かみつけ岩坊の数寄、隙き、大好き

働き方が変わる、学び方が変わる、暮らしが変わる。
 「Hoshino Parsons Project」のブログ

急に刀鍛冶を継ぐことになった

2020年07月25日 | 夢日記 (手は届かないけど観念だって実在なんだから)

今日は、お世話になっている刀鍛冶の師匠に何か特別な席を用意していただき、急にうなぎをご馳走になることになりました。

ところが、前の職場の仲間との会食も同じ店で行う予定が決まっており、どうこの身を処したら良いものかいささか困ってしまった。

師匠はそんなこちらの事情など、当然知らず構わず、急な話をどんどん進めてしまう。

誘われるままに鰻屋に入ると、そこにはすでに大テーブルに席が設けられていて、横のテーブルには私がぎこちなく鍛錬した鋼の途中サンプルとともに、師匠のものと誰のものかわからないものの3つがおかれていた。

その比較説明によると、経験も技術も全く不足している私の鉄と玉鋼の合わせ方で、この部分だけが妙によくできているのだと、わけのわからない説明をしてくれる。それは素人目でもどうにもならない下手くそにしか過ぎないのに、何を持ってそう言うのかどうにも私には理解できない。

もしかしたら、こいつならばうまくおだてれば、なんとかあとを継がせることができるかもしれないと、その一点で見込まれた師匠の策略なのか。

そんな師匠のわけのわからない説明が続いている間に、職場の同僚の人たちが来て先に席についてしまった。師匠は相変わらず話に熱中してそれに気づかないので、私は申し訳ない顔だけして黙って目で挨拶した。

困っていると、師匠がぜひお前に会わせたいと言っていた何の分野だかわからない偉い先生も来てしまった。師匠はそれにも気づかず話に熱中している。
さすがに入って来た大先生に背を向けたまま、これはまずいだろうと、師匠の腕を突いて後ろを向かせると、師匠は慌てて平身低頭、今度は大先生に頭を下げ続ける。
ちょっと最初に失礼があったとはいえ、そこまで執拗に頭を下げるのはどうかを思いながらも、一応私もそれに合わせざるをえず、身の入らない思いで後ろで頭を下げ、やはり職人の世界というのはこのようなものなのかと何とも言えない気持ち。

しかし、困ったことに、その位置で師匠が頭を下げ続けていたら、大先生をテーブルの上座に誘導することができない。見るとさらに困ったことに、先に来ていた同僚たちはすでにお膳に手をつけ始めており、簡単に席を移動することもできなくなってしまっている。

そんな一連の様子を見ていると、ご縁とはいえ、本当にこの師匠について行って大丈夫なのかと心配になって来てしまった。


私は、自ら斯くあるべしで選ぶ道よりも、ご縁で始まる仕事を大切にしていくべきだと心に決めていますが、いくら何でもこの選択には無理があるのではないかと不安でたまらなくなってきた。

この歳になってやっと理想の暮らしが出来かけている身ではあるけれども、ご縁に導かれて大転換をはかるというのも、人生ありなのかな〜

 

などと募るモヤモヤで苦しんでいたら、
目が覚めました。

 

あ〜〜〜、夢で良かったw

 

でも、気づけばまだウナギを食べてないとこで目が覚めてしまってた。

もう一度、寝ることにします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「出版不況」という表現が、... | トップ | 押し入れを本棚に作り替え、... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

夢日記 (手は届かないけど観念だって実在なんだから)」カテゴリの最新記事