しく子犬を叱りながら、上手に子育てをしてくれました。ありがとうジュリアm(_ _)m


最初はイタグレを迎えただけで嬉しかった管理人です。そして繁殖するに当たって、当然、良い男の子との交配が必要です。その当時は家が新築でしたので 男の子を迎えるとマーキングされるかも?という考えがあり、しばらくは友人ブリーダー所有のIGの男の子と交配していました。その友人も繁殖や血統にはこだわる人で、良い血統の犬を持っている人でした。そこにはアメリカCHの息子とノルウェーCHの息子の2頭の男の子がいました。2匹は全く違ったタイプの男の子でした。アメリカ系は性格はいいけどサイズが大きいし、ノルウェー系は身体はキレイでしたが性格に落ち着きがなく好きになれませんでした。しばらくはそこの男の子達と交配をしていましたが・・・CHでもないのに交配料は高いし・・・私の理想とするタイプとは違っていたので段々と納得がいかなくなりました。そのブリさん・・50~60匹の色々な犬種・小型犬を繁殖していました。ボンビーな人で生活苦でした。私はそこに行くのもイヤ になっていました。そして私の中からメラメラ と闘志が沸いてきました。


イタグレを飼ってしばらくしてから、IGにはアメリカから輸入された血統で繁殖されている犬と、ヨーロッパから輸入された血統から繁殖されている犬がいることを知りました。そして私は魅せられたのです。ヨーロッパのIGにはまりました。どうしてもヨーロッパの犬が欲しくてネットでヨーロッパのブリーダーさんのH・Pを探しました。10年以上前ですから、ブリさんのH・Pも少なかったです(-_-) 数えるほどしかありませんでした。その中から見つけた、私の好きなタイプのIGの男の子。いましたよ! H・Pには、もうすぐ子犬が生まれます。と書かれていました。 この子犬が欲しいよ~


しかし10年以上前ですから、今のように FACEBook はありません。ヨーロッパのブリさんは日本に対して良い印象を持っていません。日本と仲の良いアメリカでしたら、いくつかのルートがあるかもしれませんが、ヨーロッパはパピーミルが存在している日本人には簡単には譲ってはくれません。そこで私はブリさんに長い手紙を書きました。私の家族や飼っている犬達の写真・住んでいる札幌の紹介・パピーミルでなく、犬は家族と同様に大切にしていること。その手紙を業者に託して・・・。私は犬の輸出入を行っている仲介業者さんに頼みました。この犬舎の、この子犬を希望しますので話をまとめてくださいと。。。しかし、この業者は前金だけ受け取った後・・・ルーズでなかなか仕事をしてくれませんでした。連絡も乏しく、私はイライラしっぱなしでした。10年前は成田の動物物検疫所で輸入犬は2週間の係留期間がありました。その際に、係留するペットホテルを予約しないと満席になるのです。ところが仲介業者が予約を忘れていたために(バカもんです)ゲージが満杯で空いておらず、日本への到着が大幅に遅れました。すったもんだがありましたが、結果的には1年後に私が望んだ子が無事に日本に⇒私の元へ来てくれたので ⇒よし としましょう。最初はこんなもんでしょう。


最初に来てくれたロナルド君。10年前ですから、写真を探すのが大変!もっといい写真を見つけたら、あとから載せます。



やっと来てくれたね。遠いところから、ありがとうね。 落ち着いたジェントルマン・紳士でした。



この子は大人になってから来ました。ポーランドCH・RONALDO君です。日本は10ヶ月未満の子犬を輸入することはできません。この写真は我が家に来てから2年ほど経ってからの写真です。6歳の頃です。


ロナルドは筋肉質です。身体は軟らかく走る姿はゴムまりのようにかろやかです。ロナルドの子供達は骨が太くてしっかりとした身体の子が産まれました。今までの子犬とは違う、背中・胴の短いショートバックな子が生まれるようになりました。血液が違うと変わるのもですね。


しかしIGのブリーダーって・・・よく調べているというか、外産の犬が日本に入ると興味があるのでしょうね。ロナ君がうちに来てから、嫌がらせの電話がかかってくるようになりました。2チャンネルにも、明らかに私のことと分かる様なカキコミがありました。当時はショーにも出ていません。 友人ブリさんのところのIG君がどうもイマイチ好きになれず、これからも交配料を払い続けるのであれば、自分で輸入して~好きなヨーロッパの犬を創りたい そのような気持ちで行った輸入でした。


何度も電話をかけてきたブリさんは、言葉になまりがありました。ワケの分からないことをおっしゃっていました。どなたかは分かっていますが、あ~きたなっ!と私は普通に対応しました。その後も色々とありましたが、私は逆風には強くて、イヤなことがあると返って燃えるんです 続きはまた次回にね。今日も読んでくださり、ありがとうございます。ワンクリックお願いね!

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 

コメント

我が家のお花見 (^_^)

2014年05月23日 | Weblog

 の季節は終わってしまいましたが~ 我が家の庭の木の花は満開になりました 



さくらんぼの木です。お花は白いです



わんたちも毎日お庭に出て遊んでいます。


よい季節になりました。札幌も春から⇒夏へと季節が変わっていきます。この数日後に雨が降り花は散ってしまいました。そうして~小さな実がなっています。それがやがてさくらんぼの実となります。わんたちのおやつです。今年も豊作でありますように。(*^_^*)


ところで、これ ↓ かわいいでしょう! お洋服ではないですよ。



何か分かりますが~? タオルです。 可愛いお客様がみえるので、タオルを買いに行ったら・・・こんな可愛いタオルがあって~カワイイ~ってつぶやいて買いました。


今日も読んでくれてありがとうございます。ワンクリックしてね(^_^)


 

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村

 

コメント

巣立った子~5歳になったアイーダちゃん。

2014年05月18日 | Weblog

イノセントから巣立ったパピーちゃんたち~その後の成長した姿を送ってくださるオ-ナー様、ありがとうございます。沢山頂いているので順に紹介させていただきたいと思っていますが・・・忙しさにかまけてしまい、写真をいただいている順番が逆になる場合もあります。ごめんなさいm(_ _)m


今日は広島に嫁いで行ったアイーダちゃんです。アイーダちゃん&ラダメス君のママさんからのメールです。★こんばんわ。すっかりご無沙汰していますがお元気です? (中略)アイーダが5月10日で5歳を迎えます。 頭頂部は白いモノが目立ちますし、歯磨きを怠るもので歯槽膿漏で歯が一本抜けてしまいました(T_T) でも至って元気です 病気も怪我もなく ラダメスと二頭飼いのお陰で、常に二匹で仲良くさみしがらずにいてくれます(*^_^*) 年を重ねても、いまだにやんちゃでキュートな二匹です。アイーダはママが大好きで後追いしたりストーキング行為もしますが、愛らしい二匹と毎日楽しく過ごしています。★



左・アイーダちゃん。右・ラダメス君です。とても仲が良い二匹です。先住犬のラダメス君は偶然でしたが、イノセントの親戚犬でした。私もオーナー様も,のちに血統書を見て分かり⇒ビックリしました。10年以上前に、私がヨーロッパから犬を輸入する前に繁殖した子の系統です。アメリカCHの系統です。 男の子は女の子にはやさしいのよ~ボクがキミを守ってあでるよ!そんな感じでラブラブですね



どちらも美男&美女でステキです。お写真、ありがとうございました。


アイーダちゃん&ラダメス君ママさんからメールを頂いてから、私も5年前の写真を見てみたら~懐かしい写真が見つかりました。その一部です。こちらはアイーダちゃんのママ犬が出産を控えた3日前の写真です 。ママのお腹が可愛くて~愛おしいです。



ステキなお腹。気持ち良さそうに」寝ています。このママ犬は通常4・4kgです。骨が太くて筋肉質です毛量が多くてピカピカです このときは初めての出産でした。とても安産で4匹の子を産んでくれました。子育ても上手です。子犬達とよく遊んでくれます。今でも元気いっぱいのママ犬です。この子は自己アピールが強く、おもしろいことばかりするので、お笑い芸人系です。左上で寝ているのはジュリアとロナルドですね。みんな可愛いよ。



この子たちはロナルドとエリーですね。5年前ですから共に10歳の時でした。当たり前だけど、今よりも若いわ



このお写真、5年前に産まれたアイーダちゃんたちです。可愛いなぁ~ 写真を見ているだけでパピーちゃんに会いたくなるよ~ やっぱり好きなのよ~ わ・た・し~ママ犬の陣痛が始まって、出産が始まる瞬間が一番燃えるの~ わ・た・し~病気かしら 


アイーダちゃんのママ犬はその2年後に、ビート君&レオ君&ソフィちゃん&finaちゃん&ふのすちゃんを出産しました。ちいさな身体で沢山の子を産んでくれました。さらに去年の5月にはアルド君&Vito君&ジーナちゃんを産んでくれました。同じく安産で子育ても上手でした。素晴らしいママちゃんですよ。でもね~これからはゆっくりと休んでちょうだいね。もう十分ですよ


このママ犬ちゃんの子供を迎えてくださったオーナーさま、5年前の写真を見て少しは喜んでくださったかな。アイーダママさんからのメールがきっかけで写真を載せることにしました。出身犬舎が分かっていると、色々な情報をみることができて喜んでもらえるかな?と思いました。


わんたちの交配から子犬の出産~子育て~オーナーさまとのやりとり、子犬の引き渡しまで、すべて自分の手でわたくしが責任を持って行っています。 カッコいい写真だけを載せて高級犬をアピールしたりしません 普通のスナップ写真も載せて ありの~ままに~イノセントを見てよ~です。


巣立った子で10歳になった子の写真もいただいています。ありがとうございますm(_ _)m どのオーナさまから写真をいただいても、そのときのことを覚えています。私ととオーナーさまの、大切な大切な宝物 ですからね。


今日も読んでくれてありがとうございます。ワンクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 


 

コメント (6)

一日だけのお休み。

2014年05月15日 | Weblog

ゴールデンウィークから、毎日わんこの病院通いで忙しかった管理人です。がんばった甲斐があり、体調が悪かったわんこはとても元気になりました。 心配してくださった方々、暖かいお言葉をありがとうございましたm(_ _)m 


生き物相手のお仕事と言いますか~多頭飼いですので、お休みというか・・・なにもしなくてゆっくりとできる日はありません。一年365日、常に同じ時間に同じコトをこなしています。好きなことですから全くストレスはありません。むしろ~パピーが産まれた時の喜び&可愛さ に心癒やされたり、老犬たちの⇒赤ちゃん返りの可愛さに心がなごんでいます。


連休は、主人はとても長くて10日間くらいお休みでした。主人のお休みはいつも長いです。わたくし⇒ たいした お料理は作っていないのですが、お休みの間も、上げ膳据え膳でご飯を作ってもらっている男性陣は羨ましいです。奥さんは・・・死ぬまで・・・ご飯を作らなくてはならないのね。。。それだけでも立派なお仕事だと思います。


しかしね~たまには息抜き・楽しみも必要です。連休中、いつもと変わらない日々でしたが、一日だけ楽しみにしていたコトがありました。やっとその日がやってきました。 ↓



札幌の中心地・大通り公園にやってきました。主人と二人で。。5月の初めでした。



テレビ塔の下の花壇に桜が咲いていました。



売店にソフトクリームとビールの看板です。北海道ではよく見られる組み合わせです。



目指すは⇒この場所。劇団四季シアター。現在行われている演目は ↓



オペラ座の怪人です。


管理人が劇団四季に」魅せられて四季の会員になってから20数年。ほとんどの演目は観劇させていただきました、その中でも一番」好きな作品が、このオペラ座の怪人です。北海道で20数年まえに建てられたJRシアターは、一旦閉館しました。そして数年前に新たに今の劇場が建てられました。新劇場では、美女と野獣・マンマミーア・などが上演され、どちらも観劇させていただきました。


しかし~私が一番見たかった作品は オペラ座の怪人でした。 ふぅ~何と20年ぶりです。嬉しい~オペラ座の怪人は後に映画化されて大ヒットし、誰でもが知りうる作品となりましたが・・・私は20年前からの大ファンで、劇団四季のミュージカルを何度も見ていました。CDも日本版&アメリカのブロードウェイ版と購入し、毎日・毎日聞いていました。エーンジェル オブ ミュージック わたしの~大切なひと~それがは誰なの? おーんがくの天使なの~ ステキなかた ジャン~ジャジャジャジャ~ジ~ヤン ジャジャジャジャジャ~ン 夢のな~かで、あなたは~この心にささやく~今~すがたも現れ~ the ファントム オブジ~オペラ~そう!あなたね~ マスカレード~仮面舞踏会~マスカレード~ 沢山の歌や踊りが頭の中にしみこんでいます。カラオケで 娘と一緒に、ファントム&クリスティーヌになって歌っていました。ものすごく下手です

聞いた方は⇒ひっくかえりますよ

そのようにはまっていましたので、今回の20年ぶりのオペラ座の怪人は・・・ちょっと物足りなかった。。。私が見ていた頃は劇団四季の主役級の豪華キャストでした。怪人・山口祐一郎さん クリスティーヌ・鈴木京子さん ラウル・石丸幹二さん のそうそうたるキヤストでしたから その方々は、舞台に出てきた瞬間にオーラがさしていて美しかったです。すぐに主役と分かるような華がありました。 特にラウル役の石丸君のハンサムぶりは群を抜いていました。姿といい歌声といい、こんなにも整った人がいるのか?と感動しました。輝いていました


今回のキャストは若い方々が多くて、これから熟練してますます磨かれていく方々だと思いました。オペラ座の怪人は歌唱力が重大視されるので、歌の実力のあるキャストが選ばれたように感じました。舞台に登場した途端に 華 があるようには見えませんでした。しかし歌声は出ていて、主役争いの厳しい四季の団員の中から選ばれた俳優さんであることは納得出来ました。でも~20年も四季のミュージカルを見させていただいた私です。普通にあらすじを見るだけではありません。(余談ですが~普通にIGを創るだけではありません)俳優さんのセリフ回し、お顔の表情など個々の特徴を拝見し、自分の中で分析しています。こんな見方をするお客様~いやですか~? でも浅利慶太氏は、四季の会員の意見を尊重してくださっています。同じ作品を何度も見てくださっている熱心なファンの方々です。最前列は四季の会員さんがほとんどです。今回は、何度も見ている四季のの会員達はけっこう辛口をおっしゃっていましたね。それでも大好きな作品を見ることが出来て嬉しかったことには変わりありません。やっぱりオペラ座の怪人は⇒ 最高です

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村

 


 


 

コメント

イノセントっ子が・・・モデルさんになりました(^^)

2014年05月09日 | Weblog

この美しい女の子は、なのはなちゃん です。私がめざしているエレガント イノセントの雰囲気ですね~。。



同じ組み合わせの両親犬から産まれた兄妹は、ピノグリージョ君・ジュノンちゃん・ルウちゃん・そして先月巣立って行ったVOLA君がいます。見た目は細く見えるイノセントっ子ですが、触るとなかなかのマッチョ です。骨がしっかりしていて太いですよ。


なのはなちゃんは、東京渋谷の代々木にあるイタグレ・サルーキー・小型犬のショップ・グラインドッグのモデルさんをしています。オーナー様と一緒に、お店に出勤しているそうです。イノセントっ子のみなさま~お店にいけば、なのはなちゃんが居ますよ。お時間のある方はぜひ遊びに行かれてくださいね。ネットショップもされています。アドレスは ⇒ http://www.grindog.jp/  です。オーナー様もイノセントっ子に会いたいです!と言ってくださっています。どうぞ、よろしくお願いします。


なのちゃんは、去年秋のイアタリアングレーハウンド展に、私と一緒に参加してくださいました。 イタリアングレーハウンドの単独展が開催されることは滅多にありません(記憶では5~6年ぶりだったと・・)この記念の展覧会に、なのはなちゃん&オーナー様が思い出作りとして参加してくださったことは本当に嬉しくて、言葉にできないくらい感謝しています。 ありがとうございましたm(_ _)m そのときの写真です ↓



初めての触診台に乗って・・・ドキドキだったね。



台風で~雨の中、がんばって歩いてくれました。



ママのお顔を見ながらアイコンタクト、可愛かったね。



出番が終わってから記念撮影です。3匹は目線がなかなか揃いません。ルックちゃん大きいよ。遠近法ということにしておくよ この写真のなのちゃんはパパに似てたけど・・・



くつろいでいる~わたし。このお顔はママに似てるよ。


なのはなちゃん。グラインドッグでお客様に可愛がってもらって人気者になってね。あなたは明るく人なつこいから、みんなに好かれるよね。 管理人は上京するときはいつもショーのときだけで、終わったらトンボ帰りです。いつか時間が取れたら、グラインドッグさんへ遊びに行って、なのちゃんと会いたいな~


今日も読んでくれてありがとうございました。よかったらワンクリックお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
にほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへ
にほんブログ村

 

コメント (4)

やっと落ち着いて・・・。

2014年05月05日 | Weblog

ゴールデンウィークも後半になりましたね。みなさま~旅行やお出かけで楽しく過ごされていることでしょう。


わたくしはわんこたちのお世話があるので、いつもと変わらない毎日です。お盆休みもお正月休みも関係なく、毎日同じ時間に同じことを繰り返し行っています。わんこたちのお世話は好きですから、何の苦にもなりません。ストレスもありません。わんこたちと沢山のお話をしているから、わんたちは私の言葉を理解しています。一日中話しかけているからよ~く言うことを聞いてくれます。おりこうですよ~うちのわんたちは← 親バカ炸裂ですね すみませんm(_ _)m



窓際が好きな子と、ソファが好きな子がいます。ストーブは、朝以外は点けていません。暖かくなりました。老犬が多いですから、一日中・・・寝てばかりの子が多いです。でも・・ご飯の時間になって、私が台所に立つと騒がしくなります。それが一つの健康の目安です。


連休が始まった頃、ある子が 体調が悪そうにしていました。症状としては、食欲が落ちることとウ○チが軟らかくなることです。プラス=元気がなくなることです。しかし~老犬の場合は若い時に比べると、すでに元気がなくなっているので見落としがちです。私は・・・おかしいな???と感じたら、すぐに病院に連れて行きました。


検査の結果、体調不良の原因が分かってから、それを治すには手術することが最良だと言われました。しかし、かかりつけの獣医さんとは20年来のお付き合いでして・・先生は、わたくしの気持ちや考えも聞いてくださいます。私は~犬の年齢など・・諸々の事を考慮して・・手術(外科的治療)ではなく内科的治療を希望しました。先生は⇒よろしいですよ!松○さんの希望する処置を行います!と私の考えを受けてくださいました。それからは毎日、点滴治療のために通院しました。


同じ量の点滴をするにしても、長い時間をかけたほうが犬の身体の負担が少ないそうなので、わんこには可哀相でしたが、午前中から⇒夕方にかけてほぼ一日中点滴をすることになりました。ですから、朝イチでわんこを病院に連れて行き~ 一旦家に戻って、家の中のこと、わんこたちのお世話&庭出し&犬と人間のご飯作りを済ませて⇒また病院へ迎えに行く。。。その生活が一週間続きました。そして、おとといあたりから、血液検査の数値も良くなり、食欲も元に戻ってきました。何よりも嬉しかったのは、しぶしぶと食べていたご飯を⇒ 目をイキイキとさせて喜んで食べる様になったことです。


明日からは点滴ではなく、抗生物質のお薬と注射の治療でようすをみることになりました。よかった~ ここまで回復してくれて嬉しい  実はね~管理人は眠れない夜もあったんですよ。内科治療にしたことが、どのような結果になるのか。夕方お迎えから帰ってきてのようす、夕飯は食べるかな・・ウ○チの状態はは良くなったかな・・目の輝き・・体重は増えたかな・・と一喜一憂の日々でした。


昨日は先生が、手術を行わなかったから、自分としても大きなカケだったと・・・おっしゃいました。他の患者さんなら手術するところなのですが、あなたでしたから (時にプロと言ってくださいます・すみません・恐縮です) 意向を尊重しましたと。。。先生に感謝しています。


実はね、過去にこの手の病気になった子がいて、その子は10歳過ぎてたけど手術を薦められました。それが最善だと言われました。私としては、その子の腫瘍が良性だと思っていましたので、すぐに取り除くことは避けたかったのです。しかし獣医さんにそのように言われれば、そうするしかありません。
当然、手術事態は成功したのですけれど・・・。その後我が子は、急に老け込んで~ますます老犬のようになってしまいました。その子は手術後、身体も精神面も弱くなりわずか半年後に亡くなってしまいました。のちのちに何度も考えました。あのとき、あの子の大事な部分を取っていなければ、あの子はもっと長生き出来たかもしれないと。詳しくは書けませんが、あの子の大切な部分を取り除く必要はなかったと後悔しました。亡くなったことと手術との因果関係はないかもしれないけれど、一度経験したことは忘れていません。自分の子の身体のこと・健康状態は飼い主が一番良く分かっていると思います。


わんこは一旦よくなると、回復は早いです。この子はすごい強い子です まだまだ気は抜かないけれど、峠は越えました。これからも通院は続きますが、頑張って治してあげますよ。ブリとは、子犬を産ませるだけではありません。子犬の出産に立ち会うたびにヒヤヒヤし~無事に出産をしてくれれば喜びを感じます。萌え~ です。 ともに歩んでくれた老犬に、なにか起こるたびに心配で眠れなかったり~体調が良くなってくれば嬉しくて、その生命力にパワーをもらい嬉し涙 です。こんなブリがいることも知ってくださいね。


今日も読んでくれて、ありがとうございます。ワンクリック励みにしています。よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村にほんブログ村 犬ブログ ドッグショーへにほんブログ村
コメント (11)