かみつけ岩坊の数寄、隙き、大好き

働き方が変わる、学び方が変わる、暮らしが変わる。
 「Hoshino Parsons Project」のブログ

4ツ折り10面名刺

2018年10月03日 | 私の手作り枝折、ブックカバーと名刺

なにかと雑多な活動をしている私の場合、その都度、自分をどう説明するか

名刺の使い分けには苦労しています。

仕事や活動分野に応じて何種類かの名刺をつくり使い分けたりしていましたが、

どうも何種類も持ち歩くことも面倒で、なかなかうまく活用できないものです。

そこで十年ほど前に、すべてを一枚にまとめようと、4つ折り10面の名刺を作ってみました。





シミのついた色褪せた紙の写真をデザインとして地に印刷。
作るたびにデザインは少しずつ手直しを重ねてます。

裏表カラー印刷で、折り作業とかもあるので
かなりの手間とコストがかかっています。

 

その後、もう少し手間をはぶける二つ折りの枝折り使用の名刺をつくりました。

でもこちらは、持ち歩く機会も少なく、ほとんど活用はできませんでした。

 

 

ところが、十年も経てば仕事の軸足も活動スタイルもかなり変わります。

そこでまた新しく作り直すことにしました。

前回は両面プリントアウトの手作業で作りましたが、ネット印刷に出した方が安いかもしれません。

 

二つ折りくらいの名刺はしばしば見ますが、四つ折り10面の名刺というのは、まだ見たことがありません。

はたして受け取った側はどう感じるでしょうか。

管理のし難さから迷惑がられるかもしれませんが、世の中全体が

一つの仕事や一つの活動で自分を表現することが難しくなり出しているので、

もしかしたらこれからは次第にこういったスタイルの名刺も特殊ではなくなるかもしれません。


表面版下


裏面版下

 


私自身、仕事に限らない自己表現のスタイルは大事な課題なので、

手間を惜しまずにさらに練りこんでいきたいと思っています。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« たとえ人類が亡びても、地球... | トップ | 無理が通れば道理も通る! »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
四つ折り名刺 (よっちん)
2011-01-22 11:08:30
名刺はその人の顔、生き方の姿勢、考え、これからの人生が表現されているものだと思います。たかが紙きれされど紙きれなのです。これも貴方が紙きれに紙選びに始まり仕上げまでの過程にエネルギーをかけている姿に心打たれました。これからもよい仕事、名刺「創り」に情熱を!!
私 (名刺入れ)作りましょうか?

コメントを投稿

私の手作り枝折、ブックカバーと名刺」カテゴリの最新記事