かみつけ岩坊の数寄、隙き、大好き

働き方が変わる、学び方が変わる、暮らしが変わる。
 「Hoshino Parsons Project」のブログ

毎週一度の食事のためのお品書き

2017年02月06日 | 暮らしのしつらえ

私が妻と月夜野の家で食事をするのは、訳あって毎週土曜日だけです。

それだけに、毎度、妻が腕をふるって素晴らしい料理を作ってくれるので、二人だけの食事であってもこれからは「お品書き」をちゃんと作ってみようと思いました。

考えてみれば、旅館などの季節ごとに大体決まったメニューが出されるのにに比べれば、こちらは毎回異なる料理なので、人数こそ少ないものの、こちらの方こそきちんとした「お品書き」を添える価値があると言えます。

これまでも、妻の料理はできるだけ写真には残しネット上にアップもしていますが、レシピの説明まではなかなか記録を残せませんでした。https://photos.google.com/share/AF1QipNJBnbgtH-pK5rN1yCl6_enLLXRyZe5Y6hxxrbzqlKBdlhVpKk90LC2Zg2wPwx2sg?key=RG40WU9CMS1Lb0Z2N0tFWnNSMTBMMEc4cEtUeGdB

それを「お品書き」というかたちで、最低限のその日の食事の記録を、食事以外のロケーションなども含めて表現できたらと思いました。



手作りしおりの作成用にあったデザイン和紙を使用。

薄いのでわかるかどうか、今日の月の写真(お酒の上の空欄)も入ってます。


そもそも「献立」とは、と辻嘉一が以下のように語っています。

献立とは、もともと酒をすすめる者の味の起伏を決定するもので、江戸の古書に

「祝賀の宴などの式を正すに、式三献、七五三などの儀あり、皆、献の数によりて名づけたる也。献とは肴を出す毎に更にあらためて盃を勧むるをいふ。」

 

つまり、盃を重ねるごとの料理の起伏の組み立て方ということらしいです。


この日は、たまたま上弦の月で立春。

月に合わせてどのように料理を組み立てるか、

などと考えることは、とても楽しいものです。


当初はA3サイズで作るつもりでしたが、うちの箱膳にはA4サイズで十分でした。



いつも、週に一度だけということから力が入りすぎて分量は作り過ぎ。

これからは、もっともっと周辺の演出に力を入れて量を減らしていけたらと考えてます。


私の写真の技術のなさによるのですが、料理の写真は撮影用の照明をきちんと添えないとなかなかうまくは撮れません。

お気に入りの器の選択や、松尾昭典さんの陶芸のことなども、時には書き添えたいものです。

こうした作業をしていると、一流のお店が、料理だけではなく、器から出し方、周りの環境など、いかに細部に渡り気を配っているかということがよくわかります。


どの要素が一番というわけでもなく、

料理の味、

旬の食材

盛り付け

器の選択

食事をする部屋のしつらえ

選ばれたお酒

その日の体調

酔いがまわりだした頃の会話
 料理や酒のことはもちろん、
 仕事や読んだ本のこと、地域づくりのことなど

妻と黙って聞き耳をたてる息子を相手にとりとめもなく話す時間

 

そんな世界をお金をかけずに「日常の食の世界」として
ひとつひとつ、かたちにしていくことを目指しています。

それをこれからも大切にしていきたい。



毎度妻が一生懸命作ってくれている分、その素晴らしさをこれから表現するために、
お品書きのデザインを毎回考えるくらいは続けていきたいものです。


関連ページ

「手作りの箱膳を使いこなす」

http://blog.goo.ne.jp/hosinoue/e/98c70f8c7437259a39a9d21c2b237950

コメント

汲み尽くせない魅力、幸田露伴『評釋芭蕉七部集』

2017年02月03日 | 暮らしのしつらえ

 

30年くらい前に出会い、
20年くらい前にようやく古書で購入し、
ずっと棚の肥やしになっていた本。

ようやく熟成して味わえる幸せ。


 幸田露伴『評釋芭蕉七部集』岩波書店

 

 

「七部集」の構成は、

「冬の日」

「春の日」

「阿羅野・員外」

「ひさご」

「猿蓑」

「炭俵」

「続猿蓑」



幸田露伴が「冬の日」の評釋のなかで見事に七部集の要を述べてます。

 



芭蕉は渋滞せず、執着せず、山を出蔓の水の、茂林深谷の間を行き、
平野曠野の中を流れ、觸處に景をなして趣を變ずるが如く、
峰にかかる雲の暁天に紫を横たへ、夕陽に紅を暈して、
少時に態を換え観を異にするが如し。
 
春の日は冬の日に異なり、曠野は春の日に異なり、
ひさごはまた曠野に異なり、猿蓑はまたひさごに異なり、
炭俵また猿蓑に異なり、續猿蓑また炭俵に異なれるを看て知るべし。

猿蓑は好き集なり、されど猿蓑のみに芭蕉の眞◽️正體の籠れるが如くいふは、
却って芭蕉を累するのあやまりに墜ちん。 

 

 

20年前、俳句も素人の自分にはとても理解できないと感じたことは今も大差はないのですが、十分の一程度の理解でも所どころ出会う玉のような文章は、言いようのない深い感動を覚えます。

これが、全くの解説なしの原文となると次のようなもの。

せめて行間くらいは、たっぷりと開けてもらいたいものですが、
この『七部集』の場合、一行あけただけでも、相当分厚い1冊になりそうです。 

 

これを片っ端から読み解くことなど、俳諧のプロでもなければとてもできるとは思えません。

 

これを幸田露伴は、全編にわたり実に丁寧に読み解いてくれているのです。 

 

今読んでいる「冬の日」のなかでは

    窓に手づから薄葉を漉き     野水

の「薄葉」の解釈、説明など和紙漉きの知識から言葉の正確な読み取り方まで、白川静の漢字説明以上とも言えるほど、知識、洞察ともに素晴らしいものです。

 

歳時記に暦や民俗学的な情報が不可欠であるのは疑う余地もありませんが、一つひとつの句の解釈をこれほどまで多方面の古典や風俗などの事象を丁寧に添えて味読された本は、おそらくないのではないでしょうか。

 

    箕にこのしろの魚をいただき   杜國

この句の「このしろ」の解説も見事なものなのですが、漢字変換の出ない文字があまりに多い文なので、紹介はやめておきます。




「ともかく、写真機の在りどころをかえるように句は鍛錬しなきゃいけねぇ。」


「『歩きだす』ことが、たいせつだ。いきなり端的にいい句ができるということもむろんあるが、これァまずよほどえらくなってからのことだ。
こねくることは、芭蕉もいってるようによくはなし、又いつかの初一念ということもあるが、しかし工夫は怠っちゃいけねえ。

ほととぎすの句なら、ほととぎすが飛ぶところ鳴くところを見るか聞くか想像するかして、また花なら花にまずレンズをむけたらシャッタアをあけるまえに工夫しなきゃいけねえ。

句は、はっきりしたのもよし、幽玄なのもいいが、歩いて、動いて、ためて見る、そういう工夫や鍛錬が必要だ。

こうして句ができて、それにみずから確信がもてたらいいのだ。もっともいくら確信があっても道理にはずれちゃ困る。又、はっきりといっても法律や算術とは違う、算術の答はふつう一つだが、詩歌には数かぎりなくある。

明の某は詩経の註の詳しいのをつくったが、この註をみて金銀七宝ずくめながら得体がしれないと評した者がある。工夫も、ただやたらにこらすのじゃおもしろくない、といって安全確実ばかりでもつまらず、しかも不細工ァもとよりよろしくねえ。」

        (高木 卓 『露伴の俳話』 講談社学術文庫より)


幸田露伴が果たしてどれだけ写真機を使いこなしていたかは知りませんが、この表現は俳句表現のことにとどまらず、このまま現代の写真撮影の真髄を表しているようでもあります。

幸田露伴『芭蕉入門』講談社文芸文庫

高木 卓 『露伴の俳話』 講談社学術文庫

 


たとえば釣りの話にしても露伴の談話は、ふかい経験とひろい知識によって裏づけられているので、何といったらいいか、泉の水面がもりあがって水がムクムク湧きでるような、とうていわれわれには受けきれないようなゆたかさがあった。

 

         (同上)



おそらく、今から20年後、30年後に紐解いても、私の理解はたどり着きえない文章かと思われますが、それでも味わうたびに得られる感動は、疑いなく深まるものと思えます。


 

コメント

企みのないもの

2017年02月03日 | 暮らしのしつらえ

カラダに染み込ませたい大事なことなので、

ここにメモとして残しておきます。



坦々とした波乱のないもの、

企みのないもの、

邪気のないもの、

素直なもの、

自然なもの、

無心なもの、

自然なもの、

奢らないもの、

誇らないもの、

それが美しくなくて何であろうか。

謙るもの、

質素なもの、

飾らないもの、

それは当然人間の敬愛を受けて良い

            (柳宗悦)


コメント