かみつけ岩坊の数寄、隙き、大好き

働き方が変わる、学び方が変わる、暮らしが変わる。
 「Hoshino Parsons Project」のブログ

書肆いいだやさん、35年間ありがとう。

2010年08月18日 | 鶴舞うかたちの群馬県・広域情報
また、わたしの大好きなお店が1件、今月いっぱいで姿を消します。

伊勢崎市の書肆いいだやさんです。

かつては新刊書と古書を同時に扱っているお店としての特徴もありましたが、このお店のなによりの魅力は、郷土の文人の掛け軸や絵画などの発掘に力を入れていることです。

古書店が古美術などを扱っているのは普通のことですが、意外とどこの古書店でも地元の郷土史関連の書籍は力を入れていながらも地元の文人の書画までしっかり揃えているところは少ないものです。

その点、いいだやさんは、利益の出る全国的に名の知れた作家の美術品などには、バブル時代ですらも頼ることなく、地元の作品に徹して品揃えしてきてくれました。
実際にはこうした地域を限定した仕入れをしたほうが、効率もあがり贋作をつかまされる心配もなくなるというメリットがあるのですが、残念ながら多くの古書店がこのようなことをあまりしてくれていません。

先日、実家に帰ったときに居間に飾ってある書画をふとみたら、あれもこれも、いいだやさんから買ったものでした。
当然、わたしが購入するようなものですから、決して高価なものではありません。
しかし、いづれも十分気に入って買ったもので、自分なりに和紙で台紙をあてたりして額装したもので、著名な作家のものよりも今でもずっと気に入っているものばかりです。

定期的に送られてくる目録で、土門拳をはじめとする貴重な豪華本、画集も、いいだやさんで手に入れることが出来ました。

また、わたしの「かみつけの国 本のテーマ館」で必要とする足尾関連の本や尾瀬、上泉伊勢守関係の重要な本も、その多くをいいだやさんで入手することが出来ました。

地理的にやや遠いこともあり、訪問する回数はそれほど多くはありませんでしたが、良いものに出会えた頻度では一際お世話になっていました。

そんないいだやさんが、なんと今月いっぱいで閉店してしまうのです。

今、店内在庫を特価で販売していますが、普通の店の閉店と違って、いいだやさんの場合は、代わりの仕事をしてくれるところが他にありません。

ご主人は、急なことではなくだいぶ前から心に決めていたことらしいのですが、このようなお店が無くなってしまうことは惜しまれてなりません。
お客の勝手な気持ちからは、そんなカッコのいいやめ方はしないで、どうかボロボロになるまで続けてほしいと言いたくもなってしまいますが、やはりどうすることも出来ません。

さらにこのお店の場合、特別に残念なのは、ご主人が無類のサービス精神にあふれた方で、古書店、新刊書店を問わず、このご主人ほど、来た人を気持ちよくもてなして本や書画の話をアレコレと聞かせてくれる人はいないということです。

わたしは、ご主人にちょっとした書画の相場を教えてもらえるだけで、その地元の文人の評価を知ることも出来ました。

そんなことを教えてくれる場所は、もう群馬には無くなってしまいます。

もう残りわずかですが、どうか皆さん、まだ知らなかった人は「書肆いいだや」さんを訪ねてみてください。最後の特価品、掘り出し物もきっとあることと思います。

わたしも是非、もう一度、月内にお伺いしたいところですが、まだ行けるかどうかわかりません。
なんらかのかたちでこの感謝の気持ちをお伝えしたいと思ってます。

「書肆いいだや」さん
久保田泰造さん、
そして奥様、
35年間、ご苦労さまでした。
そして、ほんとうにありがとうございました。
コメント

『御巣鷹山と生きる』 8・12を前に(その1)

2010年08月08日 | 歴史、過去の語り方
 長く日航機事故の遺族の連携を支え続けた「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん
による本が出ました。
御巣鷹山と生きる―日航機墜落事故遺族の25年
美谷島 邦子
新潮社

このアイテムの詳細を見る

『定価 本体1,400円+税


 8・12連絡会事務局長の美谷島さんならではの特徴が随所にみられる本ですが、な
かでももっとも多くの遺族たちと25年間寄り添ってきた美谷島さんの視点が、序章の部分にとてもよく出ているので、少し長い引用になりますが以下にまず転載させていただきます。



 「乗客の年齢は0歳から80歳代まで。509人のうち、223人が出張や商用、124人が帰省客
だった。家族や同僚など複数で乗った乗客は296人、1人で乗ったのは213名だった。関西
圏の乗客が多く、330名いた。

 著名人も多く乗っていた。歌手の坂本九さん、ハウス食品工業の浦上郁夫社長、神経
生理学の権威である塚原仲晃さん、阪神タイガース球団の中埜肇社長――。

 月曜日の東京―大阪便ということで、ビジネスマンも多かった。朝日新聞社の調べに
よると、住友銀行調査第一部長の木田一男さん、湯川昭久住銀総合リース副社長など。企
業関係者では、社長職を含めて経営者が28人、福社長、専務、常務ら重役32人、部長職38
人、次長・課長職31人。銀行、証券、建設、商社、紡績、百貨店、不動産……さまざまな
分野にまたがった企業の管理職は150人を越えていた。

 1日15便もあり、東京―大阪の550キロをわずか1時間でいく利便性が、企業の管理職に
飛行機を選ばせていた。しかしそれは、頭脳を奪い、屋台骨を折る深刻な打撃を、企業に
与えた。

 松下電器産業は、グループ系列会社を含めると社員17人(システム推進部部長一木允
さん、本部企画担当参事南慎一郎さん、システム推進部副参事秋山寿男さんなど)、家族
6人、婚約者1人の計24人を一度に失った。電通大阪支社は7人(永田昌令次長や営業局の3
人など)、象印マホービンは芦田育三・デザイン室長ら3人の人材を失った。チッソは、
ポリプロ繊維事業部だけで6人が死亡した。

 中小企業社長の死は、もっと深刻だった。例えば、日本音響電気社長の小林法久さん
。働き盛りの死は、企業を、そして家庭を破壊した。年に150回くらい東京―大阪間の便
に乗る人や、平均して1週間に3回ほど東京への日帰り出張をするという社員もいた。

 大相撲伊勢ヶ浜親方の妻子3人もいた。また、女優の北原瑶子さん、オリンピック自転
車競技選手、美容体育研究家や、華道みささぎ流の副家元も乗っていた。お盆休みという
ことで、ディズニーランド帰りの家族連れや友人仲間も多かった。その年の2月に結婚し
たばかりの若い女性もいた。神戸市の私立親和女子高校の3人の先生は、修学旅行の下見
に出かけた帰りだった。

 遺族となったのは、401世帯。そのうち22世帯は、一家全員が亡くなった。一度に8人
の家族を亡くした方もいた。母子家庭になったのは189世帯で、およそ半分を占めた。妻
だけになった家庭は37世帯、子供たちの一部が欠けたのは35世帯、夫婦だけになった家庭
が24世帯、父子家庭が13世帯、夫だけが残されたのが14世帯、そして、子供だけが残され
た家庭は7世帯あった。

 一度に一家8人が亡くなる。一瞬にして、20組以上の家族が全員亡くなる。想像を絶す
るような事実を新聞報道から抜き出し、心身が震えた。

 一瞬のうちに明日を失った人の中に、50人を越える10歳以下の子供や幼児がいた。そ
のひとりである私の息子・健の話をしたい。」




 と、いいながら、結局本書の多くは、家族や身内のことよりも圧倒的部分を事故にか
かわった多くの人たちとの出会いを通して語られています。

 結局、誰一人責任ととることなく今に至るこの史上最大の航空機事故。

遺族がなによりも求めているのは、原因の究明と真相の解明であり、それが明らかにされ
ない限り明日の空の安全はない。自分たちの犠牲は活かされない。

 その答えを求めて25年間、8・12連絡会の活動を続けてきた。
 多くの人の支えと出会いのなかで、息子の「ママ、一人で帰れる?」との最期の言葉に
導かれるように、振り返ると自身が迷いながら25年間生きてきた。


 北海道に住むある遺族は、テレビの取材をきっかけに夫の遺品であるスーツケースを
、15年目にして初めて開けたという。

 多くの遺族の支えになりながらも、美谷島さん自身、写真を見れるようになったのは
、七回忌が過ぎてからという。

 事故から5年後、前橋に向かう新幹線に乗るとき、息子の知らない2階建ての新型新
幹線をみて「健ちゃん、ママと一緒に乗ろうね」と呟いた。
 その時、心のなかに息子がストーンと入った感じがしたという。息子はいつも私と一緒
にいる、心の中で生きている、と思うことができるようになったという。

 だれもが、それぞれの生活のなかで、それぞれの時間とともにそのような体験をして
生きています。


 毎年、御巣鷹の尾根に登る人たちのなかには、日航機事故から9年後に起きた中華航
空機事故で夫と実父母を亡くした永井祥子さんもいます。
 なぜ登るのかと聞くと、「すこし前を歩く日航機事故の遺族の姿をみて、私もあと9年
はこうして生きていこうと思ったから」と話してくれたという。

 史上最大の航空機事故の惨事は、いかなる専門家や評論家の言葉よりも重く、この遺
族たちの8・12連絡会の歩みとともにあったといっても過言ではありません。

 連絡会が賠償問題の窓口にならないこと、心のケアを遺族同士のつながりからはじめ
、少しずつ社会の理解を広げてきたこと、後の阪神淡路大震災、信楽高原鉄道事故、中華
航空機事故、JR西日本脱線事故などの被害者たちへ、この8・12連絡会からはじまった
運動がどれだけ多くの力を与えてきたことか。

 その活動と問いかけに、運輸行政や企業はまだまだ応えきれていません。

 しかし、こうした遺族の涙と悲しみをかみしめながら続けてきた活動によって、少しず
つ前進することが出来ました。

 美谷島さん、多くの遺族のみなさん、ありがとう。

 本書の一行一行が、私たちがこれから歩いていく足元に確かな光をあててくれます。

 そして、御巣鷹に登る人は、これからも決して絶えることはありません。



「かみつけの国 本のテーマ館」に本書の他に以下の本を加えました。
http://kamituke.web.fc2.com/page063.html

門田隆将 『風にそよぐ墓標 父と息子の日航機墜落事故』 
     集英社 定価 本体1,600円+税

寺田博之 『JAL123便事故 安全工学の視点から検証する』
     文芸社 定価 本体1,200円+税

青山透子 『天空の星たちへ 日航123便あの日の記憶』 
     マガジンランド 定価 本体1,428円+税
コメント (3)

砂雪隠のある農家

2010年08月04日 | 「近代化」でくくれない人々
もう一カ月あまりも更新せず、ご無沙汰して申しわけありませんでした。
書きたいことは、いっぱい溜まっていたのですが、この暑さのなか
他のことに気をとられることが多く、なかなか書けずにいました。
すみません。

ところで皆さんは「砂雪隠(すなせっちん)」ってご存じでしょうか?

内部には投石をおき、穴に砂を敷き詰め、常に綺麗に掃除されている特殊な便所のことで、
実際にはほとんど使用されることはないものが大半のようです。
茶室などについていることもあるようですが、一部のお寺や城内などで、特別な客に対して、ここまで綺麗に掃除してありますよ、ということを見せるためのものらしいです。

これが、地元渋川のある農家にあったというのです。

この農家は、決して豪農といえるような大きな家ではありません。
見た目は広さも造りも普通の農家とほとんど変わりありません。

ところが、この農家は、なにかがちょっと違うのです。
お店に来られたこの農家のお爺さんが小さいころの話をしてくれました。

学校の宿題で俳句をつくる練習をしていたら、後ろからお婆さんが覗きこむや否や、
おまえはいったい何をしているんだ!
といきなり怒られたそうです。
俳句なんかやるもんじゃないと、
強引に和歌につくり変えさせられたというのです。

このお爺さんの小さい頃のそんな思い出も、それがどういう意味なのかは長い間まったくわからなかったようです。

しかし、大人になって村の外に出て名前を言うと、ときどき相手の態度が急に変わり、
おたくには先祖代々大変お世話になっていると頭を下げられることがあり、
それがどういうことなのかを少しずつ自分でも調べ出すようになりました。

するとこの家には、村史などでは語られてこなかった重要な村の「裏の歴史」が秘められていることが少しずつわかってきたのです。

自分の家の場所が、度々川の氾濫で被害を受ける場所にありながら、なぜ移動しようとしなかったのか。
白井城と社を結ぶ一直線状に自分の家が位置して、なお且つ
その南北の線と子持神社、さらに空恵寺への東西の線が交差する場所にこの家が位置している。

昔、殿様が公用としてではなく、家に遊びに来ていたという言い伝えもあるそうです。

どれも記録が残っていることではなく口伝ばかりなので、議論はなかなか成り立たないのですが、家のつくりや場所、名前のことなど細部をたどればたどるほど、この農家がただの家ではないことが見えてきます。

頼朝の時代、秀吉の時代それぞれに、墓石を削られるなどの被害を受けたなどの言い伝えと
その痕跡。

また、館林藩の重要な印鑑を預かっていたらしいことなど、
次から次と興味深い話は出てくるのです。

このお爺さんも、この事実を村の歴史に正式に書き残すことを目的としているのではなく、表に出ない重要な歴史でも、今に確実に伝わっているものがあるのだということを、これまでそうであったように、これからもずっと家族の間に伝えていきたい、といったような感じでした。

外部の人間としては、もっと聞きたい、いろいろほじくり返して文書記録として残したいという思いでいっぱいですが、このままであることも何かとても素敵なことにも思えます。

かなり細部を隠した表現にしましたが、遠野物語などの遠い世界に行かずとも
身近にこうした隠れた歴史が埋まっていること、
嬉しいですね。
コメント