かみつけ岩坊の数寄、隙き、大好き

働き方が変わる、学び方が変わる、暮らしが変わる。
 「Hoshino Parsons Project」のブログ

もしも、わたしが一本の木だとしたら

2020年02月29日 | 言問う草木、花や何 〜自然・生命の再生産〜

 

わたしが、一本の木だとしたらどのように、

根っこをはやし、えだを伸ばしてきたのだろうか。

 

早川ユミが『種まきノート』アノニマ ・スタジオ(2008年)の中で、こんな問いかけをしていました。

 

このところ、わたしの親の世代が相次いでなくなり、人の一生というものをこれまでになく、真剣に考えるようになりました。

そもそも人は何のために生きるのか。

容易ならざる問いですが、早川ユミさんのこの問い方は、とても共感できるものでした。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら・・・・

 

 

考えてみました。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら、
どれだけ深く根を張ることができただろうか。

どうやら、深く掘ることばかりに気がいって、広く根を張ることは疎かになっていたようだ。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら、
どれだけ年輪を重ねて太い幹になれただろうか。

年輪は、年数とともに自動的に増えるものですが、夏と冬の寒暖の差を受けて、

密度の濃い丈夫な幹に育ったとはとてもいえない。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら、
枝を広げることだけは随分やってきたといえるかもしれない。

でもそれにふさわしい幹や広くはった根を育てていないので、

強い風に煽られたら、いつ倒れてもおかしくない育ち方をしている。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら、
どんな花を咲かせていただろうか。

枝いっぱいに花を咲かせることなど、

未だ一度もできていないような気がする。

美しく咲かせることができるのなら、老木になって一度だけでも良い。

 

もしもわたしが一本の木だとしたら、
どんな実を生らすことができただろうか。

子どものいない私にとっては、自身の種から芽が育つことはないかもしれないけど、

周りの木々のために、日陰を作ったり、風よけになったり、

やがて苔むして、朽ちて、

せめて他の生命の肥しになることができれば幸せなことだろう。

 

仕事で何かをなした達成感も大事ですが、

もしもわたしが一本の木だとしたら、という問いかけは、

より自然なかたちで自分を振り返ることができる、とても良い言葉です。

 

沼田市白沢の石割り桜

 

人間や動物は、足を持ち移動できるのだから、木とは前提条件が違うのではないかと言われそうですが、とんでもありません。

昭和・平成・令和という時代に生まれた私たちは、決して自ら選んでこの世に生まれてきたわけではありません。両親の遺伝子を受け継ぎ、この日本、この地球という現代の条件の中に、気がついたときには産み落とされていたのです。

この国に根を下ろして生きなさいと。

この時代で芽を出し枝を伸ばしなさいと。

この世界で花を咲かせ、実を実らせなさいと。

一本の木と全く同じように、自分の意志では動かしようのない決定的な自然条件、歴史条件のなかに生まれ育っていることを忘れてはなりません。

 



 

 

もしも私が一本の木だとしたら・・・

 

 

さらには、一代のみ、一本のみとして考えないことも大事でしょう。

 

 

         お花がちって 実がうれて、

         その実が落ちて 葉が落ちて、

         それから芽が出て 花が咲く。

         そうして何べんまわったら、

         この木はご用が すむかしら。

                 『木』 金子みすゞ

 

 

ぜひ皆さんも考えて見てください。

     「もしも、わたしが一本の木だとしたら」

 

 

 

 

 

コメント

人は図らずも正しいことをするようにできてる 〜性善説と性悪説〜

2020年02月10日 | 議論、分析ばかりしてないで攻めてみろ!

こんなことを言っても、今どき信じてもらえないでしょうが、

人は、図らずも、正しいことをするようにできている。

 

これは、性善説ということではなく、人間に限らない自然界の根本法則です。

 

水は、考えることなく

岩に当たれば砕け散り、

大きな石があれば、迂回するものです。

 

その水は、やがて大地に染み込み、

大海に溶け込みます。

 

大地に染み込んだ水は、地下水となり、

海に溶け込んだ水は、水蒸気となって雲になり、

循環していきます。

 

また障害となった固い岩は、砕け、

長い時をへて砂となります。

 

つまり、万物は流動するときに、

絶えず変化をしながら、「安定」へと向かっていきます。

 

これが有機的自然、無機的自然を問わず、

自然科学、社会科学を問わず、

万物に共通する自然法則です。

 

この自然法則のが貫かれるので、

人は図らずも正しいことをするようにできてるのです。

 

これが、行われない時というのは、

動くべきところで動かず、

流れる時に流れないときです。

 

障害があれば水は迂回します。

長く抵抗し続ければ、岩でもやがては砕けます。

ものごとを短期的にぶつかる瞬間だけを見れば、

悲観論や性悪説になりますが、

長期的に見れば自ずと楽観論や性善説となります。

 

そこに能力の有るなしとか、

経済力があるからとか、

時間があるかどうかも関係ありません。

価値観の問題でもありません。

ただ、自然界の道理なだけです。

 

そんなことをこの本は教えてくれます。

 

エイドリアン・べジャン『流れとかたち』紀伊国屋書店 2013年 定価 本体2,300円+税

エイドリアン・べジャン『流れといのち』紀伊国屋書店 2019年 定価 本体2,200円+

 

コメント

記憶力の衰えと頭髪減少の相関関係

2020年02月03日 | ・・・ったくアホな生活

近頃、記憶力の衰えが甚だしい。

といっても私の場合は、人の名前が思い出せないなどというのは、今に始まったことではなく、若い頃から記憶力は弱いタイプだったので、それほど深刻には受け止めているわけではありません。

およそ物ごとなどというものは、覚えるべきことなどほとんどなく、過ぎゆくものは忘れ去ることこそが原則で、その中で心の底に、あるいは魂の奥に残ったものだけを大切にすればいいくらいに考えています。
そのため、小さい頃から勉強そのものは好きだったのに、なぜか受験のような試験勉強は大嫌いでした。

ただ、なかば読書をなりわいのようにしている立場上、目にした文字を正確に記憶できないことのハンディは致命傷になります。具体的表現に正確さがないと、伝わるべきことが伝わらなくなってしまうからです。そうした意味で我が身の記憶力の弱さは、自ら選んだ道ながらいつも後悔しています。

それでも、記憶に残せないような表現は、どこか伝わりにくい、残りにくい不適切さがあるものとの建前を言い訳をして、今日まで無事に生き延びて来ました。

と言い切って、終わりたいところだったのですが、最近、日常会話に出てくる固有名詞もやたら出てこなくなり、会話そのものにつまずくことが多くなってしまいました。

少しそのことを意識し出したのも、頭(オツム)を気にするのと同じくして頭髪も意識するようになってからのことです。

我が家は父方が、ハゲの家系であるため私は、もの心ついた時から自分がハゲることは覚悟して育ちました。幸い運よく50代までは、現代の生命保険(育毛剤)の効果があってか、予想よりは進行が遅く無事に過ごすことができました。

古馬牧人形浄瑠璃より

ところがさすがに還暦前後ともなると、もう誤魔化しようのないレベルに急激に侵攻してきます。そのあたりを意識し出すのと、自分の記憶力の無さが加速する時期が、妙に一致している気がします。

まるで、髪の毛が一本抜けるごとに、その抜けた毛穴から脳の記憶のエキスが漏れだすかのように・・・

 

古馬牧人形浄瑠璃より

その一本、待ってくれ〜

との願いも虚しく、今もどんどん進行しています。

同時に、名前はおろか、地名、商品名などが記憶のなかからどんどん霞んでいく。

脳の中の記憶を固定化するエキスが、抜けた毛の毛根から、シュワシュワと抜け出ていってしまうかのごとく。

最新の脳科学では、神経細胞ニューロンの結合を安定化させる働きのある「ヘナモン」というホルモンがあることが発見され、そのホルモンの多い少ないで人間の記憶力の差がでるのだという。

・・・とすると、抜け毛の毛穴から、このホルモン「ヘナモン」がシュワシュワと逃げ出すことで、記憶力の低下をもたらされるということか。

ただ、ここで同時に別の疑問もわく。

前頭葉ハゲというと、多くの人には何よりも天才のイメージがあります。

天才ピカソ

ピカソに限らず、おでこハゲは、むしろ天才などの記憶力の良い人のイメージが強い。

彼らの場合は、記憶安定化ホルモン「ヘナモン」は、逃げていかないのでしょうか。

その理由は簡単に説明がつきます。記憶力の良し悪しの差が生まれるのは、ハゲにあるのではなくて、毛根が開いているかどうかだからです。

髪の毛が抜ける時期は、毛根が開いたままなので、記憶安定化ホルモン「ヘナモン」が漏れ出しやすい。

しかし、抜けきって頭皮が安定すると、毛根はふさがり、ヘナモンは減少することなく頭の中に留まる。

天才は皆、ススキ野ではなく、前頭葉つるっ禿げ!

 

つまり、そういうわけで、私のような世代が、一番記憶力の衰退が起こりやすいことになる。

もう少しだけの辛抱なのです。

 

念のためお断りしておきますが、最近発見された記憶固定化ホルモン「ヘナモン」は、みなかみ町のある無名の天才科学者が発見し、論文を発表したものですが、いまだに脳科学の専門家の間ではまったく相手にされず、認知もされていないホルモンであることを書き添えておきます(笑)

 

コメント