弁護士任官どどいつ集

弁護士から裁判官になった竹内浩史のどどいつ集

「我が亡き後に」の 自己チュー故か 政府「ジコチョー」失敗学

2019年10月19日 23時59分43秒 | 世相
昨日の朝日朝刊で「失敗学」の提唱者、畑村洋太郎東大名誉教授のインタビューが特集されていた。
第一人者が委員長を務めても、政府事故調査委員会はうまくいかず、失敗だったという。
(写真)ちょうどNHKの土曜ドラマで「ジコチョー」が始まった。
いつもながら、テーマの取り上げ方が斬新で、さすがだ。

3日違いの 両陛下との 御縁を重ねて 五百円

2019年10月18日 22時15分58秒 | 夫婦
来週火曜日は手帳に記載のない祝日となる「即位の礼」がある。
元々、同じ「浩」の名を持ち、結婚もたった3日しか違わないので、親しみを抱いてきた。
(写真)今日発行された五百円の記念硬貨。

「ドラフト」息子の 感謝の相手 指名されたい「お父さん」

2019年10月17日 22時47分07秒 | スポーツ
プロ野球ドラフト会議後の特番は「ありがとうお母さん」が定番。
なぜか父親の影が薄い。
しかし、大阪ローカルでは、特番に先立ち「ありがとうお父さん」として、脱サラまでしてプロ野球選手志望の息子を育て上げた父親を取り上げていた。
とはいえ、その父親とは、甲子園の優勝投手から社会人野球で活躍していたという経歴の持ち主で、里帰りしてパッティングセンターの経営を始めたのだという。息子は東北楽天が2位で指名。

補助金決裁も キョエちゃんにさせて ボーっとしてたら 叱られる

2019年10月16日 23時40分33秒 | 世相
(写真)キョエちゃんも引っ張り凧。

「隣の国の 法務大臣が 辞任したってね」「ほうそうかい」

2019年10月15日 23時03分18秒 | その他
「法相」は「ほうしょう」と読むらしいよ。
「ほうそうかい」
(写真)師匠は立派な大統領だった気もするのだが。

デイリー一面 阪神戦と 大河「いだてん」押しのけて

2019年10月14日 21時40分40秒 | スポーツ
ラグビー日本代表の勢いが止まらない。
今日のスポーツ新聞一面トップでは、各紙がプロ野球クライマックスシリーズの決着を取り上げる中で、デイリースポーツだけが阪神敗退の記事ではなく、ラグビーの勝利で飾った。
同じくらい驚いたのは、来週日曜日の南アフリカ戦をNHK総合で急遽放送すること。大河ドラマは一週お休みにするという。

モールになったら 投入したい バーゲンセールの オバちゃんを

2019年10月13日 22時30分07秒 | スポーツ
ラグビーワールドカップで、日本はスコットランドも破って4戦全勝で決勝トーナメント進出。
漢語ではラグビーを「闘球」というそうだが、壮絶なボールの奪い合いの正に死闘だった。
(写真)ファンゾーンも盛り上がったようだ。

今日もスマホで ブログを書ける 吉野先生の おかげです

2019年10月09日 22時29分50秒 | 世相
ノーベル化学賞にリチウムイオン電池の開発に貢献した吉野彰さん(旭化成)。
この人なくして携帯電話・スマホも無かった。
(写真)写真撮影OKかつ拡散希望の展覧会の実例から。

「拡散」希望の 流れに反し 禁止の下での「不自由展」

2019年10月08日 23時49分06秒 | 世相
(写真)最近の展覧会では、部分的にしろ写真撮影OKで、SNSアップも自己責任でどうぞ、という開けた会場が目立ってきていたのだが。

スコア34 対20? 将棋もトライで 決着を

2019年10月07日 21時05分02秒 | 将棋
将棋のルールで、最も問題があるのは、入玉による持将棋(引き分け)がどのような場合に成立するかという決め方。
つい最近も日本将棋連盟がまたルールを変更したという。
前回のルール改正では、大雑把に言えば、一方が入玉した上で一定の要件を満たした場合に「宣言」をし、大駒5点・小駒1点で計算して敵陣にある自分の駒と持ち駒が31点以上であれば勝ちになるとされた。しかし、条件があまりにも複雑すぎるのか、宣言をする棋士は皆無だったようだ。
最近も延々と指し続けた結果、34対20で勝負がついた将棋があった。スコアだけ聞いたらラグビーみたいだ。
今回の再改正で、500手に達すれば、王手がかかっていない限り無条件で引き分けになるという。
しかし、500手以上の対局なんて見たことがない。
むしろ、敵玉の最初の位置に自玉が達したら勝ちという「トライ」ルールにしたらどうかという斬新な提案もある。
(写真)先日の詰将棋(再掲)を自力で解いた。
▲2四桂 △同金 ▲2一馬 △同玉 ▲1二銀 △同馬 ▲3一竜まで七手詰
ということでどうだろうか。